韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

就業者数

【異常事態ww】バ韓国・ソウル、4か月連続で就業者数が10万匹以上も減少!!!!

雇用環境の改善を求めるバ韓国塵ども


バ韓国の首都ソウルでの就業者数が、

4か月連続で10万匹以上の減少を続けているようです。


都市部でこんな有様なのですから、他の地域ではもっと悲惨な状況になっているのでしょう。



公共行政部門で就業者数を保っているものの、

それらは大量の税金がつぎ込まれている結果なので何の意味もありません。



これから先、雇用の数も質も悪化し続けるバ韓国。

失業者が増える一方なので、政府に対する不満も右肩上がりになるでしょう。


文大統領が任期を終える頃には、今度こそバ韓国が完全に崩壊していそうです。


本当に楽しみで仕方がありませんねwwww



-----------------------
ソウル市で就業者減少続く…雇用悪化の中心地に

 ソウル地域が「雇用大乱」の震源に浮上した。就業者が増加するどころか、この数カ月間は10万人台の減少傾向が続いている。「人はソウルに送り、馬は済州(チェジュ)に行く」という言葉が色あせるほどだ。 

 統計庁が発表した10月の雇用動向によると、全国の平均雇用率は66.8%と、0.2%低下した。一方、ソウルの雇用率は0.7%落ちた65.9%だった。7月から下落し、むしろその幅が拡大する様相だ。今年10月の全国の15歳以上の就業者増加幅は6万4000人だった。保健・福祉や公共行政部門で19万人増加し、マイナスになる事態は避けた。政府が資金を投じて統計上の就業者増加をかろうじて維持したということだ。財政投入が中断すればいつマイナスに転じるか分からない状況だ。 

 特にソウル市は深刻だ。先月の就業者数は10万6000人も減少した。今年2月(5万2000人減)から9カ月連続で減少している。特に7月には11万3000人減と初めて10万人台となり、その後4カ月連続で10万人以上の減少となっている。財政を投入してもどうにもならない状態ということだ。 

 ソウル以外の地域は7月に11万8000人増となるなど、過去最悪の就職難の中でも月10万人ほど増加している。地域をみると事実上ソウル発の「雇用大乱」ということだ。失業率もソウルは4.2%と、蔚山(ウルサン、4.7%)に次いで2番目に高い。 

 産業別の雇用統計を見ても、ほとんどすべての産業が苦戦している。事業・個人・公共サービス業では就業者数が4万8000人(02.2%)減少した。2月から9カ月連続で減少が続いている。製造業就業者も3万8000人減少(-8.1%)した。今年6月から5カ月連続の減少だ。卸小売業と宿泊飲食店業、建設業も就業者の減少が続いている。 

 雇用の質もよくない。政府が雇用安定性が高まったと主張する「常用職」の増加はソウルでは見られない。7月から減少が続いている。一方、「日雇い」「臨時職」は今年10月にそれぞれ1万1000人増、5000人増となった。自営業者は9%(8万6000人)も減少した。特に政府が「雇用の質が改善した」として前に出す指標の「従業員がいる自営業者」の増加もソウル市だけは例外だ。8月に2万2000人減少し、10月には4万7000人も減少した。

https://japanese.joins.com/article/224/247224.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















滅びゆくバ韓国www 体感失業率11.8パーセントで過去最悪の結果に!!

経済崩壊まっしぐらのバ韓国www


バ韓国の体感失業率が、統計開始以降最悪の数値を記録していました。

昨年からその数値は10パーセント、つまり1割を超えていたのですが、


今年の上半期は11.8パーセントに達したとのこと。



いやぁ、バ韓国に相応しい数値となってきましたねwwwww



輸出の不調、最低賃金の引上げなど、バ韓国経済にとってのマイナス要因は掃いて捨てるほど存在しています。


今年の下半期の数値はさらに高くなるに違いありません。





パククネ婆の政権が終わった時はとても残念でしたが、


代わった文大統領が婆以上にバ韓国を滅茶苦茶にしてくれているので、とても頼もしいですねぇ。




-----------------------
韓国、体感失業率11.8% …過去最悪

 今年上半期の体感失業率が関連統計の作成開始以降、半期基準で最も高かった。 

 統計庁によると、今年上半期の雇用補助指標3は11.8%だった。昨年下半期より1.2ポイント高い。現在の基準で統計の作成が始まった2015年上半期以降、最高の数値だ。 

 雇用補助指標3は従来の失業統計で失業者に含まれない「事実上の失業者」まで含めて算出する。例えば、願書を出していない公務員試験準備者の場合、公式失業率には含まれないが、雇用補助指標3ではこうした人たちも失業者に分類する。公式失業率と体感のかい離が大きいという指摘を受け、統計庁は2015年からこの指標も発表している。 

 雇用補助指標3が過去最高となったのは、雇用状況がそれだけ悪化したことを表している。特に青年が好む質の良い職場が多い製造業の就業者が減っている。今年上半期の製造業就業者数は453万1000人で、上半期基準で2014年以降最も少ない。

http://japanese.joins.com/article/052/244052.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|inside_left
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















34兆ウォンが水の泡wwww バ韓国の就業者数、目標の3分の1しか増えていなかった!!

バ韓国を崩壊に導く文大統領


バ韓国の雇用状況は相変わらず最悪なレベルのようです。

就業者数の伸びは鈍化しており、政府目標の3分の1にも達していない有様wwwwwwwww


これも能無し文大統領のおかげですね。


なにしろ雇用対策に34兆ウォンもつぎ込んでいるのに、

なに一つ成果をあげていないのですからwwwww


パククネ婆の時よりも崩壊の速度が加速しているバ韓国。


文大統領が長期政権を敷くことに、全力で期待したいものです。



-----------------------
「雇用大統領」文在寅政権下の「雇用大惨事」

 最低賃金引き上げの影響に輸出・内需同時不振まで重なり、「雇用ショック」が長期化・慢性化する兆しが明確になりつつある。

 韓国統計庁が11日に発表した6月の雇用動向によると、先月の就業者数は2712万6000人で、1年前に比べて10万6000人の増加にとどまった。政府が設定した今年の目標値32万人には遠く及ばない数字だ。就業者数の増加幅は2017年以降、20万-30万人台を維持しており、今年1月も33万5000人と良好だった。ところが、今年2月に突然10万台に下がり、それ以降は5カ月連続で不振から抜け出せていない。6月は特に大雪や大雨など雇用に対してマイナスとなるような天候上の要因がなく、ベース効果(基準にする時点によって現在の実績が変わる現象)が介入する余地も少ないため、就業者数が20万人以上は増えるものと政府は内心期待していた。

 しかし、政府が税金で作る一部の公共の雇用を除き、民間の雇用不振はさらに明確になりつつある。韓国経済の根幹である製造業の雇用は昨年比で12万6000件減少、最低賃金引き上げの影響を多く受ける卸売業・小売業・宿泊飲食業も3万1000件減と、7カ月連続で減少を続けている。昨年15万4000件増えた建設業関連雇用は1万件の増加にとどまった。

 「雇用大統領」を掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後は特に、昨年の補正予算11兆ウォン(約1兆1000億円)、今年の本予算19兆ウォン(約1兆9000億円)、今年の補正予算3兆8000億ウォン(約3800億円)など、計34兆ウォン(約3兆4000億円)を雇用予算につぎ込んだことを考えれば、「雇用大惨事」と言ってもいいという声もある。

 建国大学のチェ・ベグン教授は「財政を投入して公共サービス関連の雇用を増やすのは、もうすぐ崩れそうなダムの穴を手のひらでふさいでいるのと同じ。政府が税金で雇用を作るのではなく、新たな成長動力を見いだすことに力を入れるべきだ」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/12/2018071200720.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【ウリの道行くバ韓国】世界経済が好況の中、バ韓国だけが真逆に!!!!!!!!!!!!

雇用悪化が止まらないバ韓国


世界的には好景気を受けて、雇用が好調なようです。

しかし、バ韓国だけはその真逆を突っ走っているようですwwwwwwww



就業者数は微増し続けているようですが、

そのほとんどは政府が税金で無理やり作り出した仕事ばかりwwwwww



いやぁ、まさに自転車操業といった感じですなぁ。



きゃつらの知能ではどれだけの延命策を施しても無意味に終わるだけです。






さっさと生きること自体が無意味だと気付いていただきたいものですね。

でも、屑チョンだからそれは無理なのかもwwwwwwwwwww



-----------------------
「最悪」「最低」レベルに近づく韓国の経済指標

 4月の就業者数の伸びは前年同月比約12万人増で、3カ月連続で「10万人台」の伸びにとどまった。世界的な金融危機以降、約8年ぶりの低い伸びだ。政府の目標値であり、雇用安定の目安となる30万人には遠く及ばない。それでも善戦していた製造業の雇用も11カ月ぶりに7万人のマイナスに転じた。一方、国民の税金で強引につくり出した雇用が大半を占める公共・国防・社会福祉・保健分野では就業者数が22万人増えた。それを差し引けば、事実上就業者数は減少したことになる。先ごろには3月の製造業稼働率が過去9年で最低の70.3%まで低下したと発表された。金融危機当時と同じ水準だ。世界経済が好況なのに、韓国だけがこういう状況だ。尋常ではない状況だ。

 企画財政部(企画財政省)は、一時的要因が大きいとし、「来月以降は改善する」と説明している。しかし、最低賃金の大幅引き上げの結果と考えざるを得ない雇用減少は各所に見られる。コンビニエンスストア、飲食店のようにアルバイト雇用が多い卸小売業、飲食・宿泊業の就業者数は9万人減少した。最低賃金に敏感な臨時雇用、日雇いの就業者数も18万人減った。下位の労働者ほど衝撃が目立つ。労働弱者のためだという政策がかえって雇用を脅かす「最低賃金引き上げのパラドックス」が雇用統計に表れている。経済副首相ですら国会で経験と直感だと前置きしつつ、「最低賃金引き上げで雇用・賃金に影響があると思う」と述べた。これまで影響はないとしていた見解を改めた。

 大統領府(青瓦台)は4月の雇用統計の発表前日まで、製造業の雇用が減少しなかったことを根拠として、「最低賃金引き上げによる雇用減少はない」としていた。その翌日、製造業の就業者数まで減少したという統計が発表された。わざわざ統計を見るまでもない。雇用現場では最低賃金引き上げのせいで従業員を減らす商店主や自営業者が続出している。世界はこれまで例がないほど雇用が好調なのに、韓国だけが雇用不足に苦しんでいる。良い政策は推進し、誤った政策は正せばよい。それほど難しいことだろうか。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/17/2018051700978.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る