韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

就職難

何を今さらwww バ韓国のパニック障害患者、5年間で1.7倍増!

バ韓国のキチガイが同族を殺しまくればOK


バ韓国塵は全匹ただのキチガイ


バ韓国のパニック障害患者が、ここ5年間で1.7倍に増えているそうです。


まったく何を言ってるんですかね?


バ韓国塵なんてものは1匹の例外もなく精神異常者なのにwww


どうせパニくるなら、引き籠るのではなく大量虐殺の方向に進んでほしいものです。


バ韓国塵を10匹殺せば来世で人間になれる……、そんな噂が定着してくれないものですかね?





屑チョンのDNAを持つ者は例外なく精神障害を抱えています。


ヒトモドキを根絶するには、人間と交雑して生まれた混血害獣の処分も必須ですね。


-----------------------
韓国のパニック障害患者16万人…5年間で1.7倍増

 就職ストレスなどの影響で、韓国の20代のパニック障害患者が急速に増えていることが判明した。

 健康保険公団は23日、「昨年のパニック障害の患者は15万9428人で、5年前の2014年(9万3525人)に比べ1.7倍の水準まで増えた」と発表した。特に20代のパニック障害患者は、14年の7848人から昨年は1万8851人と、2.4倍の水準まで増えた。この5年間における20代のパニック障害患者の年平均増加率は24.5%で、全ての年齢層の中で最も高かった。

 パニック障害になると、極度の不安、「死にそう」だとか「心がなくなりそう」といった恐怖と共に呼吸困難、動悸(どうき)などの症状を経験することになる。また、こうした症状が生じるのを恐れ、人が大勢いる公共の場所に行ったり公共交通機関を利用したりすることを避けるようになり、日常生活にも支障を来す。就職失敗や離婚・離別などによる極度のストレス、喫煙・飲酒などがパニック障害の原因になるといわれている。

 国民健康保険一山病院精神健康医学科のパク・ソンヨン教授は「最近、20代中盤から後半の患者がパニック障害のせいで病院を訪れるケースがかなりある」として「就職ストレスに加え、親しい友人とのいざこざ、両親の小言など、別々のストレス要因が重なることでパニック障害が生じるケースがある」と語った。

 一方、パニック障害の患者が最も多かったのは40代だ。昨年の時点で見ると、40代の患者(3万8825人)が全体の24.4%で最も多く、50代(3万3057人、20.7%)と30代(2万9530人、18.5%)がこれに次いで多かった。20代の患者の割合は11.8%だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/24/2019122480042.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















自殺行為の一環www 就職を諦め、不動産投資に望みを託すバ韓国の大学生どもwww

不動産投資を学ぶ学生が増えているバ韓国


現在、バ韓国の大学生の間で“不動産投資”を学ぶことがブームになっているんだとか。


在学中から就職を諦め、不動産投資で金を稼ごうと考えているようです。




いやぁ、いかにも馬鹿どもが考えそうなことですねwwww




経済の根底がズタボロのバ韓国において、

不動産投資なんてものはドブに金を捨てるようなものでしょう。



それでもあのバカどもは、自分なら成功するニダとでも信じているのでしょう。



ま、こうした動きも自殺の一環だと思えば微笑ましいものです。



-----------------------
就職は狭き門、住宅価格は高騰…不動産を学ぶ韓国の大学生たち

 ソウル市城北区の高麗大生たちが創設した不動産サークル「クレジット(KREDIT)」は、前期に新しい会員を12人募集した。志願者が50人以上も殺到し、競争率が4対1を超えた。サークルの会長を務めるイ・ヨンウォンさん(26)=建築学科=は「一時は志願者が少なかったため、加入を希望する学生は全て受け入れていたが、最近では競争率が常に3対1以上になるほど、人気は高まりを見せている。面接を通じて不動産の知識などをテストした後、選抜している」と説明する。

 不動産投資について本格的に勉強する大学生たちが増えている。大学の不動産サークルは、不動産についての勉強を希望する学生たちでにぎわっている。ソウル大学の不動産サークル「エスアールシー(SRC)」の関係者は「志願者が増えたことで、会員たちの専攻と年齢が多様化してきている。これまでは経営学科の学生などが中心だったが、最近ではさまざまな学科からの希望者が増えており、学年も全学年に広がっている」という。

 延世大学は昨年6月、不動産サークル「ワイアールピー(YRP)」を立ち上げた。YRPの会長を務めるチョンさん(24)は「不動産投資について関心のある学生が増えたことで、サークルを直接立ち上げた。会員数は1年で16人にまで増えており、後期からは募集規模を拡大する予定」と話す。

 大学生の間で不動産サークルが人気を呼んでいるのは、最近の経済状況のためだという見方が優勢だ。就職が容易でない中、不動産価格だけが上昇している状況で、学生たちは不動産投資が不況突破のための戦略と考えるようになったというわけだ。統計庁が発表した7月の雇用動向によると、15-29歳の青年失業率は9.8%に上っており、1999年以降で最も高い数値だ。

 一方で不動産、特にマンションの取引価格は急上昇を続けている。不動産情報業者である不動産114によると、文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足した2017年5月に比べ、今年7月のソウル市内のマンションの取引価格は33.78%も上昇した。全国のマンションの取引価格も15.38%上昇した。

 競売について学ぶ学生たちも増えている。高麗大学大学院に在学中のイムさん(29)は、有料の不動産競売サイトに加入した。100万ウォン(約8万9000円)以上もする年間利用料は、競売に関心がある知人たちと一緒に支払うことにした。イムさんは最近記者に会って「バイトをしながら集めた資金で安い不動産から調べている」と話す。建国大学不動産学科のシム・ギョオン教授は「青年層の間では、最近の経済状況を見ながら『このままでは永遠にマイホームを持つことができないかもしれない』といった不安が拡大している」とした上で「政府が青年層のために安定して住宅を供給できる方策を政策としてまとめるべきだ」と促した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180137.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















GJ! バ韓国の日本企業就職博覧会、中止に向けて検討開始!!

日本企業への就職の道を絶たれたバ韓国塵ども


素晴らしいニュースが飛び込んできました!!


バ韓国の雇用労働部が、

9月に予定していた「日本企業就職博覧会」を中止する方向で動き出していました!



いやぁ、本当に嬉しいことですね。


でも、まだまだこれくらいじゃあ物足りません。


こっそりと日本に観光旅行しに来る屑チョンを完全に無くすため、

バ韓国政府が「日本への渡航禁止」を言い出してくれないものですかねぇ。



日本を完全に敵視しているのだから、国民からも文句は出ないはずです。





一連の輸出管理強化が始まってからというもの、

バ韓国側は自ら滅びの道を全力疾走してくれています。



もっと燃料を投下して、一刻も早くヒトモドキ絶滅を実現させたいものです。



-----------------------
韓国は日本企業就職博覧会を保留、日本は韓国旅行に注意喚起

 韓国雇用労働部は9月24、26日にソウルのCOEXで予定していた日本・東南アジア地域の就職博覧会「2019下半期グローバル雇用大展」の開催を中止するか、日本企業を対象から除外する方向で検討することを決めた。

 雇用労働部関係者は4日、「韓日関係が悪化した状況にあるため、ひとまずイベントを保留することにした。日本企業を除外し、イベントの規模を縮小するなどさまざまな案を検討している」と説明した。同関係者は「韓日関係がぎくしゃくしているのに、韓国政府が『韓国の青年を採用してほしい』と就職博覧会に招くのは体裁が悪い」と述べた。

 このイベントは雇用労働部が年2回開いているもので、韓国では最大規模の海外就職博覧会だ。今年上半期に開かれた博覧会には15カ国から184社が参加したが、日本企業は115社(62.5%)を占めた。求人難に直面する日本企業が韓国の青年の採用を望んでいる上、就職難で韓国の青年が日本企業に目を向け、日本での就職が増える傾向にある。雇用労働部によると、昨年政府の支援を受けて海外に就職した5783人のうち、日本が1828人(38%)で最も多かった。政府は昨年下半期に日本企業だけを招いた海外就職博覧会も開き、今年下半期のイベントも「日本-ASEAN就職博覧会」だと宣伝していた。

 一方、日本の外務省は4日、反日デモが頻発しているとして、韓国への旅行に注意を呼び掛けた。外務省はウェブサイトに「韓国:日本関連デモ・集会に関する注意喚起」と題する呼び掛けを掲載し、韓国のホワイト国除外が2日の閣議で決まったことについて、「主にソウルや釜山で大規模な日本関連のデモ等が行われている」とし、「デモが行われている場所には近づかず、日本関連施設やその周辺を訪問する際には,不測の事態に巻き込まれないよう周囲の状況に注意を払ってほしい」と警告した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/05/2019080580021.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【種の終焉】20代の精神疾患が急増中のバ韓国wwww

バ韓国塵は1匹の例外なくキチガイ


バ韓国で、20代の精神疾患が増加しているようです。


その理由は、

学業ストレスと深刻な就職難wwwww


あの低能どもがようやく「受験地獄を生き抜いても、待っているのは同じ地獄の生活」だと気付き始めたようですね。


元々屑チョンどもは精神異常者ばかりです。

そんな連中がさらにオツムを拗らせているのですから始末に負えません。


精神疾患によって自殺が今以上に増えたり、同じ屑チョンを殺害する事件が増えてくれそうですなぁ。


きゃつら害獣どもの生息数が減ることは、我々人類にとってプラスでしかありません。


この調子でどんどん死んでいただき、地上の浄化に一役買ってほしいものです。



-----------------------
韓国、過去最悪の就職難で20代の精神疾患が増加

 20代の青年の精神的健康状態が危険レベルになっている。学業ストレス、深刻な就職難が青年の精神的健康を悪化させている。 

 健康保険審査評価院の2013-17年の精神疾患診療現況資料によると、昨年の患者は177万人と、2016年に比べ5.9%増えた。20代は全体平均の倍以上の13.5%増となった。30代(7.6%増)に比べてはるかに高い。 

 20代の患者の増加率は5年間ずっと高い水準だ。年平均9.4%増で、全体(4.1%増)の2.3倍にのぼる。20代に次いで増加率が高い年齢は60代(5.9%)だが、大きな差がある。 

 20代に多い精神疾患はうつ病だ。昨年6万5141人が病院を訪れた。不安障害(3万7093人)、深刻なストレスと適応障害(1万7338人)、躁うつ病(1万3912人)、統合失調症(1万3653人)なども少なくない。 

 20代の精神疾患増加の原因は何か。ペク・ジョンウ慶煕大精神健康医学科教授は就職と職場適応の問題を挙げる。就職難が深刻になっている中、苦労して就職した後にも適応に困難を経験するということだ。うつ病のような精神疾患に対する社会的な偏見が減り、実損保険への加入が容易になったことで、病院訪問が増えた理由もある。 

 ペク教授は「大学、就職相談機関などで精神健康サービスを提供する必要がある」とし「豪州や英国は15-25歳の若者が負担を感じないように病院のように見えない医療機関を運営しているが、我々はこれを参考にするのがよい」と述べた。 

 昨年の患者全体を分析すると、うつ病が51万1059人で精神疾患のうち最も多い。次いで不安障害、睡眠障害の順だ。男性はアルコールによる精神障害および行動障害が最も多い。50代で最も多く表れる。女性はアルツハイマー、反復性うつ病性障害が多い。摂食障害患者も20代に多い。

https://japanese.joins.com/article/063/248063.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る