犬肉を喰らうバ韓国塵どもに死を!


バ韓国の首都ソウルでの話です。

ソウル市長の鶴の一声で、市内にあった食用犬屠殺場が全て閉鎖されたとのこと。


しかし、実際は3年間かけてようやく閉鎖されていました。


ま、あの連中のことですから、ソウル市以外での屠殺場が忙しくなっただけのことです。


ゴキブリほどの価値すらないヒトモドキが、

今日も犬を屠殺して食用にしているとは本当に許せません。


我々人類のためだけではなく、この地球に住んでいる全ての動植物のためにも、

一刻も早くきゃつらを根絶やしにしなければならないでしょう。



あんな劣等生物のDNAを後の世に残すことは、

絶対にあってはならないのですから。




-----------------------
韓国ソウル、市長の鶴の一声で食用犬屠殺場11カ所すべて閉鎖

 2019年10月24日、中国メディアの海外網は、「韓国・ソウルで、市長の鶴の一声で食用犬屠殺場11カ所すべて閉鎖された」と報じた。

 記事は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、ソウル市が24日、「ソウル市内から犬の屠殺行為が完全になくなった」と発表したことを紹介した。

 聯合ニュースによると、ソウル市内の食用犬屠殺場11カ所のうち、2017年に3カ所、その後5カ所、そして今月に残りの3カ所が屠殺を中断した。

 朴元淳(パク・ウォンスン)市長は26日、「愛犬と一緒に南山ウォーキング」イベントに出席し、動物保護団体のメンバーらと「犬屠殺ゼロ都市」を宣言するという。市長は2月、遺棄犬の物語を描いたアニメ映画「アンダードッグ」を観覧した後、ソウルから犬屠殺場を完全になくすと宣言していた。

 市は、動物保護団体や市民から屠殺中断要求を継続して受けてきた。だが業者が適法に屠殺した場合、それを強制的に防ぐ手段がないため、市は各区と連携して、業者に対し屠殺行為を中断するよう説得を続けてきた。

 パク市長は、「数年間の説得を通じて今月から犬の屠殺行為はなくなった」とし、「今後、虐殺行為が発生した場合、あらゆる手段を尽くして阻止する」と述べた。

https://www.recordchina.co.jp/b754577-s0-c30-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ