韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


崩壊

【国家による自殺】THAAD配備によるバ韓国の被害額、今年だけで8兆5000億ウォンwwwww

THAAD配備で崩壊寸前のバ韓国


バ韓国のTHAAD配備が、中国の機嫌を損ねて様々な方面で被害が出ていますが……。


バ韓国が被る損失は、

今年1年間だけで8兆5000億ウォンに達すると見られているようです。



支那畜どものオツムのデキは記憶力が皆無の屑チョンとは違うので、来年以降もこの影響は続くことでしょう。


我々人類が害獣駆除に乗り出すまでもなく、勝手に自滅してくれるのは歓迎すべき事態ですね。



現状のようにジワジワときゃつらの首を絞めるのではなく、

一気に即死させたほうが理想なのですが……。



ま、あの屑チョンどものことですから、

一気に国が崩壊する事態を引き起こしてくれる可能性もかなり高いでしょう。



楽しみで仕方ありませんなぁ。


-----------------------
THAAD報復による被害額、今年だけで韓国8500億円、中国1100億円―韓国メディア

 2017年5月3日、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に対する中国の各種経済報復による被害額が、今年だけで、韓国は8兆5000億ウォン(約8500億円)、中国では1兆1000億ウォン(約1100億円)に達するという分析が出された。韓国・聯合ニュースの中国語ニュースサイトが伝えた。 

 韓国現代経済研究院が3日発表した報告書によると、被害が最も大きいのは観光分野だ。中国は今年3月から韓国行きの観光商品の販売を全面的に禁止する措置を取っている。この影響で今年4月から12月までに韓国を訪れる中国人観光客が前年比40%減少すると仮定した場合、年間損失額は7兆1000億ウォン(約7100億円)に上る。また、反中感情の高まりにより中国を訪れる韓国人観光客が2015年比で20%減少すると、中国の被害額は1兆400億ウォン(約1000億円)になる。 

 投資分野では、中国に進出した韓国企業は中国当局からの支援の減少や税務調査の強化などを受けており、韓国に進出した中国企業も大規模な開発事業や協力事業に支障が出ている。 

 文化・コンテンツ分野では、昨年7月以降、中国で「反韓流」の動きが続いており、コンテンツ産業の萎縮が懸念されている。ただしその規模は100億ウォン(約10億円)以下と推計される。 

 現代経済研究院は「中国のTHAAD報復により両国の経済的被害が大きくなっているが、感情的な対立ではなく、中長期的な協力案を講じて、両国間の出口戦略づくりが必要だ」とし、「経済や外交、国防などでの協力を通じてパートナーシップを構築しなければならない」としている。

http://www.recordchina.co.jp/b177115-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【wktk】オープンまで秒読み!! バ韓国最高層のロッテワールドタワー!!!!

崩壊間違いナシのロッテワールドタワー


ついに来月の3日に、バ韓国最高層のロッテワールドタワーがオープンするようです。


地盤沈下、筺体の亀裂、水漏れ……。

それらの問題を見て見ぬふりして、完成にこぎ着けるとは感慨深いですなぁ。


あの低能どものことですから、そうした問題はすっかり忘れているんでしょうね。


オープン初日に大崩壊なんていう事態になったら、我々の腹筋崩壊間違いナシですねぇ。


色んな意味で楽しめることでしょうwwwww


-----------------------
韓国最高層からの眺め

 来月3日にオープンする韓国最高層のロッテワールドタワー(123階建て、高さ555メートル)が報道陣に公開された。地上から500メートルと韓国最高、世界では3番目の高さとなる展望台をはじめ、ホテル、レストラン、オフィスなどが入居する。展望台から景色を眺める参加者。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20170321227400882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【wktk】トルコの「世界最長橋」プロジェクト、バ韓国企業が受注することにwwww

バ韓国製の橋は紙よりモロい


トルコの『世界最長橋建設プロジェクト』の受注をバ韓国の企業が勝ち取ったようです。

ハハっwww

もう乾いた笑いしかおきませんね。


世界24カ国の企業が競争していたにもかかわらず、

よりによってバ韓国の企業に決まるとはwwwwwwwww


まぁ、関係者が金でズブズブになっているんでしょうね。

それにしてもここからが見ものですねぇ。

どんな大惨事を引き起こしてくれるのか、今から完成が楽しみで仕方ありません。


あ! そもそも完成しない可能性のほうがバリ高でしたねwwww



-----------------------
韓国、トルコの“世界最長橋建設プロジェクト”受注競争で日本に勝利=韓国ネット「素晴らしい!」「韓国の技術で作れるか不安…」

 2017年1月31日、韓国・アジア経済によると、韓国の大林(テリム)産業とSK建設のコンソーシアム(共同事業体)が日本企業を抑え、トルコの橋建設プロジェクトの受注を獲得した。 

 業界によると、大林産業・SK建設コンソーシアムとトルコの建設会社2社が26日(現地時間)、「トルコ・ダータネルス海峡への橋建設プロジェクト」の優先交渉対象者に選ばれた。早ければ2月中にも正式に契約が締結される。 

 同プロジェクトは、欧州とアジア大陸をつなぐ3.7キロメートルのつり橋と進入道路を建設する事業で、総工費は4兆ウォン(約3850億円)規模と言われている。橋が完工されれば、明石海峡大橋(1991メートル)を抜いて世界で最も長いつり橋となる。 

 トルコ政府によると、同プロジェクトをめぐって世界24カ国の企業が受注競争を繰り広げた。欧州とアジア大陸を海底でつなぐ「ユーラシアトンネル」プロジェクトを成功させた経験を持つ大林産業・SK建設コンソーシアムは、最初から有力候補として挙がっていた。しかし、伊藤忠商事やIHI など日本企業のコンソーシアムが日本政府からの支援を受け、強力なライバルとして立ちふさがっていた。 

 このニュースに、韓国のネットユーザーからは「素晴らしい!やっぱり韓国は建設強国」「たくさん雇用が増えますように」「日本企業に勝ったということだけでもうれしい」「困難な時期に素晴らしい成果を上げてくれた。今後も企業同士が協力して良いニュースを届けてほしい」「力を合わせることの大切さを実感。今後は“口”ではなく“国力”で日本に勝とう」など、喜びのコメントが多く寄せられた。 

 一方で、「低価受注でなければいいけど…」「受注競争に勝ったことは重要じゃない。利益が残る契約でなければならない」「3.7キロメートル?韓国の技術でそんなに長い橋が作れるの?不安だ」「受注競争に勝っても我々市民には何の利益もない。政府と大企業が潤うだけ」と指摘する声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/a162449.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








セウォル号船長と同じ考えwwww バ韓国の国策金融機関が、相次いで全経連からの脱退を表明!!

バ韓国の国策金融機関が自国経済を見放すwwww


バ韓国の国策金融機関が、

相次いで全経連からの脱退を表明しているみたいですね。


パククネ婆の国政介入スキャンダルに端を発した経済崩壊を見て、

さっさと逃げ出す算段をとり始めたという所でしょう。



いやぁ、それにしても屑チョンどもの醜い性分をよく表していますね。

国策である金融機関が、イの一番に逃げ出すとはwwwwwwwwww



セウォル号の船長と同じ心理なのでしょうね。

自分だけ助かれば後はどうなっても構わないといった考え方なんでしょうなぁ。


ま、どの道、誰も助からないんですけどねwwwwwwwww



-----------------------
国策金融機関 全経連から相次いで脱退

 KDB産業銀行など国策金融機関が、全経連=全国経済人連合会からの脱退を相次いで公式に表明しました。

 脱退を表明したのは、KDB産業銀行、企業銀行、技術保証基金の3つの国策金融機関で、来週中に、全経連から脱退する予定です。

 このうち、企業銀行総裁は、8日、国会政務委員会の会議に出席し、全経連からの脱退について質問され、「検討が終わったため、今月12日に脱退書を提出する予定だ」と答えました。

 KDB産業銀行もこの会議で、来週中に脱退することを明らかにしました。

 技術保証基金も今月12日に脱退書を提出する予定で、この他、信用保証基金も近く脱退する方針です。

 主な都市銀行のなかでは、KB国民銀行や新韓(シンハン)銀行が脱退を検討していて、今後も金融機関の全経連からの脱退が続くとみられています。

 全経連は、民間経済団体の代表を自任していましたが、「ミル財団」と「Kスポーツ財団」の設立にあたって、大企業から巨額の寄付金を集めたことが明るみになったほか、保守団体に資金支援をし、集会を指示したとする疑惑が浮上するなど、政界との癒着の窓口の役割をしていたことがわかり、三星グループなど主な会員企業が脱退を表明するなど、解体の危機にさらされています。

 全経連は来年2月の定期総会までに改革案を講じるとしています。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=61740
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る