希望月給を下げるバ韓国塵が急増中


失業率が増加し続けているバ韓国に異変が生じていました。


就職希望者の半数以上が、

「月給200万ウォン(約20万円)未満でも構わないニダ!」

と回答していたのです!!




文大統領が躍起になって最低賃金の底上げをしているのに、

実状はトンデモないことになっているわけですね。



ま、希望の月給額を下げたとしても、まともに就職できるのはほんの一握りだけでしょう。



現在進行形で崩壊に向かっているバ韓国。

でも醜い見世物には変わりないので、さっさと終わりにしてほしいものです。


今日明日にでもあっさりと滅んでもらっても文句はどこからもでないのですからwwww



-----------------------
求職者の半分"月2百万ウォンでもOK" ..女15%"百万ウォンであっても"

 7日韓国メディアは、韓国統計庁の「2018年8月 非賃金労働と非経済活動人口付加調査」の結果を引用し、雇用の悪化で求職者は希望月給を下げ、求職者の1割は月給100万ウォン(約10万円)未満、求職者の半数は月給200万ウォン(約20万円)未満でも構わないと回答したと報じました。 

 7日、統計庁が発表した「2018年8月 非賃金労働と非経済活動人口付加調査」の結果によると、1年以内に賃金労働就職希望者のうち月に200万ウォン未満レベルの賃金を希望している人は51.6%だった。 

 求職者のほとんどが希望賃金を下げている中、月に100万ウォンにも及ばない賃金でも構わない求職者が10.0%に達した。月に200万ウォン以上の賃金希望者は48.5%であった。 

 賃金の期待値は、女性がより低かった。女性求職者10人のうち6人(64.7%)は、月に200万ウォン未満が希望給料だった。特に月100万ウォン未満まで下げた女性求職者(14.7%)は男性(4.0%)の約4倍に達した。月に200万ウォン以上を希望する女性求職者は35.2%であった。 

 逆に男性の求職者は、10人のうち6人(65.2%)が月に200万ウォン以上を希望していた。200万円未満の賃金希望者は34.8%で、女性求職者に比べて少なかった。 

https://news.v.daum.net/v/20181107120043104
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ