韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

平昌冬季五輪

被害者チャンス到来!!!!! バ韓国・平昌冬季五輪のアルペンスキー場に山崩れの危険性が!!!!

バ韓国・平昌冬季五輪会場がお荷物に


平昌冬季五輪の際に無理やり造成されたアルペンスキー場。

しかし、その施設の事後活用がいまだ決まっていないようです。


そして、

豪雨の影響で山崩れが懸念されているとのこと!!


開催自治体の江原道が政府に泣きついたようですが、


「法的支援根拠がないニダ!」


という立場のようですwwwwww




いやぁ、盛大な山崩れに期待できそうですなぁ。


山奥のことなので被害者の数は少なさそうですが、さぞかし笑える見世物になりそうですね。



あ!

被害者になりたい屑チョンどもが、このニュースを知ってアルペンスキー場付近に土地を買って掘っ立て小屋を建てるかも?



バ韓国塵にとって被害者になれるチャンスは放っておけないですからねwwwww



-----------------------
「平昌五輪会場が悩みの種に転落」と韓国紙、事後活用策決まらず、アルペンスキー場は山崩れの懸念も

 2018年8月31日、朝鮮半島の緊張緩和に大きく寄与した平昌冬季五輪から約半年。韓国紙は施設の事後活用策が決まらず、「数千億ウォンの予算をかけて建設した施設は悩みの種に転落した」と報じ、アルペンスキー場は「豪雨により土と砂利が崩落し山崩れが懸念される」とも伝えている。 

 中央に日報によると、事後活用策が未定の五輪競技場は全12カ所のうち4カ所。江陵スピードスケート競技場と江陵ホッケーセンター、アルペンシアスライディングセンターの三つ専門スポーツ施設は国費支援の有無すら決定されていない。 

 地元の江原道議会に提出された「江原道冬季スポーツ競技場運営管理条例一部改正条例案」の費用推計書を見ると、競技場3カ所の施設管理委託費用は年間約40億ウォン(約4億円)に達する。スピードスケート競技場は13億8900万ウォン(約1億3890円)、ホッケーセンターは14億1600万ウォン(約1億4160円)、スライディングセンターは12億5200万ウォン(約1億2520万円)が必要とされる。 

 江原道はこの管理費用の負担比率を国費75%、道費25%で分担するよう政府と国会に建議してきた。しかし、政府は法的支援根拠がないという理由で難色を示している。 

https://www.recordchina.co.jp/b577426-s0-c30-d0059.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・平昌冬季五輪】いまだに業者や従業員に給料が支払われていないことが判明wwwww

極寒の中で行われたバ韓国の平昌冬季五輪


今年の2月に行われたバ韓国の平昌冬季五輪についてのニュースです。


閉幕から5か月以上経っているというのに、

運営にかかわった二次請けや三次受けの業者や従業員に対価が支払われていないことが発覚していたのです!!



極寒の中、働かされておきながら無給とはwwwww


さすが、バ韓国のやることですなぁ。


こんな現状でも、組織委員会は、


「苦情が継続して入ってきているが、予算に余裕がない上、被害業者や運転手と組織委員会の間に取引関係がない現状では、被害者を助ける方法はないニダ」


と無関係を決め込んでいるようです。


この調子だと、政府も知らんぷりするんでしょうね。



結局、いつものように大量の税金をつぎ込んでおきながら、

一部の屑チョンどものフトコロが温まっただけというお話でした。



-----------------------
閉幕から5カ月たった平昌五輪、従業員から不満が続出する理由

 今年2月の平昌五輪・パラリンピックからすでに5カ月がたつが、現地で働いたバス運転手にいまだに給料が支払われておらず、不満が続出しているという。韓国・ノーカットニュースが27日付で報じた。 

 平昌冬季五輪・パラリンピックでは、輸送バスの不足が顕著だったという。記事によると、韓国西部の忠清南道に住む貸切バス運転手のAさん(50)は、この報を聞いて平昌に向かった。お金のためでもあったが、「韓国で初めて開かれる冬季五輪に少しでも貢献したいという気持ちが大きく、寒くてもその分やりがいを感じることができると期待していた」という。 

 しかし、いざ到着してみると、現地の状況はニュースで聞いていたよりも深刻だった。夜明けに出勤して夜明けに退勤した。防音がしっかり施されていない宿泊施設で眠らなければならず、食事はキムチとスープにおかずが少し変わるだけ。そして寒さに震えながら、往復200キロメートルの雪に覆われた道を毎日数回行き来した。しかしパラリンピック閉幕から5カ月が過ぎた今でも給料は支払われておらず、Aさんは挫折と憤りを感じているという。 

 平昌五輪の車両部門公式スポンサーである現代自動車は、シャトルバスを運行するため、車両の不足分を錦湖ホールディングス(現・錦湖高速)から調達した。錦湖高速も自社で賄えない路線を全国各地の一次請け企業に委託し、さらに中小規模の旅行会社や貸切バス会社が二次請け、三次請けとして集められたという。しかし、費用の支払いが何らかの理由で滞り、三次請け企業の従業員であるAさんは、苦労した対価を受け取れていないのだという。少なくとも2つの企業で数千万ウォン(数百万円)の被害が把握されており、貸切バス業界全体でその額は数億ウォンに達するという。 

 平昌五輪・パラリンピック組織委員会は、「苦情が継続して入ってきているが、予算に余裕がない上、被害業者や運転手と組織委員会の間に取引関係がない現状では、運転手を助ける方法はない」と述べたという。 

 これについて韓国のネット上では、「すぐ捜査して運転手を搾取した企業を公開するべきだ」「政府は何をしているんだ」「北朝鮮から来た人は盛大にもてなしたのに、影で大会を支えた自国民には給料も払えないなんて、どう考えてもおかしい」と、政府の早急な対応を求める声が相次いだ。 

 他には「平昌五輪は失敗だ。無事故イコール成功ではないだろう。莫大な税金を注ぎ込んだのに給料の保証もできないなんて…」という、五輪自体の評価に結び付ける意見も見られた。 

 そして「大会を見に行ったけど本当に寒かった。あんな環境で働いていた運転手さんやボランティアの皆さん、本当にお疲れ様でした」と、実際に大会を見に行った観客からの労いの言葉も確認できた。

https://www.recordchina.co.jp/b574490-s0-c50-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・平昌冬季五輪の開会式施設の現況wwwwwwww

バ韓国・平昌冬季五輪施設の跡地が不様


ご覧の写真は、平昌冬季五輪の際に開会式や閉会式が行われた施設の跡地です。


みすぼらしい聖火台がぽつんと残っているだけで、見事な荒地ですねwwwwww


110億円以上もかけて建てられた開会式の施設ですが、こんな荒地になった後も毎年数億円の管理費が発生するとのこと。




いやぁ、後先を考えられないバ韓国塵の習性を見事に表していますね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・平昌冬季五輪】競技場跡地がとんでもない不良債権にwwwwwwwwww

バ韓国平昌冬季五輪の競技場跡


平昌冬季五輪の競技場が、とんでもない不良債権になっているようです。


現在は荒地となっていて、「自然林の原状復旧」を主張する連中と「競技場施設存続」を主張する連中が真っ向対立しているとのこと。


それゆえ、どっちつかずの中途半端な状態になっているんだとかwwwwww


競技場建設に投じられた数千億ウォンの税金は、ドブに捨てたようなもんですね。



こうなることは火を見るより明らかだったというのに、

本当に屑チョンってのはキチガイじみてますなぁwwwwwww





ここは是非とも近いうちにバ韓国で五輪開催をしてほしいものです。

次こそバ韓国経済にトドメを刺してくれそうですからね。



-----------------------
平昌五輪の競技場、半年で「厄介もの」に=韓国ネットは非難のオンパレード

 2018年8月13日、韓国・中央日報は「平昌(ピョンチャン)五輪の競技場が半年で厄介ものになった」として、その実態を報じた。 

 記事によると、平昌五輪から6カ月も経たないうちに、数千億ウォン(数百億円)の予算をかけて建てた競技場や施設は「無用の長物」になっているという。 

 五輪以前は「生態系の宝庫」と呼ばれた江原道(カンウォンド)旌善(チョンソン)郡のアルペン競技場は荒地と化し、工事が中断されたまま。スロープのある加里王山(カリワンサン)の中腹には、重機があちこちに置かれ、リフトは運行中止になって久しいという。競技場のうち最も多い2034億ウォン(約203億円)が投入されたこの一帯では、「競技場施設存続」を主張する政府や道と、「自然林の原状復旧」を主張する韓国環境部の間で駆け引きが行われている。当初は原状復旧を行う計画だったが、五輪後に雰囲気が一変し、施設存続の声が強くなったという。これに対し環境部は、先月5日に江原道に過怠料1000万ウォン(約100万円)を賦課したという。 

 これを受け、記事は「復元と存置をめぐる議論が続いたことにより、スキー場が放置され安全上の事故が憂慮される」と指摘している。実際、今年5~6月には同一帯に集中豪雨が降り、スロープのいたるところに砂や砂利が流れ込むなどして、近隣住民6人が緊急避難した。また「旌善競技場の修復には500億~1000億ウォン(約50億~100億円)近い費用がかかると推算され、韓国産業戦略研究院は維持のため毎年37億ウォン(約3億7000万円)前後の赤字が出ると予想している。この費用を誰がどのくらい出すかがカギ」とも伝えている。 

 この問題について、韓国のネット上では「まさかこうなることが分からなかった人なんていないよね?」「こうなることを知ってて誘致した江原道知事も道民もひどい」という指摘や、「五輪は競技場が整っているところで開催すべき。いくら五輪の付加価値が高くても、自然を失ったら元も子もない」「もう二度と1回限りのスポーツイベントを国家予算で浪費するのはやめて」という声も。また、「ああ税金がもったない」「金を湯水のように使う政府」「それもこれも(誘致した)朴槿恵(パク・クネ)のせい」など、非難の声が殺到している。

https://www.recordchina.co.jp/b575132-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る