韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


平昌冬季五輪

【さすがバ韓国!】北朝鮮が平昌冬季五輪を乗っ取る!?

バ韓国・平昌冬季五輪をのっとる北朝鮮


平昌冬季五輪に参加することになった北朝鮮。

その北朝鮮がネットで公開した動画が注目を浴びています。


その内容は、

「平昌冬季五輪はウリの統一政策の一環ニダ!」

とアピールするもので、まるで北朝鮮で冬季五輪が行わるかのようなものでした。


しかも、バ韓国の国旗は一度も登場せず、

北朝鮮が開催国のように振る舞っていましたwwwww





さすが、バ韓国!

相変わらず期待を裏切りませんなぁ。


“軒先を貸して母屋を取られる”ということわざを、

五輪という世界的イベントで披露してくれるのですからwwwww



-----------------------
まるで「平壌五輪」、北がユーチューブで動画公開

 北朝鮮の対外宣伝サイト「朝鮮の今日」が15日、平昌冬季五輪を自分たちの統一政策の一環だと宣伝する動画を動画共有サイト「ユーチューブ」で公開した。動画のタイトルは「統一はわが民族同士(Reunification is by Korean Nation itself)」で、2分間の内容だ。韓半島旗(統一旗)が登場した2002年の釜山アジア大会や、過去の南北合同行事の映像などが盛り込まれている。

 動画には、南北合同行事で参加者たちが涙を流し、南北の選手団が韓半島旗を持って合同で入場するシーンや、五輪の柔道金メダリスト、韓国の河亨柱(ハ・ヒョンジュ)と北朝鮮の桂順姫(ケー・スンヒ)が聖火を運んで点火するシーンも登場するが、これらは釜山アジア大会の内容を編集したものだった。また、従北派(北朝鮮に追従する)で知られる韓国進歩連帯の韓相烈(ハン・サンリョル)常任顧問が北朝鮮で歓迎されて笑顔で手を振るシーンや、南北の選手とみられる男子アイスホッケーの選手たちが交流するシーンも登場する。

 動画には、韓半島旗と共和国旗(北朝鮮の国旗)を振るシーンが何度も登場するが、太極旗(韓国国旗)は一度も登場しない。また、画面の下部には「われわれは血が同じ単一民族」「反統一勢力に介入されずに懸案はわが民族同士で解決しよう」と英語の字幕が現れる。最後には、韓半島の地図と共に「冬季五輪大会」「共和国創建日」「北南関係改善」という文字が画面を埋め尽くして動画は終わる。動画だけ見ると、平昌五輪がまるで北朝鮮主導の「平壌五輪」と誤解される内容だ。

 「朝鮮の今日」の公式サイトは、韓国国内では有害サイトとしてアクセスが制限されているが、動画はユーチューブやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で容易に見ることができる。この動画は海外に拠点を置く親北団体「朝鮮友好協会」などのSNSアカウントを通じて拡散されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/17/2018011702900.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【まさに総スカンwwww】バ韓国・平昌冬季五輪の開会式、中国側の出席者は最低序列の委員に決定!!

習近平に媚を売りまくるバ韓国の文在寅


再三に渡ってバ韓国の文在寅は、中国の習近平に平昌冬季五輪の開会式に出席するよう求めていました。

しかし!

中国側が下した結論は、中央政治局常務委員の中で“序列最低”の委員を出席させるというものでしたwwwww



いやぁ、見事なまでの態度ですね。

アメリカ、中国、ロシアといった先進諸国の首脳が、次々に開会式欠席を決めているので、

史上もっともみすぼらしい開会式になるのは間違いないでしょう。


日本としては、その辺のホームレス辺りを出席させるのが妥当なのでは?


-----------------------
平昌五輪:中国は序列7位派遣、残る大物は安倍首相

 中国が、平昌冬季五輪の開会式に党序列7位の韓正・政治局常務委員を派遣する方針を韓国政府に伝えてきたのは、先週初めだったことが分かった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年12月の中国国賓訪問の際に習近平国家主席の五輪出席を要請したが、中国は党序列7位の派遣を決めたのだ。これに関連して文大統領は11日、習主席との電話会談であらためて習主席に「閉会式への出席」を要請したが、明確な答えは得られなかったという。

■「序列7位」、北朝鮮への特使を下回る序列

 当初、韓国政府内では習主席の平昌五輪出席を楽観視するムードが多少あった。中国が2022年の北京冬季五輪を控えているため、韓国で行われる五輪には来るはずと考えていたからだ。14年ソチ五輪に習主席が自ら出席したことからも、平昌五輪出席への期待は高まった。

 しかし今回派遣される韓正氏は中国中央政治局常務委員の中で最も序列が低い。15年の北朝鮮・朝鮮労働党創建70周年の行事に中国から派遣された劉雲山・政治局常務委員(序列5位=当時)より格が低いのだ。文大統領をはじめ韓国政府がこれまで習主席を平昌に招待するためにあらゆるルートで中国に働き掛けてきたこともあり、「中国は韓国を軽視している」との指摘も出ている。

 これについて韓国政府の当局者らは「中国はソチ五輪以外の冬季五輪に国家指導者級の要人を派遣したことがない」として「中国とロシアが過去最高の蜜月関係にあるという点を考えると(韓正氏を平昌に派遣するという)中国の決定が韓国を軽視しているとはいえない」と話す。

 韓正氏は江沢民・元国家主席の率いる「上海幇」の出身で、習主席の直系ではない。2006年に上海で起きた大規模汚職事件の後、混乱収拾のために07年に上海市党書記に緊急抜てきされた習主席を補佐した功績が認められ、現在は常務委員まで上り詰めたとされる。党書記就任1年目に釜山を訪問したことがあるが、韓半島(朝鮮半島)問題との大きな関わりはない。今年3月の全国人民代表大会で、経済を総括する常務副総理に就任する可能性が高い。

■安倍首相の出席は? 閉会式に習主席を招待する可能性も

 米国はすでに平昌五輪にトランプ大統領ではなくペンス副大統領を派遣すると表明した。ロシアは国家ぐるみのドーピング問題により参加資格を奪われたため、プーチン大統領が来韓する理由はなくなった。開会式に出席する可能性のある周辺国の首脳は、日本の安倍晋三首相だけだ。

 欧州歴訪中の安倍首相は15日「国会日程を見ながら検討したい」と述べた上で、来年度予算の速やかな成立を優先させるために国会対応を重視する構えを見せた。平昌五輪への出席については明言を避けた格好だ。しかし16日、自民党ナンバー2の二階俊博幹事長は「五輪も国会も大変重要な政治課題だ。うまく調整の上、(両方)実現できるよう努力したい」と述べ、首相の平昌五輪出席に含みを持たせた。親韓派とされる二階氏は、慰安婦問題に言及した上で「全て重要であるためきちんと対応していきたい」と述べた。

 韓国政府が習主席などの閉会式出席に向けて努力を続けているため、風向きが変わる可能性もある。韓国政府の関係者は「北京が次の五輪開催地となるため、閉会式に習主席が出席し、五輪旗を手渡す形を取るのも良い」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/16/2018011602970.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【さすがバ韓国】平昌冬季五輪のバイトは、1日15時間で週7日勤務が最低条件!!

バ韓国・平昌五輪に行くのはキチガイだけ


バ韓国・平昌冬季五輪のバイトスタッフは、とんでもない過酷な労働条件のようです。

下記の記事によると、


・1日15時間労働

・週7日勤務

・上記条件を断ると不採用


……といった内容のようです。


いやぁ、壮絶なまでのブラックぶりですなぁ。


もちろん上記以外にもセクハラやパワハラがついてくるのですから、

朝鮮ヒトモドキですら嫌がる職場みたいです。




こんなスタッフによって運営される平昌冬季五輪。

どう間違っても成功なんてするわけがありませんねwwww



-----------------------
1日15時間、週末勤務も要求……ブラックすぎる「平昌冬季五輪」のアルバイト事情

 開催までいよいよ1カ月を切った平昌五輪。ところが、現地では相変わらずトラブルが絶えず、今度はブラックなアルバイト問題が波紋を広げている。

 というのも、平昌冬季五輪組織委員会が短期バイト応募者の面接の際、「1日15時間、週7日働けるか?」と聞いたことが明らかになったのだ。

 韓国メディア「ハンギョレ」の取材によると、オリンピック期間中に仁川空港のチェックイン・センターなどで勤務する短期バイトに応募したキムさんは、面接官にこう言われたという。

「朝7時から夜10時まで、週末にも働けるか」

 それを聞いたキムさんが、「いくらなんでも1日15時間はひどすぎる」と抗議したところ、「我々が情熱ペイを要求すればどうするのか」と聞かれたそうだ。

「情熱ペイ」とは、とある分野で経験を積みたがる若者たちの情熱を利用し、最低賃金にも満たない報酬、またはタダで働かせる労働搾取を皮肉る言葉だ。主にファッションデザイン界やテレビ局、大企業などで蔓延すると知られているが、まさか五輪委員会から“情熱ペイ”という言葉が出たというのは驚きである。

 キムさんは情熱ペイに関する質問に対し、「健康をおろそかにしてまで働くのはダメだと思う」と答えた。面接の結果は当然のごとく不合格。「もし合格したとしても、働きたい気持ちがなくなっていた」とキムさんは言う。

 韓国の勤労基準法では週に68時間の労働を容認している。ところがキムさんが要求されたのは週105時間労働。明らかに勤労基準法違反にあたるが、これに対して同組織委員会は「応募者の覚悟を確かめるための質問だった」と説明している。とてもハードな仕事のため、「続けられるかどうかを確かめただけ」だというが、「法律に逆らってでも働きたいという覚悟を見せなければならなかったのか」という疑問が残るのも事実だ。

 平昌五輪のバイトに関するトラブルは、他にもある。

 昨年11月、同組織委員会の下請け業者による装備運営の短期バイト求人情報があった。3カ月間の泊まり込み、時給は最低賃金を上回る8,000ウォン(約830円)の好条件ということもあって、最終的に約100人が選ばれたという。ところが、勤務開始日は延期に延期を重ね、ようやく決まった勤務開始日の10日前、突如100人全員の採用が一方的に取り消された。

 問題は、その後に下請け業者の所在がつかめなくなったことだ。韓国通信社「news1」の取材によれば、「平昌冬季五輪組織委員会は装備運営の下請け業者のうち、バイトを雇用したというところは存在しない」と説明。

 選ばれた100人が住民登録証(日本のマイナンバーにあたる)や個人情報などを業者側に渡している状況を見る限り、「個人情報を狙った大規模の詐欺である可能性がある」と、専門家は指摘している。

 フェアプレーを育み、平和な社会を実現するための祭典で、これ以上理不尽なことがなければいいのだが……。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3219501
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・平昌冬季五輪】聖火リレーにあの“犯罪者”がランナーとして堂々と参加!!

バ韓国・平昌冬季五輪の聖火リレーに参加したナッツ婆


昨日行われていた平昌冬季五輪の聖火リレーに、

あのナッツ婆がランナーとして参加していたようです!!


いやぁ、本当に凄い国ですね。バ韓国って。


犯罪者を聖火リレーに堂々と参加させるだなんてwwwww


もっとも、

犯罪を犯していない屑チョンなんてこの世には存在しないのですから、

バ韓国ではこれが当たり前なんでしょうね。



-----------------------
平昌五輪の聖火リレーに大韓航空の「ナッツ姫」が登場!韓国ネットから非難集中「犯罪者をなぜ?」「金さえあれば何でも無罪に」

 2018年1月15日、大韓航空機のいわゆる「ナッツリターン事件」で社会的に物議を醸した同社元副社長・趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏が平昌五輪の聖火リレーイベントに参加していたことが分かり、韓国のネットユーザーから非難の声が高まっている。韓国・アジア経済などが伝えた。 

 趙氏は13日、ソウルで開かれた聖火リレーイベントに、韓進グループのチョ・ヤンホ会長と大韓航空のチョ・ウォンテ社長の支援ランナーとして登場した。支援ランナーには趙氏のほか、大韓航空の従業員約20人も参加したという。 

 趙氏は14年12月、米国から韓国に向かう大韓航空機内で客室乗務員のナッツの出し方に激怒し、離陸直前の飛行機を引き返させるという問題を起こし、裁判所から昨年、懲役10カ月、執行猶予2年の判決を受けた。その後は公のイベントへの参加を自粛していたという。 

 この事実を知った韓国のネットユーザーからは「執行猶予中の犯罪者をなぜ聖火リレーに参加させる?」「五輪組織委員会はどういうつもりだ」「国の品格を傷つけた人をなぜ?」「お金っていいな」「何をしても金さえあれば無罪になる」など批判的な声が相次いでいる。

http://www.recordchina.co.jp/b249746-s0-c50.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る