韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

廃棄処分

【毒とウンコとバクテリアまみれwwww】インドネシアがバ韓国産白菜1.5トンを廃棄処分!!

バ韓国産の農産物は糞尿まみれ


バ韓国がインドネシアに輸出していた白菜から、有害なバクテリアが発見されていました!


その結果、1.5トン分の白菜を廃棄することになったようです。



インドネシアでは、5月と6月にバ韓国から輸入したエノキから毒物が発見されていたばかりです。



これは同情できませんね。


バ韓国産の農産物や海産物を輸入することは、自国民を殺すことと同義です。


この日本にも、積極的にそうした毒物を輸入する業者が少なからず存在しています。



屑在日や糞帰化チョン同様、一刻も早くこの国から排除したいものですね。





-----------------------
インドネシア、韓国産エノキに続き白菜の種子も1.5t廃棄命令

 17日、アンタラ通信と在インドネシア韓国大使館によると、ジャワ島東部スラバヤ農業検疫所(BBKP)は、韓国から輸入した白菜の種子1.5トン、12億ルピア(9千900万ウォン)相当を廃棄することにした。

 検疫所側は韓国から輸入した白菜の種子からA1群バクテリア緑膿菌(細菌性花腐病・Pseudomonas Viridiflava)とA2群バクテリアが検出されたと明らかにした。

 A1群は農作物に有害なバクテリアでインドネシアにないバクテリアで、A2群はインドネシア特定地域で検出される有害なバクテリアだ。

 検疫当局は「韓国産白菜の種子に入っているバクテリアがインドネシアの園芸作物にとって深刻な脅威となりうるため廃棄措置を取った」と説明した。

 インドネシアは2018年2月にも緑膿菌が発見されたとして韓国から輸入したチカリーの種子300キロを廃棄している。

 インドネシアは韓国からトウモロコシ、キャベツ、マスタードの葉、チカリー、ニンジン、セロリなど多様な野菜種子を輸入している。

 これに先立ちインドネシア農業部は「4月に韓国から輸入したエノキのサンプルを採取して検査した結果、一部のサンプルから食中毒などを誘発できるリステリア菌が検出された」とし、5月と6月にかけて計8千キロ余りを廃棄した。

 リステリア菌は発熱、筋肉痛、頭痛、バランス感覚喪失などを引き起こす可能性があり、老年層や妊婦などの高危険群は特に気をつけなければならない。

 米食品医薬品局(FDA)と現地メディアの報道によると、2016年11月から米国17州で「ソンホンフード」という業者が流通したキノコを食べて4人が死亡し、32人が中毒症状を見せ、3月9日にFDAのリコール措置が下された。

 韓国政府はエノキダケに「加熱調理用」という点を表示するようにし、これを制度化するよう管理を強化した。

https://news.v.daum.net/v/20200717172836524
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国産の養殖ヒラメ、日本に輸出できなくなり大量廃棄処分!!

バ韓国産のヒラメは病原菌まみれ


バ韓国産の養殖ヒラメがとんでもなく暴落しているようです。

日本の検疫が強化されたことにより、

糞尿まみれのバ韓国産ヒラメの輸出ルートが途絶えたのが最大の理由のようです。


その結果、

大量のヒラメが廃棄処分されているとのこと。



ヒトモドキの分際で海洋資源を無駄にするとは!

本当に許せませんね。



これから先、イオンあたりで大量のヒラメが安売りされそうですねwwww



産地偽装を得意としている小売店にはくれぐれも注意したいものです。



-----------------------
韓国でヒラメ暴落、廃棄処分も

 韓国で刺身用に愛されているヒラメの価格が暴落している。ノルウェー産のサケ、日本産のブリに押されている上、日本の検疫強化で輸出にも暗雲が漂っているためだ。

 韓国の養殖ヒラメの60%を生産する済州特別自治道は5日、10月28日から済州魚類養殖水協(漁協)と共同で養殖場359カ所で中間サイズ(400-600グラム)のヒラメ200トンの廃棄処理を開始したと明らかにした。これに先立ち、水協は成長しきったヒラメが売れず、35億ウォン(約3億3000万円)をかけ、1キログラム級の成魚312トンを冷凍処理した。ヒラメが水槽内でエサを食べまくり、費用がかかるためだ。水協はまた、軍に納入するヒラメを前年比70%多い198トンに増やした。

 済州ではヒラメ1キログラムの卸売価格が2017年10月の1万6632ウォンから今年10月には8441ウォンと半額に下落した。生産原価である1万ウォンにも満たない水準だ。ヒラメは最近ノルウェー産サケ、日本産ブリの輸入量増加による直撃を受けている。追い打ちをかけるように、最近日本で韓国産ヒラメに対する検疫が強化され、輸出ルートも途絶えている。韓国の養殖ヒラメを輸入する日本は今年6月、韓国産ヒラメの検疫費用を20%から40%に引き上げた。ヒラメに含まれる「クドア」と呼ばれる粘液胞子虫類による食中毒の可能性が指摘されたためだ。

 年初来、韓国の流通業者は相次いでヒラメの販促イベントを開いている。イーマートは6日までヒラメの刺身(約450グラム)を通常の3万9800ウォンのところ、4割引の2万3500ウォンで30トン販売する。ロッテマートも同日までヒラメ1匹を10年前の価格水準の1万7800ウォンで販売することを決めた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/06/2019110680004.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「ちっ、ばれたニダ!」、仁川アジア大会の海外選手76人が、あわやサルモネラ菌中毒に!!!!!

海外の有力選手を殺す気マンマンの大会委員




やはり今回の仁川アジア大会は、次の五輪でバ韓国が有利になるようライバル国の選手を殺すことが目的だったようです。


危うく選手76名が、バ韓国側が用意したサルモネラ菌入りの弁当を食べるところだったのです!!



サルモネラ菌の主な原因とは……。

「チフス性サルモネラ菌」はヒトのみに感染する細菌で、患者の糞便から別のヒトに感染するほか、糞便によって汚染された土壌や水の中に残存しているもの(これらの自然環境中ではほとんど増殖しない)が感染源になります。




ウンコ民族の住む土地で、ウンコ民族が作ったものを食べるだなんてトンデモナイ話です。


今回命拾いした選手たちはホっとしたと共に、二度とバ韓国を訪れようとは思わないでしょうね。




さて、この大会中に何人の外国選手が死ぬことでしょう。


それがきっかけとなって、世界中が一致団結して韓国塵を駆逐する日が来ますように。南無ぅ。





-----------------------
アジア大会、選手用の弁当からサルモネラ菌 76個廃棄

 韓国・仁川(Incheon)で開催中の第17回アジア競技大会(17th Asian Games、Asiad)の組織委員会は22日、選手用の弁当からサルモネラ菌が検出されたため、用意した76個を全て廃棄処分し大規模な食中毒を未然に防いだことをAFPの取材に明らかにした。

 サルモネラ菌は、21日に仕出し業者が準備した弁当の肉から検出されたもので、射撃、フェンシング、重量挙げ、セパタクローを含む競技の出場選手らがこの弁当を希望していた。選手たちには代わりのパンと牛乳の軽食が用意されたが、配られたのは数時間後で、結局昼食を食べなかった選手もいたという。

 組織委の広報担当者によると、問題を起こした仕出し業者は契約解除となり、別業者との契約が結ばれたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000037-jij_afp-spo
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【これぞ韓国】駐韓米軍の捨てたゴミを「弁当」として販売していた業者が摘発される!!

ゴミ屑や糞尿が主食の韓国人


今日もバ韓国は平常運転のようです。


駐韓米軍が訓練後に廃棄した戦闘食糧を拾い、それを販売していた業者が警察に摘発されたとのこと。


ゴミ屑を拾って、それを食料として販売する屑チョン。

ゴミ屑そのものを食料と偽って日本に輸出する屑チョン。



糞尿が主食のきゃつらにしてみれば、なぜそれが罪になるのかも理解できないんでしょうね。


こうした韓国塵の性根というやつは死んでも治ることはありません。




そんなバ韓国と商取引を行うような日本企業は、我々日本人を殺す気マンマンの売国奴と言えるでしょう。




-----------------------
戦闘食糧不法流通を摘発 在韓米軍が捨てたものまで売りさばく非衛生的な実態

 駐韓米軍が訓練後廃棄処分した戦闘食糧を拾って市中に流通させた業者が警察に摘発された。

 海外戦闘食糧を無断で取り寄せてインターネットで販売した業者も首根っこを押さえられた。

 ソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊は、駐韓米軍が訓練後領内または、野外訓練場焼却場に捨てた戦闘食糧を回収して不法流通・販売した疑惑(食品衛生法違反)でイ某(72)さんなど9人を不拘束立件したと1日明らかにした。

 韓国内のある米軍飛行場で清掃する仕事をするイ氏は、去る2012年6月から去る5月まで訓練後、領内焼却場に捨てられた米軍戦闘食糧を回収して流通業者の乳母(76)さんに10個または12個まとめた箱を一箱当たり2千~3千ウォンで供給した疑惑を持たれている。

 この戦闘食糧はソウル東廟(トンミョ)市場で主にキャンプ・釣りを楽しむ人に1個当り5千~8千ウォンで販売されたと見られている。

 浦項(ポハン)所在米軍訓練場近くに居住するイ某(71)さんは野外訓練後、捨てられた戦闘食糧を拾って一部をユさんに売ったり倉庫に保管して摘発された。

 この戦闘食糧は賞味期限が確認されていないだけでなく、冷蔵設備もなく、衛生状態も不良な倉庫で保管された。

 警察は倉庫などから戦闘食糧130箱を押収し、すでに200~250箱が販売されたと推定している。

 警察はこれと共に販売目的で英国・ドイツ・スロベニアなどの地で生産された戦闘食糧を食品医薬品安全処に申告なしで、直接輸入して販売したインターネット・カフェ運営者チョン某(46)さんなど5人を同じ嫌疑で不拘束立件した。

 これらは直接消費するかのように偽装して、外国の戦闘食糧を輸入してハングルによる表示事項を付けないまま、200個余りをインターネット・カフェなどで1個当り5万~9万ウォンに販売したことが明らかになった。

 警察関係者は「金さえあれば、消費者の健康を考慮しない不良食品流通業者の典型的な違法行為だ」と強調した。

 警察は食薬処と協力して、輸入食品を不法流通・販売する行為をより強力に取り締まる方針だ。

http://www.yonhapnews.co.kr/society/2014/07/01/0701000000AKR20140701059300004.HTML
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る