韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

廃業

【バ韓国経済】リストラ程度じゃ対応できないニダ!! 消滅する事業所が急増中wwwww

バ韓国を崩壊に導いてくれる文大統領


文大統領による“最低賃金の引上げ”や“労働時間の短縮”がことごとく裏目に出ているバ韓国。


中小企業はリストラによってこの災難を乗り切ろうとしているようですが、やはり限界に達しているようです。


リストラ程度では対応ができず、廃業に追い込まれる中小企業が続出。

この10か月で104万件以上の事業所が消滅しているのですから、相当なものですねwwww



これは文大統領による焦土作戦とも言えるでしょう。


来年以降もこの作戦が実行されるので、比喩ではなく朝鮮半島が焼け野原になるのも時間の問題でしょうねwwww



パククネ婆より遥かにテンポよくバ韓国を終わらせようとしている文大統領。


ある意味、人類に最も貢献した朝鮮ヒトモドキとして後の世で評価されそうですなぁ。



-----------------------
「人員削減以外に生き残る道はない」…韓国中小企業の悲鳴

 大邱(テグ)にある染色業者のハンシン特殊加工は数年前まで工場を24時間稼動していた。だが7月に160人だった従業員を90人ほどに減らした。残業もなくした。最低賃金引き上げ、労働時間短縮に備えた構造調整だった。この会社のハン・サンウン社長は「危機を克服するなら早く克服し、潰れるなら早く潰れるようにした冒険」と話した。勇気を出したが恐ろしいとも話した。「来年も最低賃金引き上げで中小企業はさらに厳しくなるでしょう。ここに労働時間短縮まで加わればこれに耐えて生き残る中小企業がいくつあるでしょうか」。 

 今年より10.9%引き上げで時給8350ウォン(約850円)となった最低賃金の適用が25日先に迫り中小企業に危機感が広がっている。人件費引き上げに耐えるのが難しく人員を削減する中小企業が増加している。地方の産業団地は賃金引き上げに自動車業界などの不況が重なり従業員50人以下の小企業の稼動率は30%台に急落するなど瀕死状態に追いやられている。 

 最低賃金引き上げに中小企業が人員削減で対応していることを数値で示すのが雇用保険消滅事業所数だ。1人以上雇用すれば義務加入しなければならない雇用保険から脱退する企業だ。雇用情報院によると消滅事業所は今年に入り10月まで104万件に達した。2016年に109万2911件で100万件を超えてから昨年には125万5645件に増加した。失業を意味する雇用保険喪失者も10月に47万8731人で、前年同期の39万3692人より大きく膨らんだ。人員削減の主な対象は低賃金労働者と外国人労働者だ。ある中小企業代表は「生産性が低い人材から整理するほかない」と話す。 

 パイタッチ研究院のラ・ジョンジュ院長は「来年の最低賃金引き上げにともなう自動化・無人化導入などで雇用50万件程度が消える可能性がある」と話した。

https://japanese.joins.com/article/831/247831.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国ソウルの売春街、横断幕のせいで廃業の危機に!!

バ韓国ソウルの売春街に掛けられた横断幕


バ韓国の首都ソウルの一角にあった売春街。

そこで異変が起きつつあるようです。


・区が店の前に「違法有害店舗追放、住民と共に」と書かれた横断幕を設置。

・警察や区の取り締まりにあっても営業を続けていた風俗店30軒が廃業する事態に。

・違法風俗店の経営者や客たちが憤慨するものの、客足は減る一方。


……という流れみたいですね。



何よりも驚くべきなのは、警察や区の取り締まりを受けても長年ずっと営業していたことです。

やはり、売買春という国技を守りたいという意識が働いていたのでしょう。



ま、バ韓国から売春街が消えることはありません。

他の地域に移動して同じように営業し続けるだけの話でしょうね。



-----------------------
韓国の違法風俗店を廃業に追い込んだ「横断幕作戦」

 ソウル市城北区の地下鉄吉音駅から吉音・弥阿ニュータウンに伸びる三陽路の通り沿いにはソウル・江北地区(漢江以北)を代表する違法風俗店が39カ所営業している。ビールと洋酒を提供する飲食店を偽装し、公序良俗に反する営業や売買春などに及んでいるとされる場所だ。

 違法風俗店が20-30年にわたり営業してきた三陽路は最近4カ月で大きな変化に直面している。客足が10分の1に減り、相次いで店が廃業しているのだ。今月2日深夜に現地を訪れると、営業していたのは39店舗のうち9店舗にすぎなかった。10年以上ここで営業してきた店主(67)は「あいつらの横断幕のせいで客が来なくなった」と店の前を指差した。

 地元の城北区庁は今年5月25日、三陽路にある違法風俗店の前に横断幕26枚を掲げた。「違法有害店舗追放、住民と共に」と書かれていた。店舗前の街路樹や電信柱の間にびっしりと設置されていた。「横断幕作戦」は城北区保健衛生課の職員によるアイデアだった。警察や区庁の取り締まりを受けても、違法風俗店が営業を続けたため、横断幕を掲げることにしたのだ。この横断幕は向かい側の歩道から眺めると、違法風俗店の看板がすっかり隠れて見えないところに仕掛けがある。関係がない店の看板は隠れないように、横断幕の大きさも調整した。

 効果は区庁が期待する以上だった。1人に4-5人が訪れていた店の客は1カ月に15人ほどにまで減少し、店舗の賃料も支払えなくなった。経営者によると、商売をやめた店舗は10カ所以上で、横断幕がなくなるまで営業を中断した店主も20人に達するという。違法風俗店の経営者(58)は「7年間店をやってきて、取り締まりにも持ちこたえてきたが、これほど生存が脅かされたのは初めてだ。たまに来る客も『あの横断幕をどうにかしろ』と怒っている」と話した。

 違法風俗店は表向きは一般飲食店として届け出ており、酒類を販売すること自体は違法ではないが、大多数が赤い照明を設置し、ホステスによる接客や違法な売春を行っている。食品衛生法は一般飲食店で客と同席して店員が酒を飲むことは禁止されている。三陽路の違法風俗店街から200メートルの場所には約1200人の児童が通う弥阿初等学校(小学校)があり、これまで保護者からの苦情が絶えなかった。

 城北区関係者は「警察との合同取り締まりでも解決できなかったことを26枚の横断幕がやってのけるとは予想していなかった。違法営業が完全になくなるまで横断幕を撤去しない計画だ」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/04/2018100401965.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















廃業しても借金まみれwww バ韓国の自営業者の借金は832兆2973億ウォン以上!!

借金したまま廃業するバ韓国の自営業者が急増中


文大統領によるキチガイじみた最低賃金の引上げの結果、借金まみれの生活を送っているバ韓国の自営業者ども。


店舗の賃貸料もまともに払うことができず、ノンバンクの高利貸しからの借金でやり繰りしているようです。


その借金の総額は、

832兆2973億ウォン!!!!!!!


いやぁ、これだけの額になっているということは、破綻間違いなしですねwwww




2007年から発生したアメリカのサブプライム・ローンの不良債権化は世界中に影響を及ぼしましたが、

バ韓国の経済破綻は大した問題にならないでしょう。



なにしろ、こうなることが分かり切っているので、

バ韓国経済と共に破綻するような企業は屑チョン経営会社くらいなものでしょうからwwww




-----------------------
借金で耐える韓国自営業者…第2金融圏からの借入、今年43兆ウォン急増

 2カ月前までコンビニエンスストアの店主だったコさん(46)は、最近、自動車組立工場に働きに出ている。2016年10月にオープンしたコンビニエンスストアはオープン初期に一日120万ウォン(約12万円)を売り上げてからは80万~90万ウォンへ、今年に入ってからは40万~50万ウォン台へと大きく落ち込んだ。結局、今年6月に店を閉めた。だが、建物主との摩擦のせいでまだ店を整理できず、月々の賃貸料154万ウォンだけが2カ月間、保証金から出ていっている。コさんは「コンビニエンスストアをしながら死ぬほど働いても手元に残るお金は月150万ウォンほどだった。自営業者として生きていくのは本当に大変だった」と話した。 

 国税庁が自営業者に対する税務調査を一時的に免除することにしたのは、それだけ自営業の経営環境が悪化したためだ。国税庁と統計庁によると、昨年の自営業廃業率は87.9%で歴代最高値を記録した。10軒開店すれば9軒廃業するという意味だ。特に、飲食・宿泊業など自営業4大業種は昨年48万3985軒が新たにできて42万5203軒が店を閉めた。昨年の廃業率は前年に比べて10.2%ポイント増え、この数値は今年90%を越えるものと予想されている。 

 廃業率の上昇は収益構造が悪化したと解釈することができる。小商工人市場振興公団の分析をみてみると、今年1~3月期に全国自営業者1軒当たりの月間平均売上は3372万ウォンで、昨年同期の月平均3846万ウォンに比べて12.3%も落ちた。自営業が限界状況に追いつめられたことで雇用市場も不安定になっている。国家統計ポータル「事業体労働力調査」によると、居酒屋・飲食業の上半期の非自発的離職者は4万6563人で2009年に関連統計を取り始めて以来、最大値を記録した。非自発的離職者は、構造調整や解雇、会社の経営事情によって職場を移った人を意味する。 

 限界状況に追い込まれた自営業者は「借金」で耐えているとみられる。韓国銀行の統計によると、今年上半期の「第2金融圏」(ノンバンク金融機関)の貸付残高は832兆2973億ウォンで昨年末より43兆1894億ウォンほど増加した。第2金融圏の融資は銀行から借りにくい自営業者の比重が高い。第2金融圏の融資増加額は毎年増加している。

http://japanese.joins.com/article/125/244125.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|inside_left
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【ガチでヤバいバ韓国経済】「9か月連続で景気が回復しているニダ!」と言い張る政府wwwwwww

景気が回復していると言い張るキチガイバ韓国政府


世界的に雇用が好調のようですが、バ韓国だけはその流れに逆行しています。

失業率は高まるばかりで、自営業者の相次ぐ廃業も止まる兆しが一向に見えないのですから。



しかし!!



バ韓国政府は、


「9か月連続で景気が回復しているニダ!」


と言い放っているのですwwwwww



いったいどこにそんな根拠があるんですかね?

本当に笑わせてくれますwwww



この調子でヒトモドキどもが死に絶えるまで虚勢を張り続けてほしいものです。


-----------------------
9カ月連続で「景気回復」と言い続ける韓国政府

 経済協力開発機構(OECD)がまとめた韓国の景気先行指数が15カ月連続で低下した。6月の同指数は5月を0.3ポイント下回る99.2で、昨年4月以降低下が続いている。通貨危機当時に20カ月連続で低下して以来最長だ。景気先行指数とは約半年後の景気動向を予測する指標で、基準値100以下であれば景気後退を意味する。指数の下落幅も徐々に拡大しており、昨年には月に0.1ポイントだったものが、3月には0.2ポイント、6月には0.3ポイントに拡大した。景気が急速に悪化していることを示している。

 しかし、韓国政府の認識は異なる。企画財政部(企画財政省)は公式の景気判断を盛り込んだ8月の景気動向(グリーンブック)で、景気が「回復傾向」だと指摘した。「不確実性が拡大している」という前提は付けたが、9カ月連続で「景気回復」という診断を維持した。大統領は「経済は改善している」とし、経済副首相は「潜在成長率に近い成長を記録した」と述べた。統計や景気見通しの大半が景気後退を示しているにもかかわらず、政府だけが楽観論だ。それでも与党指導部は景気悪化が「前政権の誤った政策のせいだ」と過去のせいにしている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/13/2018081300856.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る