韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

延期

永遠に実現できないwww バ韓国政府、月探査計画をまたまた延期!!

永遠に実現しないバ韓国の月探査


バ韓国の月探査計画がまたもや延期になっていました!

もうこれで何度目の延期なんでしょうねwwww


出来もしない妄言を繰り返す屑チョンども。


その生きざまと同じで、本当に醜いものです。


ま、月に屑チョンどもが足を踏み入れるなんてトンデモない蛮行ですよね。



近い内に崩壊するバ韓国なので、

月探査成功は永遠にあり得ないでしょうけどwwww


-----------------------
月探査また2年延期…遠のく韓国の宇宙開発

 2020年末に予定されていた月軌道船打ち上げを韓国政府が2022年7月に延期した。昨年、月軌道船打ち上げ計画を2年、着陸船打ち上げ計画を10年先送りしたのに続き、再び月探査計画を先送りしたものだ。今年に入って中国・イスラエル・インドが相次いで月に向かって着陸船を打ち上げるなど、世界的に見て月探査に対する熱が高まっている中、韓国だけが宇宙開発で後ずさりしているものだ。

 科学技術情報通信部は9月10日、国家宇宙委員会の宇宙開発振興実務委員会を開き、「月探査事業の主要計画変更案」を審議・確定して発表した。月軌道船の重量を当初の550キログラムから678キログラムに増やし、軌道船の軌道も1年間の円軌道から9カ月間の楕円(だえん)軌道と3カ月間の円軌道を並行することにした。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時の2007年に月探査計画を発表してから12年経っても、宇宙船の設計や軌道がいまだに揺らいでいるのだ。

■政権によって変わる月探査計画

 月探査計画が遅れたのは今回が初めてではない。韓国が政府次元で月探査計画を最初に立てたのは2007年の盧武鉉政権時だった。当時決まったのは、月軌道船は2020年、着陸船は2025年にそれぞれ打ち上げるという象徴的な青写真程度の事項だった。難度の高い月着陸船をすぐに実行するのは難しいので、まず軌道船を打ち上げて月探査の可能性を打診するというものだった。2013年の朴槿恵(パク・クネ)政権では軌道船は2018年までに、着陸船は2020年までに打ち上げ日程を先送りした。「大統領選挙公約に合わせる」という政治的な理由からだった。文在寅(ムン・ジェイン)政権は昨年、再び軌道船打ち上げを2020年に、着陸船打ち上げを2030年に変更した。宇宙開発がスピード競争になっている時代に月面着陸日程が10年遅れるということは、事実上の月探査放棄ではないかという批判もある。「月探査を過去の政権の積弊(弊害)と見なしている」という言葉まで飛び出した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143.html
-----------------------


計画に関わった関係者の懐だけが温かくなるというお話でした。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















本日打ち上げ予定だったバ韓国の小型衛星、問題発生で延期にwwwww

打ち上げ延期となったバ韓国のファルコン9


本日打ち上げ予定だったバ韓国の小型衛星。

案の定、それが延期になっていましたwwwww




ま、屑チョンどもの立てた計画なんざ、最初からいい加減なものなので、

予定通りに事が運ぶわけがありません。


税金をたっぷり使った後、打ち上げ失敗に終わるというのがいつものバ韓国なんですから。



宇宙に漂流するゴミが増えるだけなので、このまま打ち上げることなく計画が終わってほしいものです。


-----------------------
きょう予定の韓国次世代小型衛星、打ち上げ延期

 20日に打ち上げ予定だった韓国の次世代小型衛星1号の打ち上げがロケットの点検問題発生で延期された。 

 韓国科学技術情報通信部は19日、「スペースXのロケット『ファルコン9』に対する点検問題で次世代小型衛星1号の打ち上げが11月25~26日または12月1日に暫定延期された」と明らかにした。ファルコン9ロケットの点検過程で1段ロケットの燃料の役割をする推進剤の部分に問題が生じたためだ。 

 次世代小型衛星1号は打ち上げ後2年間にわたり地球上空575キロメートルで太陽爆発にともなう宇宙放射線、プラズマ状態を測定するなど宇宙科学研究に活用する映像資料を韓国の関連機関に提供することになる。 

 科学技術情報通信部関係者は「最終打ち上げ日は点検がすべて終わる1~2日後に決まる予定」と話した。 

https://japanese.joins.com/article/312/247312.html?servcode=300&sectcode=330&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アメリカ国防総省「米韓合同演習を延期する」、バ韓国国防部「延期なんて確定していないニダ!!!!!!!!!!!」

アメリカ国防総省の発表にビビるバ韓国


アメリカの国防総省が「12月に予定されていた米韓空軍による合同軍事演習を延期する」と発表していました。


しかし!


バ韓国国防部はその翌日に、


「合同軍事演習の延期は確定していないニダ!!」


と大慌てでアメリカ国防総省の発表を否定していたのです!



南北朝鮮の平和をお題目にして暴走しているバ韓国ですが、

米軍が後ろ向きな態度をとった途端に手の平返しするとはwwwww


なんだかんだ言っても、米韓同盟に頼らざるを得ない状況なんでしょうね。


やはり誰がバ韓国の大統領になってもコウモリ外交以外の手段を取れないわけです。




ま、アメリカがバ韓国防衛になんの価値も見いだせなくなりつつあるので、

国としての終焉が迫っているのは間違いなさそうです。


-----------------------
米国の発表を韓国が慌てて撤回!異例の状況発生で、韓国ネットから不安続出

 2018年10月21日、韓国・SBSは、米国防総省が発表した米韓合同軍事演習延期の決定を、翌日に韓国国防部が撤回するという「非常に珍しい状況が発生した」と報じた。 

 米国防総省は20日、「12月に予定されていた米韓空軍による合同軍事演習を延期する」と発表した。米朝首脳会談開催に向け、北朝鮮に配慮する狙いとされている。 

 しかし韓国国防部は21日、米韓軍事演習に関する記者懇談会を非公開で行い、米国の延期発表について「確定していない」と明らかにしたという。同部関係者によると、シンガポールでの会談でマティス長官が軍事演習の延期を提案したが、チョン・ギョンドゥ長官はデータリンクを活用する方法で調整する案を逆提案した。これに対しマティス長官は「検討する」と答え、今月末の米韓安保協議会で最終決定が下されることになっていたという。 

 記事は「韓国国防部が米国の公式発表と異なる内容を記者たちに説明するのは非常に異例のことであるため、その背景に関心が集まっている」と伝えている。 

 これに、韓国のネットユーザーからは「裏で何か大きなことが起きている気がする。文在寅(ムン・ジェイン)政府が大きなミスを犯したのでは?」「米国が文政府を信頼していないことを表す行動。米国はついに、軍事的な面で韓国をパッシングし始めたようだ」「韓国防衛から徐々に手を引く米国。米国と離れていく韓国の未来は一体…?」「文大統領はまるで北朝鮮の操り人形。そんな人を信じて訓練などできないよ」「深刻な問題は、米国が日本自衛隊との訓練に力を入れ始めていること。米韓同盟より日米同盟が主になってきている」などと懸念する声が数多く寄せられている。 

 一方で「自主防衛!自主平和!」「戦争より平和がいい。文大統領頑張れ!」との声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b637417-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【残念!】バ韓国製ロケット発射実験、機体の異常で延期に!!

バ韓国のロケット打ち上げ、延期に


今月の25日に予定されていたバ韓国のロケットエンジンの試験発射。


しかし、機体から異常が見つかったため、その発射が延期となってしまいました。



いやぁ、残念です!


せっかくの爆発ショーが見られず、残念としか言いようがありません。



急遽原因を分析し、年内には打ち上げ日を決める予定とのこと。


つまり、打ち上げ日は来年以降になる可能性が高いってことですねwwwwwwww




ま、結局いつものように見た目だけバ韓国製で中身は全部外国製のロケットを飛ばし、

お茶を濁すだけなんでしょう。


-----------------------
25日試験打ち上げ予定だった韓国型ロケット、機体欠陥で延期へ

 今月25日に予定されていたヌリ号エンジン試験用発射体(ロケット)の打ち上げ日程が延期になった。試験発射体の機体から異常が見つかったためだ。 

 韓国科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院(KARI)は、ヌリ号エンジン試験発射体から部品の異常が見つかり、発射管理委員会を開いて日程の延期を決めたと17日、明らかにした。KARI関係者は「羅老(ナロ)宇宙センターで発射体飛行モデルを使って燃料供給過程を点検しているときに推進剤加圧系統で圧力が減少する現象を確認した」と説明した。 

 KARIは発射体飛行モデルを組立棟に移動させて機体異常の原因を分析している。KARIは原因の分析を終えて年内に試験体の打ち上げ日程を改めて決める予定だ。 

 エンジンと燃料を含めた試験発射体の重量は52.1トンに達する。試験発射体は打ち上げから63秒ほどで音速を突破する。上空100キロメートルに到達するのは離床後164秒ごろとなる。3段式ロケットのヌリ号の1段目は75トンエンジン4基を束ねて作られている。2段目のロケットは75トンのエンジン1基が必要だ。最後の3段目には7トン級液体エンジン1基が入っている。今回打ち上げ予定だった試験発射体は、ヌリ号2段目に該当する。

https://japanese.joins.com/article/178/246178.html?servcode=300&sectcode=330&cloc=jp
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る