韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


建設工事

バ韓国・ソウルの小学校で74パーセントの生徒が登校拒否!! その理由は……

反日教育に余念のないバ韓国の小学校


バ韓国の首都・ソウルにある小学校で、

全校生徒の74パーセントが

登校拒否を続けていることが判明していました!!


74パーとはかなり異常な事態なのでしょうね。


その理由は、学校周辺で行われているマンションの建設作業。

解体に伴う大量のアスベストが舞っていて、健康被害を訴えて保護者が学校を休ませているようです。



屑チョンの分際でアスベストを怖がるとはwwwww


ま、これはいつものアレですね。

ゴネまくって賠償金をゲットするためのものでしょう。


金の為なら我が子すら道具にしてしまうという屑チョンらしい行いでした。


-----------------------
韓国の小学校で全校児童の74%が登校拒否、いったい何が?=韓国ネット「勉強なんてどうでもいい」「国の基本がなってないから…」

 2017年9月6日、韓国ソウル近郊、京畿道(キョンギド)果川(クァチョン)市にある小学校で、全校児童の74%が登校拒否を続けていることが分かった。韓国・ニュース1などが伝えた。 

 原因は、子どもへの健康被害に対する懸念だ。現在同市では、マンション40棟(1620世帯)を撤去し35階建ての21棟(2129世帯)を建設する大規模事業が進行中で、2020年7月の入居を目標に、先月31日からはアスベスト除去を含む建物の解体工事が始まっていた。しかし、アスベストの処理問題をめぐって事業者と近隣の文原(ムンウォン)小学校に通う児童の保護者間で対立が深まり、とうとう保護者が子どもを登校させない事態に至った。保護者らは、事業者側がアスベストの情報公開と全面再調査実施などの要求を受け入れなかったことに抗議、全校児童1247人のうち923人の登校拒否は6日で2日目に入った。 

 これに先立ち、保護者らは先月初めに非常対策委員会を発足し、建て替え現場のアスベストマップなど「アスベスト調査報告書」の公開と、自治体を加えた3者による合同サンプリング調査の実施を求めていた。しかし事業者側が要求を受け入れずアスベスト除去と建物の解体工事を強行したしたという。市は両者の仲裁に乗り出しているが、非常対策委員会の関係者は「要求は子どもたちの安全と健康のためだ」とし、「要求条件が受け入れられるまで登校拒否を続ける」と宣言している。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「果川のような小さな市でこんな大規模な建て替えをしたら、息もできなくなってしまう」「住民は窓も開けられないほどの苦痛を強いられている」「子どもたちの健康が心配」「勉強なんてどうでもいい。今、問題なのはアスベストが深刻な病気を発症させるということ」など怒りの声が続出、市長に対しても「だから市長はちゃんと選ばなきゃ」「次の選挙では落選が正解だね」などの非難コメントが目立つ。 

 また、今回の保護者の行動に「親たちは格好いいね。大邱(テグ)のアスベスト工事ではみんな黙ってたよ」「保護者は思慮深く賢明」と応援メッセージも。 

 この他にも、問題の根源は国にあるとして「国の基本がなってないから、今からでも一つ一つ直していかないと」と訴えるユーザーも見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b189828-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国名物wwww】建設中の橋がまたまた大崩壊!!!!!!!!!!!

バ韓国製の橋は崩壊するのが当たり前


またもやバ韓国で、建設中の橋が崩壊していましたwwwwww

残念ながら崩壊時は作業員の休憩タイムだったようで、屑チョンが一匹も死ななかったようです。


まあ、バ韓国塵が造る橋なんてものは崩壊するのが前提なので驚くことではありませんね。



現在、バ韓国では平昌冬季五輪に向け、道路や橋の建設ラッシュとなっているようです。

ってことは、工期短縮や建築費のネコババによる“手抜き工事”で、今後も面白いニュースが続出することでしょう。


どうせなら五輪開催中の大事故がみたいものですなぁwwwww


-----------------------
韓国で建設中の橋がまた崩壊

 26日午後3時20分ごろ、京畿道平沢市内の「平沢国際大橋」建設工事現場で、床版(しょうばん)4枚が連鎖的に崩れる事故が発生した。事故時は作業員が休憩中だったため、人的被害はなかった。事故原因はまだ正確には分かっていないが、発展途上国型の人災である可能性が取りざたされている。また、2次的な事故が起こる恐れがあるため、交通量の多い国道43号線の一部区間は交通規制されている。

■一般的な工事技法で事故

(中略)

 平沢市などによると、工事現場では当時、作業員17人が床版設置作業をしていたとのことだ。工事関係者は「橋脚の上に7枚目の床版をつなぐ作業を終え、下に降りて休憩していた。すると、突然ごう音が響いて一瞬のうちに床版が崩れた」と語った。幸いなことに人的被害はなかったが、橋の下にあった車2台などが破損する被害が出た。

 事故原因はまだ明らかになっていない。ただ、最後に設置した一番端の床版が崩れ、ほかの3枚もドミノ式に相次いで落ちたと推定されている。1枚の長さが60メートルある床版(30メートル構造×2)は、鉄筋・鋼線などを材料とするケーブルでつながれる。床版が1枚崩れると、ほかも相次いで崩れる可能性がある。国土交通部(省に相当)では、専門家が参加する調査委員会を構成し、コンクリート床版の強度や荷重、固定など作業工程上の問題を調査する方針だ。

■毎年相次ぐ人災

 韓国では橋りょう建設工事中に床版が崩れる事故が後を絶たない。昨年7月に全羅南道霊光郡向化島と務安郡海際面をつなぐ七山大橋の工事で橋脚と床版の接続部が破損し、床版がシーソーのように傾いて6人が負傷した。

 また、2015年3月には京畿道竜仁市南四-東灘の国家支援地方道23号線に架かる橋の建設現場では、コンクリート作業中に床版スラブが崩れて作業員が十数メートル下に転落、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。13年12月には釜山北港大橋と南港大橋を結ぶ接続道路工事現場で幅約4メートルの路肩(非常時道路区間)を作るためコンクリートを流し込んでいた鉄骨製構造物が崩れ、作業員4人が巻き込まれて死亡した。

 同じく13年7月、ソウルオリンピック大路汝矣島出入口と江西区傍花洞を結ぶ接続道路工事現場ではコンクリート製の床版が崩れ、中国人朝鮮族の作業員2人が下敷きになり死亡、1人が重傷を負った。12年には京畿道坡州市内の橋の建設現場でも床版が崩れ、作業員2人が死亡、12人が負傷している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/28/2017082800882.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【画像アリ】バ韓国・ソウルの歩道落下事故の瞬間wwwwwwwwwww

ソウルの歩道が突然落下!


オスメス2匹が見事にハマり


コントのようにストンと落下wwww


死ななかったのでオチとしては弱いですね


昨日もお知らせしたソウルの歩道陥没事故

その落下の瞬間の映像が公開されていましたねwwww


火病による車椅子でのエレベーター突撃映像ほどではありませんでしたが、笑わせてくれますwwww


どうやら原因は付近のビル建設工事の影響のようです。


ってことはこれだけじゃ済まない可能性が高そうです。


我々を笑い死にさせる作戦なのでしょうか?



-----------------------
韓国・ソウルで歩道が深さおよそ5mにわたり陥没 男女2人転落

 韓国・ソウルで、バスを降りた男女2人が歩いていると、突然、道に穴が空いて、2人は転落した。

 ソウル市内で20日、歩道が深さおよそ5メートルにわたって陥没した。

 ビルの建設工事の過程で、地下の土砂が流出し、空洞ができたことが原因とみられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150221-00000849-fnn-int
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る