韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


引き揚げ

【朝鮮有事が楽しみwww】タンカーと衝突したバ韓国の釣り舟

遺族が大喜び中! バ韓国の釣り船ソンチャン1号


タンカーと衝突したバ韓国のソンチャン1号


引き揚げられたバ韓国の釣り船


先日、バ韓国の仁川市沖合で転覆した釣り船が引き揚げられていました。


いやぁ、見事な破壊されっぷりですなぁ。



朝鮮有事の際は、こんな船で数多くの屑チョンどもが日本に向かってくるんでしょう。

数多くの船が沈んでくれることに期待できそうですwwwww



浜に打ち上げられた死体処理は大変ですが、

生きた屑チョンを相手にするよりは遥かに楽しそうな仕事でしょうね。



-----------------------
転覆した釣り船の凄惨な姿

 3日に仁川市・霊興島沖で給油船と衝突し、転覆した釣り船「ソンチャン1号」が4日午前、仁川市中区の仁川海洋警備安全署専用埠頭に運ばれてきた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/04/2017120401568.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・セウォル号】船内で発見された被害者の“骨”を隠蔽していたことが発覚!!

引き揚げまで3年も要したバ韓国のセウォル号


愉快な見世物だった“沈没ショー”から3年経ってやっと引き揚げられたセウォル号。


その船内から屑チョンの骨が発見されていましたが、

当局の指示によりその事実が隠蔽されていたようです。


早速、トカゲのしっぽ切りとして収拾本部の副本部長が解任されていましたwwww



さすが、性根が腐りまくっている屑チョンのやることですなぁ。

これからもまだまだ我々を楽しませてくれそうですwwwww


-----------------------
セウォル号から見つかった骨の隠蔽疑惑 当局が監査実施=韓国

 韓国の海洋水産部が、2014年に南西部の珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の船内から17日に見つかった人骨とみられる骨の存在を22日になって公表したことで浮上した隠蔽(いんぺい)疑惑について、同部は内部監査を行い、23日にも1回目の調査結果を発表する方針だ。

 事故では依然として5人が行方不明となっている。骨が見つかった時はセウォル号が引き揚げられた木浦港で遺骨の発見を待っていた家族らが16日に同港を去ると表明し、18~20日に葬儀を行うとしていたため、さらなる捜索を求める世論が高まらないよう、骨が見つかった事実を隠蔽したとの疑惑が浮上している。


 同部の監査官室はセウォル号現場収拾本部の副本部長を本部に呼び、骨の発見を5日間公表しなかった理由などについて調べている。 

 副本部長は骨が見つかったとの報告を受けたが、公表しないよう指示したとされる。同部の金栄春(キム・ヨンチュン)長官は22日、この副本部長を解任した。

 セウォル号現場収拾本部はこれまで骨が見つかった場合、すぐにセウォル号船体調査委員会と行方不明者の家族に報告し、毎日2回配布している報道資料を通じてメディアにも公表していた。 

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今回の疑惑について、「理解できないことが起きた」として、真相究明と責任追及を指示した。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/1126/10201936.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国政府「セウォル号から遺骨が見つかったニダ!」、しかし詳しく調べたら……

セウォル号の中から豚の骨が発見される


バ韓国政府「引き揚げられたセウォル号の中から犠牲者の遺骨が見つかったニダ!!

……、

…………、

詳しく鑑定したら、


豚の骨でしたwwwwwwwww


もうこれは我々人類を笑い死にさせる気マンマンですね。


それにしても失礼な話です。

屑チョンより遥かに高位な存在である豚の骨と間違えるだなんて、言語道断もいいところですねぇ。




大金を投じてセウォル号を引き揚げても、船体はザルのように穴だらけwwwww

搭載していないはずの動物の骨が見つかったり……。



まだまだ我々を笑い死にさせるような発表がありそうです。


覚悟しておきたいものですなぁ。



-----------------------
韓国政府がセウォル号から見つかった豚の骨を「行方不明者の遺骨と推定」と誤発表=騒動で浮かび上がった新たな謎と問題とは?

 2017年3月28日、沈没から約3年ぶりに海上に引き揚げられた韓国の旅客船セウォル号から骨のようなものが見つかり、一時「行方不明者の遺骨と推定」と発表されたが、鑑定の結果、数時間後に豚の骨と判明する騒動があった。これを受け複数の韓国メディアが、新たに浮かび上がった疑問や引き揚げ作業の問題点を報じている。 

 韓国海洋水産部は28日午後3時過ぎ緊急会見を開き、同日午前にセウォル号を載せて運ぶ半潜水式の船甲板上で、行方不明者の遺骨とみられる骨7片が見つかったと明らかにした。この知らせに、家族との3年ぶりの再会に期待を膨らませた行方不明者の家族たちだったが、同日午後9時ごろ出された国立科学捜査研究院による鑑識の結果、骨片は豚のものと判明した。

 人と貨物だけを運んでいたはずのセウォル号からなぜ動物の骨が見つかったのか、との疑問を掲げ解説したのは聯合ニュースだ。セウォル号には乗員33人を含む443人が乗船、捜査結果と記録によれば2143トンの貨物が積まれていた。専門家の話では動物を運ぶための貨物室はなく、貨物として動物を載せることはできないため、これまでセウォル号で動物が運ばれていた可能性は言及されることがなかった。 

 しかしある専門家は「動物を他の貨物と混ぜてトラックに積み込み、申告していない可能性もある」と指摘する。このほか専門家からは、セウォル号が馬の産地として知られる済州島(チェジュド)行きであったことから馬が載せられていたことや、乗客がペットを連れて乗船したこと、乗客が持ち込んだ食べ物や船内の食堂で食材として使われた豚肉の骨が見つかったこと―などの可能性が提起された。 

 一方、SBSテレビが指摘したのは、船内の遺留品などが海に流れ出るのを防ぐための措置が不十分だったのではないかという点。セウォル号は窓や出入り口など290カ所余りに2.5センチ間隔で「流失防止ネット」が張られていたが、今回「船外」で見つかった骨片の中には長さ18センチになるものもあった。海洋水産部などによれば、引き揚げ作業の過程で重みに耐え切れず一部のネットが破損した可能性があるほか、それ以前に、引き揚げ作業のため船体に開けられた穴は140以上に上り、行方不明者の家族の間では、今回の騒動でさらに不安が募っている。

http://www.recordchina.co.jp/b171561-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








予想通りwwww バ韓国・セウォル号引き揚げ作業により、付近の海域に大量の油が流出!!

引き揚げられたセウォル号


先日、3年がかりでやっと海上に引き揚げられたセウォル号。


しかし、その引き揚げ作業の際に、

大量の油が付近の海域に流出していたようです。


前もって油の流出は予想されていたので、引き揚げ会社やバ韓国海洋水産部がそれなりに準備していたとのこと。

それなのに、このザマとはwwwwwwwwww


それにしても本当に糞迷惑な連中ですね。

流出した油は10キロ先にまで到達しているとのことです。


やはり、これ以上この星を穢さないためにも、

一刻も早く屑チョンどもを根絶やしにすべきでしょう。



それにしても、これが3年越しの計画とはwwwwwwww

横っ腹がネジれて笑い死にしてしまいそうです。



-----------------------
韓国・セウォル号引き揚げで「想定通り」油が流出、養殖ワカメなどに被害=「3年も何を準備してたの?」「中国人に任せるとうまくいかないね」

 2017年3月27日、韓国の旅客船セウォル号の船体引き揚げ作業中に流出した油が近隣のワカメ養殖場などに被害を及ぼしたことを受け、韓国海洋水産部と引き揚げ作業を担当した中国企業・上海サルベージが補償の意向を固めた。韓国・ニュース1などが伝えた。 

 被害が最初に確認されたのは、セウォル号の引き揚げ作業が本格化して間もない24日午前。引き揚げ現場から1キロほど離れたワカメ養殖場で、セウォル号から流れ出たとみられる黒色の油が帯状に広がっているのが見つかった。3年前の沈没事故の際にも流出油の被害を受けた東巨次(トンゴチャ)島など付近の住民らは、漁船を使ってオイルフェンスを設置するなど対策を取ったがあまり効果はなかったという。 

 27日、全羅南道(チョルラナムド)珍島(チンド)郡などによると、潮の流れに乗った油の帯は引き揚げ地点から10キロほど離れた島にも到達している。直接・間接的な被害はワカメや昆布、ひじきなどの養殖場72カ所、525ヘクタールに及び、郡は被害額について「100億ウォン(約10億円)をはるかに超える可能性がある」としている。 

 実はセウォル号からの油漏れは引き揚げ前から予想されていたといい、海洋水産部と上海サルベージの契約書には「残存油の回収」に関する内容も含まれていた。しかし契約上、回収すべきは「合理的に接近可能な残存油」に限られ、そもそも水中ですべての残存油を回収するのは不可能とみた上での引き揚げだった。 

 報道を受け、韓国のネットユーザーからは「油が漏れるのに防御フェンスもしなかったの?」「無能ぶりに終わりがないな」「なぜこんなことに?3年もあったのに、体系的・計画的・専門的に準備していたわけじゃなかったのか」「10キロも広がるまで海洋水産部は何をしてたんだ?」と、適切な準備や対応を取らない政府などに批判の声が多数寄せられている。

 また、「韓国はまったく災難続きだな」「沈んだ船を引き揚げるのに金を使い、漁師の被害補償にまた金を使い…残念だよ」と嘆く声のほか、「何でも中国人に任せるとうまくいかないね」「中国人は自分たちの海じゃないからって適当にやったんだろう」「メード・イン・チャイナはまだまだだ」と、引き揚げを請け負った中国企業に矛先を向けるコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b171560-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る