韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

従業員

【恨の国】バ韓国の百貨店、悪質客から従業員を守るマニュアルを作成!!

バ韓国の百貨店、悪質客が急増中


バ韓国のデパートが、悪質な客から従業員を守りための方策を打ち出していました。

マニュアルを作成し、警察へ通報する順序などを定めたとのこと。



いやぁ、どうなるのか見ものですなぁwwwww



ま、屑チョン同士での憎しみあいが増すことだけは間違いないでしょう。


客が店員を殺したり、店員が客を殺したり……。


そんな光景が日常的に見られることに期待したいものです。



-----------------------
悪質な顧客から従業員保護に乗り出した韓国のデパート

 「お客さまの美しいほほ笑みと思いやりが幸せな職場を演出します」

 10月3日午後、ソウル市中区の新世界百貨店本店では、こうした内容を記した掲示物が至る所で見受けられた。新世界百貨店が今月初めから全店舗13カ所に設置した「顧客宣言文」だ。百貨店と納品業者の従業員は、左胸に「お客さまの暖かい一言、ありがとうございます」と書かれた黄色の「スマイルバッジ」を付けている。顧客に対するサービスを第1原則とする百貨店が顧客に「何気ない圧力」を加えているのだ。

 新世界百貨店は「暴言を吐き、暴行までもためらわない悪質な顧客から従業員を保護するための措置」と明らかにした。今年7月、京畿道の竜仁店舗で発生した「化粧品甲質(カプチル、上から目線の意)女」事件が引き金となっている。当時化粧品売り場を訪れた40代の女性顧客は「商品に不具合があるため肌に問題が生じた」と化粧品を投げ付け、販売していた従業員を突き飛ばすなどの暴力を振るった。「殺してやる」などの暴言も聞かれた。同顧客は、暴行および業務妨害の疑いで刑事告訴されたものの、被害者の従業員はそのショックから職場に復帰できずにいる。

 ロッテ百貨店は、悪質な顧客に対応する指針書として「尊重される勇気」と題するマニュアルを今年8月に発刊した。顧客がひざまずいて謝れと要求してきたら、断固たる口調で「これ以上の無理な要求は、私どもとしても応対しかねる。応対はこれまでとする」とはっきり申し上げるなど、状況別の対応方法と関連する法令を盛り込んだ。器物破損や暴言、セクハラなどの暴力行為に出る「悪質な顧客」には、冷静になるよう言い聞かせ、やめるよう諭し、警告した上で、これ以上は応対しない旨を伝え、最後は警察へ通報するなどの順序をガイドラインとして提示した。イーマートは、コールセンターの従業員を保護するため、顧客が通話中に暴言を放った場合、警告するよう定めている。それでもこうした状況が続く場合は、応対を拒否する旨の自動案内音声を流し、電話を切る方針だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/19/2018101901581.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・平昌冬季五輪】いまだに業者や従業員に給料が支払われていないことが判明wwwww

極寒の中で行われたバ韓国の平昌冬季五輪


今年の2月に行われたバ韓国の平昌冬季五輪についてのニュースです。


閉幕から5か月以上経っているというのに、

運営にかかわった二次請けや三次受けの業者や従業員に対価が支払われていないことが発覚していたのです!!



極寒の中、働かされておきながら無給とはwwwww


さすが、バ韓国のやることですなぁ。


こんな現状でも、組織委員会は、


「苦情が継続して入ってきているが、予算に余裕がない上、被害業者や運転手と組織委員会の間に取引関係がない現状では、被害者を助ける方法はないニダ」


と無関係を決め込んでいるようです。


この調子だと、政府も知らんぷりするんでしょうね。



結局、いつものように大量の税金をつぎ込んでおきながら、

一部の屑チョンどものフトコロが温まっただけというお話でした。



-----------------------
閉幕から5カ月たった平昌五輪、従業員から不満が続出する理由

 今年2月の平昌五輪・パラリンピックからすでに5カ月がたつが、現地で働いたバス運転手にいまだに給料が支払われておらず、不満が続出しているという。韓国・ノーカットニュースが27日付で報じた。 

 平昌冬季五輪・パラリンピックでは、輸送バスの不足が顕著だったという。記事によると、韓国西部の忠清南道に住む貸切バス運転手のAさん(50)は、この報を聞いて平昌に向かった。お金のためでもあったが、「韓国で初めて開かれる冬季五輪に少しでも貢献したいという気持ちが大きく、寒くてもその分やりがいを感じることができると期待していた」という。 

 しかし、いざ到着してみると、現地の状況はニュースで聞いていたよりも深刻だった。夜明けに出勤して夜明けに退勤した。防音がしっかり施されていない宿泊施設で眠らなければならず、食事はキムチとスープにおかずが少し変わるだけ。そして寒さに震えながら、往復200キロメートルの雪に覆われた道を毎日数回行き来した。しかしパラリンピック閉幕から5カ月が過ぎた今でも給料は支払われておらず、Aさんは挫折と憤りを感じているという。 

 平昌五輪の車両部門公式スポンサーである現代自動車は、シャトルバスを運行するため、車両の不足分を錦湖ホールディングス(現・錦湖高速)から調達した。錦湖高速も自社で賄えない路線を全国各地の一次請け企業に委託し、さらに中小規模の旅行会社や貸切バス会社が二次請け、三次請けとして集められたという。しかし、費用の支払いが何らかの理由で滞り、三次請け企業の従業員であるAさんは、苦労した対価を受け取れていないのだという。少なくとも2つの企業で数千万ウォン(数百万円)の被害が把握されており、貸切バス業界全体でその額は数億ウォンに達するという。 

 平昌五輪・パラリンピック組織委員会は、「苦情が継続して入ってきているが、予算に余裕がない上、被害業者や運転手と組織委員会の間に取引関係がない現状では、運転手を助ける方法はない」と述べたという。 

 これについて韓国のネット上では、「すぐ捜査して運転手を搾取した企業を公開するべきだ」「政府は何をしているんだ」「北朝鮮から来た人は盛大にもてなしたのに、影で大会を支えた自国民には給料も払えないなんて、どう考えてもおかしい」と、政府の早急な対応を求める声が相次いだ。 

 他には「平昌五輪は失敗だ。無事故イコール成功ではないだろう。莫大な税金を注ぎ込んだのに給料の保証もできないなんて…」という、五輪自体の評価に結び付ける意見も見られた。 

 そして「大会を見に行ったけど本当に寒かった。あんな環境で働いていた運転手さんやボランティアの皆さん、本当にお疲れ様でした」と、実際に大会を見に行った観客からの労いの言葉も確認できた。

https://www.recordchina.co.jp/b574490-s0-c50-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵の鑑!! ビル火災発生当時、従業員が真っ先に逃げ出していたことが判明!!

従業員が真っ先に逃げていたバ韓国のビル火災


29匹の害獣どもが焼け死んだバ韓国のビル火災。

その火災発生当時、ビルの従業員どもが真っ先に逃げ出していたことが判明していました!!


屑どもが最も多く焼け死んだ2階のサウナの従業員は、

客を誘導することなく逃げ出していたというのです!!



いやぁ、まさに屑チョンの鑑ですなぁ。

この従業員どもの活躍のおかげで被害が拡大したのですから、

表彰してあげたくなりますwwwwwwwww



遺族様どもにとっても、燃えやすい燃料の投下となったので、

WinWinって感じですかねwwwwwwww


-----------------------
韓国のスポーツセンター火災、われ先にと逃げた従業員らが処罰対象に?=韓国ネット「良心的に行動しなかったから処罰?」「でも道徳的な責任はある」

 2017年12月27日、29人が犠牲になった韓国のスポーツセンター火災は建物の所有者が逮捕される事態となったが、一方で火災当時、われ先にと逃げた施設従業員らも刑事処罰の対象となる可能性があると、韓国・聯合ニュースが報じた。 

 問題になっているのは、火災を通報した1階カウンターの女性従業員A氏と、2階にいた女性従業員B氏。犠牲者の大半の20人が亡くなった2階女性サウナと直接・間接的に関係のあった彼女らについて「救助に消極的だった」との証言が出ているという。 

 警察によると、1階のサウナカウンターに勤務していたA氏は21日午後3時53分、カウンターに設置された電話を使い「建物1階の駐車場車両から火が出た」と消防に通報した後、屋外に避難した。警察の調べに対し「2階にも電話をかけて火が出たことを知らせた」と話しているが、これに関する真偽は確認できていないという。 

 一方、2階の女湯であかすりなどを担当していたB氏は、火が出た当時、サウナ利用客に火災の事実を伝えてから建物の外に出たとされている。 

 2人とも今回の火災原因とは直接的な関係がなく、防火や安全管理責任もない。しかし韓国の消防基本法は、建物の所有者や管理者・占有者に対し「火災発生時に消防隊が到着するまで警報を鳴らしたり避難を誘導したりするなどの救護活動、または鎮火活動を行う」よう定めており、今回、2人が「建物占有者」に当たるかどうかが問題となるという。同法には占有者に対する明確な定義がなく、「救護・鎮火活動」は「人命救出の成功」を求めているわけではない。そのため、火災発生の事実を知らせたことが「十分な救護活動」と判断できるかどうかが争点になってくるという。なお違反が認められた場合、100万ウォン(約10万円)以下の罰金が科せられる。 

 警察関係者は「火が出た際にA氏とB氏に客を避難させなければならない法的注意義務があったのかが鍵となるが、これまでに同様の事例や判例が見つかっていない」とし、「現在、法務チームで明確な判断に向け法律を検討している」と伝えた。 

 この問題について韓国のネットユーザーの関心は高く3000件近くのコメントが寄せられているが、「あかすりの担当従業員に業務上過失致死罪を適用するの?」「いいかげんにしてくれ。全国民を前科者にしたいのか?」「良心的に行動しなかったから処罰だなんて。そんなことをしたら処罰を免れる人はこの世に何人いるかな?」と2人を擁護する声が目立つ。 

 一方で、3階男性サウナで働いていた理容師が同フロアの客の避難を助けていたことが報じられたことから、これと比較して「あかすりの従業員に法的責任を問うのはやり過ぎだけど、道徳的な責任はあると思う。男性サウナの理容師とは大違いだ」との意見も登場。 

 その他にも「それならセウォル号の時はなぜ朴槿恵(パク・クネ)前大統領のせいにしたの?(笑)」「これはもう一度ろうそくデモをしないと駄目かな?この国は不公平過ぎるよ」など憤るユーザーもあちこちで見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b251951-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【これぞバ韓国】車椅子の従業員が、サムスン電子の工場からスマホ窃盗! その数なんと8474台!!!!!

テロ企業のバ韓国・サムスン電子


サムスン電子の従業員のオスが、

この2年の間に8474台ものスマホを盗み売り飛ばしていたことが判明していました。


なんでもこのオスは、身体障害者で車いすに乗っていたとのこと。

そのせいで、退社時に金属探知機を通らずに済み盗み放題だったようですwwwww


いやぁ、さすが屑チョンですなぁ。

我々人類には逆立ちしても真似できないようなことを平気でするのですから。



8474台とはかなりの数ですが、これも氷山の一角にしか過ぎないのでしょう。


-----------------------
ずさんな管理体制が露呈、サムスン従業員が2年で携帯8474台盗む―中国メディア

 2017年6月7日、騰訊科技によると、韓国京畿道水原市のサムスン電子工場で、従業員の男が2年にわたってスマートフォン(スマホ)計8474台を盗み出し、中古品業者に売り飛ばしていたことが分かった。 

 サムスンによると、ベトナムで発売前の機種がすでに売られていたことから横流しに気づいたという。男は14年12月から昨年11月まで勤務先の工場からスマホを盗んでいた。被害額は約8億ウォン(約8000万円)。 

 男は身体障害者で車椅子を使用していたため、退社時に通ることが義務付けられている金属探知機付きのゲートを通る必要がなかった。ギャンブル好きで約9億ウォン(約9000万円)の借金があったという。

http://www.recordchina.co.jp/b180606-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る