韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

急落

当然の結果www 中国の化粧品市場、バ韓国製のシェアが絶賛急落中!!!!

バ韓国の化粧品はヒトモドキ専用です


中国におけるバ韓国の化粧品シェアが急落しているようです。

直近の11月には一桁台にまで落ちていたとのこと。


やっと支那畜どももバ韓国製の化粧品の正体に気づき始めたのでしょう。

メイドインコリアの化粧品はあくまでもヒトモドキ用なので、人類に適しているわけがないのですからwwww



残念ながらこの日本には未だにバ韓国製化粧品を使っているキチガイも少なくありません。

そんなキチガイどもの顔面が、ある日を境に一気に崩壊してくれたら笑えるんですがねwwww


-----------------------
中国のビューティー市場で韓国製品のシェア急落

 中国で韓国化粧品(Kビューティー)の位置づけが揺らいでいる。中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)・電子商取引ビッグデータ分析スタートアップのメジャーチャイナが中国主要オンライン通販サイトのビッグデータを収集・分析したところ、今年はこうした流れが目立った。 

 メジャーチャイナは23日、「中国内売り上げトップ1000ブランドのうち韓国ブランドが占める割合は5月の12.2%から9月には10.5%、11月には1桁台の8.8%まで落ちた」と明らかにした。業界が通常中国市場でのシェアを10~11%前後と捉えているのに満たない数値だ。その上11月は光棍節(独身者の日)で消費が最も活発に起きる時期という点を考慮すれば体感する減少幅はさらに大きいとみられる。 

 メジャーチャイナは5月から11月までタオバオとTモール(各グローバルサイト含む)で販売された3万5000件の化粧品ブランド、2100万件の個別商品、5億5000件のデータを分析対象とした。両通販サイトは韓国の通販サイトと異なり各販売者が商品別の売り上げを公開している。両社を合わせると中国の化粧品オンライン取引で売り上げ70%占めており、中国内のブランド市場シェアと流れを把握するのに重要な基準になる。 

 売り上げトップ20のうち、韓国ブランドは「后」(15位)と「イニスフリー」(17位) の2つだけが順位に入った。Kビューティーを代表するアモーレパシフィックの「ラネージュ」は38位、「雪花秀」は49位だった。1~7位はエスティローダー、ロレアル、資生堂などグローバルブランドが占め、中国ブランドも7件含まれた。

https://japanese.joins.com/article/408/248408.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国経済へのトドメとなるか!? 半導体価格が最大で25パーセントも下落!!!!!

半導体価格の下落でバ韓国終了が速まる


自動車も造船も駄目、いつ発火するか分からないスマホも駄目とバ韓国の主力産業がズタボロ状態の中、

半導体市場がバ韓国経済を支えていたと言っても過言ではないでしょう。


しかし!


その半導体の価格がここに来て急落する見込みなんだとか。


メモリーの需要が減少したことが理由のようで、

最大で25パーセントも下落するとのこと。




いやぁ、世界経済の流れ全てがバ韓国を終わらせようとしているのがありありと伝わってきますねwwwww



サムスンの業績悪化は間違いないでしょうから、これでまたバ韓国崩壊の日が近づいたことになります。



-----------------------
韓国経済支える半導体、価格急落予測

 自動車、造船、スマートフォンなど韓国の主力産業が苦境に陥る中、韓国経済を唯一支えてきたメモリー半導体市場にも警告音が鳴り響いている。主要製品のNAND型フラッシュメモリーの価格が今年10-12月期から急落すると予想されるからだ。

 半導体の市場調査会社である台湾のDRAMエクスチェンジは26日、10-12月期のDRAM平均価格が7-9月期に比べ5%下落すると予想した。下落幅は当初予測(1-3%)を上回るものだ。半導体市場の分析担当者、エイブリル・ウー氏は「メモリーの需要が減少し、供給不足が解消され、DRAM価格が予想よりも落ち込む」と予想した。

 DRAMエクスチェンジは特にパソコン、モバイル、サーバー用のDRAM価格が同時に下落すると予想した。本格的な下落の前兆となる見通しだ。サーバー用、パソコン用のDRAMはいずれも5%下落、モバイル用のDRAMは最大で8%の下落が見込まれる。来年にはDRAM価格が今年に比べて最大25%下落するとした。

 半導体価格の下落で、韓国の2大半導体メーカーであるサムスン電子とSKハイニックスの業績も10-12月期から低迷するとの見方が支配的だ。

 これに先立ち、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなど世界の主な投資銀行も、世界のメモリー半導体需要が減少し、在庫が増え、価格圧力が強まるとし、10-12月から業界の景気が低迷するとの予想を相次いで示した。

 DRAMの場合、大口の取引先に供給する場合に適用される固定取引価格は横ばいだが、短期取引価格であるスポット価格は今年上半期から下落に転じた。8ギガビットDRAMのスポット価格は今年1月時点で9.65ドルだったが、27日には7.34米ドルと24%下落した。スポット価格の下落が進めば、固定取引価格も下落が避けられない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/28/2018092800916.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【慶事】アジアスマホ市場、バ韓国サムスンがシェア1位の座から転落!!!!

サムスンのスマホはただの危険物です


アジサのスマホ市場で、ついにサムスンがシェア1位の座から転落していましたwwwww

なんと、一気に5位にまで順位を落としたとのこと。


他の産業も世界中で信頼を失っていて、バ韓国最後の砦と言われていたサムスンもこのザマですwwwww

いやぁ、世界が正しい方向に向かって舵を切り出したことが実感できますねぇ。


後は、世界各地に散っている屑チョンどもを朝鮮半島に送還し、二度と海を渡らないよう封じ込めたいものです。

屑チョンどもの醜い死体なんざ目にするのも嫌ですから、半島内で殺し合いでもしてもらってさっさと滅びていただきたいものです。



その第一歩とも言えるシェアの急落。

いやぁ、目出度いですなぁ。


-----------------------
サムスン アジアスマホ市場で首位から5位に=発火問題響く

 サムスン電子がアジア・太平洋のスマートフォン(スマホ)市場のシェアで1位から5位に転落した。中国新興メーカーのOPPO(オッポ)が初めて首位に立った。 

 米調査会社のストラテジー・アナリティクス(SA)は5日、昨年10~12月期にアジア・太平洋のスマホ市場でサムスン電子のシェアは9.4%で、5位だったと発表した。

 サムスンは昨年1~9月、華為技術(ファーウェイ)、vivo(ビボ)など中国メーカーの躍進にもアジア・太平洋のスマホ市場で首位をキープしていた。

 だが、「ギャラクシーノート7」の発火問題による販売打ち切りで、中国やインドなどの市場で支配力を失った。

 一方でOPPOはシェア12.3%を記録し、初めて首位に立った。

 サムスンが今年1~3月期に再びトップに返り咲くかは未知数だ。4~6月期に予定されている「ギャラクシーS8」の発売前にこれといった決め手がないためだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000010-yonh-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・サムスン】中国でのスマホのシェア急落!! この2年で10兆ウォンも急落中wwwww

サムスンのスマホは爆発機能を搭載しています


バ韓国のサムスン電子の2015年度業績報告が発表されていました。

それによると、中国市場はさんざんだったようでこの2年で10兆ウォンのマイナスになったとのこと。


嘘しかつけない屑チョンの言うことなので、実際はもっとマイナスが増えているんでしょうけどwwww



ま、中国人もさすがに気づき始めたのでしょうね。

バ韓国製のスマホなんてものは、たいして安くもないのに性能が悪くて臭いということに。


今後もこの風潮は続きます。

新たな市場を開拓しようとも、すぐに化けの皮が剥がれてソッポを向かれるだけですからねwwww


-----------------------
中国人がサムスンを見捨てた?!売り上げが2年で1兆円の急落―中国

 2016年4月7日、家電網によると、韓国・サムスン電子の中国市場での売り上げが10兆ウォン(約1兆円)の急落となっている。スマートフォン事業が低迷していることが大きい。

 サムスン電子は3日、2015年度業績報告を発表した。全般的に厳しい結果となったが、とりわけ中国事業の落ち込みが激しい。中国での営業収入は30兆9800億ウォン(約3兆円)。前年比6.17%のマイナスとなった。2013年の営業収入は40兆1500億ウォン(約4兆円)を記録していたが、わずか2年で10兆ウォン(約1兆円)ものマイナスとなった。

 業績低迷の要因はスマートフォン事業の低迷にある。ハイブランドではアップルの厚い壁に阻まれ、ミドルレンジ、ローエンドでは中国メーカーに追い上げられるという状況で、中国市場のシェアは7.7%にまで低下した。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-132844/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る