韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

性的少数者

バ韓国・ソウルで性的少数者のイベント! そのすぐ側で反対集会も!!

バ韓国で開催された同性愛者どものイベント


バ韓国のソウルで、性的少数者のイベントが開かれていたようです。

同性愛者が集まり、平等を訴えていたようですが……。


そのイベントの反対側の広場では、

そんな同性愛者どものイベントに反対する集会が開かれていたとのこと。



せっかく目と鼻の先にいたんですから、

盛大に殺し合えばいいものを……。



ちなみに反対側の連中は、


「同性愛差別禁止法は同性愛批判と否定的な立場を差別と見なして処罰するものニダ!」


「良心と信仰、学問、表現の自由を深刻に侵害する逆差別ニダ!」


……などと主張しているようです。



常に何かにイチャモンをつけていないと生きられないというのが、バ韓国塵の習性です。


そんな主張に負けず、バ韓国の同性愛者どもには頑張ってほしいものです。



屑チョンどもが全匹同性愛者になってくれれば、

これから先醜い幼獣どもが生まれてこなくなるのですからwwww



-----------------------
ソウル広場で性的少数者のイベント開催…そばでは反対集会も

 性的少数者の祭典である第20回ソウルクィア文化祝祭の代表行事「ソウルクィアパレード」が1日にソウル広場一帯で開かれた。イベントが開かれる現場の向かい側の大漢門広場ではクィア祝祭に反対する「同性愛クィア祝祭反対国民大会」が開かれ警察が万一の事態に備えた。 

 ソウルクィア文化祝祭組織委員会はこの日午後2時にソウル広場でイベントを開き、午後5時ごろから乙支路(ウルチロ)入口と鍾閣(チョンガク)、市庁などを回って行進した。ソウル広場のステージには「20回目の跳躍、平等に向けた挑戦」と書かれた垂れ幕が掲げられた。参加者は性的少数者を象徴する虹の装飾をしてイベントを楽しんだ。 

 ソウル広場には性的少数者への認識改善を促すさまざまな機関と団体のブース74個が設置された。韓国の人権団体と大学の性的少数者サークル、カナダなど主要国の大使館などが参加し、グーグルコリアなどの企業と正義党、緑色党などの政党もブースを構えた。民主労総と差別禁止法制定連帯も共同記者会見を行い、国際労働機関(ILO)核心協約批准と差別禁止法制定を促した。2000年に50人ほどの参加で始まったソウルクィアパレードは毎年規模が大きくなり、昨年は主宰側発表で6万人が参加した。今年は参加者がさらに増えると主宰側は予想している。 

 一方、クィア祝祭に反対する「同性愛クィア祝祭反対国民大会」の参加者は「性平等NO、男女平等YES」「男女は先天的、同性愛は後天的性的指向」などと書かれたプラカードを持ち「差別禁止法制定反対」などのスローガンを叫んだ。彼らは「同性愛差別禁止法は同性愛批判と否定的な立場を差別と見なして処罰するもので、良心と信仰、学問、表現の自由を深刻に侵害する逆差別」と主張した。

https://japanese.joins.com/article/025/254025.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【パククネ政権が弾圧開始か!?】バ韓国での性的マイノリティに対するヘイトスピーチが激化!! 日本に逃げ出す動きも!!

性的少数者を攻撃する屑チョンども


以下はバ韓国での性的マイノリティのお話です。

糞長いので要約すると、


バ韓国では性的少数者に対する攻撃(口撃、暴力)が激しい

パククネ婆政権が性的少数者の弾圧に乗り出すとみられている

そんな屑チョンのゲイ集団の宗教団体が日本に逃げ出そうとしている


ってことです。


本当に糞迷惑な話ですね。



やはり屑チョンを見かけたらその場で撲殺なり銃殺するしかありませんね。

きゃつらがこの日本で呼吸しただけで殺人未遂行為なのですから、積極的に狩り出していくべきでしょう。



-----------------------
韓国、止まない性的少数者へのヘイトスピーチ…公共放送の理事も

 今年6月に韓国で行われた性的少数者の祭典「ソウル・クィア・パレード」「大邱・クィア・パレード」に対して、保守プロテスタント団体が激しい攻撃を加えたことはデイリーNKジャパンでも報道している。

 それ以降、韓国における性的少数者の人権状況について国際的な関心が高まっているが、米CNNが最近放送した「韓国でゲイとして暮らすこととは?」というレポートが韓国メディアの注目を集めている。

 CNNは、米国人のパートナーとカリフォルニア州で同性婚を上げた韓国人のミッキー・キム氏を紹介した。彼は家族にも真実を告げられずにいる。かつてインターンとして働いていた企業では、ゲイであることが知られて職を失うのではないかと心配しながら非常にストレスフルな生活を送っていた。

 CNNは「韓国世論の57%が同性愛を受け入れられない答えた」とし、ソウル・クィア・パレードに対する保守プロテスタントの激しい攻撃の様子を伝えた。

 また、学校からも社会からも正しい知識を得られないため、性的少数者の若者は混乱し、孤立感に陥る結果となっていると伝え、キム氏も「自分は精神病だと思っていた」と語った。

 レポートは、キム氏が万が一の事態、つまり同僚が暴力を行使して同性愛への反対を示す事態に備えて職場に監視カメラを設置しなければならない状況を伝えて締めくくられた。

 韓国社会の性的少数者に対する認識は、徐々に変わりつつはあるが権利回復運動が盛り上がるにつれ、彼らに対する攻撃も激しさを増している。つい最近で、公職者性的少数者に対してヘイトスピーチを行った。

 韓国の公共放送KBSのチョ・ウソク理事は「同性愛、同性婚をいかに見るべきか」という討論会で「同性愛者は汚らわしい左派」と発言した。さらに別の席では「盧武鉉(元大統領)は、同性愛と左派の連帯の証拠」とも発言するなど、公開の場で、1950年代のアメリカのマッカーシズム的なホモフォビック(同性愛嫌悪)な発言を繰り返している。

 チョ理事のヘイトスピーチに対しては厳しい批判の声が上がり、発言の撤回と理事の辞任を求める圧力が高まっているが、同時はいずれも拒否し続けている。また、現役の閣僚の中にもヘイトスピーチを行う者が現れた。

 金賢雄法相は、7月に行われた就任前の人事聴聞会で「同性婚に反対する」「性的少数者のパレードは制限されるべき」などと語り波紋を呼んだ。韓国では、今後のクィア・パレードを含めた性的少数者の活動に対して、朴槿恵政権が弾圧に乗り出すのではないかとの見方すらある。

 韓国女性家族省は、大田(テジョン)市が一度は制定した「性平等基本条例」に対して「性的少数者の人権保護条項が含まれるのは立法の趣旨に反する」との意見を示したことも、朴槿恵政権の方針を裏付けするものとして受け止められている。結局、条例は当該条項を削除して改定された。

 激しいバックラッシュに遭っている韓国の性的少数者の人権状況の悪化は、日本にとっても決して対岸の火事ではない。

 韓国でホモフォビックな活動を繰り広げているプロテスタント系宗教団体が、キリスト教信者の少ない日本を「新しい市場」と見て進出を進めているからだ。

 最近では、韓国のプロテスタント系のカルト教団が日本の宗教関係者に近寄り「世界の宗教者が集まる会議があるので参加しないか」と持ちかける事例が複数報告されている。

 一方、日本国内には、韓国系のカルト教団の動きを監視するプロテスタント系の団体が存在する。その団体の代表が、韓国で「同性愛者撲滅」を叫ぶ教会の賛同者であるのは皮肉なことだ。

 また、日本では主に排外主義者やレイシストによって、性的少数者に対するパッシングが行われているが、韓国のプロテスタント系宗教団体と、手を結ぶことも充分にありうるかもしれない。

http://dailynk.jp/archives/54117
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る