韓国GP組織委員会によるF1観客の歓迎オブジェ


F1のバ韓国GP組織委員会が「2016年の韓国GP」の復活を検討し始めたとのこと。

約103億円の違約金を払うくらいなら、50億円ほどの赤字であっても開催したほうが得と考えたようですね。


そんな程度の意気込みでしかないのに開催しようものなら、スタッフ、ドライバー、観客のすべてが不幸になるだけだというのに。


後先考えずに人間のフリをするから痛い目にあうというのが未だ理解できていないようですね。


ま、なにはともあれ、バ韓国GPが再開されれば世界中に嫌韓感情を巻き起こすだけのことです。


ぜひ頑張って再開してもらいたいもんです。

その時までにバ韓国という国が存在していればの話ですがwwwww


-----------------------
超大型モンスター・・F1韓国GPが2016年に復活の可能性、韓国ネットは「F1を開く資格がない」「これはきちんと考えた方が…」

 2013年を最後に開催が中断しているF1の韓国GPの組織委員会が、2016年の復活を模索しているという日本の報道が韓国で注目を集めている。

 韓国紙・ヘラルド経済は23日、サンケイスポーツの報道を引用し「事業性判断の誤りとモラルハザードが生んだ超大型モンスター・F1韓国GPが再開する可能性が浮上」と伝えた。

 記事によると、韓国GPの組織委員会は、2016年に韓国GPを復活させる方向でF1の興行権を持つFOMと交渉する意向を示しているという。

 韓国GPは、2010年から全羅南道の霊岩(ヨンアム)で開かれたが、13年までの4回の開催で1900億ウォン(約206億円)の累積赤字を記録。契約上は16年まで開催する予定だったが、14年と15年は開催を断念している。これに対してFOMは、韓国の組織委に8600万ドル(約103億円)の違約金を請求している。

 ヘラルド経済は、組織委が2016年の復活を目指していることについて、「予想外の対応ではない。訴訟や違約金を考慮すれば、2016年の最後のGPを開く価値はあるというのが、昨年来の“出口戦略”だ」と解説する。だが、同時に「莫大な違約金の支払いを逃れようという目的であれば、“小細工”という批判は避けられない」とも指摘し、欧州では「赤字を理由に開催を中止し、違約金を提示された瞬間に開催すると言い出すのは非論理的」という批判が出ていることを紹介している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。


「なんだかお粗末」

「都心部から遠すぎる。同じ全羅道に住んでいても行かないのに、全国からは来ないだろう」

F1を開く資格がない。そういうのを見る心の余裕がないんだから

これはきちんと考えた方がいい。まだそういうのを楽しめるレベルではないのに、恰好つけたくてやるのは、愚かなこと

赤字で崩壊したのに・・・

「浪費といえば、霊岩F1競技場」

国際的に恥ずかしい

「牛や田んぼが似合う場所に誘致したのはなぜ?」

「F1は唐突。いつか余裕ができれば、楽しめる日が来るかもしれない」

「賭けをしてみんなが儲かるようにするのも一つの方法かも。あとは国内のスターレーサーを育てるとか。車も個性的に変えてみる。車産業が発展するかも」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000038-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ