韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

感染拡大

イスラエルが英断! バ韓国塵1300匹に対し「無料チャーター機用意するから帰ってくれ!!」

バ韓国で爆増中の新型コロナウイルス


バ韓国での新型コロナウイルスが爆増しているのを受け、諸外国が続々と対応を始めています。


イスラエルが、聖地巡礼客らのバ韓国塵約1300匹に対し、


「無料チャーター機用意するから帰ってくれ」


という案を提示しているそうです。



これは素晴らしい対応ですねwwww



この日本に巣食うヒトモドキ全匹を帰国させるためなら、

我々の血税をいくらつぎ込んでも構わないでしょう。




もちろん片道切符で、二度とこの日本の地を踏めないように制限するのも必要ですが。



想像してみてください。

この日本からヒトモドキがいなくなった光景を……。



胸が熱くなりますよね。


-----------------------
イスラエル「韓国人1300人、無料チャーター機用意するから帰ってくれ」

 イスラエルに滞在中の聖地巡礼客ら韓国人約1300人に対し、イスラエル政府が自国の航空機で帰国を支援する案を検討していると伝えられた。イスラエル政府は帰国便の費用を全額自分たちで負担する考えだという。

 これは、韓国外交部当局者が24日、「イスラエル政府が自費で航空便を用意して、同国を旅行中の我が国民の帰国を助けることを提案してきたので、両国で協議しているところだ。航空機の準備などについて話し合う部分が多く、まだ確定していない状況だ」と明らかにしたものだ。

 イスラエル政府は22日午後7時30分ごろ、同国のベン・グリオン国際空港に到着した大韓航空KE957便に乗ってきた韓国人に対して入国禁止措置を取った。事前予告はなかった。これに韓国外交部が強く抗議すると、イスラエル側は自国の航空便で帰国を支援すると提案してきたとのことだ。

 22日現在でイスラエルに滞在している韓国人の短期滞在者は約1600人だという。イスラエル政府の入国禁止措置により、KE957便で韓国からイスラエルに同日やって来た人々がそのまま韓国に引き返すことになったため、この便にイスラエルから乗って韓国に帰ろうとしていた約130人は空港に足止めされた。これらの人々に対して大韓航空側はアライアンス(航空連合)を結んでいる他国籍機で近隣諸国を経由し、帰国できるよう航空便を用意した。この方法で22日以降、イスラエルを離れて帰国した韓国人は約300人に達するとのことだ。

 しかし、まだイスラエルには韓国人短期滞在者が約1300人残っている。このため、イスラエル政府は自国の航空便を動員して韓国人の帰国を支援する考えだという。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を懸念して、韓国人の早期帰国を望んでいるようだ。

 韓国政府は約1300人もの人員を短期間に一方的に帰国させるのは難しいという立場だ。個別の旅行日程があるため、政府が出て帰国を要求するのは難しいという面もある。現地に残った韓国人観光客らは現在、宿泊施設が韓国人の宿泊を拒否しているため、困難に陥っていると言われる。韓国外交部当局者は「現地で我が国民に不便がないよう、領事助力をもって最大限支援している」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/24/2020022480310.html
-----------------------


それにしても、屑チョンが「聖地巡礼」とかwwww


本当に笑わせてくれますね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・国会本会議が急遽中止に!! 議員たちが新型コロナウイルス感染者と接触していたことが判明!

バ韓国の新型コロナウイルス、国会議員から感染者も!


本日の午後に開催予定だったバ韓国国会の本会議が中止になっていました!!


先週、国会で開かれた500匹規模の討論会参加者の中から新型コロナウイルスの感染者が出たためですwwww



既に相当数の議員が感染していてもおかしくありませんね。




もっとも、バ韓国の政治家なんてものは最初から役立たずにしか過ぎないので、

大勢に影響はなさそうです。



せいぜい、感染者を拡大させるために頑張ってほしいものです。




-----------------------
韓国国会、本会議を取り消し…「議員たちが新型肺炎感染者と接触」

 24日の午後に予定されていた韓国国会の本会議が取り消された。

 韓国国会の代弁人はこの日の午前、緊急ブリーフィングを行い「今日の午後2時に予定されていた国会の対政府質問は開かない」とし、「文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は新型肺炎の報告を受け、今日予定されていた本会議を開かないことにした」と明らかにした。

 未来統合党の院内主席副代表は記者らに「現在、沈在哲(シム・ジェチョル)未来統合党院内代表が検査のために病院の選別診療所へ向かった」とし、「先制的措置のまたに議員総会を取り消し、与野党が合意して国会の本会議を暫定延期することにした」と説明した。

 未来統合党の沈院内代表と全希卿(チョン・ヒギョン)、郭尚道(クァク・サンド)議員は新型肺炎感染の疑いで検査を受けている。未来統合党の関係者は「去る19日、国会で500人ぐらいが集まった討論会が開かれたが、当時に参席した「教員団体総連合会」のハ・ユンス会長が陽性判定を受けた」とし、「討論会で沈院内代表と全希卿(チョン・ヒギョン)、郭尚道(クァク・サンド)の議員がハ会長の近くに座っていたため、自ら検査を要請した」と説明した。

https://japanese.joins.com/JArticle/262910
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















集会禁止令をガン無視!! バ韓国・ソウルで大規模集会が開催される!!!!!!

ウイルス拡散のために集結したバ韓国塵ども。


バ韓国では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため都心広場での集会が禁止されました。


しかし!


仕事もなくヒマを持て余している屑チョンが、先日も大勢集まっていたのですwwwww


保守系の団体が光化門広場近くの路上で集会を開き、ウイルスの大規模拡散に一役買っていました。




この集会を放置していた当局も問題ですね。

禁止令が出ているのですから、機銃掃射で37564にするのが正解だったでしょう。



でも、集会参加者たちが地元に帰ってウイルスを拡散させてくれるのですから結果オーライです。




生かしておく価値がゼロどころかマイナスでしかないバ韓国塵ども。

害獣どもが根絶やしになるまで新型コロナウイルスには頑張っていただきたいものです。





-----------------------
「集会禁止」も強行開催

 韓国・ソウル市は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため都心広場での集会を禁止したが、保守団体が光化門広場近くの路上で集会を開き、多くの参加者が集まった。同市は21日、大規模な集会の会場として使われることが多い都心の光化門広場とソウル広場、清渓広場での集会を禁止すると発表した。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20200223091100882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これは期待大ww】バ韓国中の救急車と救急隊員が大邱市に集結!!

バ韓国中の救急車が大邱市に集結


救急隊員によってウイルス感染が拡大する。それがバ韓国


あっという間に感染者が763匹を超えたバ韓国の新型ウイルス感染者。


カルト教会の信者が大量感染したことにより、その震源地の大邱市に国中の救急車と救急隊員が集められたようです。



いやぁ、もう結果が見え見えですねwwww



この救急車や隊員が地元に戻って、ウイルスの拡散をしてくれるわけですね。




今現在のウイルスによる死者は7匹とのことですが、

犠牲者の数が100倍増、否、1000倍増になってくれることに期待したいものです。



-----------------------
「全国から大邱に集結した救急車」

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が拡大している23日午後、大邱市達西区の頭流公園野球場で感染者を搬送するため待機中の全国から集められた救急隊員と救急車。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/24/2020022480008.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る