韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


手抜き工事

バ韓国最長の海底トンネル、雨が降ってトンネル内が浸水する事態に!!!!!!!!!!

完成2か月で浸水したバ韓国の海底トンネル


バ韓国の最長海底トンネルである「仁川北港トンネル」に、とんでもない欠陥が発覚していました。

なんと、雨の影響でトンネルの排水ポンプが稼働しなくなり、

トンネル内に雨水が高さ1メートルも貯まっていたというのです!!



ま、バ韓国ではそれが当たり前なので、

欠陥でもなんでもないんでしょうけどwwwww



残念なのは今回の浸水で、屑チョンが1匹も死んでいないことですね。



これからの台風シーズンに期待したいものです。

一気に海底トンネル内に水が溢れ、数百匹単位の屑チョンが死んでくれれば、

地上の浄化作業が捗りますからねwwwwww



-----------------------
開通間もない韓国最長の海底トンネル、排水ポンプが動かず大雨で浸水=韓国ネット「手抜き工事だ」「セウォル号から何も変わっていない」

 2017年7月24日、韓国北西部、国際空港のある仁川(インチョン)と金浦(キンポ)を結ぶ高速道路に今年3月開通した韓国最長の海底トンネル「仁川北港トンネル」が、大雨で浸水し通行できない状態となった。韓国・SBSなどが伝えた。 

 23日に仁川付近で降った大雨の影響により、同トンネル地下に埋められた9000トン容量の排水ポンプが正常に稼働しなくなり、同日午後9時10分ごろ、仁川中区に位置するトンネルの一部が浸水した。管理会社によると、長さ5.5キロのトンネルのうち浸水区間は約200メートルにわたり、雨水が高さ1メートルほどまでたまったという。 

 往復6車線の同トンネルは、仁川北港の海底を通過する韓国最長の海底トンネル。最深59メートルまでいったん下り、そこから地上に向かう構造のため、排水施設が正しく作動しないと集中豪雨のたびに浸水が繰り返されることになる。 

 管理会社は、今回排水ポンプが稼働しなかった原因について現在まで把握できていないと明らかにし、早ければ26日に復旧が終わる見込みとした。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「手抜き工事だ」「設計は世界最高レベルなのに、施工は適当。まず現場の工事技師が原則通りに施工しない、そして作業員も適当、さらに監督・管理もまともにしない」「税金の無駄だ。不正がなかったか調査して」と、施工や管理業者への疑いや怒りの声が多く寄せられている。 

 また、仁川在住というユーザーの「仁川市民としてどこをどうしたら正常に戻れるのかな?」という質問に対しては「市長をしっかり選べばよかったのに」「引っ越しましょう」となかなか手厳しいコメントが。 

 この他にも「ポンプが常時作動するか点検もしていなかったようだ。セウォル号から何も変わっていない」と警鐘を鳴らすユーザーもみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b185408-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【平常運転www】発がん物質まみれだったバ韓国の駅wwwwww

街中発がん物質だらけのバ韓国


バ韓国の最近新設された駅のホームに、大量の発ガン物質が使用されていたようです。


使用が禁止されている廃枕木に対し、発ガン物質入りの防腐剤を使っていたとのこと。


結局は違法な工事が原因とのことですが、相変わらずのキチガイぶりですなぁ。


大勢の屑チョンが利用する駅でのことだったので、一匹でも多くの屑チョンが死ぬことをただ祈るばかりです。



あ!

屑チョンのガン患者が大喜びしているに違いありませんね。


「KORAILのせいでガンになったニダ! 謝罪と賠償を求めるニダ!」


……と駅を利用しなかった奴も顔を真っ赤にして騒ぎたてることでしょうねwwwwww


-----------------------
韓国鉄道駅の新設ホームに発がん性物質含む材料の大量使用が発覚=「なんか臭いと思った」「安全に責任を負うべき公企業なのに」―韓国ネット

 2017年5月17日、韓国鉄道公社(KORAIL)が国内の複数の駅に建設した2階建て車両「ITX(急行型電動列車)−青春」専用のホームに、毒性の強い物質を含むことから再利用が禁止されている廃枕木を大量に使用していたことが分かった。韓国・中央日報が伝えた。 

 今月1日の「ITX−青春」運行開始に合わせ新設されたソウル・新道林(シンドリム)駅の専用ホームは、表面はいずれも歩道ブロックで覆われているものの、クレオソート油で防腐処理された枕木特有の臭いが漂い、ホーム下には1本70〜80キロの廃枕木が1000個ほど積み重ねられている。そしてホームには仕上げ工程がずさんな箇所もあり、廃枕木が表面に見える部分もあるそうだ。 

 枕木の防腐処理に使われるクレオソート油には、ベンゾピレン、クリセンといった発がん物質が多く含まれており、万が一人体に吸入された場合、肺がんや肝臓がんなどを誘発する可能性があるとされる。このため韓国では2009年以降、防腐処理された枕木を遊歩道や野外の階段など人が多く訪れる場所へ再利用することが禁止されていた。 

 今回、問題の枕木は新道林駅のほか天安(チョナン)駅、大田(テジョン)駅の各ホームにも使用され、いずれも違法な工事であったことが明らかになった。 

 問題発覚後、当初「廃枕木のうち状態が良いものだけを選んで使った。また廃枕木なのでベンゾピレンの検出量はわずかだ」と釈明していたKORAILだが、専門家からの反対意見などを受け、「近日中に公認機関に調査を依頼する計画であり、有害と判明した場合は撤去などの措置を取る」と明らかにしている。 

 韓国のネットユーザーらは、「なんか臭いと思ったら、この臭いだったのか」「油の臭いは地下鉄の臭いだと思っていた」と衝撃の事実に驚きを隠せないようで、KORAILに対して「鉄道の利用客の安全に責任を負うべき公企業なのにどうして?」「社長を辞めさせよう。責任を取る社会をつくろう」「社長は職員や顧客を殺そうとしてるの?」と非難コメントが相次いでいる。 

 一方で、「前大統領の時は静かだったけど、文在寅(ムン・ジェイン)大統領になってからこういう事実がどんどん出てくる」「今後どれだけ面白いことが起こるかな」と前政権と比較したり、新道林駅の利用客から「30年以上通学や通勤で使ってるのに」「このままだと病院ががん患者であふれちゃうよ…」と健康を心配する声も上がった。

http://www.recordchina.co.jp/b178558-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【ムダ金www】過去2度頓挫していたバ韓国のモノレール計画が再開されるwwwww

車輪さえ満足に作れないバ韓国塵


バ韓国・仁川市のモノレール事業が再開されたようです。

この事業は、過去に大金が投じられて開通を目指していましたが、

手抜き工事や安全上の問題が発覚するなどして頓挫していたものです。



さて、まだ一度も走行していないこのモノレールは、今回こそ完成するんでしょうか?

また大金をドブに捨てるだけで終わりそうですがねwwwwww



屑バ韓国塵ってのは、お金を捨てるのが本当にお上手ですなぁ。


-----------------------
手抜き工事で走れず終わった韓国のモノレール、代替事業再推進で3度目の正直目指すもネットから厳しい声「税金の無駄」「そもそも何を観光しろと?」

 2017年4月18日、韓国日報などによると、手抜き工事などで一度は失敗に終わっていた韓国・仁川(インチョン)市のモノレール・月尾(ウォルミ)銀河レール事業が、月尾軌道事業として2019年の開通を目標に再出発することとなった。銀河レールの橋脚と四つの駅舎などの構造物を再利用、軌道を再架設の上新たに30人乗りの新車両が導入される計画だ。 

 仁川駅と、仁川の観光スポットである月尾島との間6.1キロを結ぶ観光用モノレールとして計画された月尾銀河レールは10年6月に完工。建設費853億ウォン(約81億円)を投入するも、手抜き工事の発覚や試運転で安全上の問題が明るみになるなどのトラブルが相次いだ。15年2月には劉正福(ユ・ジョンボク)市長が事業を民間に転換、より小型化しての「月尾モノレール事業」として開通への努力を続けたが、結局橋脚部分を残しレールは撤去、車両も廃車されていた。 

 事業主体である仁川交通公社は新たな月尾軌道事業について、新車両の導入と軌道の再架設費用を約190億ウォン(約18億円)と試算。運行中の仁川地下鉄1、2号線の収益と、月尾銀河レールの施工者である韓信(ハンシン)工営に対して行っている損害賠償請求訴訟で得る賠償金を充てるとしている。また銀河レールで計画された多額の機器費用が必要となる完全無人化ではなく、観光ガイドを兼ねた職員が乗務することでコスト削減を目指す。 

 公社のイ・ジュンホ社長は「既にモノレールの商業運転を行っている企業への限定入札を行いたい」とし、「新型車両導入とシステムの改善工事、運用までは仁川交通公社が主導するが、その後は民間委託とし地域経済の安定に寄与することを目指す」ことを明らかにした。 

 しかし既に2度つまずいた事業の再チャレンジに韓国のネットユーザーの声は総じて厳しい。記事には「公社ではできないから民間に任せたのに、また公社がやるの?意味不明」「やめとけって。税金の無駄遣いだって。事業になるわけがない」「これがベストな選択なのか?税金の無駄じゃないのか?地域経済の役に立つのか?」「この事業でまた何億、何十億ウォンという金が費やされると思うと不安で仕方がない」といったコメントが寄せられた。 

 また、「(月尾銀河レールを推進した)安相洙(アン・サンス)前市長は人間のクズ」との批判のほか、「そもそも月尾島に見るものなんてあるのか?」「仁川で何を観光しろって?」など「そもそも」のポイントを論じる声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/b175682-s0-c30.html
-----------------------


こんな屑チョンがこの日本で通名を使い、日本人のフリをして事業をしているだなんてゾっとする話です。


今すぐ通名を禁止し、朝鮮ヒトモドキの血を引く連中のオデコに「糞」の文字を焼印すべきでしょう。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・平昌冬季五輪】134億ウォンを投じて作られたカーリング会場、全面に亀裂発生で五輪不適合にwwwww

いまだ開催されるか分からない平昌冬季五輪


いよいよ来年開催“予定”の平昌冬季五輪。

競技場建設で問題が多発しているバ韓国ですが、またもやトンデモない事態が発覚していました!!


なんとカーリングの会場全面に、


亀の甲羅のような亀裂


が生じているんだとかwwwwwwwwww


いやぁ、凄いですなぁ。

134億ウォンを投じて作った会場が、このザマなんですからwwwwwwwww


ちなみに、亀裂の原因は安いコンクリートで作った床が、氷の重さに耐えられなかったということらしいです。


これから先、同じような原因で崩壊する会場が多発することでしょうね。



本当に平昌冬季五輪が開催されるか否かも、まだまだ予断が許されませんなぁwwwwww


-----------------------
韓国手抜き工事カーリング会場の床に亀裂 五輪不適合で全面再施工

 2018年平昌五輪のカーリング会場で3月22日、コンクリート床面の全面に亀の甲羅のような亀裂が複数生じているのが確認された。朝鮮日報(電子版)が報じた。手抜き工事が原因とみられており、地元自治体・江原道が床面を全面撤去して施工し直す計画。既存施設を134億ウォン(約13億4000万円)かけて整備したが、再施工にさらに3億〜4億ウォン(約3000万〜4000万円)の費用が必要で、五輪支出で苦心する江原道は施工業者に負担させる考えだ。韓国では以前から手抜き工事に伴う死亡事故などが頻発し、その度に問題視されるが、教訓が全く生かされていない格好に国民も呆れるばかりだ。 

 朝鮮日報が報じた写真を見ると、江陵カーリングセンターの縦60メートル、横30メートルのコンクリート床面はパテが埋め込まれているような亀裂が不規則に走っている。専門家はコンクリートが氷の荷重に耐えられなかったと指摘し、「当初から不良施工をした疑いがある」と原因を推測していた。

 2月に平昌五輪のテスト大会として実施された世界ジュニア選手権で、世界トップレベルにあるカナダの製氷技術者(アイスメーカー)が、この会場が五輪に適していないという意見を平昌五輪組織委員会に伝えていたと報じられる。世界カーリング連盟(WCF)も口頭で組織委に伝えており、朝鮮日報は「事実上『五輪不適合』の判定がなされた状況」と伝えた。 

 五輪を11カ月後に控えた異常事態に江原道は頭を抱え、原因究明する時間よりも、まずは五輪実施に向けた改修が先決と判断。4月から工事に着手。床面を全面撤去するとともに、設計もし直して8月には工事を終える計画を立てる。

http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010011-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る