韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

手抜き工事

【これぞバ韓国】文化財の復元にセメント使用!! 監督省庁「故意じゃないようなので、行政処分しないニダ!!」

セメントで文化財を復元するのがバ韓国流


バ韓国で、208億ウォンをかけて景福殿の復元工事が行われていました。


しかし!


その工事で、使ってはいけないとされているセメントが使われていたことが発覚していましたwwwww



手抜き工事のため、セメントをサクっと使って金を浮かせていたわけです。


ま、こんな事はバ韓国のアチコチで行われていることなので驚くようなことではありませんが……。




この違法工事が発覚した後の、文化財庁の対応には驚かされました!


「違反は故意ではなかったニダ! 行政処分は行わないニダ!」


……として、また税金を投じて再工事をすることになったんだとか!!



いやぁ、本当に凄いですね。

手抜き工事のためにセメントを使った業者を、監督省庁がかばうだなんてwwww


裏で大量の金を貰っていたに違いありませんね。




バ韓国には復元に値するような文化財なんてものは皆無なので、

この調子でどんどん税金を無駄遣いしていただきたいものです。


-----------------------
韓国、景福宮復元工事でセメント使用が発覚=ネットから批判の嵐

 2019年1月8日、韓国・KBSによると、景福宮興福殿の復元工事に文化財の復元には使用できないセメントが用いられていたことが発覚し、昨年4月から3カ月間、再工事が行われていたことが分かった。 

 記事によると、文化財復元基準は、宮殿の壁や屋根には「石灰、土、わらなどの天然素材のみを使用する」と規定している。しかし、興福殿の復元工事では施工業者がこの基準に反し、セメントを混ぜた材料を壁と屋根に使用していた。文化財庁はこの事実を把握していなかったが、工事関係者が外部にセメントの使用を暴露したことから明るみに出た。これを受け、文化財庁が再工事を決定したという。 

 ただ、同庁関係者は「規定違反は故意ではなく、事案は軽微だと判断し、業者に対して行政処分は行わず再工事を決めた」と説明しているという。 

 景福宮は朝鮮王朝の王宮で、ソウルの観光名所。現在も文化財庁が復元事業を進めている。興福殿は高宗の時代に建設され、外国からの使者に接見する場などに使用されたが、1917年に日本により撤去された。興福殿の復元は2015年から総額208億ウォン(約20億円)を投じて行われている。 

 この記事に、韓国のネットユーザーからは「208億ウォンの工事にセメントを使ったことが『軽微』だって?」「普通の住宅を作ってるんじゃないんだぞ」「公務員の賄賂を調べるべき。担当者が黙認してたんじゃないか?」「セメントを混ぜることで費用を浮かせているはず。許してはいけない」「物事をお粗末かつ適当に片付ける国民性。セメントを混ぜるなんて、文化財の復元なのに良心はないのか?」「韓国は隅々まで腐敗していない所がない」など、批判が殺到している。

https://www.recordchina.co.jp/b186484-s0-c30-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【みんな知ってたww】ラオスのダム決壊、バ韓国企業の利潤追求が引き起こした破壊テロだったことが判明!!

ラオスのダム決壊はバ韓国による破壊テロだった


7月に発生したラオスのダム決壊ですが、施工会社であるバ韓国のSK建設のトンデモない工事の実態が明らかになっていました。


・ダムの形式を変更

・建築材料の変更

・設計を変更して傾斜や高さを変える


……これらは、少しでも多く利潤を得ようとするためのものです。

その結果、ダム決壊という大惨事に至ったわけです。


しかし、SK建設側は、


「基本設計はスケッチに過ぎないため、

実際の施工図面と比較すること自体が間違ってるニダ!!」


などとトンデモなく醜い言い訳をしています。



やはり天災などではなく、バ韓国塵どもの破壊テロだったわけです。




ラオスで亡くなった人たちの命の重さは、朝鮮ヒトモドキを37564にしたとしても釣り合うものではありません。


しかし、きゃつらを一匹残さず土に還すことによって、屑チョンどもによる破壊テロが無くなることになります。


これ以上の犠牲者を出さないためにも、地上から穢れたDNAを完全に消し去りたいものですね。



-----------------------
ラオスのダム決壊、韓国企業の「欲」が生んだ人災だった?=韓国ネットから批判の声

 2018年10月15日、韓国・ハンギョレによると、ラオスで7月に起きた大型水力発電ダム決壊事故をめぐり、施工会社である韓国・SK建設が過度な利益を上げるためダムの設計を変更していた疑惑が持ち上がった。 

 記事によると、韓国与党「共に民主党」のキム・ギョンヒョプ議員から提出を受けたSK建設の資料「ラオスダムプロジェクト実行計画」(12年11月作成)には、基本設計変更の権限がSK建設にある点を利用して「管理費および利潤」を工事費の15%まで確保するとの内容が盛り込まれていた。SK建設は12年8月、ラオスダム開発を担当する合弁会社「PNPC」と、「管理費および利潤」を工事費の12.2%まで保障を受けることで合意していたが、さらに利潤を上げるため「ダムの形式と築造材料の変更、斜面の傾斜調整で工事費1900万ドルを削減する」などの細部計画を立てたという。 

 この計画の中で、記事は「ダムの高さを低くするなどの設計変更が行われたこと」に注目している。資料の中の基本設計図面では、五つの補助ダムの高さが10~25メートルとなっているが、SK建設が実際に施工した後に提出した図面では、補助ダムの高さが3.5~18.6メートルになっているという。 

 また記事は、問題点として、同事業に「政府の公的開発援助資金」が投入されたことを挙げている。11年にラオス政府がダム建設のため韓国政府に借款支援を要請したことを受け、SK建設、韓国西部発電、ラオス国営会社LHSEなどは合弁会社「PNPC」を設立した。同事業は公的開発援助の形で進められていたが、市民団体が環境問題を指摘したことで韓国輸出入銀行の資金支援が受けられなかった。しかし15年5月に突然、韓国企画財政部がラオスダム事業を含む4件の借款支援方針を決定。ラオスダム事業は同年10月に「対外経済協力基金」事業に追加され、同年12月にはラオス政府に約687億ウォン(約68億円)が支給された。公的開発援助事業は年末の国会予算審議と国際開発協力委員会の事業審議を必ず経なければならないが、こうした過程は無視されたという。 

 これについて、SK建設関係者は「基本設計はスケッチに過ぎないため、実際の施工図面と比較すること自体が矛盾している」と指摘。一方、キム議員は「ラオスダム事故は、設計を変更してまで過度な利潤を上げようというSK建設の欲望と、手続きを無視して借款を供与した前政府が生み出した総体的な人災」と指摘した。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「あきれた。権力に追従し、金で不正を働き、外国でまで事故を起こすなんて」「前政府にいくら渡した?これだから大企業への信頼がなくなる」「当然といえば当然。韓国内での習慣はなかなか直らないよ」「ラオス国民に韓国はどういう国として記憶されるだろうか?良心のない企業が韓国の格を下げた」「ラオスだから強気に出たのだろう。もし米国で同じことをしたら、多額の損害賠償でSKは跡形もなく消えていた」などSK建設に対する批判的な声が相次いでいる。 

 また「SKの建設免許を取り上げるべき」「他の入札で不利になるとしても、原因を究明して再発防止に努めよう」と訴える声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b630295-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国政府「今後、国は大規模なダム建設を主導しないニダ!!」

バ韓国政府が大規模ダムの建設を止める


バ韓国政府が、


「今後、国は大規模なダム建設を主導しないニダ!」

「計画予定だったダム建設は中断するニダ!」


と発表していました。



正直に言えばいいものをwwwwww


大規模なダムなんて造れないニダ!


……と。



ラオスのダム決壊を例に出すまでもなく、屑チョンどもの分際でまともなダムを造れるわけがありません。



ラオスで大勢の死傷者を出しておきながら、自国での崩壊を恐れるとは許しがたいですね。



-----------------------
韓国政府「大規模なダム建設、国は主導しない」

今後、国が主導する大規模なダム建設は中断する」と政府が宣言した。その代わりに中・小規模ダムを、それも流域別に共感が形成される場合に限り建設を進めるということだ。また、海水を飲み水にする海水淡水化も他の代替水資源の開発が難しい場合に限り開発を検討し、大規模な淡水化施設は公論化を経ることにした。 

 環境部は18日、水管理業務の一元化から100日を迎え、今後の水管理政策課題を盛り込んだ「持続可能な水管理に向けた第一歩」課題を発表した。水管理の一元化以降に改正したり、今後重点的に推進する水管理政策課題を選定したのだ。 

 環境部は▼水資源の浪費の除去▼飲み水に対する心配の解消▼水による被害の最小化▼未来世代への配慮--の4つを政策目標に設定し、これを達成するための4大推進戦略と14件の政策課題を準備した。 

 今回の課題は、環境部が昨年8月から運営してきた「統合水管理ビジョンフォーラム」と4大河川流域別討論会・懇談会、国会討論会などを通じて幅広い階層の意見をまとめた結果だ。今回の課題のうち目を引くのは、ダム政策の「認識体系(パラダイム)」を建設から管理に転換した点だ。水資源業務が国土交通部から環境部に移った後、水資源に関する政策方向も開発から保全に変わったのだ。 

https://japanese.joins.com/article/333/245333.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【結果が見え見えwww】中国の建設業の好調が、バ韓国を救う!?

手抜き工事はバ韓国のお家芸


国内経済がどん底のバ韓国。

建設、造船といった需要も減るばかりで、海外からの受注に頼るしかない現状ですが……。


中国での建設および設備投資への増加が続いていることを受け、それがバ韓国経済の救世主になると見られているようです。



もうどうなるのか結果が分かりますねwwwwwwww


受注獲得のため、低価格を提案。

金儲けのため、手抜き工事や粗悪品を売りつける。

それがバレて、補償や賠償で大金を要求される。


……いつもの流れになるに決まってますwwwwwwww



この結果、バ韓国が地上から消えるその日がますます速まるってことですね。


ここはひとつ屑チョンどもの不様な振る舞いを、対岸から眺めたいものです。





-----------------------
中国の建設業が好調、需要増加が韓国の「救世主」に―中国メディア

 2018年8月12日、中国メディアの参考消息網は、「中国の建設業が好調、需要増加が韓国の『救世主』に」とする記事を掲載した。 

 記事は7日付の韓国・亜洲経済(電子版)の報道を引用。韓国機械産業振興会がこのほど、韓国の今年下半期の一般機械の輸出について、中国の建設景気の好調が持続するとみられることなどから、前年同期比で7.5%増加するとの見通しを示したことを伝えた。 

 下半期は、生産、輸出、輸入のすべてが増加するものと予想され、特に、中国国内で建設および設備投資への増加が続き、建設機械や工作機械などの需要増加が期待されるとした。 

 韓国の建機メーカー、斗山インフラコアは、第2四半期の中・大型建設機械事業の売上高が前年同期比26.9%増の9507億ウォン(約924億円)、営業利益が同54.7%増の975億ウォン(約94億円)を記録した。販売が好調だった中国市場での売上高は同66.1%増の4291億ウォン(約417億円)に上った。 

 斗山インフラコアは、下半期の社会間接資本(SOC)インフラ投資と鉱山の需要拡大、環境規制に伴う買い替え需要の発生などを考慮し、中国での今年通年の機械売上高を前年比30%増の17万〜18万台水準に引き上げたという。

https://www.recordchina.co.jp/b633931-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る