韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

拡声器

チッ! 北朝鮮がバ韓国への軍事計画を保留だと!?

バ韓国への軍事計画を保留した北朝鮮


北朝鮮がバ韓国への軍事計画を保留すると発表していました。


結局クチだけ番長でしたね。



北も南も本当に能無し揃いですwwwww



ま、元々拳を振り上げただけで、それを相手に当てるつもりはなかったのでしょう。



せっかくヒトモドキが大量に死んでくれるいい機会だったのに、実に残念です。



やはりヒトモドキ同士でヤリあってくれることを期待してはいけませんね。


我々人類の手で害獣どもを根絶やしにするしか方法はないのでしょう。



-----------------------
金正恩氏 韓国への軍事行動計画を保留=南北緊張緩和か

 北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が23日に党中央軍事委員会の予備会議を開き、朝鮮人民軍総参謀部が提起した韓国に対する軍事行動計画を保留したと報じた。

 総参謀部は16日に▼金剛山・開城工業地区への軍部隊展開▼非武装地帯内の監視所の再設置▼前線地域での軍事訓練▼対韓ビラ散布――を予告し、中央軍事委員会の承認を得ると明らかにしていた。

 予備会議の結果を受け、北朝鮮の対韓軍事挑発はいったん見送られ、朝鮮半島情勢の緊張も和らぐとみられる。 

 北朝鮮メディアが準備をほぼ終えたと伝えた韓国批判のビラ散布と拡声器による宣伝放送も見送られる可能性がある。

 同通信によると、会議はテレビ会議方式で行われ、本会議に提出する報告書や戦争抑止力を強化するための対策を反映した文書などが議論された。

 北朝鮮が中央軍事委員会の予備会議を行うのは金正恩体制発足後初めて。今月に入り、金委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が韓国への攻勢を強めていたが、金委員長が異例の中央軍事委員会の予備会議を開いて軍事行動計画を保留し、一時的に緊張が緩和される格好となった。

 与正氏が悪役を担い、金委員長が緊張を緩和させる役割分担が目立つ。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200624000300882?section=news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の拡声器攻撃に異変が生じる!!!! 五輪のニュースをほのぼのと放送中!?

バ韓国の拡声器放送に異変!


バ韓国軍が、北チョンに向けて行っていた“拡声器放送”に異変が生じていました!!!!

なんと、金正恩を名ざして非難することを止め、体制非難をかなりソフトにしていたとのこと。


さらに、平昌冬季五輪で結成された南北合同チームのニュースを伝えたりして、拡声器放送本来の使い方とかなりかけ離れてきたようです。


いやぁ、文在寅政権もやってくれますなぁ。


南北の融和が進んでくれると、我々人類にとってゴミ掃除がしやすくなるだけですからねwwwwww


パククネ婆の時よりさらに加速して崩壊に突き進んでいるバ韓国。

文在寅がここまでやってくれるとは、嬉しい誤算ですなwwwwwwwww



-----------------------
韓国軍の北朝鮮向け拡声器放送から「金正恩」が消えた!韓国ネットが猛反発

 2018年2月22日、韓国・ニューシスによると、韓国軍が北朝鮮に向けて行っている拡声器放送から、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を直接的に批判する内容が全て削除されていたことが分かった。 

 韓国国会の国防委員長である「自由韓国党(韓国の最大野党)」の金学容(キム・ハクヨン)議員が心理戦団から提出を受けた資料によると、統合参謀は昨年、月間単位の「心理作戦指針」にて、対北朝鮮拡声器放送で金委員長に言及しないよう指示を出した。 

 統合参謀本部は「金委員長を攻撃することがむしろ、北朝鮮住民に反感を抱かせる可能性がある」との理由から、対北朝鮮拡声器の運営を担当する国軍心理戦団に「金正恩のワードを削除せよ」との指示を出したという。 

 心理戦団は金委員長に言及した部分を削除し、代わりに「ミサイルの実験発射に多くの予算が費やされ、住民たちは大変な思いをしている」「高位層は贅沢しているのに、住民たちは飢えている」などの文章を追加し、北朝鮮体制に対する批判の強度を大きく下げた。また、韓国で行われている平昌五輪で南北合同チームが結成されたことなどのニュースを詳しく伝え、韓国と北朝鮮の「民族同質性」を強調しているという。 

 この報道に韓国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられているが、今回の決定に否定的なものが目立つ。「数カ月後には金正恩を称賛する放送が始まりそう」「すでに赤化統一が始まっている」「心理戦のための拡声器だったのに、文在寅(ムン・ジェイン)大統領になって北朝鮮軍の心のヒーリング用になった」「ここは北朝鮮?韓国?金正恩が出てこない放送に何の意味がある?」など“親北派”と言われる文大統領に対する不安や批判の声の他、「もう驚きもしない」「こうなることは分かっていた。今回の政府には何も期待していない」など諦めの声も寄せられている。 

 また「政治はトランプ大統領のように、外交は安倍首相のように、報復は習近平(シー・ジンピン)国家主席のように、そしてスパイ行為は文大統領のように!」「文大統領は期待を裏切らない。これが朝鮮半島を統一する最も簡単な方法だからね」などと皮肉る声も。 

 一方で「五輪をきっかけに広まった和解の雰囲気を壊してはならない」「放送で金正恩の悪口を言っていたら南北対話が実現するはずがない」「対話するためには相手を尊重する姿勢を示すことから始めるべき!」などと擁護する声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b573486-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国最大の対北朝鮮兵器“拡声器”、寒い日や強風の日には使えないことが判明!!!!

寒い日には使用不可となるバ韓国の拡声器


バ韓国にとって、対北チョンの最大の武器である“拡声器”wwww

その拡声器ですが、とんでもない欠陥が発覚していました。


大金をはたいて投入したはずなのに、

なんと寒い日は使い物にならず10キロ先にすら音声が届いていないとのことwwwww


ま、大金をはたいたと言っても、そのほとんどが関係者の懐を温めただけに過ぎないので、

その性能は推して知るべしなのは分かりきっていましたがwwwwwww



たとえ国のトップの首がすげ変わっても、こうした不正は決してなくならいのがバ韓国です。

我々人類が放置していても、勝手に滅びてくれるのは間違いありませんね。




でも、目ざわりなのには違いないので、

積極的に関与して一刻も早く屑チョンどものDNAを淘汰するべきでしょう。



-----------------------
北朝鮮に制裁を加えるための韓国軍の拡声器に欠陥、寒い日は使えない?=韓国ネット「笑える」「次の政権では必ず不正をなくして」

 2017年3月17日、韓国・YTNによると、入札不正疑惑や性能検証が不十分である問題などで物議を醸し、紆余曲折の末に昨年ようやく配備された韓国軍の対北朝鮮拡声器に、正常に運用できないほどの欠陥があることが分かった。 

 多くの人が集まるマレーシアの空港で起きた金正男(キム・ジョンナム)毒殺事件に北朝鮮政権が組織的に介入していた事実が明らかになると、韓国軍は昨年実践配備した新型の対北朝鮮拡声器で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の残忍さを知らせるための放送を開始した。しかし、YTNの取材の結果、韓国軍の放送は北朝鮮の住民らに届いていない事実が明らかとなった。 

 韓国国防部はこのほど、前方に新たに配備された新型の対北朝鮮拡声器が正常に作動しているかどうかを確認するための性能点検を行った。その結果、冬の時期の寒さや強風、地形などの条件によっては拡声器の放送内容が軍の定める作戦要求性能である10キロメートルに到達しないことが分かった。 

 これに関し、軍当局は「対北朝鮮拡声器の戦術的運用概念を発展させるため多様な環境条件の下で拡声器使用についての基礎資料を収集している」と説明した上で、「作戦の保安上、詳細は述べられない」と明らかにした。 

 北朝鮮による4回目の核実験(昨年1月)以降、北朝鮮への制裁として推進されている韓国軍の対北朝鮮拡声器事業は、入札不正や不十分な性能検証疑惑などで議論を巻き起こしてきた。昨年11月に行われた国防部の内部監査と検察の捜査でも今回と同じ問題が指摘されたが、軍当局は事業を強行し、対北朝鮮拡声器40基の納品を受けていた。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「次の政権では必ず、国防不正を完全になくさなければならない」「これにも崔順実(チェ・スンシル、国政に介入した疑いで逮捕され裁判を受けている朴前大統領の友人)が関与しているのでは?」「何度もメディアに取り上げられ批判されているのに、なぜ不正はなくならないの?」など不正を疑う声が多く寄せられた。その他、「笑える。これから夏だけど、もしかしてその拡声器は暑さにも弱いの?」「そもそも拡声器にどれほどの効果があるのか。拡声器を配備する金で兵士らの福祉や生活環境を改善させてほしい」「ちゃんと修理して。北朝鮮が攻め入ってきたら、拡声器を南に向けて戦争が起きたことを韓国国民に伝えなければならないのだから」などと指摘するコメントも寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/b172564-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【お笑いバ韓国軍劇場】拡声器の導入でも不正発覚! 80億ウォンが関係者の懐に!!!!

拡声器導入でも不正が横行するバ韓国軍


バ韓国の対北朝鮮兵器である“拡声器”。

その拡声器の導入事業で、不正があったことが判明していました。

ま、不正のない事業を探すのが難しいので、当たり前のことではありますがwwwwwww


その内容は入札価格を水増し操作して、80億ウォンを関係者が懐にしまったというもの。


うーん、拡声器の不正ではたとえどんな不良品であっても屑チョンどもが死んでくれませんね。



もっと命にかかわるような事業で不正を働いていただき、

使用済みの便所紙ほどの価値もない屑チョンどもをもっと殺してほしいものです。



-----------------------
韓国軍の秘密兵器・拡声器でも国防不正が明らかに=「本当の敵は北朝鮮ではなく、こういうやから」「軍は腐っている」―韓国ネット

 2017年2月7日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、韓国国防部が新型「対北心理戦拡声器」導入事業の過程で関係者の「業務上背任」を知りつつ放置した疑惑が起きている。 

 国防権益研究所のキム・ヨンス所長は「国軍心理戦団が新たに導入した対北朝鮮拡声器の入札価格を水増しし、80億ウォン(約7億8500万円)の国庫損失をもたらした」とし、「これに関連し1日、国民権益委員会(権益委)に腐敗行為(業務上背任)で申告した」と明らかにした。 

 キム所長が権益委に提出した申告書によると、軍当局は昨年4月に、緊急入札公告を介して180億ウォン(約17億6600万円)規模の対北朝鮮心理戦拡声器事業を推進し、「入札不正」、「価格の水増し」、「不良性能検証」の疑惑が提起されたにもかかわらず、落札業者であるインターM社と契約を強行した。 

 キム所長はファイナンシャルニュースとの電話インタビューで「水増し請求に加え、入札から納品まで、特定の業者に便宜を図ったのは賄賂ではなく業務上背任」とし、「軍検察は、拘束起訴されたジン上士(下士官の階級)とソン中佐の2人が、ちょっとした個人的な私益を受け取ったが、企業から金品提供を受けなかったとして、事件を終結した」と説明した。これに対して軍当局は「軍検察は民間人に対する捜査権限がないため、新型拡声器の正確な価格を付けるのが困難なため、背任容疑を適用することができなかった」とする立場をとっている。 

 繰り返される国防不正に、韓国のネットユーザーからは「本当に防衛産業は腐っている」「こんなやつがいるから、韓国にはお金がないんだ」「われわれの本当の敵は北朝鮮ではなくて、こういうやからだ」「いつまでたっても不正が終わらない」「軍は腐っている」など批判の声が多く寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/a163060.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る