韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

挑発

【南北軍事境界線の銃撃】バ韓国が必死で北朝鮮を擁護wwwww

北朝鮮に銃撃されても抗議できないバ韓国


先日発生した南北軍事境界線で銃撃事件。


北朝鮮側が突然銃撃したのがきっかけでしたが、

バ韓国側は何の抗議もしていないようですwwww



「たしかに軍事合意違反だが、意図的な挑発ではないニダ」



……とのロジックで穏便に済ませようとしています。



そして、

「北朝鮮側の説明を待つニダ」

と北朝鮮を擁護するような発言までしていたのです。




これはかなりいい傾向ですね。


この分なら、突然ソウルにミサイルを撃ち込まれても、


「偶発的なものかもしれないニダ」


「まずは北朝鮮側の言い分を聞きたいニダ」


などと発言しそうですねwwwww




双方入り乱れて盛大に殺し合ってもらうのが理想ですが、

初撃で1000万匹近くの害獣が死ぬという展開も面白いです。




-----------------------
北に抗議もできない韓国軍「9・19軍事合意違反だが意図的な挑発ではない」

 韓国軍合同参謀本部は3日、江原道鉄原にある第3師団地域の北朝鮮軍によるGP(監視哨所)銃撃挑発について「意図的な挑発の可能性は小さいとみられる」という趣旨の説明を行った。この説明にはかなりの時間を割愛したが、挑発そのものに関する具体的な説明は少なかった。北朝鮮軍がどのような武器で挑発を行ったかについては「分析中」という言葉を繰り返し、韓国軍による応戦射撃、警告放送の時間も公表しなかった。ある韓国軍関係者は本人の職責まで前面に出し、北朝鮮軍による意図的な挑発の可能性が小さい理由を説明した。北朝鮮側が韓国軍GPを攻撃したことについて何も言及していない段階で、韓国軍が大急ぎで「北朝鮮軍による偶発的な銃撃」と解釈するかのように見えた。複数の専門家は、北朝鮮軍の銃弾が韓国側GPの外壁に4発も突き刺さっていることを取り上げ「意図的な照準射撃でなければ起こりえない」と説明している。そのため「韓国軍は性急に北朝鮮擁護に乗り出したのでは」との指摘も相次いでいる。

 ある韓国軍関係者はこの日、銃撃挑発直後に行われたブリーフィングで「今日(3日)午前7時41分、勤務者が数発の銃声を聞いた直後、GP周辺を直ちに確認したところ、外壁に4発の銃弾が確認された」「わが軍は10余発ずつ2回、警告の次元で射撃を実施した」と事件の概要を簡略に説明した。その一方で質問が行われる前から、北朝鮮による意図的な挑発の可能性が低い理由について大きく4つの理由をあげて説明した。この関係者は「当時、視界が1キロ前後と悪く、深い霧がかかっていた」「さらに状況発生当時の時間帯は、通常は北朝鮮側での勤務交代後の火気点検が行われていた時」と述べた。

 韓国軍は「GP銃撃前後、北朝鮮地域の農民らが特別な反応なしに農作業を続け、北朝鮮軍による特異な動向はなかった」とも説明した。さらに「今回銃撃を受けた韓国軍GPは北朝鮮軍GPよりも地形的に有利なため、北朝鮮が挑発を敢行する理由は少ない」とも指摘した。韓国軍のある幹部は自らの職責にまで言及しながら「(敵の挑発に)過度に備えるべき立場から挑発の適切性をみなければならないが、視界が悪く、霧がかかっていたのに正確な挑発をするだろうか」と述べた。

 韓国軍関係者はこの日、「北朝鮮の挑発は9・19軍事合意違反」と明言はしたが、その一方で「9・19の精神は南北がこのような問題を平和的に解決するというもの」と強調した。さらに別の韓国軍関係者は「明らかに軍事合意違反だが、意図性については追加の確認が必要だ」と述べた。韓国軍は挑発から2時間後の午前9時35分ごろ、南北将星級会談の韓国側首席代表名義で北側に電子通信文を送り、状況についての説明を求めたという。しかし北朝鮮側からの回答はなかったようだ。このような状況にもかかわらず、韓国軍は北の挑発に対して公式に抗議の論評や説明も行っていない。

 韓国政府関係者は「われわれは対応射撃を行ったが、北朝鮮からそれに相応する軍事的対応がなかった点を評価している」「まずは北側の説明を聞かねばならないだろう」とコメントした。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ専門研究員は「今回の挑発は偶発的な状況ともみることはできるが、北朝鮮の説明がなければ故意の挑発だった可能性もある」として「韓国軍自ら北朝鮮を擁護するかのような発言をするのは、軍本来の存在理由を考えると適切ではない」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/04/2020050480017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















挑発されても、暴言を吐かれても……、北朝鮮に物言えぬバ韓国政府wwww

北朝鮮に物言えぬバ韓国


ここ最近、北朝鮮によるバ韓国への口撃がますます過激になっています。


アホだの、怖気づいた犬だの、座して語る価値がないだのと、

罵詈雑言でバ韓国を叩いています。


もちろん口撃だけではなく、数多くのミサイル発射で物理的な挑発も継続中です。



しかし!

バ韓国政府はこれらの言動や行動に対して沈黙するだけwwww



日本相手だとキャンキャン吠えまくるくせに、北チョンに対しては何も言えないようですね。


ま、国のトップが北のカリアゲ君に完全降伏しているような状況ですから、何も言い返せないんでしょう。



この調子なら、北朝鮮からミサイル攻撃されても、

何もせずにじっとしているだけなんでしょうね。



大量の屑チョンが土に還ってくれるのは何よりです。


-----------------------
エスカレートする北朝鮮の韓国批判、沈黙守る政府に「挑発・暴言になぜ何も言えないのか」と韓国紙

 北朝鮮が韓国批判をエスカレートさせ、短距離弾道ミサイルの発射も繰り返している。日本に対しては過剰と思えるほど反応する韓国政府は沈黙を守ったままだ。南北対話の扉を閉ざしたくないためとみられ、韓国紙は「挑発・暴言になぜ何も言えないのか」と不満を募らせている。 

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は、5日から20日までの予定で行われている米韓合同軍事演習が名称を当初の「同盟19-2」から「後半期韓米連合指揮所訓練」に変えて11日から本格的な訓練に入ると発表したことを糾弾する談話を発表。「演習の名称を変えるからといって訓練の侵略的性格が変わったり、またわれわれが難なく見過ごしたりすると思うなら誤算である」「アホは成長するほど、より大きなアホになるというが、それは南朝鮮当局者たちを指していう言葉だ」などと非難した。 

 クォン局長はさらに、「われわれの目には青瓦台(韓国大統領府)の振る舞いが、おじけづいた犬がさらにうるさくほえまくること以上には見えない」「そのように安保を考える青瓦台だから明け方に寝ていられないだろう」とやゆ。韓国の国防相を名指しして「鄭景斗のようなおかしな者が体面を保とうとでたらめな妄言を並べるのは、火に油を注ぐ愚かな行為だ」と痛罵した。 

 最近の北朝鮮について、中央日報は「青瓦台はなぜ、北朝鮮の挑発・暴言に何も言えないのか」と論じる社説を掲載。北朝鮮の相次ぐ短距離弾道ミサイル発射に触れ、「米国でも日本でもない韓国だけを狙ったミサイルを3日に1度は発射したわけだ。新技術を立証させた北朝鮮版イスカンデル・ミサイルは核弾頭を搭載することができる。次は実戦配備だ。今まで北朝鮮の短距離戦力の主力だった古いスカッドミサイルとは比べものにならないほど新しい脅威が現実化している」と危機感をあらわにした。 

 社説は「残念なのは青瓦台と韓国軍当局の姿勢だ。対応発射はもちろん、軍首脳部名義のまともな警告声明すらなかった。文在寅大統領は最近5回にわたる挑発に対してただ1度も国家安全保障会議(NSC)を主宰しなかった」とも指摘。「北朝鮮に対しては何も言えていない。青瓦台に対する侮辱は国民全体に対する侮辱なのに当局は限りない忍耐心を発揮している」と文政権を批判した。

https://www.recordchina.co.jp/b737314-s0-c10-d0059.html
-----------------------


北朝鮮のミサイル発射映像を眺める屑チョンども。

この画像を見ていると、沈没真っ最中のセウォル号の屑餓鬼どもを思い出します。

ノン気に構えているうちに、あっさり死んでいくとも知らずにwwww




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【6月に入ってから毎日のように領空・領海侵犯!?】バ韓国軍による北への挑発が激化!!!!!!!

朝鮮半島内で屑チョン同士が殺し合うのは大歓迎


北朝鮮の発表によると、ここ数日の間にバ韓国の偵察機や高速艇が北チョン側の領空や領海侵犯を繰り返しているとのこと。


こうした侵犯は6月になってから毎日発生しているようで、かなりお怒りなんだとか。

で、いつもの調子で、


エスカレートする軍事的挑発は必ず、無慈悲な報復対応を誘発させるニダ!


と挑発しまくっているとのこと。


いやいや、もう挑発なんて飽き飽きですよ。

無慈悲な報復というのだから、問答無用で片っ端から撃ち落としたり沈めたりしてもらいたいものです。


そして、この日本に巣食うダニである屑在日や糞帰化チョンを巻き込んで1匹残らず死に絶えてくださいな。


このまま侵犯され続けたら面目丸つぶれでしょうから、大いに期待できそうですwwwwwww


-----------------------
「韓国軍が領空と領海の侵犯繰り返す」北朝鮮メディア

 北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、自国の領空と領海に対し、韓国軍が「軍事的挑発」を行っているとする記事を配信した。

 それによると、韓国軍が7日、黄海上空に無人偵察機を飛ばし、北朝鮮側10キロの空域に侵入させる行為を3回繰り返したという。また同日、韓国軍の高速艇1隻が4隻の漁船を伴い、北朝鮮の領海1.5キロまでの侵犯を5回繰り返した指摘。

 こうした行為は6月に入り毎日続いており、「エスカレートする軍事的挑発は必ず、無慈悲な報復対応を誘発させる」と威嚇している。

http://dailynk.jp/archives/68474
-----------------------


と言っても、どうせその報復対応は、スピーカーでの悪口放送やビラ風船程度なんでしょうけど。


本当に北も南も根性無しのダニどもですねwwwwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








1台4250万円!? バ韓国軍が183億ウォンを投じて拡声器を追加導入!!!!!

クチ喧嘩のために大金を投じるバ韓国


バ韓国が北朝鮮を挑発するために、拡声器を追加導入するようです。

その費用はなんと183億ウォン!!!!!!!


聞き苦しいクチ喧嘩のためにそんな金を使うだなんてwwwww

やはり屑チョンどもの脳みそってのは我々人類と構造そのものが違うのでしょうね。



とはいえ、1台4000万円以上もする拡声器って存在しているんですかねぇ。

実際は1台400万円ほどで、残りの9割は関係者のポケットに消えるのでしょうwwwww


-----------------------
韓国軍、17億円かけ拡声器40台を追加「北朝鮮向け放送を強化」=韓国ネット「戦争が起きたら拡声器で戦うの?」「そんなに高い拡声器がどこに?」

 2016年4月12日、韓国・ニューシスによると、北朝鮮が4度目の核実験を強行した2日後の1月8日から、北朝鮮に向けて拡声器放送を行っている韓国軍が、183億ウォン(約17億円)を投入し、拡声器40台を追加導入することが分かった。 

 韓国軍当局によると、韓国軍財政管理団は今月4日、防衛事業庁の国防調達システムのホームページで、「今年11月30日までに固定式拡声器24台と移動式拡声器16台を追加で導入する。総事業費は183億4536万ウォン(約17億3510万円)だ」と明らかにした。 

 軍は「固定式拡声器の導入により、老朽化した拡声器を補強して拡声器放送の効果を極大化させることができる。また、発電機を構成し、商用電気の使用が制限される地域でも拡声器の運用が可能になる」と期待している。 

 移動式拡声器についても、「車両に放送装備を搭載・運用することにより、装備運用のための別途空間が不要になるため、装備運用の機動性を確保することができる。発電機を搭載することにより、商用電気使用が制限される地域でも拡声器の運用が可能だ」と強調した。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは批判的なコメントが相次いだ。 


過去5年間で小銃の予算はゼロ。拡声器の予算は183億ウォン。呆れた」 

「そんなに高い拡声器がある?どこの国のどのメーカーのもの?予算を多めに見積もって、こっそり盗もうと考えているのでは?」 


183億ウォンのうち、半分は誰かの財布の中へ消えるだろう」 

「戦争が起きたら拡声器で戦うつもり?」 


「銃を発射できる拡声器でも開発されたか?」 

その金で軍人においしい食事を与え、質の良い制服を購入して」 


「北朝鮮なら183億ウォンでとんでもない武器をつくることができる」 

『北朝鮮に対抗する武器は拡声器しかないのか!』と笑っていたが、冗談ではなく本当だった

http://www.recordchina.co.jp/a133159.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る