韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

損害賠償

寄付金返せニダ! ついでに損害賠償も払えニダぁ!! バ韓国・寄付金横領の正義連が提訴される!!

寄付金横領がバレたバ韓国の正義連


寄付金を横領し私腹を肥やしまくっていた売春婦団体・正義連。


その悪事がバレた結果、寄付金返還を求めた訴訟が起こされています。


そして、今回。


後援者団体までもが、正義連を提訴したのです!!


しかも、寄付金の返還のみならず、“損害賠償”まで請求しています!!



横領の詳細が判明した結果、大金を得られると踏んだのでしょう。





一連の訴訟に、文在寅が介入するのは間違いありません。


結果がどうなるのか実に楽しみですwwww



-----------------------
「寄付金返還を」 慰安婦団体・被害者施設の後援者が新たな訴訟=韓国

 旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)や慰安婦被害者が共同生活するソウル近郊・京畿道広州市の施設「ナヌムの家」の寄付金流用疑惑が取り沙汰されるなか、これら団体・施設の後援者らが12日、寄付金の返還を求める訴訟を起こした。

 後援者らでつくる団体はこの日、正義連とその前身である「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)、正義連理事長を務めた与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員、ナヌムの家に対し、寄付金の返還を求める訴状をソウル中央地裁に提出した。

 6月にも後援者らがナヌムの家などを相手取って寄付金の返還を求める訴訟を2件起こしており、今回はこれに続く3件目の訴訟となる。後援者団体が正義連を提訴したのは今回が初めて。

 原告代理人の金基允(キム・ギユン)弁護士は「後援行為の取り消しによる不当利益の返還を請求すると同時に、被告の違法行為に対する民事上の損害賠償を請求する」と訴訟の趣旨を説明した。

 後援者の団体によると、3件目の訴訟に加わった後援者は5人で、うち2人は正義連、挺対協と尹氏を、残り3人はナヌムの家を相手取って訴訟を起こした。請求額は総額485万ウォン(約44万円)。

 1件目の訴訟では後援者23人がナヌムの家に対し計5074万2100ウォンを、2件目の訴訟では32人がナヌムの家と挺対協、尹氏に対し計3558万ウォンを請求した。

 この日、ナヌムの家を相手に訴訟を起こしたある後援者は「2017年に高校の歴史教師として(被害者の)おばあさんたちの福祉向上と慰安婦の歴史の継承を応援するつもりで100万ウォンを寄付した。だが、報道や証言によると運営実態は詐欺に近いものだった」と、訴訟に加わった理由を説明した。

 ナヌムの家を巡っては、京畿道の官民合同調査団が11日、運営側が多額の寄付金を集めながら、慰安婦被害者のためには直接使わず、その多くを土地購入に使ったり建物建築用に積み上げたりしていたとする調査結果を発表した。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200812003000882?section=news
-----------------------



いつものように、被害者に成りすます屑チョンどもも大量発生しそうですね。


裁判に勝ったらラッキーニダ! という軽いノリで訴訟が乱発されてもおかしくないでしょう。


本当に薄汚くて醜い生物ですね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・大邱コロナ犠牲者の遺族「感染者が死んだその日、パーティーで高笑いしていた文在寅が許せないニダ! 損害賠償訴訟を起こすニダぁぁぁ!」

国民がコロナで死んでも高笑いのバ韓国・文在寅


バ韓国の大邱市民が、政府を相手取り数億ウォンの損害賠償を求める訴訟を起こしていました!


原告は、大邱コロナによる死亡者の遺族どもwwwww



「大邱コロナの犠牲者が出ていたその日、文在寅はインスタント麺パーティーを行っていたニダ!」


「そのパーティーのせいでウリの心は傷ついたから、慰謝料を請求するニダぁぁぁぁ!」


……という内容です。



まさにキチガイの思考ですね。



今回の訴訟は、コロナ被害者が国を相手取って起こす初めてのケースのようです。


原告が勝利するとは思えませんが、自称遺族どもがこの訴訟の行方に注目していることでしょう。




この日本でも、屑在日や糞帰化チョンあたりが安倍首相を相手取り訴訟を起こしかねませんねwwww


面倒なことになる前に、さっさと日本国内に巣食う害獣どもを37564にしたいものです。


-----------------------
韓国で初のコロナ犠牲者が出たのに青瓦台は「チャパグリ・パーティー」、政府を相手取り損賠訴訟

 大邱地域のコロナウイルスによる死亡者の遺族が政府を相手取り、数億ウォン(数千万円)の損害賠償を求める訴えを起こした。

 「韓半島人権と統一のための弁護士の集まり(韓弁)」は31日、大邱地裁に大邱地域の犠牲者6人の遺族19人の代理として、総額で3億ウォン(約2700万円)の損害賠償を求める訴状を提出した。

 韓弁のキム・テフン弁護士はこの日、大邱市寿城区の大邱地裁前で会見を開き「(文在寅〈ムン・ジェイン〉)大統領はコロナの犠牲者が出たにもかかわらず、青瓦台(大統領府)でチャパグリ(インスタント・チャジャンめん「チャパゲッティ」とインスタント・ラーメン「ノグリ」を混ぜて作る即席めん。映画「パラサイト半地下の家族」日本語字幕では「ジャージャーラーメン」と表記)パーティを行うなど、大邱市民と慶尚北道住民の心に傷を負わせた」「犠牲者たちは政府の初期防疫義務の怠慢と不十分な対応で適切な治療を受けられず、死亡した」と主張した。

 韓弁は「今年は早期から国民や大韓医師協会、大韓感染学科など複数の医療専門団体が、コロナの根源である中国からの感染源遮断のため、入国制限など積極的な措置を取るよう何度も求めた」「それにもかかわらず、政府はコロナ予防と治療のための措置を怠ったまま、隣の『台湾』のケースとは違って中国からの入国制限を取らず、感染拡大の責任を特定の宗教団体や特定地域の問題として押しつけるなど、気の緩んだ対応を見せた」と主張した。

 この日、韓弁は「コロナ被害者が国を相手取って訴訟を起こすのははじめて」と明らかにした。

 文大統領は今年2月20日、アカデミー4冠王の大記録を打ち立てた「パラサイト半地下の家族」のポン・ジュノ監督らを青瓦台(大統領府)に招き、昼食を共にした。金正淑(キム・ジョンスク)夫人は自らが直接調理した「豚肉肩ロースとネギのチャパグリ」を振る舞い、「私も計画があった」「コロナで経済が萎縮し、商人たちのためにネギを買って調理した」と述べた。

 2月20日は韓国でコロナによる最初の犠牲者が出て、感染者も前日より53人多い104人を記録するなど、感染が本格的に拡大していた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/01/2020080180017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















早いもの勝ちwww 北朝鮮の著作権使用料を巡って、バ韓国の自称被害者どもが訴訟の準備!!

北朝鮮を訴えるバ韓国塵どもが激増中www


先日、北朝鮮のカリアゲデブに対して損害賠償を支払うよう命じたバ韓国の裁判。


その元になる金は、バ韓国にプールされていた北朝鮮の著作権使用料。


この金額は現在約20億ウォンになるようです。




まさに早いもの勝ちですねwwwww


先の裁判後、屑チョンどもが相次いで訴訟の準備を始めているんだとか。


いつものように自称被害者もワラワラと湧いて出ることでしょう。


「ウリの家族が強制労働させられたニダ!」

「ウリも元捕虜だったニダ!」

「哨戒艦「天安」爆沈事件で被害を受けたニダぁ!」


……残りの著作権使用料を我が物とするべく、必死になっているようです。



いやぁ、屑チョン同士で醜く争う姿が目に浮かびますね。


どうせなら言い争うだけではなく、実力行使で大量の血を流してほしいものです。



なにしろ、早いもの勝ちなんですからwww


-----------------------
韓国軍捕虜・拉致被害者18万人、北に対する損賠請求訴訟相次ぐ見通し

 6・25戦争当時、北朝鮮に連行され、強制労働に服した元韓国軍捕虜のノ・サホンさん(91)とハン・ジェボクさん(86)に対する北朝鮮と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の民事的(賠償)責任を裁判所が初めて認めた。これは今後相当の波及効果をもたらすとの見方も出ている。韓国軍捕虜だけでなく、哨戒艦「天安」爆沈など、北朝鮮による違法行為で被害を受けた韓国国民が北朝鮮を相手取り、損害賠償請求などの訴えを起こすことが今後相次ぐと予想されるからだ。

■北朝鮮を民事訴訟が可能な団体と判断

 裁判所がこの日、北朝鮮に対して韓国軍捕虜だったノさんとハンさんへの賠償を命じた額は1人当たり2100万ウォン(約190万円)と決して多くはない。注目すべき点は、北朝鮮を民事訴訟の一方の当事者(原告・被告)になる団体と判断した部分だ。北朝鮮は「国家ではなく事実上の地方政府と類似した政治的団体」であり、宋中(先祖を同じくする一族)や同窓会と同じく、民事責任を負う「非法人社団」とみるべきと主張する原告側弁護人団の主張が受け入れられたのだ。もし裁判所が北朝鮮を事実上の国家と認めた場合、今回の損害賠償請求は受け入れられなかった可能性が高い。国際法上の主権免除理論に基づき、他国を相手取った損害賠償請求はほぼ受け入れられないからだ。

 法曹界では今回の判決について、北朝鮮の違法行為によって人命や財産上の被害を受けた韓国国民が、北朝鮮と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を相手取って訴訟を起こし、慰謝料などを受け取る道が開かれたとの評価が出ている。ある部長判事出身の弁護士は「訴訟の時効問題などはあるが、判決の趣旨通りであれば、他の韓国軍捕虜や拉致被害者、哨戒艦「天安」爆沈事件(2010年)、パク・ワンジャさん銃殺事件(2008年)の当事者や遺族も、北朝鮮を相手取った損害賠償請求ができるようになった」との見方を示した。韓国政府によると、韓国軍捕虜は8万人、拉致被害者はおよそ10万人いると推定されている。

■北朝鮮の映像著作権料を差し押さえて賠償金を確保

 この日の判決で裁判長は、大法院(最高裁に相当)の確定判決前に賠償を執行できると判断したため、韓国軍捕虜二人が賠償金を確保する賠償手続きも近く始まる見通しだ。今回の事件で韓国軍捕虜だったノさんら二人の代理人を務めた金炫(キム・ヒョン)元大韓弁護士協会会長は本紙の取材に「1カ月後には元捕虜の二人に賠償金が支払われると予想している」と述べた。この日の判決文がノさんらに手渡されるまでは1週間ほどかかりそうだ。二人の弁護人団は、判決文を受け立ったらこれに基づいて直ちに韓国国内の北朝鮮の財産に対する差し押さえ、取り立ての命令を裁判所に要請する方針だ。弁護人団が賠償金として確保を目指す北朝鮮の財産は、韓国の放送局や出版社などが北朝鮮の映像や著作物を使用し、北朝鮮に支払うことになっていた20億ウォン(約1億8000万円)だ。

 韓国国内法人の南北経済文化協力財団は2004年の設立後、北朝鮮の著作権事務局と契約を結び、韓国国内の放送局が使用した北朝鮮の朝鮮中央テレビの映像などに対する著作権料を北朝鮮に代わり徴収してきた。この資金は2007年までは北朝鮮に支払われたが、08年のパク・ワンジャさん狙撃事件後は北朝鮮への支払いがストップし、裁判所に供託されている。

 弁護人団は、供託された20億ウォンを別のところに持っていけないよう差し押さえを行い、ここから裁判所が認めた賠償額(1人当たり2100万ウォン)を受け取る計画だ。法曹界のある関係者は「国内に北朝鮮の財産があったのは幸い」とコメントした。海外にある北朝鮮の資産から賠償金を徴収するには、その国で改めて裁判を起こすなど手続きが非常に煩雑になるからだ。今後弁護人団が北朝鮮の「著作権料20億ウォン(約1億8000万円)」について、その差し押さえや取り立て命令を申請すれば、これに対する裁判所の執行許可が出るまで1-2週間ほどかかると予想されている。可能性は低いが、北朝鮮が香港など海外の法律事務所を通じて今回の一審判決に対して控訴した場合、その結果によっては賠償金の支払いも影響を受ける。もし北朝鮮が最終的に勝訴すれば、韓国軍捕虜二人は支給を受けた賠償金を返還しなければならない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/08/2020070880006.html
-----------------------



この流れをどうやって食い止めるのか?


文在寅による死に物狂いの抵抗が楽しみです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















文在寅、凍り付く!? バ韓国の裁判所が金正恩に損害賠償を命じる!!!!!!

金正恩の秘書役を務めるバ韓国の文在寅


バ韓国の裁判所が、北朝鮮のカリアゲデブに対し損害賠償を命じる判決を出していました!!


朝鮮戦争の際、バ韓国の兵士が北の捕虜となり強制労働させられていたことに対しての判決です。



今頃、文在寅は大慌てでしょうねwwww


北朝鮮のご機嫌を取るため、被告の代わりに控訴してもおかしくないでしょう。


その挙句、強権を発動してこの判決を無かったものにするかもしれませんね。






人類の基準で言えば、バ韓国も北朝鮮も国家ではありません。


害獣同士で盛大に殺し合ってくれるのが理想形です。




-----------------------
韓国軍捕虜強制労働、金正恩委員長に損害賠償命令=ソウル中央地裁

 韓国軍捕虜の強制労働問題で、北朝鮮と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に対して損害賠償を命じる韓国裁判所の判決が出た。この裁判は韓国国内で金正恩委員長を相手取って行われた初の裁判で、今後同様の訴訟にも影響を与えるものと予想される。

 6・25戦争当時、捕虜となったノ・サホンさん(91)とハン・ジェボクさん(86)が北朝鮮と金正恩委員長を相手取って起こした損害賠償請求訴訟で、ソウル中央地裁は7日「北朝鮮と金正恩は二人にそれぞれ2100万ウォンずつ賠償せよ」とする原告勝訴の判決を言い渡した。

 事件の争点は、北朝鮮政権の「法的性格」だった。韓国の国内法上、北朝鮮は「政府を僭称する不法団体」であるため、行為能力を認めることができるかが争点となった。国軍捕虜弁護団は北朝鮮を「非法人社団」とみなし、代表者(金正恩)に不法行為責任を問うことができると主張していた。

 国軍捕虜弁護団は、韓国の裁判所に現在まで20億ウォンほど供託されている北朝鮮向けの著作権料から賠償金を受け取る計画だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/07/2020070780144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る