韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

撤退

ついにアメリカ撤退!? バ韓国から在韓米軍第1戦闘旅団が撤退!! 地上戦を放棄して半島を丸ごと空爆するための準備か?

アメリカ軍のバ韓国撤退がいよいよ現実に!


GSOMIAの破棄まで秒読み段階となりましたが、

ここに来て在韓米軍撤退の可能性が現実味を帯びてきました。


トランプ政権が、在韓米軍1個旅団の撤収あるいは削減を検討中とのこと。



この在韓米軍1個旅団は、有事の際に地上戦へ投入される主力部隊。


それを撤退させるということは、地上戦を放棄するというわけです。



つまり、有事の際はバ韓国塵もろともソウル、

ひいては朝鮮半島を焼け野原にするということでしょう。




やはりアメリカも分かっているんでしょうね。


汚物に北も南もなく、完全に焼却するしか消毒できないということを。



この在韓米軍1個旅団の撤収は、計画で終わらせるのではなく、是が非でも実現してほしいものです。



-----------------------
在韓米軍第1戦闘旅団4500人が撤収の可能性、有事に地上戦に投入される連合師団の主力部隊

 米国のトランプ政権が在韓米軍1個旅団の撤収あるいは削減を強行する場合、第2師団所属の第1戦闘旅団(機械化歩兵旅団)がその最も有力な候補になりそうだ。第1戦闘旅団は在韓米軍における唯一の歩兵部隊であると同時に主力部隊だ。9カ月ごとに米本土から1個機甲旅団が循環配置されている。現時点での第1戦闘旅団の任務は米陸軍第1騎兵師団の第3機甲旅団が担当しており、現在駐留する部隊は今年6月に韓国にやって来た。

 この部隊が削減される可能性が指摘されたのは、9カ月ごとに交代する時期に次の部隊を派遣しないだけで比較的に簡単に削減できるからだ。今の第1騎兵師団第3機甲旅団は来年3月ごろに米本土に戻るが、その際次の部隊が韓国に来なければ、在韓米軍のうちおよそ4500人が自動的に削減される。

 この部隊は歩兵4500人のほか、最新型戦車M1A2SEPを50両以上、最新型歩兵戦闘装甲車M2A3を30両以上保有している。韓国軍の機甲旅団と共に韓米連合師団を構成する中心部隊だ。この部隊が撤収する場合、在韓米軍第2師団は歩兵のいない奇形部隊となってしまう。韓半島有事の際、地上戦に直ちに投入される歩兵部隊がいなくなってしまうのだ。

 第2師団にはこのほかに210火力旅団と第2戦闘航空旅団も所属している。そのうち210火力旅団は北朝鮮にとって最も脅威とされている。1回の攻撃でサッカー場3-4面に相当する広さを焦土化できるMLRS多連装ロケット砲36門と、M109A6自走砲16門などを保有している。非武装地帯(DMZ)周辺に配備されている北朝鮮の240ミリ放射砲(多連装ロケット砲)、170ミリ自走砲など北朝鮮の長射程砲が隠れる陣地などを有事に攻撃することが主な任務だ。京畿道東豆川のキャンプ・ケイシーに配備されているが、当初は漢江以南の京畿道平沢に移転する予定だった。しかしその任務の重要性から当分は東豆川に引き続き配備される方向で計画が見直された。

 第2戦闘航空旅団はAH64アパッチヘリの1個大隊(24機)やUH60・CH47輸送ヘリ数十機などで構成されている。アパッチ部隊は在韓米軍で唯一の攻撃用ヘリ大隊だ。有事に北朝鮮の特殊部隊が空気浮揚艇などを使って海上から進入するのを阻止する任務を主に担当している。在韓米軍のアパッチ部隊はこれまで3個大隊の規模だったが、すでに2個大隊が段階的に撤収し、現在は1個大隊しか残っていない。アパッチ部隊が今後再び撤収すれば、在韓米軍の攻撃ヘリ部隊は韓半島から全くいなくなってしまう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/21/2019112180028.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アメリカ政府の怒りMAX! バ韓国から撤退する際は朝鮮半島を焦土化してからだ!!

国民を道連れにして自殺するバ韓国の文大統領


米国政府関係者によるバ韓国糾弾が過激化していますwww


既にGSOMIAが破棄されることを前提にしていて、


「われわれがこの半島から撤収するときは、焦土化して引き上げる」


と発言していました。



これはアメリカだけにやらせるのは忍びないですね。


税金をどれだけ投入しても構わないので、我々日本も参加するべきでしょう。



米韓同盟とは名ばかりで、米韓の軍事機密がバ韓国政府関係者によって中国や北朝鮮に筒抜けとなっているのも問題です。


アメリカによる焦土化作戦が実現すれば、これらの問題は全てクリアになるのです。



朝鮮半島を焼け野原にした後、この日本に巣食っている害獣どもを炙り出して始末することも忘れちゃいけませんね。



-----------------------
韓国は中朝への情報漏洩の“張本人”だ 過去にも米国防関係者が日本に警告「韓国に漏らせば、中国に筒抜け」

 米国がこれだけ、GSOMIA継続を説得している意味が分からないでいる。GSOMIA破棄は「米韓同盟解消」を宣言したに等しい。米国の同盟国である日本との軍事情報共有拒否は、米国との共有拒否でもある。米国はすでに韓国が米韓同盟を解消し、「レッドチーム」入りを志向していることを視野に入れている。

 米連邦議会「米中経済安全保障調査委員会」の米中関係公聴会で9月4日、アジア専門家のマイケル・グリーンCSIS(戦略国際問題研究所)副所長が「日本と異なり、韓国は中国の冊封体制に歴史的に組み込まれてきた。中国は習近平政権以降、韓国を米国との同盟から引き剥がすために著しく強力な圧力をかけている」と発言した。韓国は歴史的に中国の「属国」で、米韓同盟は壊れやすい状態にあるということだ。

 米国はそれを承知で、韓国のGSOMIA破棄を引き留めている。「これだけ言ったのにそうするのなら仕方がない」とのポーズを示すためだ。

 その代わり、韓国をただでは置かない。米国の安全保障専門家が「われわれがこの半島から撤収するときは、焦土化して引き上げる」と発言したとの証言もある。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「日本と軍事情報を共有し難い」と述べているが、韓国こそが中国や北朝鮮へ軍事情報を流してきた張本人でもある。

 朝鮮半島情勢に精通するジャーナリストの鈴置高史氏の著書『米韓同盟消滅』(新潮新書)によると、1995年ごろ、米国防関係者が日本側に警告を発した。金泳三(キム・ヨンサム)政権が日米の軍事機密を中国に漏らしているというのだ。

 米韓が高官級の軍事協議を実施すると、直後に韓国の情報機関トップが極秘訪中し、江沢民主席と面談、米韓協議の内容を伝えている。「今後、韓国に軍事機密を漏らしてはならない。漏らせば、中国に筒抜けになる」と警告したという。

 北朝鮮への漏洩(ろうえい)は金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)の両政権でもあったという。米国はすべて承知だが、あからさまに非難しなかった。韓国が同盟国であったからだ。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191120/for1911200002-n1.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【崩壊まっしぐら!】米ダイナースクラブ、バ韓国でのクレジット事業を終了!!

ダイナースクラブがバ韓国から撤退


アメリカのクレジットカード企業である「ダイナースクラブ」。


そのダイナースクラブが、バ韓国での事業を終了するようです。



屑チョンどもを相手に後払い決済の契約を結ぶなんて真似は、通常の神経をしていたらできない芸当です。


家庭の負債が急増しているバ韓国なので、今のうちからリスクを回避しようという狙いでしょう。



今後も大手のクレジット会社が撤退するかもしれませんねwww



そもそも屑チョン風情に貨幣経済は無理がありましたね。


きゃつらにはウンコと小便を交換するような物々交換がお似合いなんですから。



-----------------------
韓経:ダイナースカード、35年ぶりに韓国での事業終了

 世界初のクレジットカードでありプレミアムカードで知られるダイナースクラブが35年ぶりに韓国事業をたたむ。

 12日のクレジットカード業界によると、現代カードは米ダイナースクラブインターナショナルと結んだ提携契約を今年末で終了すると最近会員向けに公示した。既に発行されたカードの有効期間が満了する2024年には韓国でダイナースクラブカードを見つけるのは難しくなる見通しだ。

 1984年に支社を設立して韓国に進出したダイナースカードは、1993年に旧大宇グループに編入され、2001年に現代自動車グループに買収されて現代カードの母体となった。現代カードはダイナースクラブと提携関係に転換し、ダイナースマイレージ、ダイナースMポイントなどのカードで命脈を受け継いできた。

 クレジットカード業界ではカード会社間の競争が激化して提携効果が減り、加入者が減り損失幅が拡大したことが事業を中断する原因だと分析した。業界関係者は「ダイナースクラブが韓国の他のカード会社と提携を結んで事業を続ける可能性は希薄だ」と説明した。

https://japanese.joins.com/JArticle/259538
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国経済崩壊へ直結!! 日本企業が相次いでバ韓国撤退を決定!

外国企業の撤退でバ韓国の失業者がさらに増えるwww


バ韓国に進出していたAGC(旧旭硝子)が、バ韓国から撤退することを決めていました。


不買運動や反日感情の高まりで、商売にならなくなったとのこと。



今後もバ韓国から撤退する外国企業は増え続けるでしょう。


そもそも、朝鮮半島で商売しても結局は損するだけなんですから。


その結果、ますます失業率が高くなるだけのバ韓国。


やることなすこと全てが国の崩壊に直結している屑チョンども。


自殺大国の名に相応しい迷走っぷりですなぁwwww



な、先頭で旗を振っているのがあのキチガイ文大統領なので、

こうなる事は当然でしたね。




-----------------------
AGCが韓国撤退へ、韓国メディア「日韓対立で日本企業の脱韓国が可視化」

 2019年9月11日、韓国・毎日経済は、AGC(旧旭硝子)が来年1月までに韓国から撤退すると伝えた。8月には日立造船が韓国から撤退しており、記事は「日本企業の“脱韓国”の動きが可視化している」と伝えている。 

 記事は撤退の理由について「表面的にはプラズマ・ディスプレイ・ パネル(PDP)用ガラス基板の販売不振とされているが、最近の日韓対立や労使問題も影響を与えた」と指摘している。 

 韓国の慶尚北道庁と財界によると、AGCの韓国法人は「亀尾市にある建物や工場を閉鎖し、2020年1月25日までに撤退する」と伝えてきたという。AGCの韓国法人は2006年に慶尚北道亀尾市の国家産業団地に進出し10年まで急成長を遂げたが、その後はPDPの需要減少により15年からは工場の稼働を停止していた。売り上げは発生していないものの、貨幣性資産だけで260億ウォン(約23億円)を保有しており、京畿道庁が「代替製品生産に向けた再投資と工場の再稼働」を要請してきたが応じずにいるという。これについて記事は「悪化した日韓関係が投資回避につながっている」と指摘している。 

 これに韓国のネットユーザーからは「失業者が増えていく。反日デモで得をするのは文大統領の支持率だけ。被害は全て労働者たちに戻ってくる」「これは決して韓国にとっていいことではない」「文大統領は自分の理念だけを重視し、実利外交などには全く興味がないようだ」など懸念する声が寄せられている。 

 一方で「ただ競争力を失って撤退するだけでしょ?」「15年から操業していないんだから最近の日韓対立とは関係ない」「PDP市場はずいぶん前に終わった。撤退が正解だよ。引き留める必要もない」など「日韓対立とは無関係だ」と指摘する声も数多く上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b744006-s0-c20-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る