韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

支持派

ウリはチョ・グクを守るニダぁぁぁ! バ韓国文大統領の支持派150万匹が大集結!!

文大統領を支持するバ韓国塵ども。こういう光景を見ると安心するww


政府が用意したお揃いのプラカードを持つバ韓国塵ども


チョ・グクを支持するバ韓国塵の群れ


バ韓国の中央地検周辺に大勢の屑チョンどもが集結していました。


こいつらは文大統領支持派で、政府側が用意したプラカードを手にして抗議の声をあげていました。


その内容は、チョ・グクの一連のスキャンダルを捜査している検察への抗議wwww


主催者側の発表では150万匹が集まったとのことですが、実際はその10分の1くらいでしょうかwwww




それにしても、検察の弱体化を望むとはキチガイじみてますね。

国民総犯罪者のバ韓国ならではの光景かもしれませんwwww


-----------------------
検察改革求める集会 主催側「150万人参加」=韓国

 韓国の検察が娘の不正入学疑惑や家族ぐるみの不透明な投資疑惑などが取り沙汰されている韓国のチョ国(チョ・グク)法務部長官に対する捜査を実施する中、強い権限を持つ検察の改革を求める集会が28日夜、ソウル中央地検付近で開かれた。

 警察は参加者数の推計を発表していないが、主催側によると、約150万人が集まったという。この日は10万人程度の参加を見込んでいたが、予想を大幅に上回った。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は検察改革実現のために今月9日、チョ国(チョ・グク)法務部長官を任命した。集会の主催側は検察がチョ氏の家族を巡る疑惑に対し、強引な家宅捜索や被疑事実の公表など「改革つぶし」と受け止められるような捜査を行っているとして、抗議の声を上げている。

 この日の集会では付近約1.6キロの区間を参加者が埋め尽くした。「チョ国を守る」「検察改革」などと書かれたプラカードを持った市民らがシュプレヒコールを上げた。

 主催側は、チョ氏の家族らについて「むしろ被害者」と擁護した上で「本当の共同正犯は70年にわたり憲法と国民の上に君臨し、職権を乱用する検察と、検察の漏らした情報を伝えるメディア」と主張した。

 一方、ソウル都心では同日、チョ氏の法務部長官辞任を求める集会も開かれた。韓国ではチョ氏による検察改革実現を求める進歩(革新)系とチョ氏の辞任を求める保守系の対立が深まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000005-yonh-kr
-----------------------



ま、文大統領支持派にはなにがなんでも頑張ってほしいものです。

急ピッチでバ韓国を崩壊させようとしている文大統領には、もう少しだけその職に留まっていただきたいですから。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国のほがらかな日常ww】パククネ婆支持派がバスの車内で刃物を振り回すwwwww

パククネ婆支持派が発火中wwww


バ韓国のソウルで極めて一般的な屑チョンが騒動を起こしていました。

バスの車内で刃物を振り回し、


「ろうそく集会に行ったニカ?」

「早く応えるニダ!!」


などと叫びながら威嚇していたんだとかwwwwwww


どうやらこの50代の屑チョンはパククネ婆の支持派と見られているようです。

さらに、


ムン・ジェインが大統領になったら数人を殺すニダ!


と発言もしているようです。



いやぁ、頼もしいじゃありませんか!!

2匹なんてケチなことは言わず、最低でも20匹くらい殺してほしいものです。


支持派の連中が右へならえして、一斉に蜂起してくれたらさぞかし見ものでしょうねぇwwwwww



-----------------------
韓国ネットに衝撃!男がバスで刃物を振り回した理由は…

 2017年4月5日午後1時50分ごろ、韓国ソウルの市内バスの車内で、50代の男が刃物を振り回し、ほかの乗客らを威嚇する事件が発生した。 

 ソウル西大門警察署は5日、刃物を振り回した男(57)を逮捕したと明らかにした。 

 バスの中にいた市民のうちの1人は、自身のフェイスブックに事件当時の様子が映った43秒ほどの映像を掲載し、「(刃物を振り回した男の)人物像を警察に伝えるために撮影した」と説明した。 

 映像で男は「ろうそく集会(パク・クネ前大統領の退陣を要求するため、毎週土曜日にソウルで行われていたデモ)に参加したか?していないか?早く答えろ」などと叫んでいる。男の威嚇に対し、1人の女性は悲鳴を上げ、ほかの市民らも焦った様子で「行っていない」と答えている。その後、市民らは悲鳴を上げながらバスを脱出し、運転手も無事降車した。男は右手に刃物を持った状態でバスから降り、「お前らはろうそくデモに参加したのか」と繰り返し尋ねている。その後、男はソウルの地下鉄3号線の車内でも刃物を振り回し、通報を受けた警察官により逮捕された。

 警察によると、男は酒に酔っており、取り調べに対し「全員殺してやる」「ムン・ジェインが大統領になったら数人を殺す」などと話しているという。 

 この映像は韓国のネットユーザーの間で話題となり、「パクサモ(パク・クネを愛する会)の会員だろう。無知は本当に恐ろしい」「けが人が出る前に刑務所に入れよう」「まだパク・クネの支持者が存在しているなんて衝撃!」「政治は人を狂わせる…」などのコメントが寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b174553-s2-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【wktk】バ韓国前大統領・パククネ婆に群がる支持者たち……

パククネ婆の乗った車に群がるキチガイども


右も左も臭そうな屑チョンだらけ


警官ともみ合う婆の信者たち


本日午前中に、裁判所へ出頭したパククネ婆。

ご覧の画像は、パククネ婆の自宅周辺に集まった支持者どもです。



なかなか元気そうなキチガイたちですなぁ。


どうせなら、警官ともみ合うのではなく、

反パククネ派の連中と殺し合いでも披露してくれればいいのに……。



もちろん素手なんて生温い真似はせず、

切れ味のいい刃物を双方持って、徹底的にヤりあってほしいものです。


無事逮捕の暁には、そんな画が届くことに期待したいものですね。



-----------------------
興奮した朴前大統領支持者たち

 ソウル市江南区三成洞にある朴槿恵(パク・クンへ)前大統領の自宅前では30日午前、逮捕状発付の可否を決める審査に臨む朴前大統領を乗せた車がソウル中央地方裁判所に向け出発すると、興奮した朴前大統領の支持者たちが、警察による統制ラインを崩すなどして暴れた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/30/2017033001252.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








暴動間違い無しwwww バ韓国・前大統領パククネ婆に逮捕状請求!!!!

逮捕状が請求されたパククネ婆


本日の午前中、ついにパククネ婆に対しての逮捕状請求が行われました!!!!

裁判所の判断はこれからですが、これでまた支持派の連中が大騒ぎしてくれるのは間違いないでしょう。


贅沢を言うつもりはありませんが、

最低でも罷免決定の際の暴動より1匹でも多くの死者が出てくれることを祈ってますwwwwww



-----------------------
韓国検察、朴氏の逮捕状を請求 43億円の収賄容疑など

 韓国検察は27日、朴槿恵(パククネ)前大統領(65)の逮捕状を請求したと発表した。検察は21日に朴氏に任意で出頭を求め、サムスン電子副会長らから約束分を含め総額433億ウォン(約43億円)の賄賂を受け取ったり、支援者のチェ・スンシル被告(60)に機密文書を流出させたりしたなどの疑いについて事情聴取していた。

 検察は27日、これまでの捜査内容や特別検察官から引き継がれた捜査記録、朴氏の供述について検討したとした。その結果、事件が極めて重大であることに加え、朴氏がほとんどの容疑について否定しており、今後、証拠を隠滅するおそれがあると指摘。チェ被告や朴氏の指示を受けた政府高官、贈賄の容疑者も逮捕されていることから、逮捕状を請求しなければ公平性に反するとした。

http://www.asahi.com/articles/ASK3R647GK3RUHBI02D.html
-----------------------
裁判所の判断は2日後くらいに決まるとのこと。

今からその日が楽しみで仕方ありません!!




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る