韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

放射性物質

バ韓国政府が発表した日本の放射性物質マップ、真っ赤な嘘だったことが判明wwww

糞尿を喰らうバ韓国塵はさっさと死ぬべき


東京五輪をボロクソにこき下ろす目的でバ韓国政府が発表していた「日本の放射性物質マップ」。


それが出鱈目だったことが判明していました!!


日本の団体が作成した元の数値の10倍以上の数値をはめ込み、汚染地図を作っていたわけです。



ま、驚きもしませんね。


それがバ韓国塵なのですから。



こうしたバ韓国塵どもの習性をもっと広く知らしめる必要があるでしょう。


きゃつらの口から出てくるのは、糞尿臭い息と嘘ばかりだという事を。




-----------------------
韓国与党の放射性物質マップ、データ改竄か 東京五輪会場周辺の数値が異常な高さに

 韓国与党「共に民主党」の議員らが来年の東京五輪の競技会場周辺の放射性物質の検出量を示した地図を公表した問題で、同党が利用したとするデータを所有する日本国内の団体が「われわれの情報から作製されたことは事実に反する」として同党に抗議したことが30日、分かった。

 この団体は、東京電力福島第1原子力発電所の事故を契機に、1都16県で土壌汚染調査を行っている「みんなのデータサイト」(福島市)。会員制交流サイト(SNS)を通じ、共に民主党議員に対し「事前の連絡なく、事実と異なる測定値の情報が公開され、団体の信頼性を損ねた」と9月27日に抗議し、地図作成の経緯をたずねた。30日午後6時の時点で返答はないという。

 共に民主党の「日本経済侵略対策特別委員会」は9月26日に記者会見し、福島第1原発を中心に汚染が同心円状に広がっている地図を公表。「宮城スタジアム」(宮城県利府町)など5カ所の東京五輪会場付近の土壌に含まれる放射性物質の数値を示した。

 朝鮮日報によれば、数値は「みんなのデータサイト」に公開されている資料から引用したという。

 ただ、共に民主党の地図が「福島県営あづま球場」(福島市)周辺で土壌1平方メートルあたり205万ベクレルの放射性物質が検出されたとしているのに対し、みんなのデータサイトが今年行った調査では14万ベクレルだった。

 みんなのデータサイトの阿部浩美共同代表は産経新聞の取材に対し、「あづま球場の数値は一桁違うし、汚染が同心円状に広がるのは科学的にあり得ない。われわれが測定した数値を改竄(かいざん)して発表され、名誉を毀損(きそん)された思いだ」と語った。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191001/for1910010004-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすが汚染半島! バ韓国製の寝具や下着から基準値を30倍近く上回る放射性物質が検出!!!!

バ韓国で作られるものは全て危険!


バ韓国で売られている寝具や下着から、大量の放射性物質が検出されていました!!


この6年間に売られていた製品の数は8000点以上。


それらから、年間の被ばく量を超える値が検出されていたのです。

なかには、基準値の30倍近くも検出された製品もあるとのこと。




どれも体に密着するものばかりなので、相当数の屑チョンへダメージを与えていたことになります。



それにしても、こんな危険な製品が6年以上も放置されていたとはwwww


さすがバ韓国としか言いようがないですね。



-----------------------
布団や女性用下着からも基準値を上回るラドン検出=原子力安全委

 市場に出回っている一部電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基準を上回る放射性物質「ラドン」が検出されたため、政府は16日にこれらの回収を命じた。

 原子力安全委員会は16日、韓国水脈教育研究協会が製造したパッド、エイチビーエスライフ(旧スリム&スリム社)社製の枕1種、ネガボメディテック社製の電気マット1種、ヌガヘルスケア社製の布団1種、バーズ社製のソファ1種、ディーディーエム社製の女性用下着1種、オシンプラス社製のマット1種、カンシルジャンカンパニー社製の電気マット1種について回収命令を下したと発表した。2013年から19年5月までに販売された基準を上回る製品の数は8149点だ。

 原子力安全委員会の調査によると、これらの製品はラドンを発生させるマイナスイオン物質(モナザイト)を使用し、年間の被ばく量換算で基準値の1ミリシーベルトを上回るラドンが検出されたという。とりわけ韓国水脈教育研究協会のパッドからはラドンが基準値の29倍を上回る29.74ミリシーベルトも検出された。今回回収される製品は改正生活放射線法施行日(7月16日)以前に製造されたもので、この法律は身体接触が多い「身体密着型」製品へのマイナスイオン物質の使用を禁止している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/17/2019091780029.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【放射能汚染国家】ソウル市内流通食品の3パーセントからセシウム検出! 基準値9倍超えのケースも!!

道路や食品から放射線が出まくるバ韓国


ソウルの小売店で売られていた食品の中から、セシウムが検出されまくっているようです。


その割合は、全体の3パーセントにも及んでいるんだとか!!


中には基準値の9倍以上ものセシウムが検出されるケースもあるようです。



ま、驚くような話じゃありませんでしたね。


何しろ首都の道路から、福島第一原発以上の放射線が検出されている国なんですから。





どれだけ規制を厳しくしても、放射能汚染された食品が今後もバ韓国中で流通しまくることでしょう。

セシウム入りの食品をもりもり食べていただき、1匹でも多くの害獣が死んでくれることに期待したいところです。


-----------------------
ソウル市内流通食品の約3%から放射性物質セシウム検出

 2014年から昨年までの4年間、ソウル市内流通店舗で販売された食品のうち、約3%から放射性物質であるセシウムが検出されたという調査結果が出た。 

 3日、ソウル市保健環境研究院保護第53号に掲載された「流通食品の放射性物質汚染実態調査」報告書によると、2014年から昨年までの4年間、ソウル市内流通店で販売される食品509件を調査した結果、このうち2.8%である14件のセシウムが検出された。 

 調査対象は、加工食品241件、水産物171件、農産物90件、畜産物7件などである。 

 セシウムが検出された食品14件の起源は、中国の3件、インドの3件、北朝鮮2件、韓国、イタリア、デンマーク、ドイツ、トルコ、米国とインドの混合各1件であった。 

 品目別では、ナッツ5件、ブルーベリージャム3件、キノコ類3件、ワラビ2件、エゴマ1件であった。 

 特に中国産能キノコはセシウム906.1Bq /㎏が検出された。 これは基準値である100Bq /㎏の9倍に達する。 

 残りの495件は、放射性物質が確認されなかった。 

 この調査は、2011年3月に発生した福島原発事故以来、流通食品の放射能汚染の実態を確認するために行われた。 

 研究者は、「国民の不安感を解消するために、継続的な監視と管理が必要である」と述べた。 

https://news.nate.com/view/20181003n14460
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る