韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

放棄

ついにアメリカ撤退!? バ韓国から在韓米軍第1戦闘旅団が撤退!! 地上戦を放棄して半島を丸ごと空爆するための準備か?

アメリカ軍のバ韓国撤退がいよいよ現実に!


GSOMIAの破棄まで秒読み段階となりましたが、

ここに来て在韓米軍撤退の可能性が現実味を帯びてきました。


トランプ政権が、在韓米軍1個旅団の撤収あるいは削減を検討中とのこと。



この在韓米軍1個旅団は、有事の際に地上戦へ投入される主力部隊。


それを撤退させるということは、地上戦を放棄するというわけです。



つまり、有事の際はバ韓国塵もろともソウル、

ひいては朝鮮半島を焼け野原にするということでしょう。




やはりアメリカも分かっているんでしょうね。


汚物に北も南もなく、完全に焼却するしか消毒できないということを。



この在韓米軍1個旅団の撤収は、計画で終わらせるのではなく、是が非でも実現してほしいものです。



-----------------------
在韓米軍第1戦闘旅団4500人が撤収の可能性、有事に地上戦に投入される連合師団の主力部隊

 米国のトランプ政権が在韓米軍1個旅団の撤収あるいは削減を強行する場合、第2師団所属の第1戦闘旅団(機械化歩兵旅団)がその最も有力な候補になりそうだ。第1戦闘旅団は在韓米軍における唯一の歩兵部隊であると同時に主力部隊だ。9カ月ごとに米本土から1個機甲旅団が循環配置されている。現時点での第1戦闘旅団の任務は米陸軍第1騎兵師団の第3機甲旅団が担当しており、現在駐留する部隊は今年6月に韓国にやって来た。

 この部隊が削減される可能性が指摘されたのは、9カ月ごとに交代する時期に次の部隊を派遣しないだけで比較的に簡単に削減できるからだ。今の第1騎兵師団第3機甲旅団は来年3月ごろに米本土に戻るが、その際次の部隊が韓国に来なければ、在韓米軍のうちおよそ4500人が自動的に削減される。

 この部隊は歩兵4500人のほか、最新型戦車M1A2SEPを50両以上、最新型歩兵戦闘装甲車M2A3を30両以上保有している。韓国軍の機甲旅団と共に韓米連合師団を構成する中心部隊だ。この部隊が撤収する場合、在韓米軍第2師団は歩兵のいない奇形部隊となってしまう。韓半島有事の際、地上戦に直ちに投入される歩兵部隊がいなくなってしまうのだ。

 第2師団にはこのほかに210火力旅団と第2戦闘航空旅団も所属している。そのうち210火力旅団は北朝鮮にとって最も脅威とされている。1回の攻撃でサッカー場3-4面に相当する広さを焦土化できるMLRS多連装ロケット砲36門と、M109A6自走砲16門などを保有している。非武装地帯(DMZ)周辺に配備されている北朝鮮の240ミリ放射砲(多連装ロケット砲)、170ミリ自走砲など北朝鮮の長射程砲が隠れる陣地などを有事に攻撃することが主な任務だ。京畿道東豆川のキャンプ・ケイシーに配備されているが、当初は漢江以南の京畿道平沢に移転する予定だった。しかしその任務の重要性から当分は東豆川に引き続き配備される方向で計画が見直された。

 第2戦闘航空旅団はAH64アパッチヘリの1個大隊(24機)やUH60・CH47輸送ヘリ数十機などで構成されている。アパッチ部隊は在韓米軍で唯一の攻撃用ヘリ大隊だ。有事に北朝鮮の特殊部隊が空気浮揚艇などを使って海上から進入するのを阻止する任務を主に担当している。在韓米軍のアパッチ部隊はこれまで3個大隊の規模だったが、すでに2個大隊が段階的に撤収し、現在は1個大隊しか残っていない。アパッチ部隊が今後再び撤収すれば、在韓米軍の攻撃ヘリ部隊は韓半島から全くいなくなってしまう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/21/2019112180028.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















永遠に実現できないwww バ韓国政府、月探査計画をまたまた延期!!

永遠に実現しないバ韓国の月探査


バ韓国の月探査計画がまたもや延期になっていました!

もうこれで何度目の延期なんでしょうねwwww


出来もしない妄言を繰り返す屑チョンども。


その生きざまと同じで、本当に醜いものです。


ま、月に屑チョンどもが足を踏み入れるなんてトンデモない蛮行ですよね。



近い内に崩壊するバ韓国なので、

月探査成功は永遠にあり得ないでしょうけどwwww


-----------------------
月探査また2年延期…遠のく韓国の宇宙開発

 2020年末に予定されていた月軌道船打ち上げを韓国政府が2022年7月に延期した。昨年、月軌道船打ち上げ計画を2年、着陸船打ち上げ計画を10年先送りしたのに続き、再び月探査計画を先送りしたものだ。今年に入って中国・イスラエル・インドが相次いで月に向かって着陸船を打ち上げるなど、世界的に見て月探査に対する熱が高まっている中、韓国だけが宇宙開発で後ずさりしているものだ。

 科学技術情報通信部は9月10日、国家宇宙委員会の宇宙開発振興実務委員会を開き、「月探査事業の主要計画変更案」を審議・確定して発表した。月軌道船の重量を当初の550キログラムから678キログラムに増やし、軌道船の軌道も1年間の円軌道から9カ月間の楕円(だえん)軌道と3カ月間の円軌道を並行することにした。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時の2007年に月探査計画を発表してから12年経っても、宇宙船の設計や軌道がいまだに揺らいでいるのだ。

■政権によって変わる月探査計画

 月探査計画が遅れたのは今回が初めてではない。韓国が政府次元で月探査計画を最初に立てたのは2007年の盧武鉉政権時だった。当時決まったのは、月軌道船は2020年、着陸船は2025年にそれぞれ打ち上げるという象徴的な青写真程度の事項だった。難度の高い月着陸船をすぐに実行するのは難しいので、まず軌道船を打ち上げて月探査の可能性を打診するというものだった。2013年の朴槿恵(パク・クネ)政権では軌道船は2018年までに、着陸船は2020年までに打ち上げ日程を先送りした。「大統領選挙公約に合わせる」という政治的な理由からだった。文在寅(ムン・ジェイン)政権は昨年、再び軌道船打ち上げを2020年に、着陸船打ち上げを2030年に変更した。宇宙開発がスピード競争になっている時代に月面着陸日程が10年遅れるということは、事実上の月探査放棄ではないかという批判もある。「月探査を過去の政権の積弊(弊害)と見なしている」という言葉まで飛び出した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/11/2019091180143.html
-----------------------


計画に関わった関係者の懐だけが温かくなるというお話でした。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】警戒任務を放棄して、配達させた酒とツマミで宴会に興じた海軍兵士どもwww

使い物にならないバ韓国軍


勤務中に酒盛りしていたバ韓国海軍の兵士6匹が摘発されていました。

なんと使用禁止の携帯電話を使って、チキンと酒を配達させていたようです。


その酒盛りの最中、警戒任務に就いていたものはゼロ匹。


完全な職場放棄ですねwwww


しかも、その酒盛りの最中に記念撮影していたというのですから、正気の沙汰ではありません。



この事を知った部隊長は、もみ消そうとしていたようです。


しかし、何者かの密告で事態が判明したとのこと。



本当に糞みたいな連中ですね。


早く朝鮮半島で有事が勃発してほしいものです。



その際、我々は笑い死にしないよう注意が必要ですね。



-----------------------
海軍兵が警戒勤務中に酒盛り、部隊長がもみ消し

 警戒勤務中に携帯電話でチキンとビールを部隊内へ配達させ、「酒盛り」をしていた韓国海軍の兵士たちが摘発された。管轄の部隊長は、兵士たちの勤務怠慢を上部に報告しないまま、軽い処罰で事件をもみ消そうとしたという。

 慶尚南道鎮海の海軍教育司令部に所属するA上等兵ら6人は、今年5月14日午前0時40分から80分間、弾薬庫でチキンと酒を配達させて喫食したという。韓国海軍が13日に明らかにした。A上等兵らは、日課の時間以降(午後10時)は使用が制限されている携帯電話を返納せず、哨所勤務中に配達の電話をかけた。A上等兵らが携帯電話で配達させたチキンと酒は、裏門の哨所勤務者のB上等兵などが裏門の隙間から受け取り、非番の兵士まで合流して6人が弾薬庫で酒席を設けた。一同が酒盛りを繰り広げている間、裏門や弾薬庫哨所では誰も警戒勤務に立っていなかった。

 こうした事実は、後になって部隊幹部がA上等兵の携帯電話未返納を知り、携帯電話を検査したことで判明した。A上等兵の携帯電話には、酒盛りの「記念ショット」が残っていたからだ。だが部隊の中隊長はこの事実を上部に報告せず、A上等兵らに対する外泊制限命令だけを下した。事件は、1カ月後の6月10日、顛末を暴露する内容の訴願が受理されたことで発覚した。

 韓国軍内外からは、今年7月に起きた第2艦隊将兵の勤務地離脱、虚偽自白事件に続き、軍の綱紀の緩みは度を越えているとの声が上がった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/14/2019081480015.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国国籍を放棄してインドネシア国籍を取得する屑チョンが急増中!!!!

国籍を捨てる屑バ韓国塵が急増中


ここ最近、バ韓国国籍を捨ててインドネシア国籍を取得する屑チョンが急増しているようです。

しかも、若い世代も積極的にインドネシア人に成りすましているとのこと。


自国経済が壊滅的なので、職を求めて国籍を変えるケースも多いようですね。


さらに、節税のためだけに国籍を変える屑チョンも少なくないようです。



本当に醜い連中ですなぁ。



金のためにコロコロと国籍を捨てるだなんて、

性根が腐りまくっているヒトモドキならではなですね。



-----------------------
インドネシア人になる韓国人が急増?=ネットからは批判の声

 2019年4月23日、韓国日報は「韓国人の国籍への執着が薄れている」と報じた。 

 記事が取り上げているのはインドネシアの事例。インドネシア同胞社会や関連機関によると、韓国国籍を放棄してインドネシア国籍を取得した韓国人は600人を超えたと推算される。10年で2倍に増えており、ここには韓国政府の集計に含まれていない人数も相当数含まれているという。また、国籍変更を申請して待機中の韓国人も現在4000人前後に上ると伝えられた。 

 近年、韓国人のインドネシア国籍の取得は増加傾向にあり、2014年と15年にはそれぞれ40人ほどだったが、その後、毎年50人台を維持している。国籍変更申請の基準が厳しく、手続きが複雑になり、費用まで上がったにもかかわらず、増加傾向にあるという。 

 こうした国籍変更者の増加について、記事は「事業や不動産、税金などの経済的な理由が大きいが、両国間の心理的な壁を崩す交流や協力が反映された結果という解釈もある」と伝えている。また、「国籍変更者は経済活動をする中年事業家や会社員、資産家が多く、夫はインドネシア国籍でありながら教育などに敏感な妻と子どもは韓国国籍という『書類上の国際結婚』が増えているなど、インドネシア政府の自国民優遇および現地化優先政策が理由に挙げられる」と指摘している。 

 さらに、公務員や警察官などインドネシアの主流社会に進出するために早くからインドネシア人として生きていく若者も増えているといい、韓国語とインドネシア語が堪能なインドネシア国籍の韓国出身の若者らは、インドネシアに進出している韓国企業が好む採用対象でもあるという。この他、インドネシアには相続税がないため、財産事業を引き継がせようと親が子どもに国籍変更を勧めるケースもあるようだ。 

 記事は、国交正常化46周年を迎えたインドネシアに在住する韓国人が現在、3万1500人程度と推計されることに触れ、「国籍は違っても、一人ひとりがインドネシアと韓国の頑丈な架け橋の役割を担当している」と伝えた。 

 これを受け、韓国のネット上では「家族のうち1人は韓国国籍を残して韓国からもらえるものはもらいつつ、事業はインドネシアで税金も現地で納めてる」「韓国の健康保険を使えないようにして。在外国民の税金虫が多い」「とりあえず、韓国に戻ってこないで。それと政府は医療保険法を改正して『黒髪の外国人(韓国人)』を徹底的に選別してほしい」など批判的なコメントが寄せられた。 

 また、「インドネシアだけじゃなく貧民国でも自国民を優先してるのに、韓国は外国人優先政策。そんな国に誰が住みたいと思う?経済的に余裕があれば自分も移民したい」「現地在住。記事の内容は事実。インドネシアは外国人に対する行政が厳しいけど、韓国は甘過ぎる」と韓国の外国人政策への指摘も多く見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b632322-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る