韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

放火

バ韓国の消防士、この5年で50匹以上が自殺! その原因は……

放火と火事場泥棒はバ韓国の国技です


バ韓国では、この5年間で50匹以上の消防公務員が自殺しているようですwww


職務中に死んだ屑チョンが23匹だったので、その倍以上が自殺しているわけですね。



その主な原因は、「心的外傷後ストレス障害(PTSD)と睡眠不足」とのこと。




屑チョンの分際で心的外傷を負うとは信じられませんねwwww




放火が国技となっているバ韓国なので、

消火活動することにジレンマを感じていたのでしょう。



どうせ自殺するのなら、近所に放火しまくって大勢の屑どもを巻き添えにしてほしかったものです。



まだまだ自殺予備軍がたくさんいるようなので、今後に期待しましょうwww



-----------------------
睡眠不足に精神崩壊、韓国で5年間に消防公務員50人以上が自殺―中国メディア

 中国メディアの中国新聞網は7日、韓国メディアの報道を引用し、同国で5年間に50人以上の消防公務員が自殺したと報じた。

 韓国消防庁によると、2015~19年の間に自殺した消防公務員は56人と、殉職者(23人)の2倍強に上った。その数は年々増えており、現場からは「心的外傷後ストレス障害(PTSD)と睡眠問題が自殺頻発の主な原因」との声が上がっている。全羅南道で任務に当たるある関係者は「悲惨な死の現場を見て精神が崩壊した職員がいる」「われわれは本来、睡眠が不規則な職業。ホルモンの分泌に影響が出て、自殺が起きる原因にもなっているのではないだろうか」などと話し、別の関係者は「PTSDが最大の原因。PTSDと睡眠不足が重なれば精神的な疲弊はさらに悪化する」との考えを示したという。

 消防庁の関係者も「自殺の背後にはさまざまな原因があるが、他の職業と比べると警察と消防には確かにこうした問題(PTSDや睡眠問題)が存在する」と指摘し、現場で残酷な光景を見ざるを得ないことや時には同僚の死に直面せねばならないこと、救出を待つ人を助けられなかった時に抱える罪悪感などに言及。同庁などが実施した消防公務員の心の健康に関するアンケート調査では、「自殺危険群のPTSD比率は54.7%、睡眠障害比率は81.1%で、全体平均のそれぞれ10倍と3倍」との分析結果が出たそうだ。

 この問題を解決するため、消防庁は職員らが健康を取り戻すためのサービスを提供したり、健康増進施設の建設を推進したりしているという。

https://www.recordchina.co.jp/b772294-s0-c30-d0063.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国の日常】一族の祭祀中に突然放火! 12匹が死傷する事態にwwww

バ韓国塵にとって放火はただの日常行為


バ韓国のある一族の祭祀中に起きた事件。


突然80歳のオスが、周囲の参加者にガソリンをぶっかけてライターで着火したとのこと。


11匹が負傷したようですが、残念ながら死んだのは1匹だけ。



かなりの出火になったようで、ヘリ1台と消防車33台が出動する事態になったんだとかwwww



うーん、せっかくの放火なのに1匹しか死ななかったとは……。



効率が悪すぎますねwww


しかも、死傷者のほとんどが60代から80代の老害だったとのこと。


老い先短い老害を殺すのではなく、もっと若い世代をターゲットにしてほしかったものです。



放火したオスはその場で毒を飲んで自殺しようとしたようですが、

病院で治療を受けて回復したとのこと。



せっかく生きながらえたんですから、次こそ確実に仕留めてほしいものですね。



-----------------------
一族の祭祀で80歳の男が突然放火、12人が死傷―韓国

 7日午前、韓国忠清北道の北西部に位置する鎮川(チンチョン)郡で行われていたある一族の祭祀中に80歳の男が突然放火し、1人が死亡、11人が負傷する事件が起こった。8日の韓国・聯合ニュースの報道を基に、同日付で中国メディア・海外網が報じた。

 男は事前に用意していたガソリンを他の参加者らにかけた後、ライターで火をつけたとみられる。火を放たれた参加者のうち、1人はその場で死亡した。

 記事によると、消火活動にはヘリコプター1台と消防車33台が駆り出された。男は犯行直後に服毒したが、病院で胃洗浄などの治療を受けた後、回復して警察に逮捕されたという。

 記事は、関係者の証言を基に「男は普段から財産をめぐって一族の間で仲違いしていた」と説明し、「死傷者のうち、ほとんどが60~80代の高齢者だった」とも伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b758246-s0-c30-d0148.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・ソウルの日本大使館前で車が炎上! 車内の運転手が焼死wwwww

バ韓国の日本大使館前で車が炎上


本日未明、バ韓国ソウルの日本大使館前で事件発生!!


大使館前で乗用車が炎上し、車内にいた70代の屑チョンのオス1匹が焼け死んでいました!


この屑チョンは日本に逆恨みしていたようなので、大使館に放火するつもりだったのでしょう。


それが失敗し、車内で出火wwwwwwwwww


そのまま焼け死ぬとは、本当にバ韓国塵らしい不様な死に方ですね。



どうせ死ぬなら、1匹でも多くのヒトモドキを道連れにしてほしかったものです。


-----------------------
ソウル・日本大使館前の乗用車出火 車内の男性死亡

 ソウル市鍾路区にある日本大使館が入ったビルの前で19日未明、止まっていた乗用車から出火した事件で、車内にいた70代の男性1人が死亡した。

 警察と消防当局によると、男性は運転してきた乗用車をビルの玄関前の歩道に止めた後、車内で火をつけたようだ。車内からはブタンガスやガソリンなどの引火性の高い物質が見つかった。

 火は約10分後に消し止められた。男性は上半身にやけどを負い、近くの病院に搬送されたが同日午後、死亡した。

 警察によると、男性は知人から前日借りた車で事故現場まで来た。男性は移動中に知人との電話で「日本に対する反感があり火を付ける」と話したという。男性の遺族は、男性の義父が日本による植民地時代に強制徴用されたと話しているという。

 警察と消防当局は付近の防犯カメラの映像やビルの関係者など目撃者の証言、鑑識などから出火の経緯と動機を調べている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/19/2019071980211.html
-----------------------


それに、老い先短い屑チョンだったので、今回の自殺はあまり高得点だとは言えませんね。

若いヒトモドキを大勢ぶっロコしてから自殺していれば、高得点をあげてもいいでしょう。


自ら死なずとも、セウォル号の船長にはかなりの点数をあげられると思います。



たくさん点数を稼いでから死ねば、来世で人間になれる……。

そんな噂がバ韓国で広まってくれないものですかねぇwww




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















保育園・幼稚園周辺が禁煙となったバ韓国……

幼稚園周囲10メートルが禁煙となったバ韓国


本日から、バ韓国では保育園と幼稚園の周囲10メートル以内での喫煙が禁止になるようです。


摘発された場合は10万ウォンの過料が科されるとのこと。



当局がどの程度本気で取り締まるのかは分かりませんが、これは楽しみです。


摘発された逆恨みで、幼稚園に放火する屑チョンが多数発生しそうです。



老い先短い屑チョンが死ぬよりずっと効果的なので、

そのようなニュースが毎日飛び込んできてくれることを願うばかりですwww

-----------------------
保育園・幼稚園周辺が禁煙に

 全国の保育園と幼稚園の周辺が31日から禁煙区域に指定される。保育園と幼稚園の施設の境界線から10メートル以内の区域で喫煙が摘発された場合、10万ウォン(約1万円)の過料が科される。ソウル市内の保育園に掲示された案内板。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20181228103700882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る