韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

放置

【バ韓国・平昌冬季五輪】閉幕半月経ってもゴミが放置され、悪臭の発生源にwwwww

平昌冬季五輪のゴミがいまだ放置されているバ韓国


平昌冬季五輪が閉幕して半月以上も経つというのに、

開催期間中に出されたゴミがいまだ処理されていないそうです。


平昌のアチコチに大量のゴミが放置され、悪臭を放っているとのこと。

しかも、強風で飛ばされ広範囲に散乱している状況なんだとかwwwww


さっすが、屑チョンどものヤルことですなぁ。




これから暖かくなる時期なので、ゴミの腐敗は加速していくことになります。

伝染病でも発生して、1匹でも多くの屑チョンどもが死んでくれれば最高ですね。



-----------------------
いまだ山積みの五輪廃棄物に平昌の住民憤慨、気温上昇で悪臭も

駐車場は巨大ごみ集積場に…風で飛散し至る所にごみの山


 「五輪が閉幕して随分たつのに、いつまでごみの山を放っておくのか。風が吹くとごみが村の野山に飛んでいくので環境汚染も心配される」

 平昌五輪(2月9-25日)とパラリンピック(3月9-18日)が閉幕してすでに2週間以上たつが、平昌の至る所にごみが放置され、住民の不満が高まっている。

 2日午前、五輪会場だった平昌・横渓里の駐車場は、巨大なごみ集積場と化していた。この駐車場は平昌冬季五輪組織委員会が、五輪の来場者のために建設したものだ。広さは1万5000平方メートルに達する。組織委と平昌郡は、来場者数十万人が捨てたごみを処理するために、駐車場内の5か所にごみ分別用の集積場を設置した。指定のごみ袋に入った一般ごみは平昌郡が、リサイクル可能なごみは組織委が処理することになっていた。

 しかし、五輪が閉幕しても、リサイクルごみだけでなく一般ごみも処理が遅れている。駐車場内に設けられたリサイクルごみ用の集積場には、一般ごみも含めてあらゆるごみが山積みになっていた。ごみ分別のために設置された鉄製のキャビネットは、ごちゃごちゃになったごみが扉の外まであふれ出していた。リサイクルできないごみからは悪臭が漂っていた。長期にわたって放置されていた上、ここにきて気温が上昇しているからだ。一部のごみは江原道特有の強風で飛ばされ、駐車場のあちこちに散らばっていた。横渓里のある地区長は「このままでは飛んできたごみで村の谷間がごみ置き場のようになってしまう」と嘆いた。

 開会式・閉会式の行われたオリンピックプラザもごみ問題で頭を抱えている。各施設の撤去の際に発生した一般ごみが、風で市街地に飛ばされているからだ。平昌郡の大関嶺面では先月28日から、地域の雇用事業に従事している作業員たちを急きょ投入し、市街地を中心にごみの収集作業を行っているが、処理が追いつかず、住民から不満の声が相次いでいる。平昌郡の担当者は「住民の抗議が激しく、先月8日には平昌組織委員会に対してごみ処理に関する文書を発送した。ごみ問題が解決しなければ、追加で文書を送る予定」と話した。

 平昌五輪組織委のソン・ベクユ・スポークスマンは「駐車場のごみは速やかに作業員を投入して処理する予定」「(施設物の)撤去過程で発生するごみは、回収にかかる期間を短縮するなどの対策を講じる」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/02/2018040202550.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【感染拡大中!】平昌冬季五輪のノロウィルス感染者、3日間も食事無しで放置されていた!!!!!

ノロウイルス感染拡大中のバ韓国平昌冬季五輪


平昌冬季五輪のボランティアどもがノロウィルスに感染していましたが、

その後の実態が明らかになっていました。


なんと感染者は食堂への立ち入りが禁止され、

3日間も食事の提供も受けられなかったんだとか!!



仕方なく感染者は市内に出向き、自腹で食事をとっていたとのこと。

これは、感染の拡大が期待できそうです!!



いやぁ、さすがバ韓国ですね。

使い物にならないと分かった途端、ゴミ屑のような扱いをしていたわけですwwww



感染者の家族は、このウイルスで死んでくれることを期待してそうですね。

晴れて遺族様になれるのだから、真剣に願っているに違いないでしょうwwww



-----------------------
3日間食事もなし?平昌五輪組織委がノロウイルス感染のボランティアを放置=「働かざるもの食うべからず?」―韓国ネット

 2018年2月19日、韓国・ノーカットニュースによると、平昌冬季五輪のボランティアが、ノロウイルス感染が確認されてから3日間、食事も提供されないまま放置されていたことが分かった。 

 平昌アルペンシアスキージャンプセンターで働いていた20代のAさんに嘔吐(おうと)と下痢の症状がみられたのは12日。江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市にある宿泊施設に戻った後も体調は改善しなかった。その後、ノロウイルス感染が疑われたAさんは江陵(カンヌン)医療院で検診を受け、翌13日の午後10時ごろに電話でノロウイルス感染確定の診断を受けた。しかし、すぐに特別な措置はなく、Aさんはそのまま宿泊施設に滞在し、14日午前9時30分になってようやく隔離されたという。 

 さらに、隔離されたAさんは共同食堂への立ち入りも禁止されたが、隔離場所で食事は提供されなかった。Aさんは担当マネージャーに食事の提供を求め、五輪組織委員会の上層部にも電話で抗議をしたが対応はなかった。Aさんは仕方なく自費で食事を済ませたという。 

 Aさんは「1人の人間の基本的権利をじゅうりんする組織委員会の無責任な態度により、1人で市内を歩き回り食事することになった」とし、「国に奉仕するために来たが、ただ病気だという理由で人間以下の扱いを受けた」と不満を述べているそうだ。 

 これに対し、組織委員会関係者は「なぜかAさんについての報告が行われず、担当部署も4日経って初めて知った」とし、「一般的に(患者は)徹底的に管理するが、今回の場合は管理システムに問題が生じたようだ」と釈明した。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「隔離したまま放ったらかしってどういうこと?」「これからボランティアをするやつなんていなくなる」「組織委員会は何をやっているんだ」「健康な時は利用して、病気になったら使い捨て」「働かざるもの食うべからずっていうことなのか?」など批判の声が相次いでいる。また「食事も提供されないなんて本当に悲しかっただろうな」とAさんに同情する声も寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b568231-s0-c50.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【屑チョンの蒸し焼きwwww】バ韓国・ビル火災、犠牲者どもは火災発生から1時間以上も中で生きていた!!!!!

バ韓国のビル火災で新たな遺族様どもが誕生


昨日発生したバ韓国のビル火災。

我々を笑い死にさせる勢いで、その詳細が次々に明らかとなっています。


火災発生当時、中にいた屑チョンが家族に、

「ドアが開かないニダ!」

と助けを求める電話をしていたようです。



その電話を受けた家族が、救助隊に対して、

「窓ガラスを割ってでも助けてほしいニダ!!」

と現場で懇願したようですが、華麗にスルーされたとのことwwwww


どうやら、火災が発生してから“1時間”近くは、

中の屑チョンどもは閉じ込められたまま生きていたようです。



しかし、救助隊が窓ガラスも割らずに指を咥えていたせいで、

30匹近くの屑チョンが死んでくれたことになります。



いやぁ、遺族様どもが狂喜乱舞している姿が目に浮かびますなぁ。


晴れて貴族階級になれたのですから、笑いをこらえるのに必死でしょうねwwwwww



-----------------------
「ドアが開かず逃げられない」=韓国のスポーツセンター火災、犠牲者からの最後の電話

 2017年12月21日午後、韓国中部、堤川(チェチョン)市の8階建てスポーツセンターのビルで発生した火災は、少なくとも29人の死者を出す大惨事となった。発生から一夜が明けた現場では捜索と救出活動が続く一方、犠牲となった人の遺族や目撃者の証言が出始め、火災発生時の状況が次第に明らかになっている。 

 21日深夜に配信された世界日報のインターネット記事によると、火災発生当時、現場には家族や友人の安否を確かめようと大勢の人が訪れ、助けを求める人たちの絶叫で阿鼻(あび)叫喚のさま(地獄のような惨状)と化したという。ある男性は「妻が2階のサウナに閉じ込められている。早く助けてくれ」と泣き叫び、またある男性は「妻と少し前まで通話ができたが連絡が途絶えた。中に閉じ込められているようだ」と話した。「助けてください」と繰り返し、すすり泣く女性もいた。 

 出火から2時間近くがたった午後5時40分ごろ、激しかった火がようやく収まり、建物内部に進入した消防隊員らによって閉じ込められていた人たちの安否が確認された。火災で妹を失ったある遺族は「普段は火が出た建物のすぐ近くの銭湯に通っていたが、こともあろうに今日はそこに行って事故に遭った」と肩を落としたという。 

 また大学に合格したばかりの孫娘を亡くしたAさん(80)は、ダイエットをするとジムに出掛けた孫から「火事でドアが開かない」と切羽詰まった声で電話が掛かってきたと話した。Aさんはニューシスの取材を受け、救助隊に「窓ガラスを割ってでも孫を助けてほしい」と頼んだが放置された、と憤った。 

 聯合ニュースによると、現場に出動した消防隊は、最終的には2階サウナのガラス窓を割って内部に進入した。しかし現場を見守っていた目撃者たちからは、もっと早くこの措置を取っていれば、より多くの人を助けられただろうと悔やむ声が出ているという。妻を亡くしたリュさん(59)は聯合ニュースの取材に対し、「妻の遺体を確認したところ、指紋が消えていた。たぶんサウナの中で窓ガラスを割ろうとして手をひどく傷つけてしまったのだろう」と話した。 

 同報道によると、現場周辺では「火災が発生してから1時間以上、建物内に閉じ込められていた人が外部と電話で通話していたが、結局、救助が行われなかった」との証言も出ているといい、救助活動が適切に行われていたのか、今後議論になるとみられる。

http://www.recordchina.co.jp/b234535-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【お笑いバ韓国軍劇場】脱北した北チョン兵士、銃撃されてから30分もその場で放置されていた!!

バ韓国側に逃げ込んでも30分放置されたまま


11月13日に発生した板門店での北チョン兵士亡命事件。

その亡命の瞬間のカメラ映像が公開されていますが、

バ韓国軍側のとんでもない醜態も同時に分かってきました。


なんと銃撃された北チョン兵士は、

バ韓国側に到着してから30分近くも放置されていたのです!!


理由は明確で、バ韓国軍側がビビりまくって兵士に近づけなかったからというものwwww


どうせならそのまま死なせてしまうか、

救助に行って撃たれてしまえば面白かったんですがね。


なんにせよ、今回の亡命事件で朝鮮ヒトモドキが1匹も死んでいないだなんて残念で仕方ありません。



-----------------------
北朝鮮兵士亡命事件、監視カメラの映像をめぐる疑問点とは=韓国ネット「韓国軍を信じられない」「北朝鮮兵士はつらかっただろう」

 2017年11月23日、韓国・ヘラルド経済によると、南北境界・板門店のJSA(共同警備区域)で13日に発生した北朝鮮兵士亡命事件の監視カメラの映像が公開され話題を集める中、一部では「韓国軍の対応」をめぐりさまざまな疑惑が指摘されている。 

 韓国軍関係者らによると、韓国軍の説明と国連軍司令部が公開した監視カメラの映像を総合すると、北朝鮮兵士亡命事件の決定的場面は午後3時15分、31分、56分の3回。午後3時15分は北朝鮮兵士が車から降り、全力疾走で軍事境界線を越えて韓国側に入った時、31分は韓国軍が熱線観測装備(TOD)を通じて初めて銃撃で負傷した北朝鮮兵士を発見した時、56分は韓国軍の幹部3人(大隊長と副士官2人)が匍匐(ほふく)前進で近づき、北朝鮮兵士を救出した時である。 

 問題となっているのは、22日に国連軍司令部が公開した監視カメラの映像の中に新たな場面が登場したこと。重傷を負った北朝鮮兵士が韓国側にある建物の壁に寄りかかっているキャプチャー画面だが、時間は午後3時43分と記録されている。合同参謀は韓国軍が午後3時31分ごろにTODで北朝鮮兵士を発見し、56分に救出を終えたと説明していた。発見後すぐに救出を開始し、救出作業に約25分かかったということで、納得いく説明だった。しかし、監視カメラの映像で北朝鮮兵士は午後3時43分まで1人で放置されており、韓国軍は早くても43分以降に救出作業に入ったことになる。つまり、北朝鮮兵士は15時15分に北朝鮮軍の追撃組による銃撃を受けてから43分まで、最低でも28分間は放置されていたことになる。

 また、同映像が存在するにもかかわらず、国連軍司令部は救出場面だけTODの映像を公開していたが、これは「大隊長英雄説」を意識したためと考えられている。韓国では北朝鮮兵士の救出後、大隊長が「部下2人をただ見送ることはできなかった」と述べたとの報道が出て、大隊長を英雄視するムードが高まっていた。しかしその後、「録画された救出場面には大隊長の姿が映っていない」との証言が出て物議を醸していた。TODの映像には副士官2人と共に出動した大隊長が後方で援護する姿が登場する。これについて、国連軍司令部関係者は「TODで31分ごろに北朝鮮兵士を発見した後、監視カメラを回し固定させて映像を撮影した。監視カメラの43分の場面はスナップショットだ」と説明し、「今後、追加の映像を公開する考えはない」と明らかにした。 

 JSA内に北朝鮮軍の銃声が響いた午後3時15分ごろから北朝鮮兵士を発見する31分までの「16分」についての疑問も消えていない。シン・インギュ自主国防ネットワーク代表は「16分は長く感じられるが、現場では違う」とし、「突発的な状況に対応するため状況室の整理やTOD映像の監察などを同時に行うにはそのくらいの時間がかかるだろう」と指摘した。 

 この報道に、韓国のネットユーザーは「韓国軍は一体何をしていたのか」「しっかりしてほしい。銃声が聞こえたのになぜ警告射撃をしない?」「韓国軍を信じられない」「軍人たちが政権の目を気にしたのだろう。対応射撃はおろか警告放送すらしないなんて」「北朝鮮兵士が一命を取り留めたから良かったけど、正直、韓国軍の警戒には問題があった」「韓国軍を待つ間、北朝鮮兵士はどれだけつらかっただろう?」などのコメントを寄せ、不安感を募らせている。 

 一方で「結果オーライ。むやみに騒ぎ立てるのはやめよう」「軍よりもメディアの方が信頼できない」との声も上がっている。

http://www.recordchina.co.jp/b221605-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る