韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

政府主導

バ韓国政府主導で始まった大規模セール、初日から殺到する害獣どもwwww

バ韓国のセールでコロナ死が増えますように


バ韓国でセールコロナ発生か


セールに群がるキチガイバ韓国塵ども


落ち込んんだ経済を活気づけるため、バ韓国政府が主導した「大バ韓民国同行セール」が始まったようです。


大型スーパーやデパートから小規模な商店まで、バ韓国のアチコチで大々的なセールが行われるとのこと。



早速初日から凄い混雑ぶりだったようですねwwww



ゲイコロナが未だ感染拡大中だというのに、政府自らがこんな企画を行うとは……。



バ韓国政府による大量虐殺みたいなものでしょう。


政府の思惑通り、数多くの害獣が死んでくることを願いたいものです。




-----------------------
韓国で始まった全国規模の大割引セール=ネット懸念「人が密集すれば…」

 2020年6月26日、韓国・YTNなどによると、韓国で新型コロナウイルスの感染拡大により落ち込んだ経済を活気づけるため、政府企画の割引セール「大韓民国同行セール」が同日、始まった。全国の伝統市場や小規模商店のみならず、主要なデパート、スーパーなど大型流通業者も参加。7月12日までの期間中、日用品から家電、自動車、農産品まで、さまざまな商品を最大8割引で販売する。

 記事によると、双竜(サンヨン)自動車やサムスン電子などの自動車、家電メーカーは製品の割引をはじめ、さまざまな特典を提供する。

 また、ロッテ百貨店や新世界デパート、現代デパートなどの主要百貨店も、期間中、特産品の進呈など関連するイベントを実施する。26日から3日間は「コリアファッションマーケット」を開き、衣類や雑貨を大幅に値引きして販売する予定という。

 一方、韓国メディア・韓国経済は、セール初日の百貨店の賑わいの様子を伝えた。ソウルにあるロッテ百貨店永登浦(ヨンドゥンポ)店には、午前4時から客の姿があり、午前10時半の開店までに430人以上が集まったという。免税品売り場の3階は客が殺到し、入場制限がかかるほどだった。来店した主婦の1人は「朝7時に来たが100人以上が並んでいた。(人が多く)品物が見えない」と話したという。

 このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「人が密集すればどういうことになるか?」「5月の連休後に再び感染が広がったのを忘れたの?」「なぜ考えなしの政策を連発するのか?」「いくら経済活性化のためとはいえ、この時期にこうした企画を強行するのは…」などと、客が店に殺到することで新型コロナの感染が再び拡大することを懸念する声が多く上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b816689-s0-c20-d0155.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















今度は飲料市場から撤退!! 中国からどんどん追い出されるバ韓国企業wwww

バ韓国ロッテ関連企業がまた中国から撤退


THAAD配備で始まった中国の限韓令。

その影響でバ韓国・ロッテグループの関連企業の撤退が相次いでいます。


今回は、中国での飲料市場からの撤退です!!



いやぁ、中国人どももなかなかやりますなぁwwwww


いくら政府主導とはいえ、

不買運動でバ韓国企業の息の根をきっちりと止めるんですから。




ここは我々日本人も見習うべきでしょう。


朝鮮ヒトモドキが関わっている企業を儲けさせることは、人類に対しての裏切り以外の何物でもありません。



きゃつらが死に絶えるその日まで、徹底的に排斥していきたいものです。



-----------------------
韓国ロッテ、中国の飲料市場から撤退へ―韓国メディア

 2018年8月28日、中国メディアの観察者網によると、韓国・亜洲経済はこのほど、ロッテが中国の飲料市場から撤退すると報じた。以下はその概要。 

 ロッテの「THAAD(高高度防衛ミサイル)悪夢」はまだ進行形だ。 

 消息筋によると、ロッテは中国河南省ラク河市にある楽天澳的利飲料有限公司の工場敷地と設備の売却作業を進めている。工場の敷地は16万5000平方メートルで、ロッテの中国国内にある飲料工場の中で最大規模だ。現地の業界関係者は「工場の生産ラインは稼動が中断され、労働者たちも退社した状態」と説明している。 

 楽天澳的利の労働者数は多い時で1300人を超え、構造調整前は500~600人程度だった。韓国人の従業員3人だけ残り、売却作業を進めている。 

 ロッテは2005年、地元企業の昌達実業有限公司との合弁で楽天澳的利飲料有限公司を設立した。その後、株式を買い取り、持分100%の子会社とした。ロッテが昨年、持ち株会社制に移行したことで、楽天澳的利の株式はロッテ七星からロッテへと移った。 

 楽天澳的利の2016年の売上高は438億ウォン(約43億8700万円)、当期純損失が103億ウォン(約10億3100万円)を記録するなど、収益性の悪化に悩まされていた。それに加え、昨年のTHAAD事態による打撃で、経営危機に直面している。

 現在550億ウォン(約55億700万円)前後の資産が残っているがどれだけ回収できるかは未知数だ。ロッテ関係者は「売却交渉の過程で価格が変動することがあり、現時点での価格を予断することは難しい」としている。 

 楽天澳的利のほか、北京市の楽天華邦飲料公司と吉林省白山市の楽天長白飲料有限公司の売上高も100億ウォン(約10億100万円)未満の赤字状態だ。北京工場は稼動が中断され、ミネラルウォーターを生産する楽天長白も撤退危機にある。 

 ロッテは中国の飲料市場からの撤退を決定したが、完全撤退まで少なくとも2~3年かかるとみられる。現地消息筋は「THAAD事態以降、韓国製品不買運動などが拡散し、最終的に工場の売却を決定した」とし、「ただ河南省政府が売却に同意しておらず、売却承認が遅れる可能性が高い」としている。 

 ロッテが市場に開けた穴は中国企業が急速に埋めている。ロッテマートの華東地区の53店舗を買収した中国の流通企業、利群グループは、上海や連雲港、揚州などの店舗を今月から新たにオープンした。北京の店舗を買収した物美グループも開店作業に向けた準備を進めている。

https://www.recordchina.co.jp/b638773-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る