韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

整形手術

【バ韓国の日常】脂肪吸引中に心肺停止!! 心臓マッサージしながら手術が継続されていたwwww

バ韓国塵は整形するヒマがあるなら自殺すべし


バ韓国・ソウルの美容整形外科で脂肪吸引手術を受けた患者が、トンデモない状態になっているようです。



手術中に6回以上も心配停止を繰り返し、

術後3か月以上経っても意識不明のままなんだとかwwwww



脂肪吸引の手術中に何度も心臓マッサージが行われていたようですが、

術後4時間経ってから救急車で運ばれていったとのこと。




いやぁ、さすがバ韓国!!



病院側の説明と監視カメラの映像がくい違っており、隠蔽しようとしていたことも発覚!!



このメスの患者の夫にしてみれば、意識不明ではなくさっさと死んでほしいというのが本心でしょう。



デブの嫁は消えてなくなるし、病院に慰謝料を請求できるでしょうからwwww



以上、バ韓国の日常風景でした。



-----------------------
韓国で美容整形受けた女性が意識不明に、監視カメラには「衝撃」の映像が…

 2020年7月2日、韓国・KBSによると、ソウル・江南の美容整形医院で脂肪吸引手術を受けた30代の女性が3カ月以上も意識が戻らない状態となっている。KBSが手術中の監視カメラ映像を確認したところ、女性は6度にわたり心肺停止を起こしたが、担当医はそのまま手術を続けていたことが分かった。

 記事によると、手術が行われたのは今年3月。監視カメラの映像には、手術開始から約2時間後にスタッフが困惑した様子で女性の顔にかけられた布をめくる様子が映っている。そこへしばし席を外していた院長が戻って来て、すぐに女性に心臓マッサージを始める。院長はそれから10分後に2度目の心臓マッサージ、さらにその10分後に3度目の心臓マッサージを行った後、今度は麻酔の注射を打って脂肪吸引手術を再開した。

 しかし、その後も心臓マッサージを繰り返し、最終的に2時間の間に6度の心臓マッサージが行われた。最後の心臓マッサージが終わると、スタッフは安堵(あんど)の表情を浮かべて肩を抱き合い、床に座り込んでいる。ところがその4時間後、スタッフはどこかへ電話をかけ、女性は駆け付けた救急隊員により担架で運ばれていった。

 女性は手術後から現在まで意識不明の状態が続いているという。また、手術中の状況を記した医院の記録には、女性の様子について「いびきをかいて寝ていた」「寝言を言っていた」などと書かれている。さらに、救急隊員に電話をかけた時刻も実際とは異なるという。

 女性の夫は「手術後に医院側から『心臓マッサージをした後に手術を中断し、回復室に運んだ』との説明があった」と話しているという。

 これに韓国のネットユーザーからは「衝撃」「驚いた。心臓マッサージをしなければならないほどの状況なら、手術を中断して意識確認を優先するべきではないのか?」「まるで生体実験をしているかのよう」「患者を物として扱っている。心臓マッサージを6回だなんて…」「これは殺人行為だ」「だから手術室には必ず監視カメラを設置しなければならない」など驚きや批判の声が続出している。

https://www.recordchina.co.jp/b818248-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【新型コロナ】支援金で顔面工事を希望するバ韓国塵どもwwww

緊急支援金で整形するバ韓国塵ども


バ韓国政府が国民にバラ撒く緊急支援金。

しかし、使い道が色々と制限されているようです。


百貨店、大型ショッピングモール、ナイトクラブなどでは使用できないとのこと。



ナイトクラブで使えないというのはまだ分かりますが、大型ショッピングモールでも使えないとはwww


わざわざ国民に不便を強いる形です。



その一方で、整形手術に使うのはOKなんだとか。


整形外科も広告に、「政府緊急支援金使用可能」と銘打ち集客に乗り出しているようです。



ま、バ韓国塵の顔は「災害」そのものなので、使い道としては正しいのかもしれませんね。



どれだけ工事しても、性根の醜さは隠しきれませんがwww




-----------------------
韓国人の緊急支援金の使い道は整形?「不適切」と指摘の声も

 2020年5月14日、韓国・朝鮮日報は「顔が災難なのか。二重まぶたやボトックスなどとんでもないところで使われる支援金」と題する記事を掲載した。

 記事によると、韓国では新型コロナウイルスの緊急支援金で整形手術や美容施術を受けようとする人が多く、整形外科や皮膚科業界が「支援金特需」を得たとの指摘が出ている。

 政府の緊急支援金は、小商工人支援・地域経済活性化のため百貨店、大型ショッピングモール、ナイトクラブなどでは使用できないが、病院は売上規模に関係なく、小規模の医院はもちろんのこと総合・大学病院でも使うことができ、健康保険の保険外診療対象の脱毛手術や美容整形費用の決済もできるという。

 これを受け、病院側は「支援金マーケティング」に力を入れており、ウェブページ上に大きく「政府緊急支援金使用可能」と広告を出すところもあるという。

 韓国行政安全部のハ・ジョンモク地域金融支援課長は「射幸産業や遊興業種でない以上、美容整形まで使用を制限する理由はない」と話しているという。

 しかし、これをめぐり韓国のネット上では賛否両論の意見が出ている。

 記事のコメント欄には「支援金をどこに使うか決めるのは個人の自由」「整形外科だって使ったら職員を解雇しなくても済む」「外見の競争力も大事。思いがけず入ってきたお金で自分の競争力を高めることの何が悪いの?」「米や日用品じゃなきゃ駄目なの?。消費が伸びてお金が回ってこそ経済が生き返るんじゃないの?」などの声が見られた。

 一方で、「顔が災難に遭ったわけでもないのに、整形に使うのは不適切」「大型モールは駄目で、ブランドショップや整形外科はオッケー?。おかしな緊急支援金だね」「大型モールの日用品は駄目で、コンビニの酒やタバコは大丈夫。大病院の手術費は駄目で、街の皮膚科のボトックスは大丈夫か…」「ネットでおむつを買えるようにしてほしい」「医療保険が適用される診療だけ認めるべき」などの声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b805704-s0-c30-d0127.html
-----------------------



整形外科での集団感染が発覚するのも時間の問題でしょう。

これはこれで楽しみです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の医療ツアー!外国人患者の医療紛争が6年間で810件も!!!!

バ韓国で整形するのはキチガイだけ


世の中には本当に馬鹿な人間もいるようですね。

バ韓国に医療ツアーで訪れ、現地で医療行為を受けるキチガイが少なからず存在しています。


整形がもっとも多いようですが、産婦人科や歯科の患者もそれなりにいるようです。



しかし、こうした外国人患者たちによる医療紛争も増え続けているとのこと。


ま、そりゃそうでしょうね。


ヒトモドキどもに人間の治療ができるわけがないのですから。



とはいえ、被害者に同情する気はまったく起きませんね。


こんなキチガイどもは人類にとっても有害なので、屑チョンもろともさっさと死んでいただきたいものです。


-----------------------
外国人患者の医療紛争6年間810件、中国の患者が3分の2―韓国

 2018年10月22日、中国メディアの海外網は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、「韓国では医療ツーリズムの人気が高まるにつれて、外国人患者の医療紛争も増加している」と報じた。 

 韓国国会保健福祉委員会のチェ・ドゥジャ議員が22日明らかにした医療紛争調停仲裁院の資料によると、医療紛争調停仲裁院が2013年から18年9月までの6年間に受理した外国人患者関連の医療紛争申請件数は計810件に上るという。 

 13年の111件から14年は162件と増加し、15年128件、16年137件と減少したものの、17年は147件と再び増えている。 

 申請者の国籍別では、中国が538件で最も多く、全体の66.4%を占めた。以下、米国72件、ベトナム41件、モンゴル22件、ロシア17件と続いた。 

 診療科目別では、成形(美容整形)外科が132件で最も多く、以下、整形外科70件、産婦人科60件、歯科55件、内科40件などだった。 

 チェ議員は「外国人患者と国内の病院間の医療紛争が円満に解決されるように、通訳や相談人材を補充するなどの対策が必要だ」と述べた。

https://www.recordchina.co.jp/b655426-s0-c30-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【キチガイの国】バ韓国軍の軍病院でも、医療機器会社の社員が代理手術するのが常態化!!!!

バ韓国の軍病院で整形手術を受けるケースが急増


一般の病院で、医者に代わって医療機器会社の社員が手術を行っていたバ韓国。

どうやら手術を面倒臭がる医者が多いようで、医療機器に詳しい会社の社員にやらせるのが日常化しているようです。


今回発覚したのは軍病院でのこと。


2015年に医療機器会社の社員による代理手術が発覚していました。

監査院がそれを禁止するように指示を出していたものの、その後も社員による手術が行われていたとのこと。



さすがバ韓国ですなぁwwww


今回の発覚を機に再発防止策が取られたとしても、絶対に改善されることはないでしょう。



それがバ韓国塵なんですから。


-----------------------
軍病院でも医療機器会社の社員が代理手術…鼻整形も頻繁=韓国

 軍病院でも医療機器納入会社の社員が軍医官の代わりに手術をしたことが分かった。また、軍病院で昨年一年間美容目的の整形手術も数十回行われたことが明らかになった。 

 監査院は保健医療体系運営実態を特別点検した結果、代理手術など合計26件の違法・不当や改善すべき事項を確認し、該当機関に処分の要求または、通知をしたと11日明らかにした。 

 監査院によると、医療機器納入会社社員のA氏は、昨年10月から今年3月まで、ある軍病院で前・後方十字靭帯など計12回の手術に参加した。 

 所属前・現軍医官6人は、A氏に手術道具を納入しろと要求した後、手術当日A氏が直接手術室に入って患者の膝部位に穴を開けるなどの医療行為をするようにした。このような事実は手術室の閉回路テレビ(CCTV)から確認された。 

 これら軍医官は監査院調査で、医療法違反であることを認識していたが、医療人材が不足し、A氏に医療行為をするようにしたと述べた。 

 監査院は義務司令部が2015年8月、医療機器納入会社社員の医療行為を確認し、これを禁止するよう指示したのにとどまり、定期的な実態点検や再発防止対策をたてなかったと指摘した。 

 また、国軍医務司令官に現在の兵役を終えた軍医官1人を除いた5人に懲戒処分することを指示した。また、A氏と軍医官6人に対し、告発措置することを通知した。 

 監査院は2017年、計296件の鼻の補型物挿入整形手術のうち80件(46.8%)が患者の要請や軍医官の勧誘による美容目的の手術だったと明らかにした。 

 昨年、ある軍病院では鼻詰まりの手術を受けた患者の要請で鼻に補型物を挿入する整形手術を行い、その副作用が発生し補型物を除去ことが明らかになった。軍病院は現役軍人を対象に、耳鼻咽喉科および整形外科診療を含む入院および手術などを無償で提供している。

https://japanese.joins.com/article/004/246004.html?servcode=400&sectcode=430
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る