韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

整形手術

【情報弱者】年収以上の金を支払ってまでバ韓国の整形手術を受けるベトナム人女性が急増中!

バ韓国で整形手術を受けるベトナム人が急増中


バ韓国で整形手術を受けるベトナム人女性が急増しているようです。

どうやらバ韓流のアイドルの顔に憧れをもつベトナム人女性が増えたことがその理由みたいですね。



はぁ……、情報弱者というのは本当に惨めですね。



数年後には二目と見られない化け物顔になるのがオチだというのに……。





一時期この日本でもバ韓国にプチ整形しに行く情報弱者が存在していましたが、

今でもバ韓国に行くのはキチガイだけとなりましたからね。





きゃつらの手口にまんまと騙されているベトナム人が少し可哀そうな気もしますが、

世界中にバ韓国の実態を知らしめるためには必要な犠牲かもしれませんねwwww



-----------------------
ソウルの美容整形外科にベトナム人客殺到

 ベトナム人のパム・ティト・ウエンさん(30)は8月16日午後、ソウル市江南区にある美容整形外科を訪れた。彼女は医療費・宿泊費・航空機代がセットになった「整形観光ツアー」に850万ウォン(約85万円)を払って同日、韓国に来た。ウエンさんは「若いベトナム人女性の間で韓国整形旅行が流行している。韓国のアイドルグループのように細い顔と高い鼻にしたい」と言った。

 美容整形をするため韓国に観光旅行でやって来るベトナム人が増えている。「K-POP」「K-BEAUTY」(韓流美容)の影響を受けた若いベトナム人女性たちだ。整形観光ツアーの価格は300万-1000万ウォン(約30-100万円)台で、昨年のベトナム人1人当たりの国民所得(2385ドル=約26万6000円)より高い。保健産業振興院によると、韓国に来たベトナム人患者数は2010年の921人から昨年は7447人へと8倍に増えた。ベトナム人患者が増えているのを受けて、ソウル・江南の大手整形外科では、英語・中国語・日本語・ロシアに続きベトナム語の通訳スタッフを置く所が増えている。病院の術後回復室ではK-POPと共に、ベトナムの人気歌手の歌が流れている。近くのベトナム料理レストランと契約してベトナム料理を患者の食事として提供する病院もある。

 ソウル市江南区新沙洞のある整形外科で働くベトナム人職員レ・ティ・ゴックさん(30)は「最近は1人で対応するのが難しいほど患者が増えているので、ベトナム語の通訳スタッフをもう1人採用した」と言った。同区鴨鴎亭洞の整形外科では「ベトナム人患者は昨年に比べ2倍に達し、中国人患者数を上回った」と話した。

 ベトナム人の整形患者が増えている背景には、病院側の努力も一役買っている。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復の影響で、整形を希望する中国人観光客が減ったため、東南アジア市場に目を向けたのだ。ベトナム人患者を集める代理店も繁盛している。病院側は「口コミ」を特に神経を使っている。ベトナム人患者のほとんどが知人の薦めで韓国に来るからだ。ベトナムの医療観光エージェンシーで働くフン・ウィエンさんは「ユーチューブやソーシャル・メディアに掲載されている、韓国での整形体験記を見て韓国観光を計画する女性が多い」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101558.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞバ韓国!】兵士を練習台にして整形手術を行う軍医wwwwwwww

バ韓国塵は整形するよりもさっさと死ぬべき


バ韓国軍の病院では、兵士が手術する際に“整形手術”まで進めているんだとかwwwww


しかも、この整形手術の目的は、軍医が除隊後に開院するための練習台とのこと。


その手術はいい加減なもので、数年後には顔面が崩壊するケースもあるようですwwwww



いやぁ、さすがバ韓国ですなぁ。


こんな整形手術が、軍の病院で1日2件のペースで行われていたというのですからwwwww



どんなに整形しても醜い屑チョンの本性は隠し切れないので、さっさと自殺して生まれ変わるチャンスに賭けるべきでしょう。


もしかしたら、ゴキブリくらいには生まれ変われるかもしれませんから。



-----------------------
韓国軍の病院で兵士が整形手術の練習台に?=「病気の治療は後回し」「嫌と言えないのが軍隊」―韓国ネット

 2018年6月4日、韓国・SBSによると、ここ数年で韓国軍の病院の整形外科診療件数が急増する中、治療目的以外の診療も行われていたことが分かった。なんと、美容整形手術が行われていたというのだ。 

 記事によると、軍の病院で盲腸手術を受けて入院した当時一等兵のチョンさんは、軍医官から意外な提案を受けた。チョンさんは「当時鼻の機能に問題はなかったが『鼻の手術をしたらずっときれいになる。後で一度診療を受けてみなさい』と言われ、数日後に診療を受けると自然に手術の流れに持っていかれた」と話した。そして、鼻の骨を削ってシリコンを入れる整形手術をした3年後、チョンさんの鼻は鼻の穴が左右不均等になってきた。結局、チョンさんは民間の病院で300万ウォン(約30万円)をかけて再手術を受けたという。 

 一方、チョンさんを執刀した軍医官は「手術を勧めてなどいない。盲腸手術を執刀した外科と協診したもの」と主張した。なお、当時、軍病院における美容目的を含む整形手術は1日当たり2件ずつあったとのこと。 

 この他にも同様の被害報告が出ているそうで、記事は「練習中の負傷時、軍病院の整形外科で身体部位の再生手術は当然必要なことだが、美容目的の手術は国軍医務司令部規定に違反する」と伝えている。過去3年間の軍病院の外来診療件数をみると、整形外科診療件数は増加の一途をたどり、昨年には7400件(美容目的件数は未集計)を超えたとのこと。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「医者はいい練習台を見つけたね」「手術の練習用として軍人を利用。なのに病気の治療は後回し」など「練習のためだった」と指摘する声が相当数を占めている。 

 また「幹部が(手術)しようというのに、兵士が『嫌』とは言えないのが軍隊。医務科のやつらが軍隊生活を楽に送りながら、除隊後の開院目的のために兵士を対象に医療練習をするというのは大概の軍人が知っている事実」というコメントも。 

 今後の処置としては「憲兵隊の調査をし、当該軍医官を厳罰に処すべき」「軍法で治めよう」「軍病院を廃止して民間病院に治療を委託・管理しろ」などの意見が寄せられた。

https://www.recordchina.co.jp/b608457-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【ザ・バ韓国脳】国会議員「少子化対策のため、胸の整形手術を支援するニダ!!!!!!」

バ韓国の出生率がゼロになるのが理想


バ韓国でも少子化が問題になっていますが……。

先日、バ韓国の国会でメスどもに出産を推奨するため、

胸の美容整形手術の付加価値税を免除する」案が推進されていました!!



まさにキチガイの発想ですね。

胸の整形手術と出産がリンクするだなんて、我々人類には到底考えつきませんからねwwww



この案を推進した議員は、整形業界から多額の献金を受けているに違いないでしょう。


屑チョンどもの出生率が“完全にゼロ”となってくれる日が早くこないものですかねぇ。


-----------------------
少子化対策で胸の整形手術を支援!?韓国国会で推進された法案が物議=韓国ネットから非難の嵐「恥ずかしい」「議員を辞めたら?」

 2018年2月15日、韓国・京郷新聞によると、韓国の国会で女性らの出産を推奨する方法として「胸の美容整形手術の付加価値税を免除する」案が推進され、物議を醸している。 

 同紙による取材の結果、国会の予算決算特別委員会のペク・ジェヒョン委員長(与党・共に民主党)が最近、上記の内容の「租税特例制限法改正案」を作り、共同発議しようと同僚議員らに協力要請書を配ったことが確認された。この法案は、付加価値税の免除対象を定める租税特例制限法106条に「医師、韓方医または看護師が出産後3年以内の女性の乳房拡大・縮小手術に供給する診療領域も新設しよう」との内容が要点になっているという。 

 ペク委員長は協力要請書で「少子化問題の原因はさまざまだが、出産や授乳による体形の変化に対する女性らの懸念も相当な影響を与えている」とし、発議の理由について「これは整形手術を通じて解決できるが、現行法上は美容整形に該当し付加価値税が課税されるため、費用負担が大きいという制約がある」と説明したとされる。さらに「出産した女性が受ける房拡大・縮小手術は、妊娠・出産の延長線上で産後の回復や管理のための医療保健サービスとしての性格を持っていることから、付加価値税を免除し出産を奨励しよう」と提案したというのだ。 

 これに対し、他の与党議員からは「法案に問題がある」との指摘が出ているという。ある与党議員は「趣旨は理解できるが、不適切に見えてしまう可能性がある」と話しており、韓国女性民友会のキムミン・ムンジョン代表も「多くの女性が出産を諦める理由は社会にまん延した性差別のせいであり、かえって女性に厳格な外見の基準を突き付けて性差別をあおっている」「少子化の原因を見誤った安易で恥ずかしい法案」と批判しているそうだ。 

 記事によると、ペク議員側はこの物議を受け「税理士業界が提案したさまざまな少子化対策の1つ」とし、「ひとまず発議は中断した状態。女性界・市民団体の諮問した後、再び推進していきたい」と明らかにしているとのこと。 

 これに対し、韓国のネット上では女性ユーザーより男性ユーザーの方が多く意見を寄せている。「おかしい」「恥ずかしい」「あんなのが国会議員だなんて情けない。国民の税金を無駄遣いしてる」「レベルが低過ぎ。議員を辞めたら?」「少子化と整形に何の関係がある?次からあんな議員は選ばないようにして」など非難の嵐は避けがたいようだ。 

 国会議員に代わって代案を寄せるユーザーも見られ、「それならバイアグラを保険適用にした方が出産の奨励につながりそう」「胸の形を気にして出産しないわけじゃない。回復に焦点を当てて医療支援をするのなら、(出産後の)失禁や骨盤臓器脱の支援をした方が現実的」などの声が上がった。

http://www.recordchina.co.jp/b567468-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








来るか? バ韓国での顔面移植ブーム!? 化け物量産の予感にwktk

整形しても醜さが隠しきれない屑バ韓国塵


他人の顔を移植する手術。

先進国では行われている手術ですが、バ韓国ではいまだ手術例がないそうです。

手術が複雑である、免疫の拒否反応の可能性があるなどかなり高度な技術を要するからなんだとか。


もっとも屑チョンどもに言わせると、

技術はあるけど法律で移植が許されていないニダ

と精いっぱいの虚勢を張っていますがねwwwww


ま、屑バ韓国には顔面を丸ごと金型にハメ混む整形手術があるから必要ないのかもしれませんね。


どちらにしろ全く別の顔になることに違いはないのですから。



しかし、顔面移植手術のほうが手術失敗によるダメージはデカそうです。

一刻も早く法整備を整え、バ韓国で顔面移植手術がブームにならないものですかね?

より多くの化け物が生まれるでしょうから楽しみですwwwwwww



-----------------------
「フェイス/オフ」手術の経験ない韓国、技術はあるが法のために…

 1997年に公開された米国映画『フェイス/オフ』でFBI捜査官とテロ犯は整形手術で顔をまるごと交換をする。当時は衝撃的だった話が今では世界各地で現実になっている。 

 最近、米国では14年前にやけどで顔を失った元消防士が顔面移植手術を通じて新しい顔を持ったことが話題を集めた。19日、AP通信など米国報道機関や米ニューヨーク大(NYU)ランゴーンメディカルセンターによると、この患者は26時間の手術を経て顔や頭皮など最も広い面積の組織移植を受けることに成功した。顔面移植手術は事故や奇形で顔全体や一部を失った患者に、死後に寄贈を受けた他人の顔面の皮膚をつけることだ。レシピエントの顔の損傷程度によって、皮下脂肪や筋肉・血管・神経などもあわせて取り出さなければならず、場合に応じて骨も移植する。米国で行われた今回の手術では移植範囲に頭皮や耳まで含まれた。 

 米国だけでなく中国・ポーランド・トルコなど世界的に顔面移植手術は30件ほど行われた。2005年11月、フランスで飼っていた犬に顔をかまれた女性が世界で初めて他人の顔の部分移植を受けたほか、2010年スペインでは銃器誤射事故で顔を損傷した男性が顔全体を移植する手術を受けた。 

 韓国でも顔面移植手術は可能だろうか。ソウル牙山(アサン)病院整形外科のチェ・ジョンウ教授は「この手術は微細顕微鏡を利用した再建手術の一種で国内でも技術的には十分に可能だ。一部の病院が関連手術に向けて準備をしている」とコメントした。 

 ただ、手術は非常に複雑なうえに患者の免疫体系が移植された皮膚に対して拒否反応を起こすこともあり危険が伴う。チェ教授は「再建整形関連技術を総動員しなければならない難しい手術」としながら「患者は術後も免疫抑制剤を生涯にわたって服用しなければならない難しさがある」と話した。中国では免疫抑制剤を拒んだ男性が術後2年余りで死亡することもあった。ソウル大病院整形外科のチョン・ジヒョク教授は「免疫抑制を過度に行えば身体が必要とする免疫機能まで抑制される可能性があり、これを調節するのがカギ」と話した。 

 倫理的・法的な問題もある。チェ教授は「まだ国内では脳死者の顔を寄贈する文化が軌道に乗っておらず、需要があったとしてもドナーを見つけるのは難しいだろう」と話した。顔面移植のための法的装置も必要だ。現行の「臓器などの移植に関する法律」第4条によると、移植対象臓器は腎臓・肝臓・すい臓・心臓・肺と骨髄・角膜などに限られている。保健福祉部生命倫理政策課の関係者は「国内の移植手術水準などを考慮して現行法では主に実質臓器を中心に規定されている。今後、専門家の協議を経て移植対象の拡大を考慮していく可能性がある」と話した。このような法的問題が解決できても手術はきわめて制限的にならざるをえない。チェ教授は「外国で顔面移植手術が乱用されたと見なされる事例が原因で非難世論が起きたこともある」とし「困難が伴うだけに患者や医師共に必要性を感じる、絶対に必要な場合に限り施行されるだろう」と話した。

http://japanese.joins.com/article/657/208657.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る