韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


文在寅

【不様wwwww】訪問中の中国で冷遇され続けるバ韓国・文在寅大統領wwwww

中国から冷遇されているバ韓国・文在寅大統領


中国訪問中のバ韓国・文在寅大統領。

その中国側の扱いがかなり酷いようですwwwwwwwww


中国側の要人との会食の場がほとんど設けられず、

内輪だけの寂しい“一匹飯”ばかりなんだとかwwwww


いやぁ、先日皇帝級の扱いを受けたトランプ大統領とは大違いですね。


ま、トランプ大統領とヒトモドキを同列に扱うほど中国も間抜けじゃなかったということでしょう。



-----------------------
韓国大統領が「一人飯」、中国側の冷遇との声も―米華字メディア

 2017年12月15日、米華字メディア・多維新聞は記事「一人飯続く、文在寅大統領が北京で受けた冷遇」を掲載した。 

 韓国の文在寅大統領は13日に中国を訪問、4泊5日の国事訪問が始まった。THAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題で亀裂が入った中韓関係を改善するチャンスとして、韓国側では期待されていたが、文大統領が北京で受けた冷たい仕打ちに韓国では衝撃が広がっている。 

 到着した13日夜、文大統領はホテルで食事。中国側要人との会食は設定されなかった。翌日の朝食も同様だ。韓国紙の報道によると、中国滞在中の10回の食事のうち中国共産党指導部との会食が設定されたのは2回のみ。それ以外は「一人飯」だという。今年10月のドゥテルテ・フィリピン大統領、11月のトランプ米大統領と比べると待遇の違いは歴然だ。また韓国人記者が中国人警備員に暴行を加えられる事件も起きている。ようやく中韓首脳会談が実現するが、両国関係の雪解けにはほど遠いようだ。

http://www.recordchina.co.jp/b231571-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【成果ゼロwwww】習近平との首脳会談を終えたバ韓国・文在寅、しかし共同声明は出されず!!!!

訪中しても成果ゼロのバ韓国・文在寅(ムン・ジェイン)


一昨日、中国の習近平との会談を終えたバ韓国の文在寅(ムン・ジェイン)。

しかし、その会談後に、

共同声明の発表や記者会見は行われませんでした。



結局アメリカと中国の両方にいい顔をしようとして、

首脳会談でなんの成果もあげられなかったということです。



いやぁ、さすが低脳屑チョンですなぁ。

実にバ韓国塵らしさがでている結果と言えます。




共同声明が出されなかったことにより、

バ韓国側の弱腰外交が明らかになったわけです。



お先真っ暗のバ韓国に相応しいとも言えますなぁwwwwwww


-----------------------
中韓共同声明を出せなかった韓国・文大統領の「泣きどころ」―米華字メディア

 2017年12月14日、米華字メディア・多維新聞は、中韓首脳会談後の共同声明が出されなかった背景について分析する記事を掲載した。 

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日に北京で中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談。しかし、通例なら首脳会談直後に出される共同声明の発表は見送られた。また、会談後の記者会見も行われていない。 

 記事は「共同声明が発表されなかった根本的な原因について、韓国が自ら中国に申し出たはずの『ミサイル防御システムに参加しない、高高度防衛ミサイル(THAAD)の追加配備を禁止する、日米韓軍事同盟に参加しない』という3つの約束の履行に同意しなかったからとの分析が出ている」とした。 

 文大統領が「3つの約束」に同意しなかった背景として、記事は「米韓同盟への配慮」を挙げた。「共同声明は条約とみなされ、国際法上の拘束力を持つことになる。米韓は1953年に『米韓相互防衛条約』を締結しており、これが米国による韓国へのTHAAD配備の法的基礎になっている。韓国はこの条約が中韓共同声明とバッティングすることを恐れたのだ」と論じている。 

 また、韓国国内の政治的な要素もあると指摘。「今年6月に行われたギャラップの世論調査では、53%がTHAAD配備に賛成している。これは昨年7月にTHAAD配備を決定した時の調査と同水準。一方で、韓国の経済界は文政権に対中関係改善への期待を寄せている。そこで文大統領は『3つの約束』を打ち出して両国関係の修復を図ろうとしたが、世論から『弱腰外交』との批判が噴出し、文大統領の支持率が2週連続で低下してしまった」とした。 

 記事は「『3つの約束』が中韓共同声明に盛り込まれれば、中国にTHAAD配備阻止の法的な武器を与えることになる。そして、今後追加配備すれば、韓国が信用失墜のリスクを負うことになる」としている。

http://www.recordchina.co.jp/b231372-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【文在寅大統領の中国訪問】中国の警護員がバ韓国塵記者どもを集団でケルナグールwwwww

中国の警護員のボコられたバ韓国塵記者


現在、バ韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中国を訪問中ですが……。

本日午前11時ごろ、

中国側の警護員が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を取材していた屑チョンの写真記者どもを集団で暴行したとのことです。



1匹の記者に対し、

10人の警護員で殴る蹴るの暴行を行うとはwwwww


是非その様子を動画で見たいものですね。



しかし、

この騒動で死者は出ず、屑チョンの記者2匹が病院に搬送されただけでした。



うーん、糞支那も随分としょっぱい真似をしてくれたものです。

10人がかりで害獣1匹すら殺せないだなんて、ガッカリですなぁ。



-----------------------
中国警護員 文大統領に同行の韓国人カメラマンを集団暴行

 14日午前10時50分(日本時間同11時50分)ごろ、中国の北京市内で開かれた商談会「韓中経済・貿易パートナーシップ」の会場で、中国の警護員が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を取材していた複数の韓国人写真記者を集団で暴行する事件が起こった。

 韓国青瓦台(大統領府)は中国政府に厳重に抗議した。青瓦台関係者は「報告を受けた文大統領は(暴行事件を)深刻に受け止めている」と話した。

 記者2人が北京市内の病院に搬送され、治療を受けている。

 文大統領は商談会の開幕式で演説した後、会場から出て中央廊下に移動した。写真記者らは文大統領を追って会場を出ようとしたが、中国側の警護員が特別な理由なく阻止した。

 記者が抗議したところ、警護員は記者の胸ぐらをつかんで強く倒した。警護員はこの様子を撮影しようとした聯合ニュースの記者のカメラを奪った。

 また、文大統領が韓国企業のブースが設けられている会場に移動した際、記者たちは会場に入ろうとしたが再び警護員が阻止した。

 記者たちは強く抗議し、1人と警護員がもみ合いになった。すると周辺にいた警護員約10人が突然集まり、この記者を廊下に連れ出して倒し、顔を蹴るなど集団で暴行した。

 現場にいた記者や韓国青瓦台関係者らが制止しようとしたが、振り払われた。

 暴行現場に青瓦台の警護員はいなかった。文大統領に付き添っていたという。

 けがを負った2人は大統領の担当医から応急手当てを受けた後、北京市内の病院に運ばれた。腰や目、鼻などに重い打撲傷を負い、出血もあったという。

 青瓦台は外交部を通じ、中国政府に正式に抗議し、真相解明と責任者の処罰を求めた。

 一方、中国外務省は暴行事件について、「誰かがけがをしたなら、われわれは今回の事件を注視する。中国は文大統領の訪中のため、さまざまな面で誠実に準備している」との立場を示した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/12/14/0900000000AJP20171214003400882.HTML
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【パククネ婆と同じwww】バ韓国・文在寅大統領の外交姿勢は相変わらずのコウモリwwwwww

相変わらずコウモリ外交健在のバ韓国


2017年5月にバ韓国の大統領となった文在寅ですが、

その外交ぶりはパククネ婆とさほど変わっていないようです。


中国に媚を売りながら、アメリカにもへつらうというコウモリ外交が健在なのです。


その惨めな外交姿勢を、バ韓国各紙も言葉を強めながら批判を展開しています。


こちらにもあちらにもいい顔ばかりして相手に都合の良い約束ばかりしていては、後に双方から『約束を守れ』と間違いなく問い詰められるだろう

安保の主権を自ら外国に担保として出す国がどこにあるニカ

韓中の関係改善も重要だが、安保問題まで譲歩して低姿勢になる必要はないニダ!


うーん、やはりパククネ婆の時とまったく変わりありませんねwwwwww



ま、脳みその小さい朝鮮ヒトモドキのやることなので、


誰が大統領になっても同じ結果にしかならないのでしょうね。

ともかく、種の終わりに向かって進んでいるようなので、なによりです。

-----------------------
米中間で揺れる文在寅政権の外交政策、朴槿恵政権の“二の舞い”?「米中双方にいい顔」「なぜこうなのか」と韓国紙

 2017年11月18日、韓国・文在寅政権の外交政策が米国と中国の間で揺れている。米中の谷間に迷い込み、動きが取れなくなった朴槿恵政権の“二の舞い”にもみえる。韓国内では保守系紙を中心に「米中双方にいい顔」「なぜこうなのか」などの声が噴出。文大統領への風当たりが強まっている。 

 朝鮮日報は「米中双方にいい顔をする文在寅外交」との社説を掲載。11日にベトナムで行われた中韓首脳会談で、在韓米軍への高高度迎撃ミサイル(THAAD)配備をめぐり悪化していた両国関係を回復させることで合意したことや、今月7日の米韓首脳会談後の発表文に「米韓同盟はインド・太平洋地域がその核心軸」との内容が入っていたことなどを取り上げた。 

 この中では「THAAD配備に対する報復は中国が一方的に行ったこと」と批判。「インド・太平洋地域」に関して韓国政府が「米国政府の立場であり、韓国としては留保的」とコメントしたことを問題視し、「これも近く誤解を呼び起こす可能性が非常に高いだろう」と憂慮し、「こちらにもあちらにもいい顔ばかりして相手に都合の良い約束ばかりしていては、後に双方から『約束を守れ』と間違いなく問い詰められるだろう」と警鐘を鳴らしている。 

 中央日報は「韓国の外交、なぜこうなのか」との社説で、康京和外相が中韓関係改善の条件として明らかにした「THAADの追加配備をしない」「米国のミサイル防衛(MD)に参加しない」「韓米日軍事同盟はない」との「三不」に言及。「われわれのアマチュア外交が懸念される」として、「安保の主権を自ら外国に担保として出す国がどこにあるのか」「これ以上、中国の外交に振り回されてはいけない」などと論じた。 

 「三不」については、朝鮮日報も「韓米日の関係もいつかは軍事同盟に発展するかもしれない。いずれも最終的には韓国が決める問題だ」と強調。「ところが韓国政府は最初からこれらを『やらない』と約束してしまったため、将来的に大きな問題の火種を残してしまった」と非難している。 

 東亜日報は社説で、北朝鮮をにらんだ日米韓3国による合同軍事演習を韓国が拒否し、日米、米韓の2国間演習にとどまったことに触れた。社説は「中国の顔色をうかがっているのではないかと指摘されている。韓中の関係改善も重要だが、安保問題まで譲歩して低姿勢になる必要はない」と指摘。「米国など周辺国との緊密な調整の中で解いていかなければならない。薄氷であればあるほど周囲を見回し、冷静に歩いていく知恵が必要だ」としている。

http://www.recordchina.co.jp/b214849-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る