韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

施設

バ韓国・平昌冬季五輪の施設維持、予定の倍近くの赤字にwwww

今後も赤字をタレ流すバ韓国平昌冬季五輪の施設


平昌冬季五輪で造られた施設が、とんでもない赤字になっているようです。


当初は毎年40億ウォンの赤字が見込まれていましたが、

蓋を開けてみたら毎年80億ウォン近くの赤字になっているようです。


さすが屑チョン!!

3つ以上の数字を数えられない脳構造なので、先のことなんて考えられないんでしょうねwwww



間違いなく、今後も更なる赤字を垂れ流すことになります。


本当に間抜けな連中ですなぁ。



ま、経済崩壊への一助となるので、頼もしい限りです。



-----------------------
いまだにもめる平昌五輪施設の活用問題、予想外の赤字規模に「当惑」=韓国ネットからはため息

 2019年8月18日、韓国メディア・プレシアンなどによると、平昌五輪の一部施設の事後活用問題が1年以上解決しない中、運営主体が未定の三つの施設(スライディングセンター、スピードスケート場、アイスホッケーセンター)の赤字規模が当初の計画よりはるかに膨れ上がり、数十億ウォンに達することが分かった。 

 韓国与党「共に民主党」のキム・ヨンジュ議員が文化体育観光部と江原道から報告を受けた韓国開発研究院(KDI)の「五輪競技場の効果的な事後活用案に関する研究」によると、三つの施設の年間赤字規模は約74億4200万ウォン(約6億5100万円)に達する。これは当初推定されていた約40億ウォンの2倍近く増えた金額。施設所有者の江原道は三つの施設の予想運営費用を80億5100万ウォンと算定していたが、KDIは「人件費と電気料金の算定方法に誤りがある」と指摘し、約102億9300万ウォンを要すると分析した。施設運営による収入は28億5150万ウォンと予想した。 

 KDIの結論を受け、文化体育観光部と江原道は予想よりはるかに大きい赤字規模に「当惑した様子」だという。江原道は当初40億ウォンほどの赤字を見込んで政府に20億ウォンの国費支援を要請したが、文化体育観光部は「最大10億ウォン」との立場を示していたという。 

 これに韓国のネットユーザーからは「二度と五輪を誘致してほしくない」「冬季五輪を続けるべきじゃない。得するのは国際オリンピック委員会(IOC)だけ」「南北合同チームをつくるなど平和五輪のために頑張ったのに、結局北朝鮮は今もミサイルを発射している。一体何のための五輪だったのか…」などため息交じりの声が上がっている。 

 また「それくらいの赤字が出ること初めから予想できなかった?。関連責任者個人の財産で埋め合わせをすればこういうこともなくなるよ」「施設を維持できないのなら撤去するしかない」「無償で民間人に譲渡し、せめて税金の無駄遣いをやめてほしい」などと訴える声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b568241-s0-c50-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・平昌冬季五輪の開会式施設の現況wwwwwwww

バ韓国・平昌冬季五輪施設の跡地が不様


ご覧の写真は、平昌冬季五輪の際に開会式や閉会式が行われた施設の跡地です。


みすぼらしい聖火台がぽつんと残っているだけで、見事な荒地ですねwwwwww


110億円以上もかけて建てられた開会式の施設ですが、こんな荒地になった後も毎年数億円の管理費が発生するとのこと。




いやぁ、後先を考えられないバ韓国塵の習性を見事に表していますね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















監獄生活でストレスを解消するニダ! バ韓国で「監獄」テーマの施設が人気にwwww

ベトナム人大虐殺を楽しむバ韓国塵ども


バ韓国ではストレス解消を目的にした「監獄」施設があるんだとか。

卑しい奴隷民族にとって監獄はさぞかし心休まる場所なんでしょうねぇwwwwwwww


独房に収監され、瞑想で煩悩を捨て去るのが目的とのことですが……。

屑チョンから煩悩を取り去ったら何も残らないんでしょうねwwwww





ベトナム戦争時の民間人虐殺テーマパークを作るバ韓国塵ども。


瞑想よりも民間人虐殺ですっきりニダ!」ってなほうがお似合いです。



-----------------------
「監獄」テーマのストレス解消施設、囚人服に着替え「心静かに」―韓国

 26日付の中国メディア・人民網は、韓国で「監獄」をテーマとするストレス解消施設を利用する人が増えていると報じた。

 韓国江原道洪川郡にあるこの「監獄」は、46歳の弁護士、権容碩さんが始めた。済州地方検察官を務めていたころ、自ら1週間の監獄生活を体験し、「得るものが多かった」。そのため、司法部門を離れた後、ストレス社会で生きる韓国人のために「世俗から逃避できる場所」を提供しようと考えた。

 1億ウォンかけて、監獄そっくりの施設を作り、昨年6月にオープンさせた。通常メニューは2泊3日、15万ウォンのコース。利用者は囚人服に着替え、わずか5.57平方メートルの独房で心静かに過ごす。瞑想を通じて煩悩を捨て去り、新たな自分を発見できるという。携帯電話も禁止され、1日1度のみチェックすることができる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150527-00000037-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る