韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


旅客船沈没事故

フィリピン人夫婦は見ていた! 沈みかけたセウォル号の操舵室の一部始終!!

乗客のふりして逃げ出した船長


セウォル号が沈没しかけた際、船長らと一緒に操舵室にはフィリピン国籍の船上歌手夫婦もいたそうです。

この夫婦は、事故直後に操舵室に移動していた模様。



それゆえ、乗客を見殺しにして自分だけ助かろうという船長や乗務員どもの醜い姿を目の当たりにしていたとのこと。


殺人罪で告訴されることになった船長らですが、この夫婦の証言はかなり貴重なものになりそうですね。





それにしても、この目撃者が殺されずにいてなによりです。

これからも口を封じられないよう、気をつけていただきたいものですね。



-----------------------
韓国旅客船沈没事故、操舵室の「目撃者」が供述・・・「船長も乗務員も救助活動しなかった」=韓国メディア

 韓国・珍島(チンド)沖の旅客船沈没事故で、検察などの合同捜査本部は8日、船から救助されたフィリピン国籍の船上歌手夫婦が「操舵室にいた船長や乗務員らは乗客を救助しようとしなかった」などと供述しているため、事実関係を調査中だと明かした。複数の韓国メディアが報じた。

 フィリピン人夫婦は事故当時、操舵室にいて、乗務員らと共に救助された。乗務員以外で当時の操舵室を知る唯一の存在とされる。

 操舵室横の部屋にいたフィリピン人夫婦は、事故直後に操舵室に移動して難を逃れており、事故直後から救助される前までの乗務員の行動を把握する重要なカギになるとされる。合同捜査本部はフィリピン人夫婦の供述は事故当時の状況を客観的に伝えるもので、事実である可能性が高いとみている。

 逮捕された船長や乗務員らは供述を二転三転させているが、フィリピン人夫婦の供述が事実だと判明した場合は、船長らは乗客に対する救護措置を、意図的に行わなかったとして殺人容疑で起訴される可能性があるという。

http://news.searchina.net/id/1531947
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








沈没の可能性を知りながら、セウォル号を売却しようとしていた韓国の清海鎮海運

フィリピンに売られる前に沈没してなにより!



セウォル号の運航会社である清海鎮海運が、沈没の可能性を知った上でフィリピンの買い手にセウォル号を販売しようとしていたそうです。

もちろん、魔改造によっていつ沈没してもおかしくないことを隠したまま!




幸いにも未遂で終わりましたが、これはもう立派な殺人行為ですね。



ま、韓国の口車に乗ってしまうほうにも問題はあります。

あんなヒトモドキとまともに商行為なんて成立しません!



そうした常識が広まるのは喜ばしいことです。

我先にと逃げ出した船長さん、GJ!!



-----------------------
沈没船の危険性隠し売却図る

 韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、運航会社の清海鎮海運が、改造の結果同船の重心が上がり、不安定で危険な状態になったことを隠して、売却交渉を行っていたことが13日分かった。合同捜査本部の関係者が明らかにした。

 捜査本部は、過積載運航で多数の乗客を死亡させたとして業務上過失致死容疑などで逮捕された同社代表のキム・ハンシク容疑者(72)らが、改造で復原力に問題が生じたことを認識しながら、隠して売却しようとしたとみて追及している。

 捜査本部関係者によると、フィリピンの買い手と交渉を始めたが、改造で重心が上がった事実は一切伝えていなかったという。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/kyodo-2014051301001269/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








増え続けるセウォル号の犠牲者数! いまだ足し算すらできないバ韓国ww

いまなお増え続ける犠牲者数


沈没したセウォル号から次々と遺体が発見されています。

その多くは階段付近から見つかっているようです。


その場で動かず待機するニダ!」の船内放送を無視して、逃げ出そうとしていたなんてとんでもない話ですね。







さて、いつの間にか行方不明者の合計数が増えていました。

韓国の海洋警察によると「誤集計」のせいだとのこと。


これだけ世間の注目が集まる事件で、発生から何日も経過しているのに未だちゃんと集計できていなんですね。

きっとこれから先もずっと増え続けることでしょう。



韓国塵の脳みそでは満足に足し算もできないのですから。


-----------------------
韓国船沈没、階段付近に遺体多数

 韓国で沈没した旅客船セウォル号の捜索で、7日までに、乗客の高校生らの遺体が沈没前にいた客室から離れた階段付近などで多く見つかった。「動かず待機して」との船内放送に従って多数が逃げ遅れたとみられるが、最終的には水に追われて脱出しようとしたことがうかがえる。

 韓国政府の救助チームは同日までに、111あると推定される船室のうち、64の客室の全てに入って捜索。韓国海洋警察庁は7日夕、救助者の誤集計があったとして死者、行方不明者の合計を302人から304人に修正。これまでに269遺体を収容し、不明者は35人になった。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/kyodo-2014050701001643/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【韓国旅客船沈没事故】行方不明者家族の待機所における窃盗が未だ横行中wwwwwww

泥棒を働く無関係者だらけの待機所ww



セウォル号行方不明者の家族が集う待機所。

開設当初から横行していた無関係な屑チョンの窃盗が未だ続いているようです。




なかには、子連れの40代のオスが持参したカバンに飲料水やパンを詰め込んで立ち去ったということも。

子供にそういう姿を見せるのが、韓国ならではの英才教育なんでしょうね。



この親子だけが特別ではありません。

韓国塵の子供は、韓国塵の親を見て育つのです。



屑が量産されるだけのこの負の連鎖を断ち切るには、朝鮮ヒトモドキという種を絶えさせるしかないでしょう。




-----------------------
韓国旅客船沈没事故、心無い市民の「愚行」・・・被害者家族待機所で「盗難・盗み食い」相次ぐ=韓国

 韓国・珍島(チンド)沖の旅客船「セウォル号」沈没事故で、行方不明者の家族や遺族が集まる港に、関係のない市民が押しかけ、備品を盗んだり事故の被害者家族を装って食事をするなどの問題が発生していることが分かった。複数の韓国メディアが5日、報じた。

 事故発生から20日経ち、セウォル号の不明者家族が集まっている珍島室内体育館には、全国から多くの寝具や生活用品が届けられている。しかし現場関係者によると、事故とは無関係の市民が訪れ、行方不明者の家族や遺族のために用意された無料の食事をしたり、救護用品を持ち去る事例が相次いでいるという。

 5日には観光客とみられる40代の男性が子どもと一緒に現場を訪問する姿が目撃されている。この親子はボランティアが提供する食事を取ると、事前に用意していたとみられるカバンに飲料水やパンを20個ほどを詰め込み、立ち去っていた。

 体育館に用意されている寝具、手ぬぐい、美容品などを持ち去る人も多い。4月末には港の公衆トイレに設置されていた大型のトイレットペーパーが紛失する出来事があった。現場では「ソウルの一部の路上生活者が珍島で救護用品“ショッピング”をして帰った」とのうわさも流れているという。

 実際、珍島警察は4月27日に、関係者を装い救護用品などを3回に渡って盗んだ39歳の男に対して拘束令状を出している。

 一部の市民によるマナーのない行動は、これだけではない。好奇心で家族や遺族に近づいて話しかける人や、記念写真を撮影するカップルもいるという。

 韓国のインターネットユーザーらは「手伝うどころか記念写真だなんて…恥ずかしい行動だ」、「悲しくなる」などとマナーのない行動を取る人々を厳しく批判した。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20140507-20140507_00024/1.htm
-----------------------

本当に屑韓国塵ってやつは、何ものかに成り済ますのが大好きなようですね。

よっぽど韓国塵である己に自信がないのでしょう。


イチかバチかの生まれ変わりに賭けて、さっさと自殺することをオススメしたいものです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る