韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

日本市場

バ韓国・サムスン電子、8Kテレビが全く売れず日本市場から撤退wwwwww

バ韓国製のTVを購入するのはキチガイだけ


8Kテレビに注力していたバ韓国のサムスン電子

しかし、今回日本市場からの撤退を発表していました!


ま、当然でしょうねwwww


バ韓国製の粗悪品なんざ、金を貰っても欲しくないというのが普通なんですから。


これからは北米、欧州、中国をターゲットにするようですが、

化けの皮が剝がれるのも時間の問題でしょう。


サムスンの業績悪化により、バ韓国の崩壊が加速してくれるのですから非常に喜ばしいことです。



-----------------------
8Kテレビにかけるサムスンが代表市場の「日本」を捨てた理由

 2019年3月28日、韓国メディア・韓国経済は「超高解像度8Kテレビを新たな成長エンジンとして育成しているサムスン電子が、8Kの代表市場である日本では力を発揮できずにいる」と報じた。日本は来年の東京五輪に合わせて8K放送の商用化を進めており、世界の8Kテレビ販売量の30%以上を占めている。 

 記事によると、サムスンは低迷するテレビ市場を回復させる突破口として75インチ以上の超高解像度8Kテレビを押し出している。成長の勢いが止まったテレビ市場と異なり、超大型・超高解像度テレビは毎年30%を超える成長を記録している。サムスンが昨年に60カ国で75インチのQLED8Kテレビを発売したのもそのためだという。 

 しかし、サムスンは「8Kテレビ先進国」である日本を60カ国から除外した。サムスンが日本市場を「自ら放棄」した理由について、記事は「収益性のため」と説明している。サムスンは1980年に日本法人を設立し家電事業を開始したが、ソニーやパナソニックなど日本企業との競争に勝てず収益をあげられない状況が続いた。結局2007年にテレビを含む家電事業をたたみ、日本では現在、部品とスマートフォン事業の一部のみが維持されている。 

 サムスンは「当分は日本に進出しない」との立場を示している。収益性の低い日本より規模の大きい北米、中国、欧州を攻略し、8Kテレビ市場をけん引したい考えという。 

 これを見た韓国のネットユーザーからは「日本人はよっぽどのものでない限り外国製品を買わない」「日本は電子産業や自動車産業に相当な自信を持っているからサムスンの入り込む隙はない。ガラパゴス思考が強いからなるべく自国のものを使おうとする」「LGがOLEDパネルをソニーなどに供給しているから競争力が落ちたんだ。日本の内需市場ではまだ日本メーカーを超えられない」などと指摘する声が寄せられている。また、「日本人は韓国製品を使ってくれない。それなら韓国人も日本旅行を自制するべきでは?」「韓国製品の日本輸出は極めて低調。日本の消費財に25%の関税を課そう。報復されても打撃はないから」と主張する声も。 

 一方で「日本でもいいものなら売れる。LGは日本で健闘しているよ。ただのサムスンの実力不足だ」との声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b698548-s0-c20-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















愚挙wwww バ韓国・現代自動車が再び日本市場に参入……

バ韓国製の車に乗るのはただの自殺行為


なんと! バ韓国の現代自動車がまた日本市場に参入するようです。


どうやら電気自動車を主軸にしてシェア獲得を狙っているみたいですが、

本当にキチガイじみていますねwwww



バ韓国製の車に自分の命を預けるような真似は、ただの自殺行為なんですからwwww



サムスンのスマホのように、

現代自動車もロゴを隠蔽する形で販売してきてもおかしくありませんね。


これから先、車の購入を考えている方はくれぐれも注意していただきたいものです。



-----------------------
撤退から10年、韓国の現代自動車が日本車市場に再挑戦=韓国ネット「やめておいた方がいい」

 2019年3月6日、韓国・電子新聞は、現代自動車が日本の車市場に「再び挑戦状を突きつけた」と報じた。2009年に販売不振で撤退して以来、10年ぶりのことという。 

 業界によると、現代自動車は日本進出のデビュー舞台として、今年10月24日に東京で開かれる「東京モーターショー2019」に600平方メートル規模の単独ブースを設ける予定で、「Nexo」など世界初となる量産型の水素電気自動車(FCEV)や電気自動車(BEV)を中心に据える。車の販売時期はマーケティング効果が期待される東京五輪の日程を考慮し、早ければ年末か来年初めが有力視されているという。 

 現代自動車は2017年から日本のタスクフォース(TF)を運営して市場戦略を練ってきており、初期市場の看板車種として最終的に「エコカー」を選択したという。大々的なマーケティング活動より、現地で販売されていないSUV型のエコカーを中心に初期市場の定着を狙うとみられているという。 

 また記事は「日本は輸入車の市場シェアが10%にも満たないほど自国ブランドを好む傾向が高く、現代自動車が通用しない唯一の市場」と指摘。今回の再挑戦は「変化した韓国自動車の存在感を証明する舞台でもある」と伝えている。 

 これを受け、韓国のネット上では「中国車が韓国に進出したら買う人いる?日本人はそんな目で韓国車を見てるだろう」「日本人は軽自動車に乗る人が多いから、現代自動車の入る隙はない」「現代自動車のみならず、Galaxyを除いて韓国製品を日本のテレビCMで見たことがない」「製品の競争力とかの問題じゃなくて、日本人はまず韓国産は買わないからやめておいた方がいい。サムスンが唯一主導権を握れない市場が日本」など、再挑戦に否定的な反応が相次ぎ、「独自ブランドで競争するより、三菱自動車を買収する方がいいんじゃない?」「日本進出はやめてマツダやスバルを買収して!」などと提案する声も上がっている。 

 ただし、少数派ではあるが「トヨタもそのうち電気自動車を出すだろうけど、まだ出ていない。電気自動車+水素自動車のSUVや乗用車で攻めていったら勝算はある」「今回こそは頑張って」「いろんな方向から攻めていって」など応援メッセージも届いている。

https://www.recordchina.co.jp/b693227-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の空気清浄機メーカーが日本市場に参入だと!?

バ韓国製の空気清浄機だなんてwwww


バ韓国の空気清浄機のメーカーが、日本市場に参入するようです。


屑チョン製の空気清浄機だなんて、何かの冗談ですかねwwwww



このメーカーは日本市場で浄水器も販売しているようですが、恐ろしい話です。


糞尿を香しいと感じる下等生物の分際でwwwwwwww




極力バ韓国色を消し、消費者に誤解させるような売り方をしているのでしょう。



しれっとAEONあたりで販売していそうなので、注意が必要となりますね。



-----------------------
韓国・コーウェイ 日本の空気清浄機市場に参入

 韓国の浄水器・空気清浄機大手、コーウェイは5日、自社の空気清浄機ブランド「AIRMEGA(エアメガ)」の発表会を4日に東京で開催したと伝えた。

 同社は2012年に日本市場へ本格参入し、浄水器を販売している。新たに空気清浄機を投入し、製品カテゴリーを広げる。

 日本で今月から、同社の空気清浄機のプレミアムラインで海外でも人気の高い「AIRMEGA」シリーズの4製品を販売する。同社の李海善(イ・ヘソン)代表取締役は「米国やマレーシアなど世界で認められた自社のエアケア技術力を基に、日本のプレミアム空気清浄機市場を本格的に攻略する」と意気込みを語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/05/2018090501783.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















2016年に日本に輸出されたバ韓国車、その数「371台」!!!!!!!

バ韓国車は鉄屑ほどの価値もない


2016年にバ韓国からこの日本に輸出された「バ韓国車」は371台だったとのこと。


いやぁ、にわかには信じられませんね。


在日屑チョンですら乗るのを避けているバ韓国車が、新たに371台も輸入されていただなんてwwwwwww


ちなみに、バ韓国へ輸出された日本車は4万3千台以上とのこと。


これもけしからん話ですね。

屑チョンの分際で日本車に乗るとは、身の程知らずもいいところです。



屑チョンらしくバ韓国車に乗って、

車ともども粉みじんになっていただきたいものですね。


-----------------------
韓国車は日本でなぜ売れない?昨年の対日輸出、わずか371台=「品質の違い?」「日本に車を売ろうとしていることに無理がある」―韓国ネット

 2017年2月9日、韓国・イーデイリーによると、韓国への日本車の輸入が増加する一方、日本への韓国車輸出が伸び悩んでいる。 

 韓国自動車産業協会(KAMA)によると、2013年に462台だった対日本自動車輸出量は、2014年321台、2015年273台、2016年371台(乗用車200台、バス171台)となっている。371台の輸出量は、アフリカのアンゴラ(355台)と同水準で、パプアニューギニア(427台)よりも低い。 

 韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車は2000年に日本に販売法人を設立し、中型セダン・ソナタを筆頭に日本市場に進出したが、2009年に商用車販売店だけを残して撤退した。韓国の自動車最大手・ルノーサムスン自動車は釜山工場で生産したクロスオーバーSUV・QM5(現地名コレオス)を2008年から輸出し、2009年に229台の販売を記録したが、その後販売量が減少し、2015年からは完全にゼロになった。米GM子会社・韓国GMも、2011年からシボレーの小型車アベオ(現地名ソニック)と中型SUV・キャプティバを輸出しているが、2013年325台、2014年150台、2015年170台だった。一方、日本車の輸入は増加傾向にあり、2013年3万6194、2014年4万7939台、2015年4万1518台、2016年4万3337台を記録した。実際の販売量は、2013年2万2042台、2014年2万4093台、2015年2万9003台、2016年は3万5429台と着実に増加している。日本での韓国車販売不振の原因として、小型車を好むことや購入後のアフターサービスが楽に受けられることなど、日本の消費者の自動車購入動機を正確に把握していなかったことが指摘されている。 

 日本への韓国車輸出が伸びない現状に、韓国のネットユーザーからは「技術もないのに日本に車を売ろうとしていることに無理がある」「日本は細かなところまで精密に作るからな、それと比べられたら…」「品質の違いじゃないのか」「米国市場でも猛威を振るっている日本車に韓国車が対抗できるわけない」など、品質の違いを指摘する声が多く寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/a163599.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る