韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

暴行

バ韓国塵観光客、タイの国際空港で職員の顔面を殴打!!!!!!

バ韓国塵がタイの国際空港で職員に暴行


キチガイ屑チョンが、タイの国際空港で暴行事件を起こしていました!

金属探知機を通過する際に警報音が鳴り、職員に検査されることになったメスの屑チョン。


なんと、その検査中に突然職員の顔を殴っていたのです!!


暴行罪で罰金刑を受けたものの、この屑チョンは無事に帰国してしまったんだとか。


タイの警察も緩すぎますね。

こんな犯罪者は刑務所にブチ込むか、貨物と共に強制送還するのが当然でしょう。



あ!

一番手っ取り早いのはその場で射殺して、生ごみとして処理することでしたねwww



-----------------------
韓国人観光客がタイの空港で職員に暴行、韓国ネットから「国の恥」と批判殺到

 2019年1月29日、韓国メディア・スポーツ京郷によると、タイの空港で韓国人観光客が職員に暴行を加える事件が発生した。 

 事件は26日午後11時ごろ、バンコクにあるスワンナプーム国際空港の出国審査場で起きた。職員が携帯型金属探知器で韓国人女性を検査していたところ、女性は突然手で×印を作り、右手で職員の顔を殴った。女性は出国審査場に設置された固定式金属探知機を通過した際に警報音が鳴った後、職員による携帯型金属探知器での検査を何度も拒否していたという。女性は暴行罪で罰金1000バーツ(約3500円)を支払い帰国。タイ警察は別途の法的措置は取らない方針という。 

 このニュースに対し、韓国のネット上では怒りの声が相次いでいる。大統領府の国民請願掲示板には女性の処罰を求める書き込みも掲載された。ネットユーザーらは「国の恥だ」「韓国人のイメージが悪くなった」「タイ旅行を計画中の韓国人に謝って」「なぜ帰国させた?。しばらく刑務所に入れておくべきだった」「韓国で処罰すべき。少なくともパスポートは取り上げて」などの声を寄せている。一方、一部からは「何か理由があったのでは?」「言葉が通じないから焦って手を出してしまったのかも」と擁護する声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b683564-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞバ韓国】1日2.4件以上のペースで、患者が医療スタッフに暴行!!!!!!

患者が医者を殺すのが日常茶飯事のバ韓国


バ韓国では、診療中に患者が暴れだして医療スタッフに暴行を働くのが日常茶飯事のようです。

一昨年は893件も発生しており、1日に2.4件以上も暴行が行われていましたwwww


昨年の大みそかにも暴行事故が起き、医者が刺されて死亡していました。



いやぁ、他の国では考えられないことが当たり前のように発生しているんですねぇ。




ま、屑チョン同士が殺し合うのは素晴らしいことですから、

医療スタッフだけではなく他の患者まで巻き込んでどんどん死んでいただきたいものです。



-----------------------
ソウルの大型病院で診療中に患者が振り回した凶器により医師が死亡

 ソウルの大型病院で患者が振り回した凶器に刺されて医師が死亡する事件が発生し、医療スタッフの安全対策が急がれるという指摘が提起された。 

 ソウル鍾路(チョンノ)警察署は病院で診療を受けていたところ、医師を殺害した容疑でパク氏に対して拘束令状を申請したと1日、明らかにした。パク氏は先月31日午後5時44分ごろ、ソウル鍾路区江北(カンブク)サムスン病院精神健康医学科で診療を受けていたところ、医師のイム教授に凶器を振り回した容疑がかけられている。 

 加害者のパク氏はこの日、イム教授の最後の患者だった。躁うつ症を病んでいたパク氏は入院治療を受けて退院した後、数カ月の間病院を訪れなかったが、この日に予約なしに突然診療を受けに来た。一年の最後の日の午後遅くまで診療をしていたイム教授は予約なしに訪ねてきた患者を拒まず被害に遭った。当時、診療室にはもしもの状況に避難できる空間が用意されていた。パク氏がイム教授を害してドアを閉めると、彼はその場所に避けた。だが、看護師などの外にいる人々を心配したイム教授は避難空間から出て「早く避けなさい」と大声を張り上げた。イム教授の遺族は「自分だけが生きようとすれば事故に遭わなかったはずだが、看護師の安全を考えてまともに避けることができなかったようだ。その状況でもずっと避難と知らせ、避けたかどうかを確認したという」と伝えた。警察は被害者のイム教授の正確な死因を究明するために2日に剖検をする予定だ。 

 イム教授はうつ病・不安障害専門家で自殺予防に努めてきた。韓国型標準自殺予防教育である「見て・聞いて・話して」を考案した。うつ病で苦痛を受ける人々のために著書『死にたい人はいない』を出版したりもした。同僚医者は仁術を施してきたイム教授の事故を聞いて茫然自失しているという。慶煕(キョンヒ)大病院精神健康医学科のペク・ジョンウ教授は「その日午前、母校である高麗(コリョ)大学医大で学生たちに自殺予防教育が義務付けられたという話を聞いて喜んでいたが…」として言葉が出ないようだった。 

 病院で患者が診療中である医療スタッフに暴行をふるうのは稀なことでない。2017年、病院で医療関係者の暴行・脅迫などで通報・告訴された事件は893件だった。一日に2~3度は医療関係者のために行為が発生したということだ。大韓医師協会のパク・ジョンヒョク報道官は「診療室で医師や看護師が患者から暴行を受けることが一度や二度ではない。これは医療スタッフだけでなく他の患者の安全を脅かす行為」と強調した。 

 専門家たちは「医療スタッフの安全装置が強化されなければならない」と指摘した。仁済(インジェ)医大上渓白(サンゲ・ベク)病院精神健康医学科のイ・ドンウ教授は「医療スタッフの安全のために海外のように診療室内に避難のための裏口、非常ベル、安全要員の3つの要素は用意されなければならない」と話した。慶煕大病院精神健康医学科のペク・ジョンウ教授は「日本・米国の病院では精神科など一部科の場合、病棟に入るために金属探知器を通過する」と伝えた。処罰を強化する必要があるという声も高い。昨年末に救急室内医療スタッフ暴行事件の処罰を強化する法案が国会で成立した。だが、一般診療室や病棟で暴力を行使した場合、処罰を強化する医療法改正案は国会保健福祉委員会に係留中だ。

https://japanese.joins.com/article/667/248667.html?servcode=400&sectcode=430
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞバ韓国】小学校教師が生徒全匹に対し1匹の児童を強く殴るよう指示!!

バ韓国の小学校はキチガイ養成所


バ韓国の小学校で、トンデモない事態が発生していました。


・小学3年生の児童が授業中に騒ぐ

・怒った教師が他のクラスメート全員に対し、騒いでいた生徒を各自3発ずつ殴るように指示

・殴られた生徒の全身にアザがあるのを保護者が見つけて事件発覚


……という流れです。


いやぁ、屑チョンのキチガイっぷりはある程度理解していたつもりですが、

こちらの想像の遥か斜め上をぶっ飛んでくれますねぇwwwww



ま、これがバ韓国の教育の実態なのでしょう。


どれだけ学歴が高くとも、我々人類と共存できるわけがありませんね。


-----------------------
韓国の小学校教諭、クラス全員に1人の児童を殴るよう指示=「今日で僕は終わりかも」

 2018年11月12日、看看新聞によると、韓国の小学校教諭が、受け持ちクラスの児童に対し、特定の男児1人を全員で殴打するよう指示していたことが明らかになり、社会から批判の声が噴出している。 

 記事によると、ソウル市江北区にある小学校で10月30日、3年生クラスの担任がクラスの児童25人に対して、同じクラスの男児1人を3回ずつ強くたたくことを命じていた。この男児は授業中騒いでいたことで教諭に叱られ、反省文を書かされたがうまく書けなかったという。 

 教諭の指示を受けた児童らは男児を代わる代わる殴打。その後、男児が書いた反省文には「100回近く殴られて、本当に痛かった。今日で僕は終わりかもしれない」と書かれていたという。帰宅後に入浴した際、保護者が男児の体じゅうにあざがあるのを発見し、男児に話を聞いたところ、事態が発覚。男児は心にもダメージがあり、現在心理カウンセリングを受けているとのことである。 

 記事はまた、殴られた男児だけでなく、教諭に命じられて殴ったクラスメイトたちも相当な苦痛を感じているとし、「先生が恐くて、殴るしかなかった」「家に帰って泣いた。学校に行きたくないとママに言ったら叱られた」「先生の汚い言葉がまだ頭の中に残っている」などといった心境を紙に書いているという。 

 男児の保護者は、クラスメイトの保護者とともにこの教諭を提訴する準備を進めている。事態がエスカレートする中で、同市教育庁もすでに調査に乗り出したという。

https://www.recordchina.co.jp/b661594-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















キチガイ民族! 大韓航空機内で暴れ、窓ガラスを割ったバ韓国塵ww

バ韓国塵が大韓航空機の窓ガラスを割る


大韓航空機内で、屑チョンがまた騒動を起こしていました。



機内でアルコールを注文したこの屑チョン。

しかし、乗務員が様子を不審に思ってそれを拒否すると、突然暴れだしたとのこと。


しかも、タブレットを投げつけ、窓ガラスを割っていたようです。



飛行機の窓ガラスが割れるほどの勢いでタブレットを投げるとは、相当なものだったんでしょうね。



今回は大韓航空機内での出来事でしたが、

この日本の国内便でもいつこのようなキチガイ沙汰が起こっても不思議ではありません。



空の安全を守るためにも、屑チョンを搭乗拒否するべきでしょう。

そもそもあんな狭い空間でバ韓国塵と一緒になるだなんて、ただの罰ゲームですからねwwww


-----------------------
大韓航空機内で飲酒断られた韓国系米国人、窓ガラス割り大暴れ=韓国ネットからは警備体制の改善求める声も

 2018年11月8日、韓国・聯合ニュースなどによると、米ロサンゼルス空港発ソウル仁川空港行きの大韓航空機内で、30代の韓国系米国人の男が窓ガラスを割るなど暴れたため、警察に引き渡される騒ぎがあった。 

 大韓航空によると、5日午後10時40分にロサンゼルス空港を出発した便に搭乗していた男が、暴言や暴行、自傷、航空機破損などの騒ぎを起こした。男は機内でアルコールを注文したが、男の様子を不審に思った乗務員は提供を拒否した。すると男は暴言を吐いて暴れ始め、タブレット端末を投げて窓ガラスを割り、自身の頭を殴るなどしたという。 

 男は着陸後、すぐに空港警察隊に引き渡された。大韓航空は男への搭乗禁止処分を検討しているという。 

 これに、韓国のネットユーザーからは「ひど過ぎる」「飛行機の窓を割るなんて本当に危険な行為」など男に対する非難の声が上がった。また、「機内に臨時の監房を造るべき」「男性乗務員をもっと増やし、警察も搭乗させよう」「乗務員はこういうことを防止し、安全を守るためにいる。それなのにバービー人形のような服装をさせるのはおかしい」など、警備体制の改善を求める声も上がっている。 

 また「韓国の法律が甘いということを知っているのでは?」「韓国では物を破壊しても大した罪にならないから」など、韓国の法律を問題視する声も多く見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b660601-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る