韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

最低賃金

【バ韓国クオリティ】週52時間勤務制の影響で精油・石油化学業界に莫大な損失が!!!!!

バ韓国の精油・石油化学業界が大ピンチ


週52時間勤務制が開始されてから、軍備の配備計画が遅れるなど不様な結果を晒しているバ韓国。


精油・石油化学業界でもその影響は大きいようで、修理点検による稼働中断期間が延びつつあるようです。


その結果、1日に110億ウォンもの損失が発生すると見られているとのこと。




最低賃金をあげるニダ! 週にたくさん働いては駄目ニダ!!




政府はそう命じるだけで、企業にしわ寄せがいっている形です。


この無理な勤務制のおかげで、今後は事故も多発することでしょう。




精油・石油化学業界での事故は屑チョンの大量死に繋がってくれるはずなので、期待して待ちたいところですねwww


-----------------------
「週52時間勤務制」導入の韓国で、早くも懸念が現実に=「無責任な政策」と批判も

 7月1日から「週52時間勤務制」が始まった韓国で、ヒュンダイオイルバンクが精油・石油化学業界では同制度の施行以来初となる定期修理(定期的に行われる大規模な修理作業)に入ったが、当初予定の日程で生産を開始することはできなかった。韓国・イーデイリーは19日、関連業界内の週52時間勤務制に対する疑念が現実のものとなったと報じた。 

 ヒュンダイオイルバンクは先月10日から今月10日までの予定で第1工場(原油精製処理施設および重質油分解施設など)の定修に入ったが、生産再開予定日を大幅に過ぎた現在も、作業は終了していない。同社関係者は、「台風や豪雨の影響による作業中断などで遅れたことは確かだが、現在、ほとんどの設備が試運転中で、間もなく通常稼働に入る予定」だと説明している。 

 しかし記事は、「実際に決定的な影響を与えたのは週52時間勤務制の施行だ」と指摘する。同社では定修の遅延を防ぐため、労使間の合意を経て3カ月間フレックスタイム制を導入したが、効果は得られなかったといい、ある精油業界関係者は「人手が十分なら定修を順調に進められたはずだが、人員補充はままならず、勤務時間も守らねばならずで、結局、時間が足りず生産再開が遅れているようだ」と話しているという。 

 定修期間が延びるほど、企業にも従業員にも負担がかかる。週52時間勤務制は雇用創出を目標としているが、精油・石油化学業界は2~3年に一度は定修を行うという特性上、そのための採用を行うことは非効率的。採用を増やさずに定修期間を延ばせば稼働中断にともなう売り上げの減少は免れず、第1工場の場合、1日に110億ウォン(約11億円)規模の損失が発生すると推計されるという。 

 また、企業側は最低限の人手と期間を投じるしかなく、結果的に従業員の業務負担となる。別の業界関係者によると、「現場では事故の発生を懸念する声も上がっている」という。 

 今後、定修を行う企業も、例外なく同一の問題に直面する可能性が高い。SKイノベーションやLG化学などが下半期に定修を控えており、関連業界は大韓石油協会などを通じ、定修を「特別認可延長勤務」に含めるか、現在は3カ月まで認められているフレックスタイム制を延長するよう求めている。特別認可延長勤務とは、自然災害などに準ずる事故が発生した場合に週52時間を超過する勤務を認める制度だが、協会関係者によると、雇用労働部は要請を認めない立場を示しており、フレックスタイム制の延長についても返答が出ていない状態だという。 

 この記事に対し、韓国のネット上では「各業種の状況を考慮していないのが問題だ。無責任だな」「52時間というのは単なる労働時間の短縮ではなく、雇用を分け合う狙いもある。人をもっと雇うべき」「誰のための政策だ?もっと働いてもっと稼ぎたいという現場の労働者が多かったら?」「今までは一体、1人1日何時間働いてたんだ…」「北に神経を使っている間に南はこんな状態か」などと、厳しい声が寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b642282-s0-c20-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















雇用崩壊まっしぐらのバ韓国、大統領府「変化に伴う痛みニダ!」

バ韓国の雇用にトドメを刺す文大統領


雇用大統領を自称してその職に就いた文大統領。


しかし、蓋を開けてみたらこの有様wwwwww


バ韓国の雇用状況は過去に類を見ないくらいに悪化しているワケです。

就業者数の数にしろ、失業者の数にしろ、日を追うごとに過去最低の記録を塗り替えるとは、本当に凄いことですよね。




しかし、大統領府はまだ強気のようです。


「雇用の悪化は、バ韓国経済の体質が変化するのに伴う痛みニダ!」


と言い放ち、政策をこのまま維持するスタンスのようです。



その痛みが致命傷となって死んでしまえば元も子もないというのにwwwww


ま、全世界がバ韓国の死を願っているので、可及的速やかに死んでいただきたいものです。



-----------------------
雇用政府の雇用崩壊=韓国

 雇用政策を目玉に推し進めている韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政府、いわゆる「雇用政府」で雇用大惨事が発生している。就業者の増加幅は2010年世界金融危機以降で最も少なく、失業者数は8月基準で1990年代後半の通貨危機以降で最大となっている。外部からの大型ショックのない「平時」にここまで雇用が悪化したのは異例だ。そのため「最低賃金の急激な引き上げのような政府政策の原因以外に雇用指標の悪化を説明する方法がない。数十兆ウォンを注ぎ込んだ所得主導成長政策が、むしろ雇用をなくしている」〔カン・ソンジン高麗(コリョ)大学経済学科教授〕という声が大きな支持を受けている。 

 韓国統計庁が12日に出した「8月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2690万7000人だ。前年比3000人増となった。増加幅としては2010年1月(1万人減少)以降、8年7カ月ぶりの最低値となる。7月(5000人)に続き2カ月連続で就業者増加規模が1万人を下回った。 

 失業率は前年より0.4%ポイント増の4%を、15~29歳の青年失業率も10%をそれぞれ記録した。先月の失業者数は113万3000人で、8月基準では1999年(136万4000人)以降で最多。 

 だが、青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日、雇用動向に対して「韓国経済の体質が変化するのに伴う痛み」と明らかにした。所得主導成長政策を今後も続けていく意向を改めて表明したといえる。ソウル大学経済学部のピョ・ハッギル名誉教授は「所得主導成長政策の失敗は明白だ」とし「政策基調を変えなければ雇用減少速度はさらに高まるだろう」と指摘した。

https://japanese.joins.com/article/093/245093.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|inside_left
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「自営業者は生きていけないニダ!!!」バ韓国・文政権を批判する集会が開かれる

バ韓国の文大統領を批判する集会


バ韓国のソウルで、文政権を批判する集会が行われていました。


これは、最低賃金の引上げに反対する屑チョンどもが集まったもののようです。



ま、そりゃそうでしょうね。


無理やりすぎる最低賃金の引上げによってバ韓国経済がドン底になっているというのに、

文政権は来年以降も今の路線を踏襲するつもりのようなんですから。



間違いなく今後も文大統領の支持率は下がり続けるでしょう。



あの馬鹿のことですから、ころっと方針転換する可能性もありそうです。


今更なにをやっても無駄でしょうけど、さぞかし醜い悪あがきを晒してくれそうですねwwwww


-----------------------
豪雨のなか、韓国で政権批判集会 最低賃金の引き上げで

 ソウル中心部の光化門(クァンファムン)で29日午後、文在寅(ムンジェイン)政権が推進する最低賃金の引き上げ政策に反対する自営業者らの集会があった。豪雨のなか、主催者側の発表で約3万人(警察集計は1万5千人)が「自営業者の生存権を脅かす政策を撤回せよ」などと書かれたプラカードを掲げ、文政権を批判した。

 文政権は「所得主導による経済成長」を掲げ、来年の最低賃金を今年より10・9%増やして時給8350ウォン(約835円)にすると決めた。これに対し、自営業者や中小企業などがアルバイトなどを雇えなくなるとして反発している。

 世論調査機関の韓国ギャラップが24日に発表した文大統領の支持率は就任後最低の56%まで落ちたが、文政権は26日、従来の経済政策を維持する方針を改めて明らかにしていた。

https://www.asahi.com/articles/ASL8Z2QM1L8ZUHBI00S.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・文大統領、就任以来最低の支持率を記録!!!!!!!!

就任以来最低の支持率を記録したバ韓国の文大統領


支持率がダダ下がり中のバ韓国文大統領。

ついに就任以来最低の数値を記録していましたwwwwww


たった3か月で30パーセント近くも急落したというのですから、いよいよ終焉が近づいてきたという感じですね。



失敗だと分かりきっている経済政策をさらに推し進め、

北朝鮮のご機嫌取りで支持率回復を目指すというキチガイ思考の文大統領。


よくもまぁ、自殺もせずにおめおめと生き長らえているものですなぁwwwwww




ま、文大統領の政権が続く限り屑チョンどもが苦しむわけですから、

我々としては全力で応援し続けたいものです。



この辺りで反日ブーストをかましてくるでしょうけど、

いつものことなので目くじらを立てる気もありませんからwwwww


-----------------------
支持率の“質”も悪化した文大統領、原因は?=韓国ネットも納得

 2018年8月23日、韓国・プレシアンは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率の「質」が悪化したとして、その理由について報じた。 

 記事ではまず、文大統領の支持率が就任以来最低となる56.3%を記録した(調査機関:リアルメーター)ことを伝えている。南北首脳会談があった5月の第1週目の調査では83%という記録的な数値だったが、わずか3カ月たらずで30%近く下落したという。 

 記事は「大統領の支持率の下落幅も問題だが、下落の質はもっと悪い」と指摘し、「リアルメーターの世論調査結果では進歩層が、韓国ギャラップの世論調査では19~29歳の若者層が、つまり文大統領のコア支持層が支持を撤回している」と説明した。支持を撤回した理由としては「最低賃金制と雇用ショックに対する政府の支離滅裂な対応」「保有税改革の形骸化」「インターネットバンクに対する銀行・産業資本分離の規制緩和方針」「医療民営化に対する大統領の不適切な言及」「教育改革ロードマップの不透明さ」などが挙げられている。これらは市民らの現在と未来の暮らしを左右する重大な社会経済的な政策に該当するが、文政府は一貫して退行的な姿を見せているという。 

 これを受け、韓国のネット上では「文在寅の失敗は認めなければならない」「間違った方向に進んでる。このままだと韓国が死んでしまう」など納得する声をはじめ、「(支持率低下の)最も根本的な理由は経済政策の失敗」「1つ目、脱原発。2つ目、未熟な教育改革。3つ目、難民問題。4つ目、反社会団体の擁護のせい」など原因を指摘する声が上がっている。 

 その他に「若者がショーばかりする大統領ということにようやく気づいたのだろう」「今の支持率も信じられないけどね」と皮肉たっぷりのコメントも寄せられた。

https://www.recordchina.co.jp/b637396-s0-c10-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る