韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

有事

ついにアメリカ撤退!? バ韓国から在韓米軍第1戦闘旅団が撤退!! 地上戦を放棄して半島を丸ごと空爆するための準備か?

アメリカ軍のバ韓国撤退がいよいよ現実に!


GSOMIAの破棄まで秒読み段階となりましたが、

ここに来て在韓米軍撤退の可能性が現実味を帯びてきました。


トランプ政権が、在韓米軍1個旅団の撤収あるいは削減を検討中とのこと。



この在韓米軍1個旅団は、有事の際に地上戦へ投入される主力部隊。


それを撤退させるということは、地上戦を放棄するというわけです。



つまり、有事の際はバ韓国塵もろともソウル、

ひいては朝鮮半島を焼け野原にするということでしょう。




やはりアメリカも分かっているんでしょうね。


汚物に北も南もなく、完全に焼却するしか消毒できないということを。



この在韓米軍1個旅団の撤収は、計画で終わらせるのではなく、是が非でも実現してほしいものです。



-----------------------
在韓米軍第1戦闘旅団4500人が撤収の可能性、有事に地上戦に投入される連合師団の主力部隊

 米国のトランプ政権が在韓米軍1個旅団の撤収あるいは削減を強行する場合、第2師団所属の第1戦闘旅団(機械化歩兵旅団)がその最も有力な候補になりそうだ。第1戦闘旅団は在韓米軍における唯一の歩兵部隊であると同時に主力部隊だ。9カ月ごとに米本土から1個機甲旅団が循環配置されている。現時点での第1戦闘旅団の任務は米陸軍第1騎兵師団の第3機甲旅団が担当しており、現在駐留する部隊は今年6月に韓国にやって来た。

 この部隊が削減される可能性が指摘されたのは、9カ月ごとに交代する時期に次の部隊を派遣しないだけで比較的に簡単に削減できるからだ。今の第1騎兵師団第3機甲旅団は来年3月ごろに米本土に戻るが、その際次の部隊が韓国に来なければ、在韓米軍のうちおよそ4500人が自動的に削減される。

 この部隊は歩兵4500人のほか、最新型戦車M1A2SEPを50両以上、最新型歩兵戦闘装甲車M2A3を30両以上保有している。韓国軍の機甲旅団と共に韓米連合師団を構成する中心部隊だ。この部隊が撤収する場合、在韓米軍第2師団は歩兵のいない奇形部隊となってしまう。韓半島有事の際、地上戦に直ちに投入される歩兵部隊がいなくなってしまうのだ。

 第2師団にはこのほかに210火力旅団と第2戦闘航空旅団も所属している。そのうち210火力旅団は北朝鮮にとって最も脅威とされている。1回の攻撃でサッカー場3-4面に相当する広さを焦土化できるMLRS多連装ロケット砲36門と、M109A6自走砲16門などを保有している。非武装地帯(DMZ)周辺に配備されている北朝鮮の240ミリ放射砲(多連装ロケット砲)、170ミリ自走砲など北朝鮮の長射程砲が隠れる陣地などを有事に攻撃することが主な任務だ。京畿道東豆川のキャンプ・ケイシーに配備されているが、当初は漢江以南の京畿道平沢に移転する予定だった。しかしその任務の重要性から当分は東豆川に引き続き配備される方向で計画が見直された。

 第2戦闘航空旅団はAH64アパッチヘリの1個大隊(24機)やUH60・CH47輸送ヘリ数十機などで構成されている。アパッチ部隊は在韓米軍で唯一の攻撃用ヘリ大隊だ。有事に北朝鮮の特殊部隊が空気浮揚艇などを使って海上から進入するのを阻止する任務を主に担当している。在韓米軍のアパッチ部隊はこれまで3個大隊の規模だったが、すでに2個大隊が段階的に撤収し、現在は1個大隊しか残っていない。アパッチ部隊が今後再び撤収すれば、在韓米軍の攻撃ヘリ部隊は韓半島から全くいなくなってしまう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/21/2019112180028.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【息を吐くように嘘をつく……】バ韓国塵の7割強が「有事の際は国のために戦うニダ!」と回答wwww

典型的なキチガイバ韓国塵


屑チョンどもの7割以上が「有事の際は国のために戦いたいニダ!」と考えているんだそうです。


はぁ、これが事実だったらどれだけ素敵でしょうね。


普段はこんな勇ましいことを言っていても、いざとなったら大挙して日本に押し寄せてくるでしょうから。


朝鮮戦争再開の暁には、屑チョンどもに逃げ出すヒマを与えないくらいの大量殺戮を一気呵成に行ってもらいたいものです。


そのためにも、北朝鮮の軍事力の更なる向上に期待したいところですね。



北チョンがどれだけ軍事力を高めても、それが通用するのはバ韓国を相手にしたときだけなので、

我々人類にとってはなんの脅威にもならないでしょうしwwwwww


-----------------------
韓国人の7割が「国のために戦いたい」と回答、「愛国意識」調査で―韓国メディア

 2016年3月30日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国家報勲処が行った調査で、韓国人の7割が有事の際、国のために戦う意思があることが分かった。中国青年網が31日付で報じた。

 韓国国家報勲処が昨年11月に15歳以上の男女1000人を対象に行った「愛国意識」についての調査の結果がこのほど発表され、回答者の72.1%が「戦争が起きたら国のために戦う」と回答した。

 年齢別では50代が最も高く、83.5%に上った。以下、60代以上が81.5%、30代が59.6%、20代が50.7%だった。

 これについて韓国メディアは、「50代はベビーブームの世代。彼らは20代で民主化闘争を経験し、30代で“漢江の奇跡”と呼ばれる韓国経済の急速な発展に貢献したため、責任感や愛国心が強い」と分析している。

http://news.livedoor.com/article/detail/11368570/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国の首相が「自衛隊」の入国許可発言!!!!!!!!!

安保に反対するキチガイのアルかニダ


バ韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相が国会答弁で、


有事の場合、必要に応じて日本の自衛隊の入国を許可するニダ!


と発言して問題になっているようです。


きゃつらの頭ん中では、日本の自衛隊がバ韓国に行くことは侵略とほぼ同義なんでしょうね。


そんな事で国内を騒がせるのはいけませんねぇ。


何がなんでも許さないニダ!

といつものように顔を真っ赤にしてくれなきゃ困りますwwww




ま、有事の際の「邦人救出」という任務があるのもわかりますが……、

果たしてその邦人、本当に日本人でしょうか?


救出任務の際は、くれぐれも屑チョンを拾ってこないよう注意してもらいたいものです。



-----------------------
韓国首相「必要に応じて自衛隊の入国許可する」と発言・・・国内で議論に=韓国報道

 複数の韓国メディアは14日、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相が国会答弁で「有事の場合、必要に応じて日本の自衛隊の入国を許可する」という立場を明らかにし、議論を巻き起こしていると報じた。

 記事によれば、ファン首相はこの日行われた国会答弁で、最大野党の新政治民主連合のカン議員が「有事の場合、日本が自国民の保護を理由に自衛隊を朝鮮半島に派遣しようとした場合、どのように対応するのか?」との質問をしたところ、「有事の場合、必要に応じて日本の自衛隊の入国を許可する」と答えたという。

 加えてファン首相は、「韓国政府の同意なしに自衛隊の朝鮮半島への進出は不可能である」と、今までの韓国政府の立場を表明しながらも「韓国政府が必要に応じて判断し、やむをえない場合には相談しながら日本の自衛隊の入国を許可することができる」と答弁。

 自衛隊の入国に関連する条約や協定についての質疑応答では「(日韓)両国が協議を通し、包括的な議論をしたほか、具体的な要求や約束があった」とし「両国の協議を通して十分に保証されたうえ、米国を合わせた3か国間での協議においても議論した」とした。

 記事は韓国の専門家らの「集団的自衛権を容認し骨組みとした日本の安全保障の法整備では、朝鮮半島における有事の場合、米軍の艦艇保護や戦闘機の空中給油、公海上での機雷除去などができるようになった」といった見解も紹介した。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20151015-20151015_00057/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【お笑いバ韓国軍劇場】部品のツギハギで有事の際に使い物にならない主力戦闘機F15K

敵機に撃墜されるために飛び立つのがバ韓国F15K



バ韓国では陸海空軍がしのぎを削っていますね。

お笑いの分野で。




今度は空軍でお間抜けな事態が発覚していました。


以前から言われていたので御存じの方も多いでしょうが……。

バ韓国の最新鋭主力戦闘機F15Kですが、部品の使い回しが相当酷いことになってるみたいです。



故障した箇所を修理したり、必要な部品を調達するのが面倒なので、他の機体から使えそうな部分をツギハギで搭載しているのが当たり前になっているとのこと。

しかも、水平安定板作動機、電子戦信号増幅機、電子戦信号処理機といった戦闘機のキモの部分です。



何をやらせてもいい加減なことしかできない屑チョンの手による魔改造みたいなものです。


平常時の出撃では問題が発覚しないでしょうが、いざ有事の際はどれも使い物にならないことでしょう。




欠陥だらけの戦闘機が次々と首都ソウルに墜落する様を見物したいものです。

もっとも、有事の際はパイロットが皆逃げ出すでしょうからF15Kの出番はないんでしょうね。



-----------------------
韓国軍:最新鋭戦闘機で部品使い回し、戦力に深刻な影響

1機当たり8.8回
戦闘機全体では1182回
クォン議員「同類転用によって稼働率維持、有事には問題も」

 韓国空軍の最新鋭主力戦闘機F15Kについて「部品の使い回しが度を越えている」との指摘が相次いでいる。ここ4年間に同機で部品の使い回しが行われたのは1機当たり8.8回で、これは空軍全体の44.7%に相当する。

 空軍本部が国会国防委員会所属のクォン・ウンヒ議員(野党・新政治民主連合)に提出した国政監査資料によると、ここ4年の間に主要戦闘機で「同類転用」が行われた回数は1182回に達していた。「同類転用」とは使用できなくなった機器からまだ使えそうな部品を修理用として取り出し、故障した同じ機器の修理に使うことを意味する。

 空軍戦闘機の場合、整備や修理に必要な部品の多くを海外から調達しなければならないため、実際に入手できるまでの時間が長い。しかしそのような事情を考慮したとしても、この数値はかなり高いと言わざるを得ない。

 問題は韓国空軍の最新鋭戦闘機の中で、北朝鮮による核兵器攻撃や独島(日本名:竹島)防衛など、有事の際に最も重要な役割を果たすはずのF15Kでも、この同類転用がかなり以前から行われてきたという点だ。

 F15Kはここ4年で同類転用が528回行われた。これは空軍の戦闘機で同類転用が行われた全てのケースの44.7%に相当し、1機当たりだと平均8.8回の同類転用が行われた計算になる。

 また転用された修理部品は水平安定板作動機をはじめとして、電子戦信号増幅機、電子戦信号処理機など、パイロットと戦闘機の安全に直結する重要部品ばかりだったことも分かった。

 電子戦信号増幅器とは戦闘機が飛行中に敵機のレーダーに捕捉された可能性を察知し、その信号を増幅して電子戦信号処理機にデータを送るもの。電子戦信号処理機はこれをパイロットに知らせるものだ。

 もちろんこれらの部品が外された戦闘機は、有事の際には出撃できない。このように韓国空軍の最新鋭戦闘機で重要部品の同類転用が行われているとすれば、空軍の戦力に深刻な影響を及ぼしていることになる。

 ところがF15Kの稼働率は当初の目標である75%をはるかに上回る80%台を維持している。これは要するに度重なる故障があったとしても、同類転用によって稼働率だけは高く維持されていることを意味しているのだ。

 これについてクォン議員は「空軍は平時には高い稼働率を維持しているが、戦闘警戒態勢に入れば問題が生じることは(資料から)明らかだ」とした上で「とりわけ最新鋭戦闘機であるF15Kの場合、軽々しく同類転用が行われないようにするための確実な対策が必要だ」と強調した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/16/2014101601215.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る