韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

朝鮮半島

【踏んだり蹴ったりwww】バ韓国各地で山火事発生中!

バ韓国各地で山火事発生


昨日、強風によってバ韓国の各地で山火事が発生していましたwwww


まさに、焼却による消毒ですね。



でも屑チョンのいないところで火災が発生しても意味がありません。



首都ソウルだけではなく朝鮮半島丸ごと焼け野原になってこその消毒です。



北朝鮮の暴走により、一刻も早くそんな光景を見せてほしいものです。



-----------------------
韓国各地で山火事

 19日は韓国各地で強風による山火事が相次いだ。夜になっても延焼が続く南東部・蔚山市内の様子。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20200319251400882?section=image/photos
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















在韓米軍司令部「バ韓国国内15か所の基地はいつでも返還可能だ」

在韓米軍撤退でバ韓国崩壊が近づく


在韓米軍司令部が、


「バ韓国国内の米軍基地15か所は、いつでもすぐにバ韓国側に返還できる」


……と語っていました。



バ韓国政府が返還を求める前から、撤退準備を進めていたんでしょうねwwww



朝鮮有事によって日本が巻き込まれた場合、

アメリカ軍がどちらを攻撃するのかはっきりしています。



この速やかな撤退によって、

朝鮮半島を焼け野原にすることがより現実味を帯びてきたわけです。



遅かれ早かれ、米韓同盟は消えてなくなるので、

ヒトモドキ根絶の可能性が高まっています。


問題はその後処理ですね。

世界各地に散らばっている害獣どもを1匹残さず処分するのには時間がかかりそうです。



しかし、

後の世代に負の遺産を残すわけにはいかないので、

我々の世代で実現させなければなりません!





-----------------------
在韓米軍「15カ所の基地は速やかに返還可能」

 在韓米軍司令部は18日、韓国政府が早期の返還を求めた4カ所の基地を含む15カ所の米軍基地について「すみやかに韓国側に返還できる」と明らかにした。在韓米軍はこの日配布したプレスリリースを通じ「大韓民国政府は先日、26カ所の基地を在韓米軍から大韓民国に返還する手続きをすみやかに推進すると発表した」とした上で「26カ所ある米軍基地のうち、韓国政府が特別に可能な限り早期の返還を求めた4カ所の基地、すなわちシェア射撃場(2012年10月閉鎖)、キャンプ・イーグル(2010年10月閉鎖)、キャンプ・ロング(2010年10月閉鎖)、キャンプ・マーケット(2015年2月閉鎖)を含む15カ所の基地はすでに閉鎖されている」と説明した。在韓米軍司令部はさらに「(これらの基地は)大韓民国政府に転換(返還)可能だ」と強調した。

 在韓米軍はさらに「ソウル竜山基地の二つの区域はすでに何も残されておらず閉鎖されているので返還は可能だ。別の三つの区域も2019年夏以降、返還が可能な状態になった」「そのため現在、合計五つの区域については返還が可能だ」とも明らかにした。

 在韓米軍がこのような説明を行った背景には、韓国大統領府が先日「米軍基地の早期返還を進める」と発表したことを受け、韓国社会の一部から「米軍は基地の返還に消極的なのでは」との指摘が出た現状があるようだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/19/2019091980043.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【南北首脳会談】成果なしでバ韓国政府の思惑がクラッシュしまくりwwwww

米朝首脳会談の結果にバ韓国がガクブル


ベトナムで行われていた2回目の米朝首脳会談。

結局、物別れに終わって何の進展もありませんでした。


日本にとっては無風状態で、ほとんど影響はないでしょう。


しかし!


今、この地球上で一番焦っているのはバ韓国の文大統領かもしれませんね。


会談にも呼ばれていないのにバランサーを気取っていた文大統領は、

北のカリアゲ君をソウルに招き支持率アップを狙っていたのですからwwww



これでますます窮地に追い込まれることとなった文大統領。

どんなヤケクソぶりを発揮してくれるのか、楽しみで仕方ありませんwwww


-----------------------
米朝首脳会談決裂で対北制裁維持 南北協力・正恩氏訪韓に影響必至

 ベトナム・ハノイで27、28の両日に行われた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領による2回目の首脳会談が不調に終わったことで、韓国と北朝鮮の経済協力や金委員長のソウル訪問にも影響が避けられない見通しとなった。

 2回目の米朝首脳会談が成果なしに終わったことに韓国政府の当局者は戸惑いを隠せずにいる。今回の会談が成功すれば、合意に対北朝鮮制裁緩和に関する内容が盛り込まれ、制裁が足かせとなっている南北経済協力に転機が訪れると期待していたためだ。

 北朝鮮の非核化措置に対する「相応の措置」として、金剛山観光事業の再開と開城工業団地の再稼働を制裁の例外として米国が認めるとの期待があったが、これも合意に至らなかった。

 韓国政府は、今回の米朝首脳会談の結果が南北関係の発展の追い風になると予想し、各方面で準備を進めていたことが分かった。

 米朝首脳会談後に開城工業団地の再稼働や金剛山観光事業の再開に加え、南北の鉄道・道路の連結、山林協力など南北交流・協力事業を本格的に推進する計画だった。

 そのために韓国は米朝首脳会談の開催に先立ち、北朝鮮と米国の双方と会談と関連した協議を進め、米国や国際社会とは制裁緩和問題について協議してきた。

 南北は最近北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所を通じ、鉄道・道路に関する資料をやり取りし、連結事業のための努力を続けていた。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米朝首脳会談を2日後に控えた25日、「朝鮮半島の運命の主役はわれわれ」と述べるとともに、「歴史の隅ではなく中心に立ち、戦争と対立から平和と共存へ、陣営と理念から経済と繁栄へと進む新朝鮮半島体制を主導的に準備する」と表明し、南北経済協力を積極的に推進する可能性を示唆した。

 しかし、トランプ大統領が交渉決裂後の記者会見で「われわれが望む非核化を履行すべきだ。その後にわれわれも制裁緩和を行うことができる」と述べたことから、南北交流事業の停滞は避けられない状況だ。

 このような状況では南北首脳が昨年内に実施することで合意していた金委員長のソウル訪問もさらに遅れる可能性が高い。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/28/2019022880203.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















文字通り"滅びの道"www バ韓国と北朝鮮の首都をつなぐ鉄道・道路!!

バ韓国と北チョンの首都を結ぶ鉄道www


バ韓国の首都ソウルと、北チョンの平壌を連結する鉄道・道路の着工式が行われていました。


いやぁ、素晴らしいことじゃないですか!!


有事の際、この鉄道や道路が大活躍してくれそうです。

瞬時に大量のバ韓国塵どもがおっ死ぬ姿が目に浮かびますwwwww


朝鮮半島から逃げ出すヒマを与えることなく、南鮮の屑どもをぶちロコしてくれるでしょう。


その後、ゆっくりと朝鮮半島を焼け野原にすればいいので、とても効率的ですね。


-----------------------
ソウル―平壌間連結へ

 韓国と北朝鮮が北朝鮮・開城にある板門駅で南北間の鉄道・道路の連結・近代化事業の着工式を開いた。ソウルと平壌を示す道路案内標識。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20181226153800882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る