韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

朝鮮戦争

文在寅、凍り付く!? バ韓国の裁判所が金正恩に損害賠償を命じる!!!!!!

金正恩の秘書役を務めるバ韓国の文在寅


バ韓国の裁判所が、北朝鮮のカリアゲデブに対し損害賠償を命じる判決を出していました!!


朝鮮戦争の際、バ韓国の兵士が北の捕虜となり強制労働させられていたことに対しての判決です。



今頃、文在寅は大慌てでしょうねwwww


北朝鮮のご機嫌を取るため、被告の代わりに控訴してもおかしくないでしょう。


その挙句、強権を発動してこの判決を無かったものにするかもしれませんね。






人類の基準で言えば、バ韓国も北朝鮮も国家ではありません。


害獣同士で盛大に殺し合ってくれるのが理想形です。




-----------------------
韓国軍捕虜強制労働、金正恩委員長に損害賠償命令=ソウル中央地裁

 韓国軍捕虜の強制労働問題で、北朝鮮と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に対して損害賠償を命じる韓国裁判所の判決が出た。この裁判は韓国国内で金正恩委員長を相手取って行われた初の裁判で、今後同様の訴訟にも影響を与えるものと予想される。

 6・25戦争当時、捕虜となったノ・サホンさん(91)とハン・ジェボクさん(86)が北朝鮮と金正恩委員長を相手取って起こした損害賠償請求訴訟で、ソウル中央地裁は7日「北朝鮮と金正恩は二人にそれぞれ2100万ウォンずつ賠償せよ」とする原告勝訴の判決を言い渡した。

 事件の争点は、北朝鮮政権の「法的性格」だった。韓国の国内法上、北朝鮮は「政府を僭称する不法団体」であるため、行為能力を認めることができるかが争点となった。国軍捕虜弁護団は北朝鮮を「非法人社団」とみなし、代表者(金正恩)に不法行為責任を問うことができると主張していた。

 国軍捕虜弁護団は、韓国の裁判所に現在まで20億ウォンほど供託されている北朝鮮向けの著作権料から賠償金を受け取る計画だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/07/2020070780144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・文在寅「朝鮮戦争の戦争特需で経済成長した日本が憎いニダ!!」

日本を攻撃するしか能のないバ韓国の文在寅


先日行われた朝鮮戦争70周年記念式典。

その場の演説でで、文在寅がまたもや日本を攻撃していました。


「朝鮮戦争でウリが苦しむことにより、日本は戦争特需を享受していたニダ!」


もうなりふり構っていられないんでしょうね。


目に入る不幸全てが日本のせいだと思っているのでしょう。


ま、下手に擦り寄ってこられてもキムチ悪いだけなので、我々日本人としては安心できます。




ちなみに、式典のあった6月25日は、


1950年の6月25日に朝鮮戦争が始まったから。




普通なら終戦の日を記念日にするものですが、

現在進行形で続いている戦争なので開戦日を記念日にするしかないんでしょうねwwwww



本当に馬鹿な連中ですなぁ。


-----------------------
文大統領が記念演説で日本を間接的に批判した理由

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が25日、韓国戦争70周年記念演説で日本を迂回的に批判して背景に関心が集まっている。

 ムン大統領は前日、城南(ソンナム)空港で開かれた記念式で韓国戦争の傷痕とこれを克服してきた大韓民国の底力を取り上げながら「私たち民族が戦争の痛みを体験する間、かえって戦争特需を享受した国々もあった」と話した。それと共に「私たちに戦後経済の再建は植民支配から抜け出すことぐらい険しい道だった」とした。

 韓国戦争の最大受恵者が日本であったことには異論がない。1945年崩壊後、絶体絶命の危機に陥った日本は韓国戦争特需を国家再建の機会に活用した。

 ムン大統領が70周年記念式で「韓国戦争特需」と「植民支配」に別々に言及したのは、最近の韓日関係とボルトン前ホワイトハウス安保補佐官の回顧録が影響を及ぼしたのではないか、との観測を産んでいる。

 日本は昨年2月、ハノイ第二次米・北朝鮮首脳会談が決裂し、6月に第三次首脳会談まで得ることなしに終わると、すぐに7月、電撃的に韓国に対する3大核心素材部品の輸出制限措置に出た。南北米中心の韓半島平和プロセスが構造的困難に直面した時点を巧妙に狙った、という指摘が出た。

 最近、公開されたボルトン前補佐官の回顧録は安倍政府が絶えず韓半島非核化交渉の「妨害屋」の役割を果たしてきた事を傍証している。ボルトンは自分の強硬主張をヤチ・ショウタロウ(谷内正太郎)当時の日本国家安保局長に伝え、安倍総理がこれを日本の立場のようにドナルド・トランプ米国大統領に注入するいわゆる「スリークッション」外交を展開した。

 ムン大統領が6・25記念演説で直接言及はしなかったが、「韓国戦争特需を享受した国」と称したのは、このように韓半島の分裂と対立構図を機会にするような日本に対する不快感を反映したのではという分析が出ている。

https://www.hankyung.com/politics/article/202006261270i
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















これぞ朝鮮脳www バ韓国塵の56パーセントが「在韓米軍がいなくても北朝鮮に勝てるニダ!」と回答ww

有事の際に我先にと逃げ出すのがバ韓国軍の兵士


なんとバ韓国塵の56パーセントが、


「在韓米軍の力がなくても北朝鮮との戦争で勝てるニダ!」


と考えているんだとか。



なんとも間抜けな連中ですなぁ。

開戦と同時にソウルが火の海となり、命令系統が崩壊。

その結果、兵士は何もできないまま死ぬのが確定コースだというのに。



あ!

命令系統が機能していても、有事の際にイの一番に逃げ出すのは兵士でしたねwwww



せっかくヤル気があるんですから、アメリカもさっさと撤退するべきでしょう。


北と南でさんざん殺し合ってもらってから、生き残った害獣どもを駆除したほうが効率的なんですから。



とにかく肝心なのは根絶やしにすることです。


朝鮮半島のヒトモドキはもちろんのこと、海外に散らばっている害獣どもも見過ごしては駄目です。



我々人類の明るい未来のため、完全な意味での根絶やしが必要なんですから!!




-----------------------
韓国人の半数以上が「在韓米軍なくても北朝鮮との戦争に勝つ」、調査結果にネットでは疑問の声も

 2019年12月17日、韓国・マネートゥデイは「韓国人の56%が、在韓米軍の力がなくても北朝鮮との戦争に勝てると考えている」と報じた。

 米シンクタンク「シカゴ・グローバル評議会」は16日、韓国の成人男女1000人を対象に実施したアンケート調査の結果をまとめた報告書「韓国人は米韓同盟に肯定的だがトランプ大統領の駐留国支援要求には反対する」を公開した。記事はその内容を伝えている。報告書によると、米国との同盟について「支持する」との回答は92%に達し、このうち63%が「米韓同盟は両国にとって利益がある」と評価した。「米国との関係が韓国の安保に重要だ」との回答も94%に達したという。

 ただ、「韓国が北朝鮮から攻撃された場合、米国が防御してくれると信じている」との回答は78%で、このうち「とても信じている」が31%、「ある程度信じている」が47%だったという。一方、「在韓米軍の助けがなくても韓国軍だけで北朝鮮との軍事対決に勝利できる」との回答は56%に達しており、これについて記事は「北朝鮮は韓国に対し核兵器を使用しないだろうという期待が背景にある」と分析している。

 在韓米軍の支持も比較的高く、「在韓米軍の長期駐留を支持する」が74%、「米軍の駐留が韓国の安保に大いに役立っている」が87%だった。しかし、米国の防衛費負担金増額要求については「すぐに応じるべきではない」との回答が94%に達した。「負担金増額交渉が決裂した場合は同盟を維持しても在韓米軍の規模を縮減すべきだ」との回答は54%で過半数を超えたという。

 この記事を見た韓国のネットユーザーは「韓国人の56%が、在韓米軍の力がなくても北朝鮮との戦争に勝てると考えている」の部分に注目しており、「ばかげた内容だ」「最近のアンケート調査は文在寅(ムン・ジェイン)大統領支持者だけを対象にしてるのか?」「国民の56%は、頭がどうかしてるということがよく分かった」「今も北朝鮮がミサイルを発射しても何も言えない文政権が、米軍なしで勝てるとでも?」「この政権の戦闘力を信頼してるの?」など否定的なコメントが殺到している。

 他には「在韓米軍がいれば3日以内に最小限の被害で勝利する。在韓米軍がいなければ首都圏はめちゃくちゃになり、ボロボロの状態で勝利する」「こんな記事であおらないでほしい。米軍抜きで2000万人を死なせるか、米軍の力を借りて100万人にとどめるかだ」「56%の韓国人に聞きたい。延坪島(2010年に北朝鮮による砲撃があった)に米軍が駐留していたら、北朝鮮が砲撃したと思うか?。戦争に勝つことよりも、強い軍事力を保有することで戦争を抑制することが重要なんだよ」「本当に分からないから誰か教えて。南北が戦争したとして、核を使えば当然、北朝鮮の勝ちだ。使わなければどっちが勝つだろう。兵役義務を終えた40代の男性たちは、韓国が勝つと言ってるけれど」などの意見が寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b736013-s0-c30-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















北朝鮮の反応次第で第2次バ韓国戦争! トランプ大統領が攻撃命令を出す可能性も!!

誰かこのバ韓国大統領を連れ出せ


アメリカ・ハーバード大学の教授が、朝鮮戦争の再開に言及していました。


北朝鮮の相次ぐ挑発によって、トランプ大統領が攻撃命令を出す可能性があるとのこと。



いざ開戦となったら、

レッドチーム入りが確実のバ韓国なんざ関係なく朝鮮半島が焼け野原になること間違い無しです。



北朝鮮とバ韓国、その両方を同時に掃除できるのですから、

世界中の人がもろ手を挙げて喜ぶことでしょう。



トランプ大統領を決断させるような北チョンの暴走が楽しみで仕方ありませんね。



-----------------------
「第2次韓国戦争の可能性高まる」「トランプが攻撃命令を下す可能性も」

 米ハーバード大学のグレアム・アリソン教授が「第2次韓国戦争が起こる可能性が高まっている」と指摘した。アリソン教授は新興国と覇権国との対立を「トゥキディデスの罠(わな)」という造語で説明したことでも知られる。

 アリソン氏は12日に開催された日本アカデメイア第1回「東京会議」で、最近米国と北朝鮮の対立が深まっている現象について「第2次韓国戦争につながる確率は50%以上ではないが、かなり大きな可能性がある」とした上で上記の見方を伝えた。日本の産経新聞が報じた。

 1993年に当時のクリントン政権で国防次官補を務めたアリソン氏は「北朝鮮が米本土にとって脅威となる大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射、あるいは核実験を相次いで行っていた2017年11月以前の状態に戻った場合、トランプ大統領はミサイル発射台の破壊など、軍事攻撃を命令する可能性がある」との見方を示した。また「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が今後数週間以内に何らかの発表を行う可能性もある」とした上で、今の情勢について「非常に危険な状況になりつつある」とも指摘した。「1950年代の韓国戦争当時とは違い、北朝鮮が日本を攻撃する可能性も考えられる」との指摘に対し「日本や中国も(戦争回避のために)今すぐ対応すべきことがある」と呼びかけたという。

 アリソン氏は自らの著書『Destined for War(米中戦争前夜)』の中で、北朝鮮崩壊の可能性とこれにより米中戦争が起こる3つのシナリオを提示している。

 この会議に出席したフランスの思想家ジャック・アタリ氏も「北朝鮮は来年の大問題になる。どこまでもしたいことをさせると核不拡散の終わりとなる」と警告したという。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/14/2019121480008.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る