韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

核の傘

元在韓米軍司令官「バ韓国が核武装すれば、日米の敵とみなす!!」

核武装で自滅することになるバ韓国


元在韓米軍司令官が、バ韓国の核武装論に警告を発していました。


「もしバ韓国が核武装したら、米韓同盟を失うことになる」


「その結果、国家安全保障が不安になるだろう」


……つまり、


「バ韓国が核武装するなら、同盟は破棄、危険な日米の敵国と見なす」


というワケです。



うーん、実に分かりやすい構図ですね。


北と南を区別することなく、日米が一丸となってヒトモドキどもを37564にする。


その目的のためなら、この日本に徴兵制が復活しても歓迎するべきでしょう。




ま、日米がわざわざ動かなくとも、四方を敵国に囲まれたバ韓国が勝手に自滅するに違いありません。




やけくそくになった文政権が、本当に核武装の乗りだしてくれることに期待したいものです。




-----------------------
元在韓米軍司令官、「韓国の核武装時は同盟を失って孤立する」

 バーウェル・ベル元在韓米軍司令官(73)が、最近、韓国政界の一部で提起された韓国の核武装論について、「韓国が同盟を失って孤立しかねない。韓国の安保をさらに不安にさせる災いになる」と警告した。

 ベル氏は26日(現地時間)、米政府系放送局のボイス・オブ・アメリカ(VOA)に声明を送り、「北朝鮮が核兵器のカードを繰り返し取り出すことで韓国が抱く挫折感は理解するが、このために韓国自ら核兵器を追求することは、韓国の国家安全保障の利益に明確に合致しない」と反対の意見を明らかにした。

 2006~08年、在韓米軍司令官、国連軍司令官、韓米連合司令官を務めた4つ星将軍のベル氏は、「(韓国の核武装は)米国や日本との安定的で友好的な関係に向けた長期間の努力を破壊する。これは韓国に災いになり得る」とし、「米国も、北朝鮮の侵略に対抗して韓国と共に戦うという長年の公約から距離を置き、韓国に対する『核の傘』を撤回するほかないだろう」と診断した。
 
また、「米国が韓国との安保同盟を撤回すれば、韓国は北朝鮮、中国、ロシアに対抗して自ら自国を守らなければならない状態になる」とし、日本も韓国を直接的な脅威と見なし、対応しないわけにはいかなくなると指摘した。

https://www.donga.com/jp/article/all/20201128/2254781
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国の孤立が加速化ww】米韓安保協議会の共同声明から「在韓米軍維持」の文言削除されることに!!

米軍がバ韓国から撤退するのも時間の問題か?


一昨日、アメリカで行われた米韓安保協議会。


その会議の共同声明から「在韓米軍の現水準を維持」という文言が削除されていたそうです。


この言葉は過去12年間ずっと記載されていたものです。


つまり、いよいよアメリカが本格的に在韓米軍の撤退を考え始めたのでしょう。



文在寅の反応が見ものですね。


アメリカの言いなりになって莫大な防衛費を負担するのか? それとも中国の核の傘下に入るのか?


どちらにせよ、待っているのは似たような地獄絵図wwww



屑チョンどもが苦しんで死ぬことに変わりはないので、どっちに転んでも大歓迎ですね。



-----------------------
米国、12年ぶりに「在韓米軍維持」の文言なし

 韓米両国は14日(現地時間)、米国防総省で開かれた第52回韓米安保協議会(SCM)において防衛費分担金問題などを巡って衝突した。共同声明からは、昨年とは異なり「在韓米軍の現水準を維持」という表現が取り除かれ、予定されていた両国国防トップの記者会見も取り消された。インド・太平洋安全保障協議体「クアッド(Quad)」など、このところ各種懸案を巡って両国の立場の差が大きくなる中、米国の不満が水面上に現れたのだ。

 米国のマーク・エスパー国防長官は14日、冒頭発言で「米軍の安定的な韓半島駐屯を保障するため、できるだけ早く(防衛費分担金)特別協定の合意に到達する必要性に全て同意することを希望する」と語った。昨年9月に始まって1年以上も膠着(こうちゃく)状態にある第11次防衛費分担金特別協定(SMA)が妥結しなければ、在韓米軍の駐屯そのものに変動が生じかねない、という意味だと解釈されている。

 実際、今年の共同声明では、2008年からずっと明示されていた「在韓米軍を現水準で維持するという公約を再確認した」という文言が米国の要求により12年ぶりに取り除かれた。このため、米国が防衛費交渉と在韓米軍削減をリンクさせるのではないか、という見方が浮上した。またエスパー長官は、韓国政府が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期中の完了を推進している戦時作戦統制権(統制権)移管についても「統制権を韓国軍に移管するための全ての条件を備えるのは時間がかかるだろう」と語った。

 こうした中、青瓦台(韓国大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は米国を訪問してホワイトハウスのロバート・オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談し、マイク・ポンペオ国務長官とも会う予定だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/16/2020101680063.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・文正仁特別補佐官「在韓米軍が撤退したら、中国に守ってもらえばいいだけの話ニダ!!」

バ韓国塵は政治家も国民も全てキチガイ


バ韓国の文正仁大統領統一外交安保特別補佐官が、国際会議でトンデモ発言していました。



「在韓米軍が撤退したら、中国にバ韓国の安保を任せたいニダ」



と中国側の参加者に伝えていたのです!!



己の力では何一つ成し遂げることができない寄生虫ならではの発想ですねwwwww


守ってもらって当然というこの醜い性根も、ヒトモドキならではでしょう。





さらに、この会議ではバ韓国の康京和外相が、


「どんな状況でも朝鮮半島で戦争が発生することはないニダ」


と能天気な意見も述べていました。




やはり朝鮮塵なんてものは1匹の例外もなく頭にウジが湧いているものなんですねwwww



-----------------------
文正仁特別補佐官「在韓米軍が撤退したら中国が核の傘を提供すればどうか」

 文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は4日、国立外交院の外交安保研究所が開催した国際会議で、「もし北朝鮮の非核化が行われていない状態で在韓米軍が撤退したら、中国が韓国に『核の傘』を提供し、その状態で北朝鮮との交渉をする案はどうだろうか」と述べた。同補佐官はこの会議で司会を務めている際、このような突発的な質問を中国側の参加者に投げかけた。大統領安保特別補佐官が在韓米軍の撤退を仮定して、中国に韓国の安保を任せればどうかと尋ねたものだ。

 韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官はこの会議の基調講演で、最近相次いでいる北朝鮮のミサイル・放射砲挑発や対米圧力発言について、「北朝鮮は現在、危機的な状況にあるように見ることもできる」と言いながらも、「少なくとも対話の経路は開かれている」と述べた。また、「どんな状況でも韓半島で戦争が発生することはないだろう」とも言った。

 これに対して、チャールズ・カプチャン・ジョージタウン大教授兼米外交協会主任研究員は「韓半島に戦争が100%ないだろうと確信しすぎてはならない(don’t be so sure)。北朝鮮との関係を改善するには数十年かかる可能性があるため、息の長い交渉をしなければならない。北朝鮮と合意に至らなければ、北朝鮮は緊張を高めるかもしれない」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/05/2019120580017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る