韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

欠陥品

欠陥テレビを売りつけて補償要求を無視!! 豪州でバ韓国・LG電子に賠償命令が下される!!

バ韓国の家電製品は欠陥品しか存在しない


オーストラリアの裁判で、LG電子に対し消費者2人に賠償金を支払うよう判決が下されていました。


LG電子は欠陥テレビを売りつけておきながら、修理・交換・返品を拒否。

消費者の補償要求をガン無視していたのです。


この結果、16万豪州ドル(約1170万円)を支払うことになったわけです。


これは色々と期待できそうですね。



バ韓国企業の製品はほぼ100パーセントに確率で欠陥品です。

今回の訴訟を機に、大勢のユーザーが補償を求めてくることでしょう。



オーストラリアだけではなく、訴訟大国のアメリカでも似たような判決が続出すれば、

あっという間にバ韓国経済は崩壊します。



今回の訴訟の波及効果が楽しみで仕方ありませんねwwww


-----------------------
豪州で韓国企業に賠償命令、欠陥製品の補償要求を無視=韓国ネットからも不満続出

 2019年9月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のLG電子が豪州でテレビ製品の欠陥被害を主張する消費者2人による修理・補償要求を無視したため訴訟に発展し、賠償金を支払うことになった。 

 記事によると、豪州連邦裁判所は今月始め、欠陥のあるテレビ製品の修理、交換、返品を拒否したとの理由で、LG電子に対し消費者2人に計16万豪州ドル(約1170万円)を支払うよう命じる判決を下した。

 ことの発端は、2013年にLG電子製のテレビを購入した2人の消費者が、1年も使用しないうちに画面に異常が生じたことに気付いたこと。2人はコールセンターに連絡し補償を要求したが、会社側は「修理を希望するなら別途の費用が必要」「消費者は品質保証書に明示されていること以外に主張する権利がない」という趣旨の回答で拒否した。 

 このため、豪競争消費者委員会(ACCC)が2人に代わって16年にLG電子を相手取り訴訟を起こした。17年に敗訴したが翌年に控訴し、今回の「逆転勝利」を引き出したという。ただ、LG電子側は「たくさんの電話に応対するコールセンタースタッフの単純なミス」だと釈明しており、裁判所も一定部分を認めているという。 

 LG電子は「今回の件を大変真摯(しんし)に受け止めている。再発防止策を強化しており、今後も顧客サービスのための政策と手順を改善し、豪消費者法に基づく義務を遵守する」とコメントしている。

 この記事に、韓国のネットユーザーからも「LGのテレビのアフターサービスは韓国内でもひどいもんだよ」「豪州でも韓国内と同じ調子で対応して、しくじったんだな」「冷蔵庫を買って1年で冷凍室が故障し、1カ月経っても修理を受けられず、抗議しても反応なし。結局、他メーカーの物に買い替えた。LGのサービス、経験者はよく分かるよね(笑)」「LGのノートパソコン、1年も経たずに液晶が壊れた。センターに持っていったら、液晶部分を押したんだろうと言われて、見もしないで修理拒否」など、LGの顧客サービスや製品に対する不満の声が殺到している。 

 また韓国内ではLG電子製の衣類乾燥機がリコールになったことから「乾燥機問題を何とかしてよ」「お金を返してほしい」「購入者は返品を願っていたのに、無償修理でごまかされた。豪州ならLGはつぶれてるぞ」などという意見も寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b743822-s0-c30-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















愚挙wwww バ韓国・現代自動車が再び日本市場に参入……

バ韓国製の車に乗るのはただの自殺行為


なんと! バ韓国の現代自動車がまた日本市場に参入するようです。


どうやら電気自動車を主軸にしてシェア獲得を狙っているみたいですが、

本当にキチガイじみていますねwwww



バ韓国製の車に自分の命を預けるような真似は、ただの自殺行為なんですからwwww



サムスンのスマホのように、

現代自動車もロゴを隠蔽する形で販売してきてもおかしくありませんね。


これから先、車の購入を考えている方はくれぐれも注意していただきたいものです。



-----------------------
撤退から10年、韓国の現代自動車が日本車市場に再挑戦=韓国ネット「やめておいた方がいい」

 2019年3月6日、韓国・電子新聞は、現代自動車が日本の車市場に「再び挑戦状を突きつけた」と報じた。2009年に販売不振で撤退して以来、10年ぶりのことという。 

 業界によると、現代自動車は日本進出のデビュー舞台として、今年10月24日に東京で開かれる「東京モーターショー2019」に600平方メートル規模の単独ブースを設ける予定で、「Nexo」など世界初となる量産型の水素電気自動車(FCEV)や電気自動車(BEV)を中心に据える。車の販売時期はマーケティング効果が期待される東京五輪の日程を考慮し、早ければ年末か来年初めが有力視されているという。 

 現代自動車は2017年から日本のタスクフォース(TF)を運営して市場戦略を練ってきており、初期市場の看板車種として最終的に「エコカー」を選択したという。大々的なマーケティング活動より、現地で販売されていないSUV型のエコカーを中心に初期市場の定着を狙うとみられているという。 

 また記事は「日本は輸入車の市場シェアが10%にも満たないほど自国ブランドを好む傾向が高く、現代自動車が通用しない唯一の市場」と指摘。今回の再挑戦は「変化した韓国自動車の存在感を証明する舞台でもある」と伝えている。 

 これを受け、韓国のネット上では「中国車が韓国に進出したら買う人いる?日本人はそんな目で韓国車を見てるだろう」「日本人は軽自動車に乗る人が多いから、現代自動車の入る隙はない」「現代自動車のみならず、Galaxyを除いて韓国製品を日本のテレビCMで見たことがない」「製品の競争力とかの問題じゃなくて、日本人はまず韓国産は買わないからやめておいた方がいい。サムスンが唯一主導権を握れない市場が日本」など、再挑戦に否定的な反応が相次ぎ、「独自ブランドで競争するより、三菱自動車を買収する方がいいんじゃない?」「日本進出はやめてマツダやスバルを買収して!」などと提案する声も上がっている。 

 ただし、少数派ではあるが「トヨタもそのうち電気自動車を出すだろうけど、まだ出ていない。電気自動車+水素自動車のSUVや乗用車で攻めていったら勝算はある」「今回こそは頑張って」「いろんな方向から攻めていって」など応援メッセージも届いている。

https://www.recordchina.co.jp/b693227-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国産ヘリ「スリオン」、フィリピンへの輸出計画が白紙にwwwww

バ韓国の欠陥ヘリ「スリオン」


フィリピン政府を騙くらかして欠陥ヘリ「スリオン」を売りつけようとしていたバ韓国。

しかし、その輸出計画が水泡に帰していましたwwwww


スリオンだと10機しか買えない金額で、アメリカが「ブラックホーク」16機を購入できると持ち掛けていたようです。



いやぁ、ちょっとばかり残念ですね。

フィリピンのあちこちで「スリオン」が墜落する様子を拝みたかったものです。



そもそも屑チョンの分際でヘリの輸出だなんて、身分をわきまえない暴挙でした。


なにしろ車輪ひとつまともに作れない連中なんですからwwww



世界最高水準のヘリだと宣伝しているバ韓国ですが、

そんな戯言を信じるキチガイは世界広しといえど朝鮮ヒトモドキくらいなものでしょうね。



-----------------------
韓国型ヘリ「スリオン」、フィリピン向け輸出計画が頓挫

 韓国航空宇宙産業(KAI)が推進していた韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)のフィリピン向け輸出が、事実上暗礁に乗り上げたことが11日までに分かった。韓国軍関係者は11日、「機動ヘリ事業を推進していたフィリピン政府が、機体部分に関する評価でスリオンよりも米国のUH60(ブラックホーク)に高い点数を付けた。韓国側では、企業協力や各種の追加支援などを『オプション』として打ち出して終盤の総力戦を展開しているが、ひっくり返すのは事実上困難な雰囲気」と語った。

 このことは、フィリピン政府関係者の公の発言にも表れた。フィリピンのデルフィン・ロレンザーナ国防相は最近、「最終的に、ブラックホークを購入するのが一番いいオプションだという結論を下すことになった」として、スリオンではなくブラックホークを配備することにしたと語った。ロレンザーナ国防相は「われわれは資金不足でスリオンを10機しか購入できない。ところが(ブラックホークは)16機購入できる」とも語った。

 韓国の防衛事業庁の関係者は「たとえ機体の評価がそのように出ても、最終決定されたわけではない」と語った。

 今回、事実上挫折してしまったスリオンのフィリピン向け輸出は、韓国の現政権が力を入れてきた事業だ。韓国国防部(省に相当)は、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が今年6月に韓国を訪れた際、ソウル市竜山区の国防庁舎前練兵場にスリオンを展示したこともあった。当時、ドゥテルテ大統領はおよそ10分間スリオンの性能や作動法について説明を受け、自らヘリを始動させてみることもした。その後、ドゥテルテ大統領はロレンザーナ国防相にスリオン購入を検討するよう指示を下した。

 だが問題は「価格競争力」だった。韓国軍関係者は「スリオン1機の価格は250億ウォン(現在のレートで約25億円。以下同じ)前後で、フィリピン側が策定した予算では10機買えるというレベルだった。だがブラックホーク側は同じ予算額で16機を提案したので、あちらに傾くのは避けられない面がある」と語った。また韓国政府の関係者は「結局、戦闘機や戦闘ヘリを輸出しようと思ったら米国と競争しなければならないが、米国側のけん制が強いという面もある。市場参入そのものが困難な状況」と語った。

 スリオンの「親類」に当たる韓国海兵隊上陸機動ヘリ「マリオン」の墜落事故も、今回の決定に影響を及ぼしたという。フィリピン政府側が直接、安全上の問題を提起したわけではないものの、スリオンに傾きそうだったフィリピンからのヘリ受注の件にブラックホークなどが食い込む余地が生まれた-という見方だ。事故直後、韓国大統領府(青瓦台)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が乗り出して「われわれのスリオン・ヘリの性能と技量は世界最高水準」と語ったが、スリオンのイメージ失墜を防ぐことはできなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/12/2018121280024.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国産ヘリ「スリオン」、全機体が運航停止に!!!!!

バ韓国は欠陥品しか作れない


先日墜落したバ韓国産のヘリ「マリンオン」。

その母体のヘリ「スリオン」の運航が停止されたようです。


いやぁ、残念です。


せめてもう5、6台墜落してから全面停止にしてほしかったものです。



今更言うまでもありませんが、


バ韓国産のモノでまともに機能するものなんてこの世に存在していません。



今回のヘリは、バ韓国国内の180機関が開発に関与していたとのことですが、

その関係者が全匹そろって開発費をネコババしていたんでしょうねwwww



-----------------------
韓国国産ヘリコプターの運航が全面停止に、墜落事故で衝撃広がる=「国産の限界」「考えられない事故」―韓国ネット

 2018年7月18日、韓国・SBSによると、16日午後に韓国製ヘリコプター「マリンオン」が、離陸直後数秒でメーンローターが丸ごと外れる墜落事故を起こしたことを受け、マリンオンの母体となったヘリコプター「スリオン」の運航が停止された。 

 記事によると、スリオンは6年の開発期間を経て12年から実戦配備された韓国初の国産ヘリコプターで、現在は軍以外に警察、消防、自治体などが目的に合わせて改造し約100台を運用している。 

 マリンオンが墜落事故を起こしたことを受け、韓国陸軍はスリオン90機の運航を全面停止した。また4機を救助用に導入していた警察庁と、山火事消火用に1機を導入していた山林庁も運航を停止したという。 

 記事は「スリオンは防衛事業庁主管で国防科学研究所やKAI(韓国航空宇宙産業)など国内180の機関が開発に関与していたという点で、今回の墜落事故は国内航空産業全体に衝撃を与えている」と指摘している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「そもそもメーンローターが丸ごと外れるなんて事故、考えられない」「現実の話とは思えない」「こんな恥ずかしい事故、公表するな」「軍人を使って実証実験でもしているつもりなのか」など事故への批判の声とともに「韓国が飛行機やヘリを造るということ自体が間違い」「国産の限界だな」など国産に対する否定的な意見も寄せられた。 

 また「巨大な不正が隠れている兵器開発の現状を示している」「開発の問題というより、防衛産業不正の問題だろう」など不正問題に言及する意見も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b626531-s0-c10-d0124.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る