韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

次こそ死ね

【これぞバ韓国!】道路が突然消え、走行中の車が12メートル下へ落下wwwww

バ韓国でしか起こらない間抜け過ぎる事故


進入禁止のバリケードを撤去して事故発生。さすがバ韓国!!


バ韓国塵の生態をよく表していることで有名な“火病エレベーター落下”動画。

それに匹敵するくらい間抜けな事故が発生していました。



豪雨の中、1台の車が道路を直進。

見通しが悪いのに、徐行もせず。

突然、道路が途切れそのまま12メートル下に車ごと落下wwwwwww



……この道路は工事中で、本来なら進入禁止のバリケードが設置されていたとのこと。


しかし、台風の接近に備え、そのバリケードを撤去していたんだそうです。



こんな事ができるのは、世界広しといえどバ韓国塵くらいなものでしょうね。



とても残念なことに、車に乗っていた屑チョンは全治3週間程度の怪我で済んでしまったようです。



どうせなら車数百台くらいこの奈落に落ち、車体炎上などで全匹死亡してほしかったものです。





-----------------------
突然道が消え12メートル下に落下?韓国で“とんでもない”事故

 2019年10月7日、韓国・SBSは、韓国で工事現場に誤って進入した車が12メートル下に落下する“とんでもない事故”が発生したと報じた。

 記事によると、先月7日未明、台風13号が接近し雨が降る中、1台の車が道路を直進していたところ、突然道路がなくなり12メートル下に落下した。この事故で運転手は全治3週間のけがを負い、車は廃車になったという。

 普段は工事現場への進入を防止するバリケードや進入禁止を知らせる案内表示板が設置されているが、事故当時は台風に備えて全て片付けられていたという。該当工事現場の管理所長は「台風が来ると聞いて、風に飛ばされる恐れがあるものは一時的に片付けたが、従業員が進入防止用のバリケードまで片付けるとは思わなかった」と話したという。

 延世大学土木環境工学科名誉教授の趙元チョル(チョ・ウォンチョル)氏は、工事現場への進入を防ぐバリケードについて「(強風にも)飛ばされないコンクリート製のものがある。プラスチック製のものでも中に水を入れれば大抵の風には耐えられるようになっている」と指摘している。

 警察は該当業者を業務上過失で処罰できるか捜査しているという。

 これに韓国のネットユーザーからは「従業員が(バリケードを)片付けるとは思わなかった?現場管理者が最後に点検するべきだ」「台風に耐えられるバリケードを設置するべきだった」「管理者が現場に行って確認するべきだった」など工事業者の対応を非難するコメントが寄せられている。

 一方で「雨、工事現場、黄色い点灯器、幅が狭まっていく道路。この状況なら速度を落とすべきだ」「運転手もおかしい。途中から道が変になっていくのに速度も落とさずに走っている」「23年間運転してきたけど、あの状況なら徐行するべきだ」と運転手の行動を疑問視する声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b750709-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・ソウルの国会議事堂前で車両火災!! 焼身自殺が失敗に終わっただと!?

バ韓国・ソウルの国会議事堂前で焼身自殺


50代の屑チョンが、ソウルの国会議事堂前で焼身自殺を計っていました。

しかし、乗っていた車に火を点けたまではよかったのですが、火傷をおって病院に運ばれてしまったようです。


本当に使えない屑チョンですね。


ロクに自殺もできないとは!!



当ブログの管理人である私は、

人種差別朝鮮ヒトモドキが死ぬほど嫌いです。



でも、複数の屑チョンを殺してから自殺する朝鮮ヒトモドキだけは好きです。



私の好きな朝鮮ヒトモドキが、もっともっと増えてくれることを祈るばかりです。


-----------------------
国会議事堂前で車両火災 焼身自殺か

 1日午前、ソウルの国会議事堂前にある芝生で、運転者の焼身自殺によるとみられる車両火災が発生した。車の中にいた50代の男性はやけどを負い、病院に運ばれた。男性は火災発生前、保守系と革新系団体に対し、「真の愛国愛族の道を模索すべきだ」などと訴えるビラをまいたという。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20190201034400882?section=image/photos
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の幼稚園崩壊事故、半年も前から崩壊の危険性が分かっていたのにwwwwwww

あと少しで完全崩壊していたバ韓国の幼稚園


先日もお伝えしたバ韓国の幼稚園崩壊事故。





この事故、

実は半年も前から予見されていたというのです。


半年ほど前、幼稚園の隣で工事が始まると、建物が揺れて亀裂が走っていたとのこと。

これを受け、区庁と建設業者側に問題を提起していたのです。



しかし!


なんの措置も取られることなく、今回の事故に至っていたというわけです。



いやぁ、本当に惜しかったですね。

真夜中ではなく、園児がギュウ詰め状態の時に傾いていれば、

1995年に発生した三豊百貨店崩壊のような笑える事故になっていたのですが……。


95年に発生した三豊百貨店崩壊



ま、こんな建物はバ韓国中の至るところにあるのですから、

今後も楽しげなニュースが続々と届くことでしょう。




-----------------------
幼稚園崩壊…「安全大韓民国」は虚しいスローガン

 こういうことを真夜中の霹靂というのだろうか。一昨日の深夜にソウル上道洞(サンドドン)共同住宅工事現場の地盤が崩れ、幼稚園の建物が傾く事故が発生した。工事現場の擁壁が崩れて地盤が沈下し、上道幼稚園の建物が大きく傾いたのだ。崖っぷちで傾く幼稚園は極めて危険な状態だ。幼稚園児122人がいる昼間に発生してればどういうことになっていたのかは想像もできない。 

 今回の事故も予見された人災だったことが分かった。専門家と幼稚園側の証言がそれを示している。ソウル市立大のイ・スゴン教授は昨日、「幼稚園側の依頼で3月末に現場を点検し、片麻岩地質が脆弱で崩壊の危険性が高いと警告した」という諮問意見書を公開した。6カ月前にすでに崩壊の危険を予測していたのだ。幼稚園側も地下1階・地上3階の幼稚園の隣で工事が始まった後、建物が揺れて亀裂が生じたため諮問したと明らかにした。幼稚園側は建物の床に30-40ミリの亀裂が生じたとし、銅雀(トンジャク)区庁と建設業者側に問題を提起したという。しかし区庁はいかなる措置を取らなかった。業者側も暴雨の時の地盤沈下に備えていなかった。あきれるしかない。徹底的に調査して責任を問わなければいけない。 

 今回の事故は工事現場の管理問題に対する「レッドカード」だ。都心では空き地さえあれば傾斜地に段々畑をつくるように工事が行われる。上道幼稚園付近のように脆弱な片麻岩地質であろうと地盤の危険性があろうと関係なく許可を出す。先月発生した衿川区(クムチョング)マンションのシンクホール事態もそのような責任から自由でない。いい加減な行政と乱開発の後遺症だ。 

 国民の安全と生命を守る安心社会はセウォル号沈没事故が残した大きな課題だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権も国政課題にしている。しかし国家安全診断を毎年実施しても提川(ジェチョン)・密陽(ミリャン)火災など各種の惨事が続く。「安全大韓民国」スローガンを叫ぶだけで現場は動いていないからだ。政府と自治体は今回の事態を安全不感症に対する最後の警告として受け止めるべきだ。国民の安全を脅かす現場の点検を網羅した社会安全網をきめ細かく再整備する必要がある。安全管理問題に対する処罰規定も大幅に強化しなければならないだろう。

https://japanese.joins.com/article/922/244922.html?servcode=100&sectcode=110&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【さすがバ韓国】昨年の扇風機爆発事故33件!! それでも安価な扇風機を使い続けるバ韓国塵どもwwww

バ韓国で売られている扇風機は爆発するのが前提


昨年の夏、バ韓国ではハンディー扇風機が爆発するなどの事故が33件も発生していたようです。


爆発の原因はいつものようにバッテリーwwww


小学校の教室でいきなり爆発して10匹以上の餓鬼が病院に搬送される事故もあったとのこと。


しかし!

バ韓国ではこうした爆発の可能性のあるハンディー扇風機を取り締まることができないんだとかwwww

いくら取り締まりを強化しようとも、安価な製品があちこちで販売されているとのことでした。


さすが屑チョンどもですなぁ。


「爆発する危険があるとしても私は暑いから使い続けるニダ」


「そんなこと言ったらスマートフォンだって長時間使っていたら爆発するニダ。どんな電化製品だって同じニダ!!」


……と爆発事故を日常的なものとして、真剣に受け止めていないようです。



まだまだ暑い日が続くので、死者が出るような爆発事故が多発することを祈りたいものですね。




-----------------------
猛暑の韓国で大流行のハンディー扇風機、実は危険なものだった?=韓国ネットは楽観的

 日本と同じく猛暑が長引く韓国では、手に持つ携帯型の扇風機が生活必需品となっている。しかし最近、そのハンディー扇風機の安全性に関する論議が広がりつつある。16日付で韓国・アジア経済が報じた。 

 記事によると、現在、韓国政府のソウル庁舎などの主要官公庁では、安全上の理由から、出勤時に庁舎の入り口で、規定のスタンド型扇風機を除く卓上型扇風機とハンディー扇風機を一括回収、退勤時に返却するという措置がとられている。これは、上記の扇風機の中に安全性が確認されていない未認可のバッテリーが搭載された製品があると判明したためだという。他の官公庁や学校でも、同じ理由でハンディー扇風機の搬入が禁止されている。 

 ハンディー扇風機の規制が強化されるようになったのは、昨年5月に、京畿道坡州の小学校の教室でハンディー扇風機が爆発し、児童2人が軽いやけどを負い、11人が煙を吸って病院に搬送される事故が発生してからだという。韓国消費者院によると、昨年発生したハンディー扇風機の事故は33件で、そのうちバッテリーの爆発、火災、過熱事故は20件に上る。 

 過去の扇風機に起因する事故は、ほとんどが不注意により指やその他の異物がプロペラファン内部に入るというものだったが、最近ではハンディー扇風機の爆発事故が増えている。一般的なスタンド型扇風機は、風量を最も強く設定しても使用電力が40~50ワットの間で、エアコンの10分の1にも満たない上、耐久性が非常に強いため、長時間使用しても爆発や火災事故は容易に起こらない。 

 しかし、ハンディー扇風機は携帯性向上のためにバッテリーの大きさや重さの制約が多く、外部の厳しい暑さの下で長時間使う場合には、爆発の危険性は大きくならざるを得ないのだという。早く充電するために高速充電器で充電する際にも、過熱の恐れが高くなり、注意が必要とのことだ。 

 また、メーカーすら分からない不良品が数多く売られており、事故の危険がさらに高まっているという。昨年5月に坡州で爆発事故を起こしたハンディー扇風機も、正規品ではない中国製のコピー製品で、メーカー、販売会社も不明なものであった。 

 韓国行政安全省は、昨年からハンディー扇風機を購入する際は安全基準を確認し、KCマーク(韓国政府が認定する国家統合認証マーク)、電磁波適合登録番号、バッテリー安全性認証番号の3つがすべて表記された製品のみを使用するよう指示している。とはいえ記事では、これらをいちいち確認するのは難しい上、ハンディー扇風機はサイズが小さく低価格で、路上販売やネット通販などさまざまな経路を介して簡単に購入することができるため、不良品を取り締まるのは容易ではないとしている。 

 これについて韓国のネット上では、「怖いからもう使わない」といった、ハンディー扇風機の使用をやめようとする声が散見される一方で、「海外の不良品が輸入される時点で防げばいいのでは?」「そんなこと言ったらスマートフォンだって長時間使っていたら爆発するよ。どんな電化製品だって同じ」「爆発する危険があるとしても私は暑いから使い続ける」という、ハンディー扇風機を手放そうとまでは考えない楽観的な声が多数見受けられた。

https://www.recordchina.co.jp/b635302-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る