韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

死傷事故

さすがヒトモドキwww 毎年懲りずに一酸化炭素中毒で死にまくるバ韓国塵どもwwww

一酸化炭素中毒で死ぬのはバ韓国の冬の風物詩


先日の高校生3匹が死亡した事故のような一酸化炭素中毒による死傷者が増えているバ韓国。



毎年のように発生していますが一向に減ることがないだなんて、さすがバ韓国ですねwwww


「ペンションにも警報器を設置すべきニダ!」


という声が上がっていますが、相変わらず後手後手の対策ですなぁ。

もっとも警報器の設置が義務づけられても、しょせんは屑チョンなので今後も死亡事故は多発することでしょう。



果たして今年の冬は何匹が死亡してくれるのでしょう?

数匹だなんてケチなことは言わず、数十匹単位で死にまくってくれることに期待したいものです。


-----------------------
韓国で相次ぐCO中毒事故、警報器設置の必要性浮上

 今回の江陵市でのペンション事故のように、冬には暖房・炊事用の燃料が燃焼することで発生する一酸化炭素(CO)による死傷事故が相次ぐ。ペンションのような宿泊施設で起きる事故も多い。しかし、ペンションにはCO警報機設置を義務付ける規定がなく、同様の事故が繰り返されている。専門家からはペンションなどにもCO警報機を設置すべきだとの声が上がっている。

 今年10月14日、慶尚南道昌原市のキャンプ場でキャンピングカーの車内にいた一家3人が遺体で見つかった。警察によると、3人は車内で火で暖を取ろうと炭を燃やした結果、CO中毒で死亡したとみられる。今年4月には全羅南道順天市の伝統家屋を改造したペンションで、宿泊客8人がCO中毒の症状を訴え、病院に搬送された。2014年12月には全羅北道南原市のペンションの黄土部屋(黄土を壁に使用した客室)で寝ていた宿泊客7人がCO中毒になった。行政安全部(省に相当)の統計によると、最近5年間(2013-17年)にガスボイラー事故で14人が死亡し、35人が負傷したが、大半はCO中毒だった。

 COは無色無臭だが、吸い込むと人体には致命的な気体だ。COは血液の酸素運搬機能を低下させ、貧血を起こし、その状態が長時間にわたると酸素欠乏で死亡することがある。日常生活で発生する有毒ガスでも最も危険なガスとされており、米国やカナダなどでは2010年ごろからCO警報機の設置が義務付けられた。

 しかし、韓国では住宅やペンションへのCO警報機設置が義務付けられていない。文化体育観光部が9月、キャンプ施設にCO警報機を設置するよう定めた法規を制定したが、住宅やペンションは設置対象から漏れた。キョンミン大消防安全管理学科のイ・ヨンジェ教授は「暖房の安全設備が相対的に整っていないペンションなどにもCO中毒警報機の設置をまずは義務化すべきだ」と述べた。

 今回のペンション事故で問題になったボイラーの管理者や設置者の法的責任を問う声もある。警察によると、問題のボイラーと排気管の接続部分が1-2センチメートルずれていた。チェ・ウソク弁護士は「万一そうした瑕疵(かし)がボイラーの設置時点からあったとすれば、ボイラー管理者であるペンション経営者だけでなく、ボイラーの設置業者、設置技術者などの過失責任が問題になり得る」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/19/2018121980031.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国】飼い犬による死傷事故がこの3年で3倍以上も増加!!!!!!!!!!

バ韓国で飼い犬が屑チョンを死傷させる事故多発


バ韓国では、飼い犬が屑チョンを死傷させる事故が急増しているようです。


2014年は676件だったのが、昨年は2111件と3倍以上も増えているとのことwwwwww



無能の政府側はこれといった対策も出せず、身勝手な飼い主によって引き起こされる死傷事故は今後も増えそうです。


しかし、まだまだ死傷者の数が足りませんね。

ここは是非とも犬たちに頑張っていただき、どんどんヒトモドキどもを噛み殺していただきたいものです。



バ韓国塵の命の価値は、ダニやゴキブリ以下なのですからwwwww


-----------------------
飼い主のマナーが問題の韓国で、日本のある判決が話題=「やっぱり先進国」「韓国も見習ってほしい」―韓国ネット

 2018年3月27日、ペットによる傷害・死亡事故が増加している韓国で、日本の裁判所の判決が注目を集めている。 

 韓国・ソウル経済によると、韓国では最近、飼い主の不注意によりペットが人に噛みついてけがを負わせたり、死亡させたりする事故が増加している。飼い犬が人を死傷させる事故は2014年の676件から17年は2111件に増えたという。これを受け、韓国政府は今年1月、公共の場では飼い犬のリードの長さを2メートル以内に制限すること、犬が人を攻撃する事故が発生した場合には飼い主に刑事処罰を科すことなどを発表した。また、「犬パラッチ(犬+パパラッチ)」と呼ばれる申告褒賞金制度の施行も検討。しかしこれについては激しい世論の反発に遭い、3月22日に予定されていた施行日の見送りを決めた。 

 このような状況の中、韓国・YTNは「日本では犬のリードを一瞬離した飼い主に1億ウォン(約1000万円)を超える巨額の賠償を命じる判決が下された」と伝えた。同訴訟の内容について、記事は「大阪市の住宅街をジョギング中の40代の男性が、飛び出してきたミニチュアダックスフントを避けようとして転倒し、手首を骨折した。飼い主は犬にリードをつけて散歩させていたが、一瞬離してしまった」とし、「男性は犬の飼い主を相手に損害賠償訴訟を起こし、裁判所は1284万円の支払いを命じた」と説明。また、「犬の飼い主は男性にも注意義務があった上、リードを離したのは故意ではないと反論したものの受け入れられず、裁判所は飼い主としての基本的義務を怠った過失は重いと判断した」と伝えている。 

 この判決に韓国のネットユーザーは大きな関心を寄せており、「韓国も日本の法律を見習ってほしい」「韓国も積極的に損害賠償を請求しよう」「気持ちのいい判決」「正しい判断。韓国にも導入を」「やっぱり先進国。韓国だったら多くても10万円」「そこまで責任が取れない人は犬を飼うべきでない」「たった1回リードを離したために人を死なせてしまうことだってある。その代償は大きい」「日本は犬より人を優先する国だということを法律が示してくれている。韓国は動物への愛情を言い訳に人の自由を制限し、税金を搾り取ろうとする」など、納得する声やうらやむ声が多数寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b587003-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る