韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

気象庁

コピペするだけなのに? バ韓国の気象庁、激務で予報担当者が続々と死亡wwww

バ韓国の気象庁は激務?


バ韓国の気象庁に勤める予報業務担当者はかなりの激務のようです。

過酷な環境のため、死亡したり休職したりする担当者が後を絶たないとのこと。



あれ? おかしいですね?


バ韓国の気象庁ってのは、日本の気象庁の予報をコピペするだけの簡単な仕事だったのでは?


まともに自国の能力で予報しようととした要領の悪い屑チョンがどんどん死んでいく仕組みなのでしょう。







予報を外すと非難が殺到するバ韓国。


常に何かに向かって発火していないと死んでしまうというヒトモドキの習性を如実に表していますねwwww



-----------------------
韓国の気象競争力に危機?予報が外れる“悪循環”の実態とは

 2019年10月28日、韓国・KBSは、韓国の「気象競争力」に危機が訪れているとして、その実態を報じた。

 記事はまず、韓国気象庁の「多忙さ」を伝えている。天気図や衛星観測映像などの資料が次々と送られてくるため、職員は一晩中一息つく暇もないほどという。「24時間体制で8連勤、2日に1回の夜勤など過酷な環境のため、ここ5年で予報業務担当150人のうち8人ががんなどで死亡したり、休職したりした」と伝えている。

 また、さらに厳しいのは「一度でも予報を外すと殺到する非難」だという。その負担のため職員の半数以上が気象庁の「華」である予報官の仕事を避けるため、予報官の養成が難しく、さらに正確度が落ちるという「悪循環」が繰り返されているという。

 記事は最後に「気象情報は今や国家の競争力になる時代。異常気象が増えるほど予報官の役割が重要にならざるを得ない」と懸念を伝えている。

 これを受け、韓国のネット上では「本当にお疲れさまです」と気象庁職員をねぎらうコメントをはじめ、「必要なところには人が足りない、使えない国会議議員ばかりがあふれている」「公務員の行政職ばかり優遇する傾向があると思う」など問題を指摘する声、「年俸を3倍アップして優れた人を採用して」「技術職をもっと採用すべき」など解決策を提案する声も上がっている。

 また「30年前の天気予報はかなり正確だった。今より技術が良かったわけじゃないけど。何が問題?」「天気予報が当たらない理由は、昔と違ってコンピュータにあまりにも依存してるから」との声のほか「予報はあくまでも予報。それなのに人々はどうしてそれを認められないの?」との声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b755803-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















集中豪雨のバ韓国、気象庁の局長「開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象ニダ!」

バ韓国の集中豪雨で被害相次ぐ


先日からの集中豪雨で被害が相次いでいるバ韓国。

死傷者の数は少なめで残念ですが、浸水被害はかなり深刻なようですね。



この豪雨の際のバ韓国の気象庁の対応が話題になっていました。


夕方から豪雨になっていたのに、気象庁は警報を発令したのは夜の19時40分wwwwwww

いったいその間何をしていたんでしょうね?



しかも、気象庁の予報局長が、


「戸惑いを通り越し、開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象ニダ」


「30年近く気象庁に勤務しているが、初めて見る現象だったので予測できなかったニダ」


……と述べているそうです。



いやぁ、開いた口が塞がらないのはこちらのほうですねwwww


バ韓国製の気象衛星の打ち上げが控えていますが、

この調子だと今後もバ韓国の予報はいい加減なものになりそうです。



さすが、屑チョンクオリティですなぁwwwww



-----------------------
「想像もできない現象…」韓国気象庁の発言が「無責任すぎ」と物議

 2018年8月30日、韓国・国民日報は、「韓国気象庁の“無責任な発言”が物議を醸している」と報じた。 

 記事によると、韓国では28日夕方以降に集中豪雨があり、河川の氾濫や道路の浸水など各地で被害が相次ぎ、死者も出た。当初、気象庁から豪雨注意報は発令されておらず、午後7時40分になってようやくソウルに警報が発令された。このため、ネット上では「予報すべき気象庁が生中継をしているのか」などの批判が多く寄せられたという。 

 さらに、市民らの不満の火に油を注いだのが気象庁予報局長の発言。ユ・ヒドン局長は同日夜、記者らに送ったメールで「戸惑いを通り越し、開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象」だとし、「30年近く気象庁に勤務しているが、初めて見る現象だったので予測できなかった」と述べたという。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「無責任な発言」「想像もできないくせに、なんで気象庁にいるの?」「税金がもったいない」「予報責任者が言うせりふなのか」「こちらの口がふさがらない」「気象庁の職員の給料より、外国から天気予報情報をもらう方が安そう」「気象庁に予算を使うのは金の無駄。日本の天気予報を参考にしよう」など非難の声が高まっている。

https://www.recordchina.co.jp/b639516-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















反日の分際でwww 台風進路が気になるバ韓国塵、自国の気象庁より日本の気象庁を信頼!!

台風の進路が気になるバ韓国塵


台風が相次いで発生しているこの時期、屑チョンどもが日本の気象庁のウェブサイトにアクセスしているようです。


そのワケは、

バ韓国の気象庁の予報があてにならないためwwwwwwww


より正確な進路予報を知るために、日本の気象庁のデータを見ているようです。



反日国の分際でけしからん行いですね。

きゃつらに情報をタダ見されていると思うだけで、実に不快です。



これから先、日本の天気予報図は背景に旭日旗の意匠を置いてはどうですかね?


それにしても、わざわざ日本のサイトを覗きにくるだなんて、屑バ韓国の気象庁の信頼性の無さにあきれるばかりですwwww


-----------------------
ネチズンら日本の気象庁のウェブサイトに接続して台風ソルリク(SOULIK)予想経路を確認する殺到...台風シマロン(CIMARON)も注視

 19号台風ソーリック(SOULIK)の北上を控え、『日本気象庁』のWebサイトへの接続者が国内で増えている。気象情報は完璧ではなく流動的な分、韓国気象庁の情報を参考にしながら、台風を同時に注視している日本気象庁の情報も比重を置いて考慮するためだ。 

 最近、インターネットの各種のWebサイトが提供する翻訳レベルが高くなった分、日本気象庁のWebサイトに直接アクセスして関連情報を容易に取得するネチズンが多い。また、韓国気象庁より日本気象庁の情報の方を信頼して、一部の認識を基に分析する為である。 

 日本気象庁によれば、台風ソーリックは北西に進み、22日の午前3時には日本の九州の西に到達する。 

 ここまでは、韓国気象庁が予想する進路と同じである。続いて韓国気象庁によれば、台風ソーリックは進路を北東に変えて23日に大韓海峡(対馬海峡)を通り、24日には東海岸、鬱陵島近くに近づく。したがって、22日頃から済州島と南海岸をはじめ、韓半島(朝鮮半島)が直・間接的に台風の影響を受ける事になる。 

 一方で日本気象庁は19日午前3時、グアムの東970kmの海上に位置している20号台風シマロン(CIMARON)の進路も慎重に見守っている。 

 この台風が24日には、日本の四国(松山市、岡山)と本州の関西(大阪、神戸、京都)地域の近くまで北上すると見ている。台風シマロンは、韓半島には直接影響はないと見られる。 

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=088&aid=0000549376
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















朝鮮半島で地震多発中! バ韓国気象庁「原因は不明だが、心配する必要はないニダ!!!!!!!」

震度ゼロでも崩壊しまくるバ韓国


バ韓国では、ここ最近になって地震が頻発しているようです。

マグニチュード2から3ほどの小規模のようですが、バ韓国各地で発生しているとのこと。


しかも、バ韓国の気象庁はこれらの地震の原因について、

正確には分からないニダ!

と発表しているんだとかwwwww


それなのに、

それほど注意が必要な状況ではないニダ!!

と発表しているようですね。



原因すら解明できていないのに、注意が必要ではないとはwwwwwwww


さすが屑チョンどものやることですねぇ。


今後も地震の多発が続き、一匹でも多くの屑チョンがおっ死んでくれることに期待したいものです。


なにしろ、きゃつらの命の価値は使用済みの便所紙にすら劣るのですからwwwwww



-----------------------
韓国各地で地震が頻発、「極めてまれ」な現象に大地震への不安広がる=韓国ネット「気象庁に安心と言われると余計に不安」

 2017年3月7日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国各地でこのところ小規模の地震が頻発していることを受け、大地震の前兆ではないかとの不安が広がっている。 

 韓国気象庁の観測によると、今月5〜7日午前の約3日間で、韓国ではマグニチュード(M)2.0〜3.2の地震が8回発生した。7日午前7時前には北東部、江原道(カンウォンド)東海(トンヘ)市の沖合58キロの地点でM2.6の地震が、同午前4時前には中東部、慶尚北道(キョンサンブクド)亀尾(クミ)市付近でM2.2の地震が起こった。また6日午前には南西部、全羅北道(チョルラブクド)扶安(プアン)郡で1回、5日には江原道東海市で4回、慶尚北道慶州市で1回と、規模は大きくないながら発生地は各地に点在する。 

 気象庁はこれらの地震の原因について、慶尚北道での2件については昨年9月に慶州市を震源として起こった韓国観測史上最大(M5.8)の地震の余震と分析したが、残る6件については正確には分からないとしている。ただ同庁関係者は「地震が短期間に集中的に何度も起こることは往々にしてある」とし、「今回起こった地震は規模も小さく、それほど注意が必要な状況ではないとみている」と説明した。 

 しかし1日に4回同地域(東海市)で地震が起こったことや、慶州の地震の余震が5カ月以上も続いていることについて、韓国では「極めてまれな現象」と指摘する専門家もいる。ネット上でも不安は拡散し、記事には「一瞬にして終わるのかな…」「今回のが前兆じゃないなら、何が大地震の前兆なのか教えてほしい」「もし大地震が起こったら誰か責任を取ってくれるのか?」などのコメントが寄せられている。 

 また「日本でも予測不可能なものをなぜ韓国気象庁が分かるんだ?」「気象庁が何かを予測できたことが今まであったか?」「政府機関の発表は逆の意味に受け取るのが正しい」「こんな国の言うこと、誰も信じないよ」「気象庁が否定すると余計に不安」「どう判断するかはあなた次第」など、気象庁の見解を受けてより不安を募らせたという声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/a171498.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る