韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

汚物

他人事じゃない!! バ韓国塵のエキスが染みついた“古着”を密輸していたグループが中国で逮捕!!!!!

バ韓国が中国に汚染された古着を輸出していた


バ韓国から中国に向けて“古着”の密輸をしていたグループが逮捕されていました。


バ韓国でゴミ同然に廃棄された衣類を回収し、それを中国で販売していたようです。


中国当局の調査によると、

それらの古着には病原体や血液が付着していたとのこと。



エイズ感染者の多いバ韓国なので、これらの古着経由で感染してしまうリスクもかなり高いようです。



いやぁ、本当に恐ろしい話ですね。


この日本国内で販売されている古着も、屑在日が着用していた可能性もありますね。



やはりバ韓国塵というやつは、存在しているだけで糞迷惑な存在ですねぇ。



-----------------------
韓国から古着300トン、鼻を突く異臭、ウイルス感染の危険も―浙江省

 2018年7月26日、銭江晩報によると、浙江省の警察当局が韓国から密輸された300トンの古着を押収した。 

 5月20日、温州市永嘉県で密輸取締官が港でパトロールをしていた際、見たことのない船を発見。怪しいと感じた取締官はすぐに温州税関に連絡して調査を開始した。その結果、この船が韓国の釜山を出航していたことが分かった。積み荷を調べるため包装を解くと、鼻を突くような悪臭があり、中身は油などの汚れや嘔吐物、汗シミなどが付いた古着だったという。いずれも輸入が禁止されているごみだとのこと。古着は計300トンあり、さまざまな有名ブランドの服が季節を問わず山のように積み上げられた。 

 当初、船員たちの姿は見当たらなかったが、後に捜査の結果、4人の船員を逮捕。リーダー格の台湾籍の男は、「友人の紹介で密輸品の輸送を請け負って生計を立てていた。黒幕は知らない。古着の密輸は違法だとは知っていたが、もうかるのでやっていた」などと話しているという。 

 今回の事件では、これだけたくさんの古着をどこで集め、どのように利益を得ているか詳細は不明だという。しかし、広東省などで発生した類似の事件からすると、古着のほとんどは韓国人が廃棄または寄付した衣服で、収集コストは非常に低く、中国に到着後、洗ってから市場へ出回るようだと記事は伝えている。 

 警察は、これらの古着にはさまざまな細菌が付着している可能性があると指摘。深セン疾病予防控制センターの魏方(ウェイ・ファン)博士は、「密輸古着には大量の病原体が含まれている可能性があり、皮膚や口などを通して体内に入ることがある」と指摘。「中には血液の付着している古着もあり、エイズや深刻な肝臓病患者が着用していた可能性もある。体の弱い消費者が着ると感染するリスクがある」と注意を促している。

https://www.recordchina.co.jp/b628495-s0-c30-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












西日本豪雨で、日本人のバ韓国に対する心情が明らかに……

日本人は全員バ韓国塵が嫌い


おわかりいただけただろうか?




バ韓国製辛いラーメンは毒物



今回の西日本豪雨で、
日本人が心底バ韓国を嫌っているのが判明しましたね。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【要注意!!】今月25日からバ韓国産小玉キャベツが日本市場に出回る!!

バ韓国産の小玉キャベツに要注意


バ韓国で作られた小玉キャベツが、大量に日本に輸出されることになったようです。


ウンコまみれ、寄生虫まみれのキャベツとか、喜んで食うのは糞帰化チョンか屑在日くらいなものでしょう。



でも、要注意ですね。


イオンとか岡田屋とかAEONとかで、しれっと店頭に並んでいそうですからwwwww



いつものように、産地偽装もしてくるでしょうから、くれぐれも気を付けたいものです。



-----------------------
韓国・群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

 韓国南西部・全羅北道群山市の農業技術センターは22日、同地の小玉キャベツを日本に輸出したと明らかにした。

 キャベツは25日に東京に到着し、毎週約10トンが若者や単身世帯向けに販売される見通しだ。

 重さ1キロ前後の小玉キャベツは、食感が柔らかくシャキシャキとして甘みがあり、日本での試食会で好評を得て輸出用に選ばれた。

 群山市の関係者は「日本人の消費トレンドに合わせて小玉キャベツを供給するため、昨年から契約栽培を始めた」とし、「来年には栽培面積を30ヘクタールに広げ、毎週40トン程度を輸出する計画だ」と伝えた。

 群山市は、塩漬けハクサイ、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなどの日本輸出も推進している。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/06/22/0200000000AJP20180622003600882.HTML
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【汚物まみれ】バ韓国の首都ソウルの小学生、アタマジラミ患者が激増中!!!!!!!!!

バ韓国ソウルの小学校でアタマジラミ患者が激増


バ韓国のソウルの小学校で、アタマジラミ患者が急増しているようです。



バ韓国全体での小学生の感染率は、3パーセントほどとのことですが、

首都ソウルに限って言えば9パーセントにもなるんだとか!!



さすが、発展途上国ですなぁwwwwww


ま、元々衛生観念のない汚物まみれの生き物なので、

これが本来の姿なんでしょうね。



小学生同士でのレイプ事件も日常茶飯事なバ韓国のことですから、

性病とともにこれからますます感染していきそうですwwwww



やはり汚物の塊であるバ韓国塵なんぞは、焼却して消毒するのが一番でしょうね。


-----------------------
韓国の小学生、アタマジラミ患者が急増

 1960-70年代に多かったアタマジラミが近年、小学生の間で流行している。特に学習熱が高いソウル・江南や木洞などの小学生の間で多く発見されているという。子どもたちが勉強に追われ髪を乾かさずに寝たり、学習塾で長時間一緒に過ごしたりすることにより感染しやすくなったためと見られている。

 主婦のイさん(38)は先日、小学生の娘が持ってきた家庭通信文を見て驚いた。「本校の一部児童にアタマジラミが発見されたので、子どもたちの頭をよく調べてほしい」という内容だった。イさんは「アタマジラミなんて貧しくて食べるものにも困った時代の話かと思っていたので戸惑った」と話す。

 アタマジラミは寄生虫の一種で、人の頭皮に付いて血を吸う。衛生状態が良くない所で発生しやすく、発展途上国の伝染病として知られているが、韓国ではここ数年、小学校低学年の児童を中心に流行している。韓国健康管理協会の2016年の調査によると、全国の小学生のアタマジラミ感染率は平均2.8%だった。しかし、ソウル・江南一帯の感染率は9%で、平均よりもはるかに高かった。ソウル市江南区内で薬局を経営するた薬剤師(40)は「数年前から子どもたちが使うアタマジラミ駆除薬や目の細かいくしを買いに来る親が増えた」と話している。

 アタマジラミが再び流行している原因としては、学校や塾で子どもたちが一緒に過ごす時間が長くなっていることが挙げられる。ソウル・木洞にある小学校の保健教師は「小学生はよく頭を寄せ合って遊ぶし、最近は低学年の子どもたちも多くが塾などに通っているので、子どもたち同士が接触する時間が増えた」と説明する。中央大学病院皮膚科のソ・ソンジュン教授は「共働き家庭が増えていて子どもたちの衛生管理に神経が行き届きにくくなったり、子どもたちが勉強で忙しくて髪を十分に乾かさずに寝てしまったりすることから、アタマジラミが生息しやすい環境になっているようだ」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/01/2018060101643.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る