韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

洗濯機

今度は洗濯機!! バ韓国・サムスン製の洗濯機が全米で爆発中!!!!!!!!

今度はサムスンの洗濯機が全米で爆発


今度はサムスンの洗濯機が爆発する事故が相次いで発生しています!

それも、アメリカで!!

ま、馬鹿なアメ公が、安さに釣られてサムスン製の洗濯機を購入していたんでしょうね。

その爆発の規模は壁を突き破るほど激しいようです。



どうせなら大量の死者でも出てほしいものです。

死者の数が多ければ多いほど、バ韓国の崩壊が早まるワケですからwwwwww


-----------------------
韓国サムスン、米国で洗濯機の爆発相次ぎ集団提訴される

 2016年9月29日、中国紙・第一財経日報によると、米国で韓国サムスン電子製の洗濯機が爆発する事故が相次ぎ集団提訴された。 

 CNNによると、米消費者製品安全委員会(CPSC)は28日、2011年3月から16年4月に製造された縦型洗濯機の「安全問題」について消費者に注意を呼びかけた。サムスンとCPSCは、寝具類やかさばる物を洗濯する場合は弱流コースのみを使うよう促し、回転速度が遅ければ洗濯機のトラブルによるけがや破損のリスクを低減できるとしている。この洗濯機をめぐる問題はテキサス、ジョージア、インディアナの各州で報告され、利用者が1カ月ほど前、ニュージャージー州の連邦裁判所に集団代表訴訟を起こした。テキサス州の原告の1人は訴状の中で「ガレージの壁を突き破るほど激しい破裂だった」と不満を示した。原告側は、サムスン電子が「欠陥のある冷蔵庫を躍起になって回収し、全証拠の隠滅を図った」とも主張している。 

 報道によると、サムスン電子は声明で「潜在的な安全問題への対応について米当局と協議している」とし、「まれなケースとして、寝具類やかさばるもの、耐水性のものを洗濯すると、けがや物損のリスクが生じ得る異常振動が起きる可能性がある」と説明。「2011年以降、利用者は数億回の洗濯任務を完成させたが、事故は起きていない」とも補足している。

http://www.recordchina.co.jp/a151681.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








ドイツの家電量販店で、LG電子の社長がサムスン製洗濯機を壊す瞬間が防犯カメラに!!!!!

サムスンとLG電子、目糞鼻糞です



サムスン電子が、ライバルであるLG電子の社長らが犯罪を犯したとして韓国検察に捜査依頼をしたようです。


その犯罪の内容とは、ドイツの家電量販店でLG電子の社員らがサムスン製の洗濯機を壊したからなんだそうです。



故意にやったニダ!

触れただけで壊れたニダ! やるならこっそりやるニダ!!



とそれぞれの言い分は真っ向から食い違っているようですね。


ま、いかにも屑チョンらしい行いです。


自社製品のシェアを伸ばすため、製品向上に向けた努力をするのではなく他を蹴落とそうするのはまさに屑の思考でしょう。


こういう韓国塵らしい醜い争いはもっともっと世界の国々に知らせるべきでしょう。




韓国塵のみなさま、今日も全力での自己紹介ご苦労様です。

もっともっと努力してくださいね。



-----------------------
LG電子社長、量販店でサムスン洗濯機を故意に損壊!?

 韓国家電大手のサムスン電子がライバルメーカー・LG電子ホームアプライアンス事業本部門の趙成珍(チョ・ソンジン)社長をはじめとする役員・社員3人に対し、「海外で当社洗濯機を損壊した」として韓国検察に捜査依頼した。LG電子同部門の趙成珍社長と洗濯機研究所長チョ・ハンギ常務、そして社員1人が今月3日(現地時間)、ドイツ・ベルリンの家電量販店「ザトゥーン(Saturn)」の2店舗に展示されていたサムスン製ドラム式洗濯機7台に対し、ふたのヒンジ(ちょうつがいの一種)を故意に損壊したと訴えているものだ。LG電子は「日常的な製品テストをしただけ。サムスンが曲解している」と反論した。ドイツで一体、何が起こったのだろうか。

■LG幹部らがサムスン製洗濯機に触った後、異常を発見

 ヨーロッパ最大のエレクトロニクスショー「IFA 2014」開幕まであと二日と迫った3日、ドイツ・ベルリン市内。午前10時30分ごろ、家電量販店「ザトゥーン」シュティーグリッツ店に趙成珍社長をはじめとするLG電子社員7-8人がいた。彼らは5-6分間、「クリスタルブルー」などサムスン製洗濯機が陳列されている売場を見て回った。同じ日、LG電子チョ・ハンギ常務と社員1人は同市内にあるザトゥーンの別の店でサムスン製洗濯機を触っていた際、店員が「製品を壊した」と警察に通報した。

 警察官が駆け付けて調べた結果、チョ・ハンギ常務たちは壊れたサムスン製洗濯機4台の代金を支払うことで店側と合意した。サムスン電子はLG側の行動を「故意によるもの」と報告、11日にソウル中央地検に捜査依頼書を提出した。

■わざと壊した? それとも試しただけ?

 サムスン電子関係者は「LGの趙成珍社長は洗濯機のふたを横に開けてから両手で体重をかけ、上から下に押している様子が防犯カメラにとらえられていた。製品を壊し、消費者に問題のある製品であるかのように見せようと無理に力を加えたもの」と話す。サムスン電子は「LG側が同意するなら、防犯カメラの映像を公開する用意がある」としている。

 サムスン電子は14日に発表したプレスリリースで「韓国の威信を考え、ドイツでは事を荒立てなかったが、正しい競争秩序の確立という観点から、正確に事実関係を把握・確認するため司法機関の判断を求めることにした」と明らかにした。

 これに対し、LG電子は「話にならない」と激怒している。LG電子は14日のプレスリリースで「サムスン電子の製品をわざと壊そうとしてしたなら、こっそりやるはず。社長や社員がスーツ姿のような目立つ格好でガヤガヤと行くだろうか。製品に触っただけで、故意に損壊していない」と反論した。趙成珍社長はサムスン製洗濯機のドアを押した事実は認めながらも、「LG電子の洗濯機でもいつもしているテスト」と主張した。LG電子関係者は「その店に陳列されていたサムスン製品だけでなく、海外メーカーの製品など複数のモデルも押してみたが、問題が起こったのは該当モデル(サムスン製品)だけだった」と主張した。LG側の説明によると、趙成珍社長の一行は洗濯機のふたが少し緩いと感じたが、もともとこういうものなのだろうと思って閉めてその場を離れたとのことだ。

■両社社長のプライドが激突

 今回の出来事は、サムスン電子とLG電子を代表する経営者同士のプライド対決でもある。LG電子ホームアプライアンス事業本部門の趙成珍社長は1976年に高卒で入社、約40年間にわたりひたすら洗濯機の研究・開発に携わってきたことで有名で、工場に寝泊まりしてLG製洗濯機を世界1位にした立志伝的な人物だ。こうした功績が認められ、2012年11月に洗濯機・冷蔵庫・掃除機などを総括するホームアプライアンス事業本部門のトップになった。

 サムスン電子コンシューマエレクトロニクス部門の尹富根社長はテレビ専門家だ。06年に「ボルドー(Bordeaux)液晶表示装置(LCD)テレビ」を発売、サムスン製テレビが世界1位に躍進するのに重要な役割を果たした。尹富根社長は「テレビで成功した秘訣(ひけつ)をほかの家電製品にも取り入れよ」という特命を受け、12年からテレビ・生活家電事業を束ねるコンシューマエレクトロニクス部門を率いている。

 両社長とも「来年は世界の生活家電市場で1位を達成する」と宣言した。両社は現在、世界市場では米ワールプール・コーポレーションに次いで2・3位に付けている。両社長が目標を達成するには、まずライバルを蹴落とさなければならないことになる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/15/2014091501659.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








兵役最終日前日に、銃を洗濯機で洗ったバ韓国人ww

韓国軍では下半身スッポンポンが当たり前です


21か月に及ぶ兵役が終わる前日に、バ韓国の男が間抜けなことをしでかしていました。


銃の手入れを命じられたこの男は、あろうことかその銃を洗濯機で洗ってしまったのです。

当然すぐに見つかり、軍刑法違反で起訴されました。


本当に知恵の足りない糞チョンですね。



しかし、こういう連中しかいないのが糞韓国人なのです。

馬鹿に刃ものどころじゃありませんね、韓国人に兵器を扱わせるということは。



やはり韓国人にはキムチとトンスルと人糞だけ持たせているのが一番でしょう。


-----------------------
兵役最終日にとんでもない「手抜き」、突撃銃を洗濯機で洗った青年を軍警察が起訴―韓国

 2014年1月11日、人民網は記事「韓国人兵士、洗濯機でライフルで洗い懲役6カ月に」を掲載した。

 13年11月、21カ月間にわたる兵役を務め、翌日に転役(兵役を終え予備役となること)をひかえた21歳の兵長がとんでもない事件を起こしてしまった。最後だからということか、上官から銃を手入れするよう命じられたが、なんと洗濯機で洗うという暴挙に出だのだ。

 当然のことながら洗濯機からはとてつもない異音が。手抜きはあっという間に見つかり報告されてしまった。このあまりに悪質なやり口は許しがたいと、軍検察は軍刑法44条抗命規定を適用して起訴した。このたび懲役6カ月、執行猶予2年、強制労働80時間の判決が言い渡された。

 この21歳の青年は長く辛い兵役がようやく終わるはずだったのに、最後の1日の手抜きが原因で別のお勤めを果たさなければならなくなったようだ。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20140112010/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る