韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

流出

バ韓国の国防は不正が当たり前ww 国防科学研究所職員による機密流出で大量摘発!!!!

ポンコツ兵器しか作れないバ韓国


バ韓国の国防科学研究所の不正が明らかになっています。


退職者、現役の職員共に機密データを不正に外部へ持ち出すのが当たり前になっていたんだとかwww


今回大量に摘発されたとのことですが、容量の悪い連中が捕まっただけのことでしょう。





バ韓国の国防技術なんてどこの国が欲しがるのか?


当初は不思議に思っていたのですが、きっと買い手はバ韓国の企業なんでしょうね。


データを手に入れることにより、大金が転がり込む不正が実行しやすくなるんですからwwww



こういう流れで数々の名器(迷器)が誕生していたわけです。




あ!


データの流出の有無にかかわらず、屑チョンどもにまともな兵器を作れる技術力なんてありませんでしたね。



-----------------------
韓国国防科学研究所、「研究員による機密流出」またも大量摘発

 韓国の国防科学研究所(ADD)は、退職した研究員たちによる機密流出が大挙 摘発されたという報道について「データ流出に対する捜査が進められている」と伝えた。

 ADDは29日 声明文を出し「国防科学研究所はデータ流出自体に対して、厳重に認識している」とし「国防科学研究所は徹底した捜査がなされるよう、誠実に捜査に協力している」と伝えた。

 退職した研究員たちによる機密流出が防衛産業の不正へとつながっている可能性への指摘については「捜査の結果 防衛産業の不正に関する部分があれば、法と規定に基づいて措置をとる予定だ」とし「データ流出が防衛産業の不正につながっている可能性については、捜査の結果を通して確認される事項であるため、現段階では予断できない」と伝えた。

 韓国メディア“中央日報”では、ADDの機密流出の事例が大量に摘発されたとして、防衛産業の不正につながっている可能性は高いと報道されている。

 この報道によると、ADDは自体調査の結果 ここ4年4か月(2016年1月から2020年4月)の間、退職者1078人のうち46人の「機密流出の容疑者」を追加で摘発した。以前 警察の捜査を受けた23人を合わせると、退職者のうち機密流出の容疑者は70人あまりとなる。また 現職の職員たちのうちの126人がデータを無断で搬出するなど、保安規定を違反していたと調査された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef8d0839252def8b229d18e88c3786e8f13a997f
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の予備校教師による大犯罪!! 米国大学入学資格試験を不正に入手し、答案を売りさばいていた!!

バ韓国塵がカンニングしないわけがない


バ韓国・ソウルの予備校教師が、とんでもない不正を働いていました。


この5年間、アメリカの大学入学資格試験を不正に入手し、

その答案を受験生の保護者に売りさばいていたのです!!


この答案を購入した受験生は満点に近い点数を取っていたとのこと。



そもそも、屑チョンが不正を働かずに試験を受けるわけがありません。


世界中の大学は、今すぐにでも屑チョン学生を処分するべきでしょう。



1匹の例外もなく、不正を働いて合格しているのですから。



退学処分でも構いませんし、もちろん殺処分でも問題ナシです。



今後はこうした不正を防ぐために、朝鮮ヒトモドキに試験を受けさせないというのが最善の方法でしょうね。




-----------------------
中国・欧州またにかけたSAT試験問題流出作戦…江南の有名予備校講師、ブローカー立件

 ソウル・江南地域の有名予備校講師が2014年から19年まで中国からSAT(米国大学入学資格試験)の試験問題をこっそり入手した後、その答案をヨーロッパに留学中の受験生の保護者に3000万-5000万ウォン(約270-450万円)で売っていた容疑で警察に逮捕された。

 ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は、こうした疑いで予備校講師A容疑者を逮捕し、取り調べていることを11日、明らかにした。警察はA容疑者と取引した受験生の保護者26人も立件した。このほとんどが実業家や医師などの富裕層で、A容疑者に予備校近くのカフェで5万ウォン(約4500円)札の束が入った紙袋を渡していたことが分かった。

 SATは年に4-6回、世界約200カ国で同じ日に行われるが、時差があるため試験時間が少しずつ異なる。中国ではヨーロッパより10時間早く試験が行われる。A容疑者一味はこの点を悪用したものだ。

 警察によると、A容疑者は中国でSATが終わった直後、中国の現地ブローカーから試験問題を受け取ったという。A容疑者はすぐに答案を作成、ヨーロッパで待機している受験生に電子メールで送り、受験生は答案の内容を覚えて現地で試験を受けたとのことだ。米国から中国に運送された試験問題用紙を試験1週間に開封される前に抜き取ったケースもあったという。A容疑者は中国側にビットコインで支払いをしていたことが分かった。警察関係者は「ほとんどの受験生が満点に近い高得点を取っていた。中には実際に米国の有名大学に入学した受験生もいる」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/12/2020091280002.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・サムスンの工場で二酸化炭素流出事故!作業員1匹死亡するも、サムスンの通報は2時間後!!

サムスン電子の器興工場、事故で作業員1匹死亡


先日、バ韓国のサムスンの工場で二酸化炭素流出事故が発生していました。

作業中に配管が破損し、そこから二酸化炭素が流出したようです。


この事故でサムスンの協力会社の社員1匹が死亡し、2匹が病院に搬送されたとのこと。



サムスン側が消防当局に通報したのは、事故発生後2時間が経ってから!!


「自社消防隊と救助隊が対処したため問題ないニダ!」


と説明しているようです。



つまり関連会社の社員が死のうが死ぬまいが、問題ないということですねwwwww



以前からサムスンの工場では関連会社の社員が犠牲になる事故がちょくちょく発生しているようです。


どうやらサムスンの安全管理とは、危険な作業は関連会社の社員にやらせるということのようですねwwwwwww


さすが屑チョン!


遺族様どもは今頃大張り切りでアップを始めているんでしうなぁwwwww



-----------------------
サムスンの協力会社職員がまた犠牲に、事故対応や安全管理に疑問の声も

 2018年9月5日、韓国・TV朝鮮によると、サムスン電子の器興工場で発生した二酸化炭素流出事故をめぐり、同社の対応が物議を醸している。 

 4日午後1時55分ごろ、器興工場地下1階の機械室で3人が倒れているのが発見された。消防設備の取り換え作業中に配管が破損したものとみられており、協力会社の職員1人が死亡、2人が病院に搬送され治療を受けている。 

 問題となっているのは、サムスンが事故発生から約2時間が過ぎた3時48分に消防当局と労働部に通報していたこと。消防当局関係者は「事故の知らせを聞いてサムスンに数回電話をかけたがつながらず、2時間後に通報を受けた」と述べたという。一方、サムスンは「自社消防隊と救助隊が対処したため問題ない」と説明したという。 

 また韓国・KBSによると、サムスンでは、協力会社の職員が犠牲となる事故が相次いで発生している。2014年3月と15年11月に同社事業場内で発生した化学物質事故の被害者も全員、協力会社の職員だった。そのため、一部からは「危険な作業は全て協力会社に担当させているのではないか」「安全管理に構造上の問題があるのではないか」と疑う声が上がっているという。 

 これについて、韓国のネット上では「サムスンは事故が起きても悪びれない。真っ先に犠牲者に謝罪するべきだし、すぐに通報しなかったことに対する調査を受けるべき」「安全を一番に考える文化が定着してほしい」など、サムスンの対応に不満の声が上がっている。 

 ただ、大部分はサムスンを擁護しており、「サムスンは悪くない。協力会社のことまで面倒みられないよ」「2時間で通報したならいい方では?」「サムスンの職員に消防業務までさせるの?。専門の業者に頼むのは当然のこと」「サムスンの職員ならけがしてもいいということ?。どういう論理?」などの声が寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b641096-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















北朝鮮製の「顔認識プログラム」をバ韓国軍に納入しようとしていた屑チョン逮捕ww

バ韓国塵は同じ顔ばかりの醜い生物


北チョン製の「顔認識プログラム」をバ韓国軍に納入しようとしていた屑チョンが逮捕されていました。


事の経緯なんかより、朝鮮ヒトモドキが「顔認識プログラム」を開発していたことに驚いてしまいます。



近親相姦の成れの果てで、同じ顔ばかりした醜い屑チョンども。

その個体を認識できるとは到底思えないのですが……。



ま、所詮は屑チョン製なので、他国のものを丸々パクったか、かなりいい加減なものなんでしょうね。



-----------------------
北朝鮮製「顔認識プログラム」、韓国軍に納入図った男逮捕

 京畿道で情報技術(IT)関連の中小企業を経営、北朝鮮向けの事業をしている男が先月11日に逮捕された。文在寅(ムン・ジェイン)政権になってからは珍しい国家保安法違反容疑だった。逮捕時の具体的な容疑内容については分かっていない。

 警察・検察が3日に明らかにしたところによると、この男は韓国軍が休戦ラインの対北朝鮮監視装置の入札公告を出した時、北朝鮮が開発した「顔認識プログラム」を納入しようとしたほか、この過程で軍事機密を北朝鮮に伝えていたことが分かった。顔認識プログラムは防犯カメラをはじめとする、さまざまなセキュリティー関連プログラムに使用されている。男は北朝鮮にプログラム開発費名目で48万ドル(約5300万円)を渡した疑いも持たれているという。ソウル中央地検公安第1部は、早ければ4日にも男を起訴する方針だ。

 この事件を捜査したソウル地方警察庁保安捜査隊が男の疑惑を最初にとらえたのは6年前のことだった。ソウル地域の大学総学生会連合闘争局長を務め、学生運動家だったこの男の電子メールやソーシャル・メディアから、北朝鮮関係者と連絡をしていた形跡が見つかったのが手がかりになったという。男に接触したのは、セキュリティー・プログラム開発者のパク・ドゥホ金日成(キム・イルソン)総合大学情報技術研究所所長と、その部下のリ・ソンジュンという人物だった。北朝鮮と穀物取引関連事業を行ってきたこの男は、2007年に中国で活動する仲介業者を通じてこれらの人物と接触してきたことが分かった。

 その後の捜査過程で、男が2013年に韓国軍の軍事機密を北朝鮮に流出させていた容疑も明らかになったという。13年に防衛事業庁が韓国軍の海岸・休戦ライン周辺の北朝鮮監視装置の入札公告を出したところ、男は北朝鮮が開発した顔認識セキュリティー・プログラムを軍に納入しようとしたというものだ。男は、韓国軍が希望する監視装置の性能・企画・仕様などを電子メールで北朝鮮に伝え、これに合わせてプログラムを開発してほしいと要請したとされる。そうして、14年4月から昨年7月まで北朝鮮にプログラム開発費の名目で数十回にわたり合計48万ドルを渡したというものだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/04/2018090400840.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る