韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

流産

【2か月間で3度も検出!】バ韓国産エノキダケからまたまた食中毒菌!!!!!!!!!

バ韓国産エノキダケはただの毒物


世界中に糞迷惑なものを輸出しているバ韓国。


爆発するスマホや車、性病まみれの売春婦、そして病原菌まみれの汚物……。



今回発覚したのはアメリカに輸出されているバ韓国産エノキダケ。



当ブログで過去にもお伝えしていますが、またまた食中毒でアメリカ人を殺していました!



バ韓国産エノキダケによりアメリカ人4名が死亡、そして2人の妊婦が流産してしまったようです。




バ韓国産のものを口にしたのですから自業自得と言えるかもしれません。



しかし、きゃつらにとって産地偽装は当たり前のことになっています。


我々ももっと気をつけなければ、いつ毒物を口にするか分かったものではありません。



特に、AEONだのトップバリュだのは危険です。



企業ぐるみで産地偽装して、汚物を店頭に並べる常習犯ですから。





-----------------------
米国で韓国産エノキダケからまた食中毒菌…「火を通して食べれば安全」

 米国に輸出された韓国産のエノキダケからまた食中毒菌が検出された。この2カ月間で3度目の検出で、韓国産エノキダケの米国向け輸出が当分難しくなった。韓国国内ではエノキダケ食中毒菌問題は起きていないが、食中毒を予防するにはキノコを別に保管し煮て食べるのが安全だ。

 農水産食品流通公社は4日、米食品流通会社のH&Cフードが韓国から輸入したエノキダケから食中毒菌が見つかり、該当製品をリコールしたと明らかにした。今回検出されたリステリア菌は頭痛、筋肉痛、発熱などを引き起こすことがある。また、髄膜炎と流産を誘発することもあり、高齢者と妊婦は特に気を付けなければならない。米食品医薬品局(FDA)はH&Cフードに対し輸入警報を発令した。

 米国で韓国産エノキダケからリステリア菌が検出されたのは、3月にソンホンフードなどが輸出した製品に続き3度目だ。当時エノキダケを食べて4人が死亡し2人の妊婦が流産した。昨年の韓国のエノキダケ輸出額は2270万ドルで、このうち米国に輸出される割合は40%に達する。

 米国でエノキダケ食中毒問題が起き続けているが、韓国では大きな問題がないことに対して韓国政府は「食文化の違い」を主な理由に挙げる。韓国はエノキダケに火を通して食べるが、米国ではサラダスタイルでそのまま食べるという違いがあるということだ。韓国では生で食べることはほとんどないためエノキダケに対する食中毒菌実態調査も特に実施していない。マツタケ、コウタケ、イワタケなども同じだ。

 しかしキノコは基本的に毒性がある可能性があり、生で食べない方が良い。カトリック大学家庭医学科のソン・サンウク教授は「キノコではなくても食中毒菌汚染が疑われる食品は注意すべき。食中毒菌は熱に弱いので必ず火を通して食べなければならない」と助言した。

 食中毒を予防するには食材を70度以上で3~10分ほど加熱すれば良い。食中毒菌がほとんどなくなるためだ。肉や魚は72度、鶏肉や鴨肉などは83度まで加熱した後に食べれば大きな問題はない。保管も気を遣わなければならない。火を通して食べる食品と生で食べる食品は分けて保管することが望ましい。特にリステリア菌は0~10度の冷蔵下でも生きるため冷蔵庫に食料を保管する時は専用の密閉容器に入れなければならない。

https://japanese.joins.com/JArticle/265563
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【種の限界!】韓国塵のメスが流産を経験する確率は10パーセント以上に!

韓国の産湯に浸かるだなんてご愁傷様



バ韓国で「韓国の妊婦10匹のうち1匹は流産を経験する可能性があるニダ」と最新のデータが紹介されていました。



ま、売春婦としてはそのほうが稼げるから問題ないんじゃないッスかね。

流産とは名ばかりで、この中にかなりの割合で中絶も含まれているでしょうから。



それに、韓国塵として生まれ落ちてくる子供が減るということは歓迎すべき事態ですしね。






もう種としての限界なんでしょうね。

10パーセントなんて言わずに、90パーセント以上の確率で流産してほしいものです。




-----------------------
韓国女性の身体がピンチ!流産のリスク高く、乳がん罹患率は東アジアでトップ―中国メディア

 中国・人民網は17日、乳がんの罹患(りかん)率が東アジアで最も高くなるなど、韓国の女性の健康に赤信号が灯っていると報じた。

 韓国・中央日報の報道によると、国会・保健福祉委員会のナムユン・インスン議員はこのほど、健康保険公団の資料から、「韓国の妊婦10人のうち1人は流産を経験する可能性がある」とのデータを紹介した。

 自然流産が増える原因は、妊娠年齢が高くなることと大きな関係があるとされる。韓国健康保険政策研究院によれば、流産は30代後半から増え始め、40代以上では流産のリスクは30代の5倍と高くなる。

 一山病院産婦人科のチョン・ジェウン教授は「35歳を超えると身体的な老化によって卵子の染色体に突然変異が生じるケースが増加するため、流産のリスクが高まる」と説明した。

 女性の社会的活動が増えたことも、流産のリスクが高まる原因だという。韓国保健社会研究院のイ・サンニム博士は、「政府が支援する健康診断の項目に産婦人科の項目を増やし、公的に管理していく必要がある」と指摘した。

 また韓国人女性は東アジアの女性の中で乳がんの罹患率が最も高いことも分かった。韓国乳がん学会によると、韓国の女性10万人当たりの乳がん罹患率は2008年に38.9人だったものが、12年には52.1人に増加した。この割合は日本の51.5人を超え、東アジアの国で最高となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00000007-xinhua-cn
-----------------------


また東アジアの中で乳がんの罹患率が一番高いのは韓国塵メスだということも判明していたようです。



そりゃそうでしょうね。

常に福島第一原発付近よりも高い放射線を浴びながら生きているのですからwwww





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ姦酷】売春婦はどうなる? 流産・早産防止のため、労働基準法が改正ww

堕胎で大繁盛の韓国産婦人科


出生率低下が著しいバ韓国では、今年の9月から妊婦の労働環境を改善する動きがあるようです。

妊娠中の一定期間は勤務時間を短縮することができ、事業者側はその分の賃金を削減することもできないとなっています。



女性蔑視の激しいバ韓国では有名無実化すること間違い無しでしょうね。


そもそも糞チョンのメスの主要な職業である「売春婦」にこの法律が適用されるのでしょうか?


-----------------------
流産・早産リスク回避のため労働基準法を改正へ

妊娠12週以内・36週以降なら1日2時間勤務短縮可能に

 今年9月25日から妊娠12週以内、または36週以降の女性は1日2時間、労働時間を短縮できるようになる。

 雇用労働部(省に相当)は妊娠12週以内については流産の危険性、36週以降は早産の危険性が大きいことから労働基準法を改正し、上記のような内容の「妊娠期労働時間短縮制」を導入することにした。同部が24日、明らかにした。今後は常時労働者が300名以上の事業所で、妊娠中の女性労働者が労働時間の短縮を申請すれば必ず許可しなければならず、この期間中は賃金も削減できなくなる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/25/2014032500682.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る