韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

海外旅行

キチガイ沙汰www バ韓国塵の海外旅行先検索、日本が1位!!!!!!!!

反日キチガイのくせに日本に来たがるバ韓国塵ども


最新の調査によると、この1年間で屑チョンどもが旅行先として検索した国は「日本」が1位だったようです。

うーん、これは問題ですね。


あのキチガイどもは反日を生きがいにしているくせに、どうしてこうも日本に来たがるのでしょう?


我々にも問題があります。

もっともっと屑チョンどもに嫌われる努力を行うべきでしょう。




公共の場所からハングル表記を完全に排除し、

不法滞在しているヒトモドキどもを狩りだして国外に追放するなど、

屑チョンどもの生きにくい社会を目指すべきなのです。



ゴキブリにとって住みやすい汚い台所より、ゴキブリが生きにくい清潔な台所のほうがいいに決まってるのですから!



-----------------------
韓国人の海外旅行先検索 日本が不動の1位

 英旅行比較サイト大手「スカイスキャナー」によると、韓国で昨年10月から今年9月まで検索数が最も多かった海外旅行先は日本だった。

 日本は東京、大阪の根強い人気に加え、最近は北九州や静岡といった地方への旅行が注目を集めている。

 次いでベトナム、タイ、フィリピン、米国(本土)、台湾、香港、中国、グアム、マレーシアの順だった。上位10位は米本土以外、韓国からの直行便なら5時間前後で行ける。週末や短い連休を利用して気軽に出かけられる近距離の旅行の人気が続いていることがうかがえる。

 一方、検索数が前年同期比で最も大きく伸びたのはポルトガルで、93%増を記録した。ハンガリーも74%増えた。テレビのバラエティー番組でロケ地となり、関心を集めている。仕事と生活の調和を図るワーク・ライフ・バランス重視の流れで、長距離の旅行先も多様化しているようだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/05/2018120580024.html
-----------------------


一番手っ取り早いのは、ヒトモドキを見かけ次第ぶっロコすことなんですがねwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・秋夕】屑チョンどもの海外旅行の行き先、1位から3位まで全部日本!!!!!

秋夕で日本に押し寄せる害獣バ韓国塵ども


秋夕の連休で海外旅行に出かける屑チョンども。

その行先は、日本の大阪、福岡、東京が1位から3位となっているようです。



いやぁ、本当に許しがたいですね。


きゃつらが訪れることによって、日本の観光地として価値が急落するだけです。



さらに、HIVウイルスやMERSも撒き散らし兼ねません。


こうした災難を食い止めるためには、バ韓国塵狩りをもっと積極的に行わなければならないでしょう。



ツリ目エラ張り生物を見かけ次第ぶっロコし、日本に旅行しようという気を消し去るしかないのです。


きゃつらを害獣指定して、正々堂々と駆除できるよう法改正を急ぐべきでしょうね。


-----------------------
韓国秋夕連休の海外人気旅行先、依然として1~3位は日本が独占

 今年の韓国秋夕(チュソク、中秋)連休も日本が人気旅行先1~3位を独占した。 

 eコマース(電子商取引)企業のティーモン(TMON)が今年の秋夕連休期間(9月22~30日)の国内外航空券予約件数を分析した結果、海外旅行の場合、昨年よりも22%増加したと23日、明らかにした。特に、今年の海外旅行先を地域別に見てみると、日本が全体の30%を占めて1位となった。 

 昨年に比べると6%ポイント減少したものの、大阪、福岡、東京が1~3位を独占し、依然として韓国人の人気旅行先に挙げられている。 

 一方、日本以外で航空券の予約が多かったのは、東南アジア・中東(28%)、中華地域・ロシア(19%)、米国・欧州(17%)の順となっている。

https://japanese.joins.com/article/446/245446.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------


屑チョン観光客を相手に商売しているような連中も同罪ですね。

日本に仇なす外敵と見做し、きゃつらと一緒に土に還してあげるべきでしょう。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















秋夕のバ韓国、3600万匹以上が国内外を旅行……

秋夕で大移動を始めたバ韓国塵ども


バ韓国で秋夕連休が始まったとのこと。

帰省や旅行で、国内外を移動する屑チョンの数は3600万匹以上になるようです。


この移動中に1匹でも多くの屑チョンが死んでくれることを願いたいものですね。



自動車事故、高速鉄道の事故、MERSウイルスの拡散……、

はたまた建造物の崩壊に、スマホ発火での大火災など。


常に死と隣合わせ状態のバ韓国なので、

必ずや我々をほっこりさせてくれるニュースが届くはずですwwww



-----------------------
秋夕連休の韓国、3664万人が大移動

 大移動が始まった。国土交通部(省に相当)は旧正月と並ぶ韓国の年中行事・秋夕(中秋節。今年は9月24日)の特別交通対策期間(21-26日)中に全国で3664万人が帰省したり、国内外を旅行したりすると予測している。秋夕前半の帰省期間には2092万人、後半の帰京期間には1572万人の移動が見込まれている。一日平均611万人で、昨年の秋夕(628万人)よりは少ないが、それでも普段(321万人)の2倍近い。帰省客10人中8人が乗用車を利用する見込みで、渋滞はさらにひどくなりそうだ。

 全体の交通量はやや減少しそうだが、秋夕連休(今年は9月22日から26日まで)に帰省ではなく海外旅行をする人は一日あたりの予想でむしろ増える。昨年は連休10日間で一日7万2000人、合計72万人が海外に出たが、今年は連休5日間で一日9万人、合計45万人が飛行機に登場する。旅行先は東南アジア(29%)、日本(26%)、中国(18%)の順に多い。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/22/2018092200420.html?ent_rank_news
-----------------------

帰省するだけでなく、海外旅行に行く屑チョンが増えているのは問題ですね。

害獣どもは半島から一歩も出ることなく、その醜くて汚い一生を終えてほしいものです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【大問題】海外旅行のついでに高齢者を現地に遺棄するバ韓国塵ども!!

実の子供に置き去りにされるバ韓国の老害ども


現在、バ韓国では高齢者に対する“虐待”が続々と発生しているようです。

この10年間で70パーセント近く虐待が増えており、今後も増え続けることでしょう。


ま、地獄以下のバ韓国で暮らしていくためには、実の親であろうと虐待せずにはいられないのでしょうね。


そして、最近問題になっているのは、

海外旅行のついでに、高齢者の母親を現地のモーテルに置き去りにするという事例です。



ゴミを持ち帰らず、現地に遺棄するとはまさに屑チョンらしい所業と言えますね。



次から次へと我々人類に迷惑をかける新たな方法を生み出すバ韓国塵ども。

さっさと一匹残らずぶっロコしたいものですね。


もちろん屑在日、糞帰化チョン、成り済まし、2世、3世も同様に、完全粛清を目指したいものです。



-----------------------
韓国で現代版の“うば捨て”が横行、海外に置き去りの例も=「老後に備えておかねば」「昔はこんなことはなかったのに」―韓国ネット

 2017年6月14日、韓国・ヘラルド経済は、韓国で年々増加している高齢者虐待の問題が、身体的・精神的虐待にとどまらず、放任・遺棄にまで広がっていると伝えた。 

 韓国で高齢者虐待に関する業務を担当する公共機関・中央老人保護専門機関がまとめた「2015年 高齢者虐待の現状」によると、韓国の高齢者虐待は06年に2274件だったものが15年には3818件になり、10年間で67.9%増加していた。 

 また、同機関が15年に申告を受けた事例のうち、実際に虐待が行われていた事例6154件をタイプ別に分析した結果、「精神的虐待」(37.9%)や「身体的虐待」(25.9%)が多かったものの、一方で「放任」(14.9% )、「遺棄」(0.8%)も決して少なくないことが分かった。「放任」は扶養義務者が一切の責任を拒否し、高齢者の衣食住や医療を提供しない行為を、「遺棄」は扶養義務者が高齢者を捨てる行為を指す。 

 記事は、こうした被害に遭った2人の高齢者の事例を紹介している。 

 80代の女性キムさんは、末息子に連れられてフィリピンに渡ったが、息子が兄たちに「母さんが死んだ」とうそをつき葬儀費用を受け取っていたことを知ったショックで倒れ、後に認知症の症状まで現れた。息子は衰えた老母を現地のモーテルに遺棄し逃げてしまった。 

 また、一人娘に連れられ米国に移住した60代後半の女性ハンさんは、医療保険制度が整っていない米国で認知症にかかった。娘は経済的に母を扶養できないと判断し、母を連れて韓国に戻ったが、ソウルの仁川(インチョン)空港にそのまま置き去りに。ハンさんは空港で「母をソウルの老人ホームに送ってほしい」と書かれた名札を着け一人さまよっていたという。現在、ハンさんは無縁基礎生活受給者に指定され、保護施設で生活している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「自分の老後は自分でなんとかせねばならないようだ」「今のように世知辛い世の中、子どもには頼れない」「子どもの教育費に全財産を使ってしまったら、老後は悲惨だ」「子どもは老後の保険ではない」「老後に備えておかねば…」など、自身の老後に不安の声が多く寄せられた。 

 また、「行いはブーメランになって自分に返ってくる」「昔はこんなことはなかったのに」など、変わってしまった社会や虐待を嘆く声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/b173454-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る