韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

海洋警備安全署

バ韓国・海警が中国漁船を攻撃!! 漁船は爆発炎上して中国人船員3名が死亡!!!!

バ韓国海警の攻撃で中国漁船が爆発!


バ韓国のEEZで違法操業していた中国漁船。

その漁船に対して、バ韓国の海洋警備安全署が閃光弾を投げ込んだところ……。


漁船が爆発炎上して、中国人の船員3人が死亡するという事件が発生していました!!


いやぁ、糞支那と屑チョン同士で殺し合う姿は本当に素晴らしいですね。

ここはぜひ中国側の報復攻撃に期待したいものです。

中国人3人分ですから、屑チョン5000万匹分くらいをブっ殺せば釣り合いがとれるのでは?


屑チョンどもが死に絶えるまでに、糞支那の人口が10000分の1くらいに減ってくれれば尚良しですねwwww


-----------------------
韓国海警、検問に抵抗した中国漁船に閃光弾…火災で3人死亡

 韓国側の排他的経済水域(EEZ)で違法操業をしていた中国漁船で火災が発生し、中国人船員3人が死亡した。取り締まりを避けて逃げる中国漁船に乗り込んだ韓国海警が投げた閃光爆音弾が爆発し、漁船から災と煙が上がった。木浦(モクポ)海洋警備安全署(木浦海警)によると、29日午前9時45分ごろ、全羅南道新安郡紅島(ホンド)の南西約70キロの海上で102トン級の中国漁船S号で火災が発生した。

 火災の直後、木浦海警所属3009艦は消火砲を使って鎮火に入った。またS号に乗っていた船員17人のうち14人を救助し、3009艦に乗せた。しかし鎮火を終えた海警が船内を調べていたところ、午後12時2分ごろ、中国船員3人(30代1人、50代1人、60代1人)が機関室内の床にうつ伏せになった状態で見つかった。3人の呼吸と脈拍を確認できず海警は直ちに心肺蘇生術を実施したが、午後3時46分ごろ死亡した。3人に特に外傷はなかった。海警は煙で窒息死したとみている。S号に火災が発生した海上は韓国側EEZ。

 これに先立ち海警は火災発生前のこの日午前9時20分からマニュアルに基づき3回以上の停船命令を出した後、検問しようとしたが、船員は応じず逃走しようとした。このため海警検索チームはS号に乗り込んだ。船員は検問を避けるために操舵室を閉鎖して抵抗した。海警は強い光と爆音を出す閃光爆音弾3つを操舵室の中に投げた。2発が爆発し、1発は不発だった。その後、操舵室付近で火災が発生した。

 長さ128ミリ、周囲45ミリの円筒形の閃光爆音弾は安全ピンを抜いて2,3秒以内に投げると、光・爆音とともに煙が出る。閃光爆音弾は銃などの武器とは違い非殺傷用であり、今回の火災と直接的な関係があるかどうかは調査が必要だと海警は説明した。また、中国漁船取り締まりなどの現場で閃光爆音弾によって船に火災が発生したことはこれまでなかったという。

 韓国の領海(12海里)ではないため許可を受けた中国漁船は操業が可能だ。しかし海警が調べた結果、イシモチなどを獲っていたS号は漁業許可自体がなかった。海警の検問では別の船の許可書類を出した。無許可違法操業が確認されれば拿捕され、億ウォン(数千万円)台の担保金を支払うことになるが、これを避けようと逃走を図ったと海警は把握している。救助された中国人船員14人と死亡した船員3人の遺体を乗せた3009艦は30日0時30分ごろ木浦に入港する予定だ。また火災が発生したS号は曳航され、30日午前10時ごろ入港するという。海警の関係者は「閃光爆音弾が中国漁船にあった油などと接触して出火した可能性を排除せず、正確な事故原因を調査する方針」と述べた。

 在韓中国大使館側はこの日、木浦海警を訪問し、正確な調査を要請した。これまで韓国の西・南側の海では違法操業をする中国漁船と韓国海警の取り締まりで、海警と中国船員の死亡事故が相次いでいた。

 ソウル市立大のイ・チャンウィ教授(海洋法)は「事故を減らすには現在中断している西海(ソヘ、黄海)韓中海洋境界画定談判を速やかに進めなければいけない」とし「その間消極的だった中国が積極的な姿勢を見せる必要がある」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160930-00000006-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国のEEZ内で違法操業! 中国漁船2隻が拿捕される!!

カナヅチだらけのバ韓国海洋警察ww


バ韓国の領海内で操業していた中国の漁船2隻が拿捕されていました。

アッサリと海洋警備安全署に捕まったとのことで、残念ですね。



盛大に殺しあってくれなきゃ楽しめませんから!



中国人とバ韓国塵が殺しあうことによって、多少なりとも地上が浄化されるのですからねwwwww



それにしても奴隷の分際で御主人様を捕まえるとは、フザけた話ですね。

殺しあいではなく、一方的に中国が罰を与えるってのもアリでしょう。


ただの害獣でしかないのですから、5000万匹くらいの屑チョンを殺したとしても誰も文句は言わないでしょうし。



-----------------------
韓国済州で中国漁船2隻拿捕、違法操業の疑いで

 韓国の済州海洋警備安全署は7日、韓国の排他的経済水域(EEZ)内で中国漁船2隻を拿捕(だほ)したことを明らかにした。違法操業の疑いがあるとしている。聯合ニュースの同日付の報道として、中国・環球網が8日伝えた。

 報道によると、中国漁船は山東省の石島港に所属。漁網を使い韓国のEEZ内で魚640キログラムを獲ったとされるが、日誌に記載はなかった。

 2隻は6日夜、済州島近くの遮帰島から南西に70キロメートル離れた海域で拿捕された後、済州港に移され、船長と乗組員らが調べを受けている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00000021-xinhua-cn
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【さすがバ韓国www】カナヅチの海洋警備安全署の連中が海を掃除とかwww 「全部で100トン分のゴミを回収したニダ!」

母なる海を汚染する屑朝鮮ヒトモドキども


屑チョンどもが海を清掃したとのことですが……。

随分少ない数で掃除してるんですねぇ。

しかも手ぶら状態のまま浅瀬でwwwwwwww


あ! 海洋警備安全署の連中なので、深いところには行けないんですね。


それにしてもこれで「100トンのゴミを回収したニダ!」とはずいぶんと盛ったものですwwwwwww


-----------------------
海をきれいに

 慶尚北道・浦項の迎日台海水浴場では、本格的な海水浴シーズンを前に浦項海洋警備安全署職員による清掃活動が行われた。漁具やロープ、ビニールなど約100トンのごみを回収した。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20150604139500882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【m9(^Д ^)プギャー】「国民安全の日」に救助訓練を行ったバ韓国の海洋警備安全署www

海洋警備安全署が塵命救助訓練を実施中


パククネ婆が制定した「国民安全の日」。

セウォル号が沈没した4月16日を「安全の日」とか言ってしまうセンスに吐き気がしますね。


そんな記念日に行われていたのが海洋警備安全署の救助訓練。

450匹も動員しているようですが、ヘリが1機だけとはなんともみすぼらしいものです。


もうハナから救助する気なんてないんでしょうね。

有事の際の責任逃れのパフォーマンスに余念が無いといったところでしょう。


セウォル号沈没クラスの惨事が多発して、1年365日すべてが「国民安全の日」になることを期待したいもんですwwwww


-----------------------
「国民安全の日」人命救助訓練=韓国・釜山

 釜山(プサン)海洋警備安全署は「第1回国民安全の日」を迎えた16日、釜山海警専用埠頭前の海上で人命救助訓練を実施した。韓国海洋大学の学生、海洋警察、消防隊員ら450人余りと船舶15隻、ヘリコプター1機が参加した。 

 「国民安全の日」は、朴槿恵(パク・クネ)大統領が昨年行ったセウォル号の後続対策談話によって制定された。

http://japanese.joins.com/article/165/199165.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る