韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

消費者

欠陥テレビを売りつけて補償要求を無視!! 豪州でバ韓国・LG電子に賠償命令が下される!!

バ韓国の家電製品は欠陥品しか存在しない


オーストラリアの裁判で、LG電子に対し消費者2人に賠償金を支払うよう判決が下されていました。


LG電子は欠陥テレビを売りつけておきながら、修理・交換・返品を拒否。

消費者の補償要求をガン無視していたのです。


この結果、16万豪州ドル(約1170万円)を支払うことになったわけです。


これは色々と期待できそうですね。



バ韓国企業の製品はほぼ100パーセントに確率で欠陥品です。

今回の訴訟を機に、大勢のユーザーが補償を求めてくることでしょう。



オーストラリアだけではなく、訴訟大国のアメリカでも似たような判決が続出すれば、

あっという間にバ韓国経済は崩壊します。



今回の訴訟の波及効果が楽しみで仕方ありませんねwwww


-----------------------
豪州で韓国企業に賠償命令、欠陥製品の補償要求を無視=韓国ネットからも不満続出

 2019年9月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のLG電子が豪州でテレビ製品の欠陥被害を主張する消費者2人による修理・補償要求を無視したため訴訟に発展し、賠償金を支払うことになった。 

 記事によると、豪州連邦裁判所は今月始め、欠陥のあるテレビ製品の修理、交換、返品を拒否したとの理由で、LG電子に対し消費者2人に計16万豪州ドル(約1170万円)を支払うよう命じる判決を下した。

 ことの発端は、2013年にLG電子製のテレビを購入した2人の消費者が、1年も使用しないうちに画面に異常が生じたことに気付いたこと。2人はコールセンターに連絡し補償を要求したが、会社側は「修理を希望するなら別途の費用が必要」「消費者は品質保証書に明示されていること以外に主張する権利がない」という趣旨の回答で拒否した。 

 このため、豪競争消費者委員会(ACCC)が2人に代わって16年にLG電子を相手取り訴訟を起こした。17年に敗訴したが翌年に控訴し、今回の「逆転勝利」を引き出したという。ただ、LG電子側は「たくさんの電話に応対するコールセンタースタッフの単純なミス」だと釈明しており、裁判所も一定部分を認めているという。 

 LG電子は「今回の件を大変真摯(しんし)に受け止めている。再発防止策を強化しており、今後も顧客サービスのための政策と手順を改善し、豪消費者法に基づく義務を遵守する」とコメントしている。

 この記事に、韓国のネットユーザーからも「LGのテレビのアフターサービスは韓国内でもひどいもんだよ」「豪州でも韓国内と同じ調子で対応して、しくじったんだな」「冷蔵庫を買って1年で冷凍室が故障し、1カ月経っても修理を受けられず、抗議しても反応なし。結局、他メーカーの物に買い替えた。LGのサービス、経験者はよく分かるよね(笑)」「LGのノートパソコン、1年も経たずに液晶が壊れた。センターに持っていったら、液晶部分を押したんだろうと言われて、見もしないで修理拒否」など、LGの顧客サービスや製品に対する不満の声が殺到している。 

 また韓国内ではLG電子製の衣類乾燥機がリコールになったことから「乾燥機問題を何とかしてよ」「お金を返してほしい」「購入者は返品を願っていたのに、無償修理でごまかされた。豪州ならLGはつぶれてるぞ」などという意見も寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b743822-s0-c30-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の消費者の保険満足度は、世界最下位ぃぃぃぃぃぃぃぃッ!!

バ韓国の消費者の保険満足度は世界最下位


最新の調査によると、バ韓国の消費者の保険満足度は世界最下位だったようです。

ま、実にバ韓国らしい結果ですね。


いざ保険金の支払いの段階になって、

保険会社が難癖つけて支払いを渋ったり、金額を減額したりするのは屑チョンの習性にピッタリですからねwwww


バ韓国経済の崩壊が間近に迫り、契約をないがしろにするバ韓国の保険会社は今後も増加するでしょう。

それゆえ、今後もダントツ最下位の位置をキープするに違いありません。



そもそも屑チョンなどという低能生物に、保険商品なんてものはてんで似合いませんからねぇwww


-----------------------
韓国の消費者の保険満足度、世界最下位

 韓国消費者の保険に対する満足度が世界最下位水準となった。グローバルコンサルティング会社キャップジェミニがこのほど発表した「世界保険報告書2016」によると、30カ国のうち韓国の保険消費者経験評価指数(CEI)は最も低い30位だった。米国(2位)やドイツ(5位)だけでなく、アジアでは日本(14位)、中国(19位)、台湾(23位)にも大きく水をあけられた。保険市場規模で韓国が世界8位(2014年収入保険料基準)であることを考慮するとみすぼらしい成績だ。

 キャップジェミニは30カ国の保険消費者1万5800人に対するアンケート調査を通じ消費者経験評価指数を付けた。保険商品と販売チャンネルに対する満足度などを総合し指数化した。韓国は2013年と2014年には30カ国中29位、昨年は25位にとどまるなど下位圏で推移し今度は最下位に落ちた。

 アンケート調査の結果、韓国の消費者のうち保険と関連した経験が「肯定的」と答えた人は33.6%にとどまった。30カ国で最も低い割合だ。米国(58.5%)やフランス(56.8%)、ドイツ(54.2%)の消費者の過半数が保険と関連して肯定的な経験があると答えたのと対照的だ。

 こうした調査結果は金融監督院の統計とも一脈通じる。昨年金融監督院に寄せられた金融関連相談の3件に2件に当たる64%が保険関連だった。全相談受付件数は前年より7%減ったが保険関連の相談だけは6.3%増えた。

 収益性が悪化した保険会社が保険金支払い審査を厳しくし更新時に保険料を大きく引き上げたためというのが金融監督院の分析だ。加入する際にはあれもこれもすべて保障されると説得しておきながら実際に顧客が保険金を請求すれば複雑な条件を掲げ支払いを先送りしたり断る場合が多かったという意味だ。

 金融消費者連盟のチョ・ヨンヘン代表は「保険会社が利益を残すために顧客に与える保険金を減らしたり支払わないという形態がますます激しくなっている。消費者の信頼を失うことになれば結局は保険会社には損害になる」と話した。

 十分な説明をせず加入させる不完全販売、手当てだけ得られれば後の顧客管理は知らんぷりという“渡り鳥プランナー”のような慢性的問題も消費者の不満・不信を拡大する要素と指摘された。保険研究院のイ・テヨル室長は「消費者の理解度を高めるために保険会社は商品をさらに単純に設計し信頼を積んでいかなければならない」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000035-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








10億ウォンをかけて作られた海外消費者向けの「韓流商品通販サイト」、1カ月半での販売実績は?

屑チョンの作った海外消費者向け通販サイトKmall24



今年の6月、バ韓国政府主導して海外の消費者に向けた韓流商品の通販サイトがオープンしていたそうです。



しかし、しょせんヒトモドキのやる事です。上手くいくわけもなく……。


1か月半で26万人が訪れたものの、販売件数はたったの200件wwwwwwwwwwwwwww




いやぁ、心の底から大笑いですね。




このサイトのオープンには1億円もかかり、維持費も年間で数千万円かかるんだそうです。


このペースでいくと、何万年かかっても決して黒字にはなりませんね。




きっとこれもいつものように「日本のせいニダ!」ってなるんでしょうねぇ。


-----------------------
巨額投じた外国人向け韓流通販サイトが幽霊サイト化

会員登録したいが、騰訊網(QQ)のメールでは駄目だった。QQは中国最大のポータルサイトなのに、このアカウントが駄目ならどうやって買えというのか」(台湾/楊子逸さん、24歳)

「韓流ドラマの商品とあるが、何のドラマで誰が着た商品なのか説明がない。このサイトで買いたいと思えない」(ギリシャ/ジェニー・ブレタさん、28歳)

「日本の通販サイトに比べて商品を探すのがとても難しい。55というサイズが何なのか分からない」(日本/小橋亜子さん、30歳)

 これらは韓国貿易協会が運営する通販サイト「Kmall24」を訪問した外国人たちの意見だ。Kmall24は、海外の消費者が韓国中小企業の優れた製品を手軽に購入できるサイトという触れ込みで、今年6月24日にオープンした。英語、日本語、中国語版がある。

 産業通商資源部(省に相当)が2月の業務報告で開設計画を発表し、3月の規制改革大討論会での朴槿恵(パク・クンヘ)大統領のいわゆる「チョン・ソンイ・コート」発言が事業に弾みをつけた。ドラマ『星から来たあなた』のヒロイン、チョン・ソンイ(チョン・ジヒョン)が着て人気を集めたコートなど、韓流商品を外国人に直接販売するという趣旨でオープンしたものの、今月10日まで1カ月半の訪問者数は延べ26万人、販売件数は約200件にとどまり「幽霊サイト」と化す懸念が強まっている。

■サイズ表記や商品説明が不十分

 Kmall24の利用者らは「ファッション、日用品といったカテゴリーからして分かりにくい」と不満顔だ。インターネット通販業界の関係者は「サイトのカテゴリーが広範囲過ぎて見る人を疲れさせる」と指摘する。

 また、基本的なサイズ表記さえきちんとできていない。大カテゴリーのファッションからレディースを選ぶと、1ページ目に表示される商品16点のうち、12点は単一サイズを意味する「フリー」または「ワンサイズ」となっていた。外国で使われるS(スモール)、M(ミディアム)などに分かれていたのは2点だけで、55、66といった韓国でしか使われないサイズを表示した商品も2点あった。ファッション業界の関係者は「韓国の消費者ならフリーサイズと言ってもだいたいどんな感じか分かるが、外国人は分からない。日本では、フリーサイズの場合はモデルの身長を表示するなど消費者に配慮しているが、Kmall24はそうした気遣いがない」と話している。

 靴も国ごとにサイズ表記が異なるが、Kmall24ではほとんどが韓国で使うミリメートルの表記しかない。米国のアマゾン、中国のTモール、日本の楽天など海外のサイトにある足幅のサイズなどもない。国ごとに異なる衣類・靴サイズの比較表も用意されていない。

 あるファッションデザイナーは「サイズが分かりにくいだけでなく、服の素材や洗濯方法などを確認できないことも問題」と指摘する。使用方法や機能を詳細に説明すべき電子製品も、たった2行しか説明のないものもある。業界関係者は「全体的に個人が運営する通販サイトよりも出来が悪い」と批判している。

■多額投じて構築も、販売はわずか200件

 韓流商品の販売を掲げていながら、韓流を十分に活用できていないことも問題だ。日用品のカテゴリーにある「花」「星」のハングルをデザインした栓抜きは、今年7月に中国の習近平国家主席が来韓した際、趙允旋(チョ・ユンソン)政務首席秘書官が彭麗媛夫人に贈ったものだ。趙秘書官はその際、中国でも人気を呼んだ『星から来たあなた』に触れ、「星」は習主席に「花」は夫人に使ってほしいと話して場を盛り上げたが、商品説明のどこにもこうしたことは書かれていない。また『星から来たあなた』を検索してもDVDが出てくるだけで「チョン・ソンイ・コート」はなかった。同ドラマのDVDの説明は英語版、日本語版、中国語版いずれも韓国語で書かれており、外国人には何の役にも立たない。

 貿易協会はKmall24の構築にすでに10億ウォン(約1億円)ほどを投じており、年間維持費だけで数億ウォン(数千万円)をかけている。政府は今月12日に行われた第6回貿易投資振興会議で、Kmall24の宣伝に一層力を入れ、韓国企業の輸出を後押しすると公言したが、こんなお粗末なサイトでは到底望めないとの指摘が多い。ソウル大のノ・サンギュ教授(経営学)は「官が通販サイトを運営するよりも、配送などを支援する方が韓流商品の輸出には効果的だ」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/23/2014082300779.html?ent_rank_news
-----------------------




そもそも1か月半で200件も販売実績があるというほうが驚きです。




ゴキブリが触れたものやゴキブリが作ったものを購入しようと思いますか?


今回のサイトは、ゴキブリ未満の屑チョンどもの手によるものですから。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る